HOME情報セキュリティ夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起

本文を印刷する

情報セキュリティ

夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起

最終更新日:2019年8月1日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター

多くの人がお盆休みや夏休みなどの長期休暇を取得する時期を迎えるにあたり、IPAが公開している長期休暇における情報セキュリティ対策をご案内します。

長期休暇の時期は、「システム管理者が不在になる」、「友人や家族と旅行に出かける」等、日ごろとは異なる環境になりがちです。ウイルス感染や不正アクセス等の被害が発生した場合の対処が円滑に出来ない、SNSへの書き込みにより思わぬトラブルが発生するなど、場合によっては組織外の関係者に被害が及ぶ可能性も考えられます。このような事態を避けるため、(1)組織のシステム管理者、(2)組織の利用者、(3)家庭の利用者、のそれぞれの対象者に対して取るべき対策をまとめています。

長期休暇における情報セキュリティ対策

 また、長期休暇に限らず、日常的に行うべき情報セキュリティ対策も公開しています。

日常における情報セキュリティ対策

 被害に遭わないためにもこれらの対策の実施をお願いします。

ご参考:最近の相談事例

相談事例

相談内容

佐川急便や日本郵便をかたる不在通知のSMSが届いた。

【Android端末に不審なアプリをインストールしてしまう事例】

  • SMSのURLからサイトにアクセスしてアプリをインストールしたようだ。
  • 知らない電話番号からの電話が鳴りやまなくなった。配達依頼が書かれたSMSが何通も届く。
  • キャリア決済でiTunesカードを3万購入されたが身に覚えがない。

【iPhoneやiPad等のiOS端末でフィッシングサイトに誘導されてしまう事例】
  • SMSのURLからサイトにアクセスしたら、Apple IDに不正なログインがあるという警告が表示されたので「Apple IDとパスワード」を入力してしまった。
  • SMSのURLからサイトにアクセスしたら、キャリア決済が悪用されているという警告が表示されたので「電話番号と認証コード」を入力してしまった。

回答内容

宅配便業者をかたる、偽のSMSです。
現在、主な宅配便業者はSMSによる不在通知の案内は行っていません。
メール内のURLをタップしないで下さい。

【Android端末の場合】

  • URLをタップしてサイトにアクセスしてしまった場合、不審アプリのインストール手順が始まりますが、操作を進めなければ被害はありません。
  • サイトにアクセスしてしまって下記の様な画面が表示された場合は、下記の図で示したボタンを押してアプリのインストールを中止してください。

(クリックして拡大)
(クリックして拡大)

(クリックして拡大)
(クリックして拡大)
  • 不審なアプリをインストールしたスマートフォンから、同じ内容のSMSを不特定多数に送信します(偽SMS送信の肩代わりをさせられます)。その結果、そのSMSの受信者から電話やSMSが来る場合があります。
  • 携帯電話会社が提供するキャリア決済サービスが不正利用され、身に覚えのないiTunesカード等の請求が発生する場合があります。

手口や対処の詳細については下記を参照してください。

◆安心相談窓口だより
「宅配便業者をかたる偽ショートメッセージに関する相談が急増中」(2018/8/8)


【iPhoneやiPad等のiOS端末の場合】

手口や対処の詳細については下記を参照してください。

◆安心相談窓口だより
「宅配便業者をかたる偽ショートメッセージに関する新たな手口が出現し、iPhoneも標的に」(2018/11/29)

本件に関するお問い合わせ先

 Tel: 03-5978-7591 Fax: 03-5978-7518
 セキュリティセンター 中島/加賀谷