1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

最近はSNSで簡単に人と人がつながることができます。遠くにいる親せきとも言葉をかわすことができたりとても便利です。でも、顔が見えないところで簡単に言葉が交わせてしまうからトラブルも増えているとニュースで耳にします。気軽に発信した言葉で相手をいやな気持ちにさせてしまったら自分も必ず後悔します。送信する前にちゃんと相手の気持ちをよく考えて!ということを伝えたいです。

森下 陽也
兵庫県 雲雀丘学園小学校 4年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

僕は「なりすまし」について、詳しく知りませんでした。ポスターを描くために調べたとき、「なりすまし」をする人がトランプのジョーカーのような存在であると頭の中にイメージしました。僕のようにまだ「なりすまし」について知らない人に、「なりすまし」とは何だろう?と興味をもってもらい、その怖さが伝わるといいな、と思って描きました。今回、このような賞をいただくことができ、誰かの目にとまって「なりすまし」を知ってもらう機会になれば大変うれしいです。

横川 成介
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 1年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただきまして、誠にありがとうございます。この作品は、以前ニュースで見かけた「相手のSNSを見て情報を特定した」というストーカー被害の手口に衝撃を受けたことを思い出して、制作に取り組みました。SNSに投稿する内容に少し気を付ければそういった被害も減らせると思うので、自分は情報を発信しているという認識を持ってSNSを利用していきたいです。

田川 琴絵
岐阜県 岐阜県立岐阜各務野高等学校 1年

優秀賞

<警察庁>
<株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂き、誠にありがとうございます。とても嬉しい限りです。このポスターは、私自身がフィッシング詐欺に引っかかりそうになったことがあったので、そのような事が今後起きて欲しくないと思い、描きました。この魚は「釣られる人自身」を表現し、色々な情報が釣られてしまうことを、このポスターを通して、知ってもらうきっかけになればいいなと思います。

力丸 雪乃
神奈川県 川崎市立川崎総合科学高等学校 1年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

最近EメールやSMSにてクレジットカード会社や大手通販サイトなどを装って個人情報をだまし取る犯罪が増加しています。そのような詐欺被害が少しでも減ればと思いこのポスターを制作しました。このポスターを制作することで自分自身を見直しすきっかけにもなりました。

橋口 太一
大阪府 大阪府立寝屋川高等学校(全日制課程) 2年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
ポスター
受賞者の声

同じパスワードを使いまわしたり、簡単なパスワードにしたりしていませんか?そんな方に安全なパスワードにして欲しく、このようなポスターを制作しました。このポスターを見て少しでも、安全なパスワードにする人が増えればいいなと思います。

横瀬 ましろ
大阪府 好文学園女子高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人ソフトウェア協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただけたこと、とても嬉しく思います。この作品は、コンクールのテーマキーワードの一つである「アップデート」とアプリの「アップデート」を元に考え、日頃から目にすることの多いスマホの画面をモチーフに作成しました。いくら気を付けようと思っていてもその知識が古ければ何の対策にもなっていない、だからこそ最新の知識や対策を自分のものにしていくことが大切だという思いを込めました。

辰島 菜月
佐賀県 佐賀県立鳥栖商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

以前、私は、何気なくネットに載せた写真でも瞳に写り込んでいる景色から住所を特定される場合があることを知り、驚いたことがありました。そのときのことを思い出し、自分の個人情報が知らない間に他人に知られているかもしれないことをスマホが歩いていっている様子で表現しました。このポスターを見て、自分の個人情報の取り扱い方を確認し、気をつけてもらえたら嬉しいです。

松谷 夏音
青森県 弘前大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただきありがとうございます。インターネットには正しい情報や嘘の情報が沢山あります。このポスターを見てそれらの情報に振り回されないように考えて欲しいと思い、このポスターを作りました。

遠藤 舞
東京都 京華女子高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター

長野 姫菜
北海道 北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

「プロフィールの向こうがわ」には違う誰かがいるかもしれないことを忘れないでほしいという想いでこのポスターを作りました。通りすがりの人にもポスターが目にとまるように配色を明るくしてみたり、一目で伝えたいことが分かるように文字数を調整したりと工夫しました。このポスターをきっかけに、少しでもインターネットについて考えてもらえたら幸いです。

