認証製品リスト
EAL3

Remote Communication Gate A
機種コード(上4桁) :D459
ファームウェアバージョン :A1.18-C1.14-P1.12-K1.04

株式会社リコー
TOE名称 :
Remote Communication Gate A
TOEのバージョン :
機種コード(上4桁) :D459
ファームウェアバージョン :A1.18-C1.14-P1.12-K1.04
TOE種別 :
遠隔サービス仲介機器
認証番号 :
C0277
認証年月日 :
平成22年10月22日
CCのバージョン :
3.1
適合する保証要件 :
EAL3
PP適合 :
なし

TOE 機能概要

本TOEは、デジタル複合機やプリンタ(以下デバイス)を保守センターのサーバ(以下CS)に接続するための通信装置である。
デバイスの故障を通報する機能(サービスコール機能)、印刷枚数を自動検針する機能(機器カウンター通知機能)、トナーなどの消耗品の自動発注をする機能(サプライコール機能)、デバイスのファームウェア更新機能、TOEを操作するためのWeb機能を提供する。


TOEセキュリティ機能概要

本TOEの主要なセキュリティ機能は以下の通りである。

  • 対応デバイスとの通信保護機能
    サービスコール機能、機器カウンター通知機能、およびサプライコール機能におけるTOEと対応デバイス間の通信で、SSLプロトコルを用いて通信データを秘匿し、改ざんを検知する機能である。
  • CSとの通信保護機能
    TOEがインターネットを介して通信する通信先をCSだけに限定し、さらにTOEとCS相互にSSLプロトコルを用いて通信データを秘匿し、改ざんを検知する機能である。
  • パソコンとの通信保護機能
    Web機能利用時のTOE-パソコン間通信で、SSLプロトコルを用いて通信データを秘匿する機能である。
  • 利用者識別認証機能
    Web機能の利用者を識別認証する機能である。
  • アクセスコントロール機能
    利用者の役割に応じたアクセス制御をする機能である。
  • RC Gateファームウェア正当性確認機能
    TOEのファームウェア(アプリケーション、ファームウェア共通部、プラットフォーム、およびOS)が正規のものであることを確認する機能である。
  • セキュリティ管理機能
    管理者だけにTOEの管理手段を提供する機能である。

セキュリティ機能要件

本TOEでは、以下のセキュリティ機能要件を実現している。

セキュリティ監査 送受信の否認不可 暗号化機能 アクセス制御
データ認証 送出データ保護 情報フロー制御 入力データ保護
内部転送データ保護 残存情報保護 ロールバック 蓄積データ完全性
転送データ機密性 転送データ完全性 識別・認証 セキュリティ管理
プライバシー保護 セキュリティ機能保護 資源利用管理 TOEアクセス制御
高信頼パス/チャネル