ipa_isec_logo.gif (2411 バイト)


「インテグリティチェック法によるウィルス対策システム」(IPAInCS)の研究開発

 近年コンピュータネットワークやパソコン等の普及に伴い、コンピュータウ イルス感染の被害が増加しており、このためのセキュリティ対策が緊急、かつ 不可欠になっています。
 コンピュータウイルス対策としては、運用管理やワクチンプログラムを使用するなど、種々の方式がありますが、暗号技術を応用した根本的な取り組みと してインテグリティ法があります。
 ワクチンが既知のコンピュータウイルスを中心に発見するのに対して、インテグリティ法は、全てのコンピュータウイルスの感染を発見します。
 

  ※「インテグリティ法」とは、各ソフトウエアにデジタル署名を施しておき、もし コンピュータウイルスが侵入した場合には、インテグリティ(完全性)が崩れることを利用して、ソフトウエアの異常を利用者が極めて容易に検知できる方式です。

   IPAInCS(IPA Integrity Check System)のダウンロードについて


ウイルス対策室のトップページこちらセキュリティセンターのホームページこちらをご覧ください。