佐伯 文音
広島県 安田女子高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂き大変光栄に思います。この作品は、安易なアップデートとながらスマホに対する注意を呼びかけています。最近これらのことが原因で事故の発生が増えています。事故は一人一人の意識で必ず防ぐことができます。自分が後に後悔しないよう、この作品を見て、自分の行動を見直すきっかけになると嬉しいです。

大浦 多恵
大阪府 大阪府立布施高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人著作権情報センター>
ポスター
受賞者の声

数ある作品から優秀賞に選んで頂きありがとうございます。この内容で制作をした理由は、身近な人が違法アップロードサイトで私の好きな曲を聴いていたことを知ったときの気持ちが今も残っているからです。作品として表現し、その気持ちがアーティストさんの存在を無碍にされた怒りであることが分かりました。皆様にも、こういった行動がクリエイターの方々を傷つけ、自身を損なうものであることを理解して貰えたら嬉しいです。

立本 千乃
東京都 工学院大学附属高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人著作権情報センター>
ポスター

松永 風花
大阪府 大阪市立工芸高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

この度は数ある作品の中から選出して頂き、とても光栄です。ありがとうございます。私自身も過去にフリーWi-Fiがあれば無差別に使っていましたが、友人に指摘されて初めて危険性を知り不安に駆られたことがありました。なので同じような人や被害が少しでも減るようにと、この作品を描きました。この作品を通して少しでもフリーWi-Fiについて理解する人が増えてくれればいいな、と思います。

宮内 悠衣
神奈川県 川崎市立川崎総合科学高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

学校ではじめてタブレットをつかいました。家で話すと、お母さんが「パスワードなにやった?」とききました。ぼくは、パスワードを教えました。そしたら、お母さんが、「パスワードはだれにも教えてはいけません。わるい人にかってにつかわれてたいへんなことになるよ。」と教えてくれました。これからはだれにもないしょです。みんなもパスワードを人に教えないようにしましょう。賞をもらえてとてもうれしいです。

川﨑 瑛心
高知県 高知市立泉野小学校 2年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度は、ポスター部門優秀賞という素敵な賞をいただき、本当にうれしく思っています。この絵のアピールポイントは、フィルタリングをマスクの形に、またソフトウェア(USB)を消毒液に見立てて、通信ツールと近年流行しているウイルスとをかけたところです。最後に、今回このような素晴らしい賞に私の絵を選んでくださった方々、本当にありがとうございました。

土屋 結花
愛知県 椙山女学園高等学校 1年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

私は学生で、まだ守られている所がたくさんあります。ですがネットというものは誰でもどこでも、情報を発信できるし、見ることができる。メリットもあるがデメリットもあることを理解して、情報を扱う必要があるということを伝えたく、少し目のとまるようなダークなイメージで仕上げました。ネットの危険性やそれに対しての対策意識するきっかけになれば幸いです。

崎浜 花奈子
沖縄県 沖縄県立具志川商業高等学校 3年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

私は、自分で作った情報モラルのポスターが受賞したと聞いて、とてもびっくりしました。絵を描いたりするのは好きだけど、デザインをしたりすのは得意ではないので、嬉しかったです。インターネットが普及してとても便利になった今、あふれる情報の中から正しい情報を見極めなければならない難しさもあると思います。個々が意識をして情報モラルを守り、みんなが楽しく安全に使えられるように心がけてきたいです。

大野 舞已
新潟県 新潟県立新潟向陽高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただけたことをとても嬉しく思います。ありがとうございます。近年、猛威を振るっている新型コロナウィルスとインターネットウィルスをかけて制作しました。スマートフォンもウィルスから身を守り、闘っているということを伝えたく、このような構図にしました。スマートフォンにもインターネットウィルスフィルターという名のマスクをかけてあげる大切さを伝えられれば幸いです。

松﨑 蒼生
神奈川県 川崎市立川崎総合科学高等学校 3年

優秀賞 <株式会社ノートンライフロック>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂けたことに驚いたのと同時に大変嬉しく思っております。一度ネット上に出してしまった個人情報は不特定多数の目に触れるネット上から完全に消すことはできず、気づかぬ間に自分の知らないところまでひとり歩きし、悪用されてしまうかもしれない。そんな状況を思い浮かべたときに、風船が手の届かないところまで飛んで行く光景と重なりました。個人情報の取扱いを見つめ直すきっかけにしてほしいです。

