HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策ウイルス対策コンピュータウイルス届出様式(記入例)

本文を印刷する

情報セキュリティ

コンピュータウイルス届出様式(記入例)

               コンピュータウイルス届出様式
  XXXX年 XX月 XX日
(届出者)
住所:(都道府県まで)東京都
社名:○○工業(株)
氏名:□□□□
TEL:○○-○○○○-○○○○
FAX:○○-○○○○-○○○○
E-Mail:△△△@××.□□.○○○

コンピュータウイルスの(■発見・□感染)について、下記のとおり届け出ます。
(以降、該当する事項の□を■にするか、チェックを入れてください。)

                     記

1.ウイルス名称(不明な場合は症状):W32/Netsky
  ※不明な場合
  (1) 起きている症状を具体的に記入してください。
  (2) 不審な添付ファイル付きのメールを受け取られた場合等は、
    メール本文の内容、添付ファイル名等を記入してください。

2.発見年月日:  XXXX年 XX月 XX日  XX件(個)

3.発見場所(機器):
  ■パソコン  □サーバ  □スマートフォン/タブレット  □ネットワーク機器
  □その他(          )  □不明

4.環境情報:
  4-1)インターネット接続:
     ■あり  □なし(クローズド環境)  □不明

  4-2)OS:
     ■Windows系(■10 □8/8.1 □7 □その他(          ))
     □UNIX/Linux系(□Ubuntu □RedHat/CentOS □その他(          ))
     □MacOS/iOS、□Android OS
     □その他(          )
     □不明

5.発見方法:
  ■セキュリティソフトにより発見(社名:△△△社    ソフト名:○○○○    )
  □目視により発見  □外部からの連絡  □その他(          )

6.推定される感染経路:
  ■電子メール  □Web閲覧  □ダウンロードファイル  □その他(          )
  □不明

7.被害状況:
  7-1)被害の有無:
     □あり  ■なし
         
  7-2)被害機器:
     □PC( )台  □サーバ( )台  □スマートフォン/タブレット( )台
     □その他 (                 )

8.回復処理:
  8-1)回復方法:
     □セキュリティソフトで駆除または削除
      (社名:        ソフト名:          )
     □専用ツールで駆除または復旧(ランサムウェアで暗号化されたファイルを復号するツール等)
      ソフト名、または、ダウンロード先のURL等(                     )
     □ファイル(メール)の削除  □初期化  □その他(          )

  8-2)回復に要した人日:
     ( )人・( )日(0.5日単位で記述)

                                          以上
--------------------------------------------------------------------------------
 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター ウイルス届出窓口
 E-Mail: virus@ipa.go.jp
--------------------------------------------------------------------------------
※この届出はコンピュータウイルス対策基準(平成12年12月28日付 通商産業省告示 第952号)
 の規定に基づいています。届け出られた内容は被害の拡大及び再発の防止のために活用しますが、
 記載されているプライバシーに関する情報を公表することはありません。
 詳細はこちらをご確認ください。
 URL: https://www.ipa.go.jp/security/outline/todokede-j.html