HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物出版物のご案内情報セキュリティ白書2020

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティ白書2020

最終更新日:2020年12月25日
掲載日:2020年8月24日
独立行政法人情報処理推進機構

概要

IPAでは、「情報セキュリティ白書」を2008年から毎年発行しており、今年で13冊目を数えます。本白書は、情報セキュリティに関する国内外の政策や脅威の動向、インシデントの発生状況、被害実態など定番トピックの他、毎年タイムリーなトピックを新たに取り上げています。

各トピックでは国内外の官民の各種データ、資料を数多く紹介しており、情報の網羅性と参照性の高さが特長で、情報セキュリティ分野の全体把握が容易です。

また、本白書は次のような使途で利用されています(昨年版の読者アンケートから抜粋)。

  • 顧客向け資料への参考や引用
  • 社内資料に使用
  • 業界動向把握
  • 営業用の情報収集
  • 資格取得、受験対策
  • 教材や育成プログラムへの参考
  • 自己研さん

最新刊の「情報セキュリティ白書2020」では以下の新たなトピックを取り上げています。

  • クラウドの情報セキュリティ(インシデント、被害の実態、課題とその対応など)
  • 次代を担う青少年を取り巻くネット環境(SNSを介した犯罪、不確かな情報、eスポーツとオンラインゲームなど)

また、初めての試みとしてカリフォルニア大学バークレー校名誉教授 Rober E.Cole氏、三菱電機株式会社 シニアアドバイザー 伏見信也氏による共同執筆「セキュリティマネジメントの日米企業比較 ~組織論の観点から~」と題した特別寄稿を掲載しました。

印刷書籍版(2020年9月3日発刊)

情報セキュリティ白書2020の表紙

発行:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

印刷書籍版
2020年9月3日発刊
ISBN 978-4-905318-74-3
ソフトカバー/A4判
定価:本体2,000円(税別)

購入方法
・Amazon:https://www.amazon.co.jp 別ウィンドウで開く
・全国のお近くの書店からお取り寄せ
・全国官報販売協同組合:https://www.gov-book.or.jp 別ウィンドウで開く
・IPA直販:購入申込書情報セキュリティ白書2020の購入申込書(WORDファイル) (44KB)



PDF版(開封パスワード設定なし)

※表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。詳細は正誤表情報セキュリティ白書2020正誤表(PDFファイル) (50KB)をご確認ください。

情報セキュリティ白書2020の目次

序章
2019年度の情報セキュリティの概況
第1章
情報セキュリティインシデント・脆弱性の現状と対策
 
1.1
2019年度に観測されたインシデント状況
 
1.2
情報セキュリティインシデント別の手口と対策
 
1.3
情報システムの脆弱性の動向
第2章
情報セキュリティを支える基盤の動向
 
2.1
国内の情報セキュリティ政策の状況
 
2.2
国外の情報セキュリティ政策の状況
 
2.3
情報セキュリティ人材の現状と育成
 
2.4
組織・個人における情報セキュリティの取り組み
 
2.5
国際標準化活動
 
2.6
安全な政府調達に向けて
 
2.7
その他の情報セキュリティ動向
第3章
個別テーマ
 
3.1
制御システムの情報セキュリティ
 
3.2
IoTの情報セキュリティ
 
3.3
次代を担う青少年を取り巻くネット環境
 
3.4
クラウドの情報セキュリティ
 
特別寄稿
セキュリティマネジメントの日米企業比較 ~組織論の観点から~
付録
資料・ツール
 
資料A  2019年のコンピュータウイルス届出状況
 
資料B  2019年のコンピュータ不正アクセス届出状況
 
資料C  ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況
 
 
 
 

本書の内容に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 セキュリティ分析グループ
E-mail:

本書の購入に関するお問い合わせ先

IPA 戦略企画部 広報戦略グループ
E-mail:

更新履歴

2020年12月25日 利用状況アンケートの終了に伴い掲載情報を削除
正誤表を掲載
2020年12月1日 情報セキュリティ白書2020PDF版(パスワードなし)提供を開始
利用状況アンケートの実施について掲載
2020年9月11日 「アンケート回答に関するFAQ」Q10を追加
2020年9月3日 白書発刊に伴い更新
2020年8月24日 発行事前告知サイトを公開