石井 玲奈
鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <実教出版株式会社>
ポスター
受賞者の声

私が何となく発信した情報に興味を持つ人がいる。その人が私を想像するだけでは物足らず、細かな情報を組み合わせて私の輪郭を浮かび上がらせ、私個人を特定する。多くの人と繋がり、自由に発信できるのは楽しく便利なのですが、その反面、危険性も十分に考慮し、慎重に発信していくことが大事だということ、このポスターから知って欲しいと思い表現してみました。この度は大きな賞をいただきありがとうございました。

佐伯 和香
兵庫県 兵庫県立東播磨高等学校 1年

優秀賞 <北海道警察>
ポスター

興村 風花
北海道 北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞に選んでいただきありがとうございます。このポスターは、男の子がスマートフォンを夜遅くまで使用しているというシーンを表現しました。スマートフォンが私達の世代まで普及してきている中、それに依存してしまう人も増えてきています。学校の授業で制作したものですが、私のポスターを見てスマートフォンの使い方や依存について考え直そうと思っていただけると嬉しいです。

鈴木 可脩
北海道 市立札幌開成中等教育学校 1年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回は優秀賞を受賞でき、とてもうれしいです。ありがとうございます。この作品はSNSでは自分が気づかないうちに加害者になってしまうことがあるということを伝えたいと思い、作成しました。また、泣いている人の絵を大きくすることで被害者が必ずいるということをインパクトを出して伝えました。多くの人の目に届けば幸いです。

大田 和花
北海道 市立札幌開成中等教育学校 1年

優秀賞 <青森県警察本部>
ポスター
受賞者の声

インターネットには虚偽の情報や誤解を生むメッセージが溢れています。そんな情報が拡散され、罪のない人がバッシングを受けたり、誰かが損をするようなことがあってはいけません。インターネット上の情報を過信し、軽い気持ちで拡散したり非難したりする人が減ればいいなと思います。

長畑 桜子
青森県 弘前大学教育学部附属中学校 3年

優秀賞 <岩手県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回のポスターは、「女子高生になりすます成人男性」をイメージして作りました。インターネットが中心になり、使用する年齢層も幅広くなってきています。最近ではネット詐欺やいじめ、なりすましなどの事件が増えているので、このポスターを通して若い人中心にネットの闇や怖さを多くの人に知ってほしいと思いました。賞をいただけて嬉しいです。ありがとうございました。

久松 実玖
岩手県 北上市立上野中学校 2年

優秀賞 <秋田県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、情報モラルに関するポスターを描いて、ネットの使い方や影響について改めて学ぶことができました。そしてポスター製作を通じて、周囲の方に伝えることもできたと思います。このポスターでは人の気持ちをハートに、また、誹謗中傷を矢に例えて、軽はずみな気持ちで発した言葉が相手には傷になって残ってしまうというメッセージを込めました。このポスターを見た人には、自分の意見に責任をもってインターネットを利用してほしいです。

佐藤 真緒
秋田県 秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部>
ポスター

山木 恋羽
山形県 山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <茨城県>
ポスター
受賞者の声

賞に選んでいただきありがとうございます。スマホは小学生の私にも身近なものです。使い方やルールを学ぶうちにスマホは離れた所から相手に直接触れず傷つけることができてしまうので銃みたいだなと思いました。文字を送ろうとしている手は銃になっていませんか?内容は弾丸ではありませんか?みんなが危険な引き金を引かないようにと思い描きました。

井上 羽南
茨城県 牛久市立ひたち野うしく小学校 4年

優秀賞 <茨城県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私は、ネットの怖さを知ってほしいと思い、この作品を描きました。この作品には知らない人とネットで出会う恐ろしさやネットを危険な状態で使用してる方に安全・安心にネットを使ってほしいという想いをデザインに表しました。今回の作品を機に少しでも多くの方に情報モラルについて意識してくれれば嬉しいです。

羽生 優衣奈
茨城県 神栖市立神栖第一中学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
ポスター
受賞者の声

