ネットワークワーキンググループ
Request for Comments: 3233
BCP: 58
分類: ベストカレントプラクティス

P. Hoffman
Internet Mail Consortium
S. Bradner
Harvard 大学
2002年 2月

English

IETF を定義する
 (Defining the IETF)

このメモの位置づけ

この文書は、インターネットの現時点における最善の実践(ベストカレントプラクティス)を示すものであり、改善するために議論と示唆を求めるものです。このメモの配布に制限はありません。

著作権表記

Copyright (C) The Internet Society (2002). All Rights Reserved.

要旨

本書は、今日理解されている「IETF」について、より具体的な定義を提供します。多くの RFC は、「IETF」について言及しています。多くの重要な IETF 文書は、IETF について、あたかも既に定義された主体であるかのように述べています。しかし、IETF が何であるかを正しく定義した文書は 存在しません。

1. はじめに English

多くの RFC は、「IETF」について言及しています。多くの重要な IETF 文書は、IETF について、あたかも既に定義された主体であるかのように述べています。しかし、IETF が何であるかを正しく定義した文書は、ありません。本書は、今日理解されている「IETF」のより具体的な定義を提供します。

2. IETF を定義する English

インターネット標準化プロセスを記述している主要な文書である BCP 9 ("The Internet Standards Process -- Revision 3") [BCP 9] は、IETF を定義していません。BCP 11 ("The Organizations Involved in the IETF Standards Process") [BCP 11] に記述されているように、IETF(the Internet Engineering Task Force)は、インターネットアーキテクチャの発展とインターネットの円滑な運用のために技術的な仕様を創作する、ネットワーク設計者、運用者、ベンダーおよび研究者のオープンな地球規模のコミュニティです。

IETF は企業ではないことを銘記しておくことは重要です。: これは、企業化されていない任意な(freestanding)組織です。IETF は、部分的に ISOC(Internet Society)によって支援されています。ISOC は、米国にある国際的な非営利組織で、 会費を払う世界中の数千の個人と企業メンバーが参画しています。Internet Society は、IETF に多くのサービスを提供しており、保険と財政的・ロジスティック的サポートが含まれます。

BCP 11 に記述されているように、インターネット標準化は、ISOC の組織化された活動であり、ISOC 理事会がインターネット標準化プロセスの手順とルールを批准することに責任を負っています。しかし、IETF は、ISOC の正式なサブセットではありません。; 例えば、IETF のメンバーになるためには、ISOC に加わる必要はありません。

IETF においては、役員会はありませんし、規則によって公式に署名されていませんし、会計係もいません。IETF の組織構造(リーダーシップ、ワーキンググループ、IETF メンバーシップの規定等)は、BCP 11 に詳細に記述されています。リーダーシップの選挙は、BCP 10 に詳細に記述されています。

それゆえ、RFC が「IETF」というとき、それらは、BCP 9BCP 10  および BCP 11 に従って役割を果たすグループについて記述しているのです。

3. セキュリティについての考慮事項 English

すべての IETF プロトコルは、それらが使用される環境のセキュリティの観点を記述しなければなりません。また、IETF は、IETF プロトコルのセキュリティ観点を検討する「セキュリティエリア」をもっています。しかし、本書のような記述的な文書は、インターネットのセキュリティに影響を与えるものではありません。

A. 参考文献

[BCP 9] Bradner, S.,
"The Internet Standards Process -- Revision 3",
BCP 9, RFC 2026(English), 1996年10月.
 
[BCP 10] Galvin, J.,
"IAB and IESG Selection, Confirmation, and Recall Process: Operation of the Nominating and Recall Committees",
BCP 10, RFC 2727(English), 2000年 2月.
 
[BCP 11] Hovey, R. and S.Bradner,
"The Organizations Involved in the IETF Standards Process",
BCP 11, RFC 2028, 1996年10月.

B. 編集者のアドレス

Paul Hoffman
Internet Mail Consortium
127 Segre Place Santa Cruz, CA 95060 USA

EMail: phoffman@imc.org

Scott Bradner
Harvard University
29 Oxford St Cambridge MA 02138

EMail: sob@harvard.edu

翻訳者のアドレス

宮川 寧夫
独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

EMail: miyakawa@ipa.go.jp

著作権表記全文

Copyright (C) The Internet Society (2002). All Rights Reserved.

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself may not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to the Internet Society or other Internet organizations, except as needed for the purpose of developing Internet standards in which case the procedures for copyrights defined in the Internet Standards process must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

This document and the information contained herein is provided on an "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

謝辞

RFC 編集者のための資金は現在、Internet Society によって提供されています。