HOME情報セキュリティIPAテクニカルウォッチ「増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策」

本文を印刷する

情報セキュリティ

IPAテクニカルウォッチ「増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策」

最終更新日:2017年4月17日
2016年5月31日公開
独立行政法人情報処理推進機構

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターは、無償で利用できる検索エンジン”Censys”(センシス)が2015年10月に新たに登場したことを受け、2014年に公開したテクニカルウォッチ「増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策」を更新し、その使い方、機能などを追加し、2016年5月31日より改訂版として公表しました。

 下記より改訂版「増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策」についてのレポートPDF版をダウンロードしてご利用いただけます。

[2017年4月17日更新]
本テクカルウォッチで紹介しているSHODANおよびCensysによる日本国内で接続されているIoT機器数を公開しました。

本レポートの目次

   1.オフィス機器とサーバー機能
   2.インターネット接続機器検索サービスSHODAN
   3.SHODANを使用した自組織の検査
   4. インターネット接続機器検索サービスCensys
   5.実施すべき対策
   6.おわりに
タイトル 公開日 ダウンロード
増加するインターネット接続機器の不適切な情報公開とその対策
~あなたのシステムや機器が見られているかもしれない~

2016年
5月31日

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター Tel: 03-5978-7527  Fax: 03-5978-7518  E-mail: 電話番号:03-5978-7508までお問い合わせください。