SNSで危険なことは、悪意の持った人間だけではなく、使う人の持つ意識です。SNSに依存して現実を見なくなる人がいるとききます。そして依存してしまうかもしれない危険はSNSを使う人全員にあります。そうならないようにするには、ひとりひとりの意識が大切です。危険はいつも身近にあります。しかし、その危険はすこし気をつけるだけで安全に変えることができます。SNSは身近で便利だからこそ気をつけてほしいです。

国井 光冬
茨城県 青葉台中等学部 3年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
ポスター
受賞者の声

私は作品づくりで、どれだけ不気味にできるかという点を大切にしました。現実ではありえないような目の色だったり、笑いながら携帯を向けてきたり、とあらゆる怖くて嫌なポイントを集めて描きました。背景や色の染まり方なども工夫してみました。

嘉志 結叶
茨城県 水戸啓明高等学校 1年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
ポスター
受賞者の声

世の中には、いろいろと恐ろしいものがあります。その中でも一番知ってほしいことが、インターネットで知りあった人には会ってほしくない、ということです。背景を黒くぬったり、顔を赤で描いたりすることで、インターネットは怖くて、危険な人だということを表現しました。自分が優秀賞がとれるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。また来年も描こうと思っています。

小林 晄大
茨城県 青葉台初等学部 5年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

しょうをもらえてとてもうれしいです。PCを使ってた時、ウイルスはじょうほうをぬすむのでこわいなと思いました。だからパスワードがじょうほうどろぼうから、じょうほうを守る絵を書きました。矢はウイルスやいろいろなこうげきです。たてはこうげきから守るパスワードで、けんは、じょうほうどろぼうをたおすセキュリティです。パスワードはとても大切なので、他の人に教えないでほしいなと思いました。

青木 隆
茨城県 青葉台初等学部 3年

優秀賞 <栃木県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、素晴らしい賞をいただき大変嬉しく思います。誰もが簡単に情報を手にすることができる中で、間違った情報も多いことを沢山の人に知ってもらいたいと思い制作しました。SNSが普及している現代では、不確かな情報だけで判断してしまい、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうケースが多いとされています。このポスターをきっかけに情報を鵜呑みにするのではなく、自分で判断することが大切だと伝われば幸いです。

黒子 彩音
栃木県 宇都宮文星女子高等学校 2年

優秀賞 <群馬県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、私の作品を選んでいただき、ありがとうございます。受賞できるとは思っていなかったので、とても光栄です。この作品は、世界中の人にwifiを安全につかってほしいという思いをこめて描きました。思いがこの作品を見た人に届いていたらいいなと思います。審査していただき、ありがとうございました。

松本 妃花子
群馬県 伊勢崎市立境北中学校 2年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞をいただきありがとうございます。最近の詐欺メールはとても紛らわしいメールがたくさんあるなと思い、このイラストを描きました。スマホは便利ですが、これからも気をつけながら活用していきたいと思います。

黒崎 菜乃
埼玉県 松実高等学園中等部 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

個人情報にセキュリティはつけていますか。SNSに個人情報を載せていませんか。多くの人が使うSNSです。個人情報が洩れていつ悪用されるかわかりません。個人情報は自分でしっかり守らなければいけません。しっかりとセキュリティをつけてトラブルに巻き込まれないようにしてほしいです。このポスターを機にパスワードやSNSの使い方を見直していただけると幸いです。

間中 唯
埼玉県 埼玉県立越生高等学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただき大変光栄に思います。SNSのトラブルはたくさんありますが、ネットへの書き込みは自分だけでなく他人も被害を受ける可能性のある行為です。SNSが普及している今、書き込む際は「その情報は発信しても大丈夫な情報かどうか」を常に意識する必要があります。このポスターが書き込みに対する意識改善のきっかけになると嬉しいです。

塚見 舞衣子
千葉県 市川高等学校 1年

優秀賞 <東京情報大学>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞を頂くことができ、大変うれしく思っております。このポスターは、パスワードによるトラブルが少しでも減ることを願って作りました。これを見た方が、パスワードを考え直すきっかけになれば、と思います。

川名 美寧
千葉県 市川高等学校 1年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

私がこのポスターを作った理由は、1度ネットにあげたものはもう、戻せないということを授業などでたくさん教わったのでそのことを何歳の人が見ても伝わるようにしたいと思ったので、身近な水道に例えて考えました。水道の水は1度流してしまったら取り戻せないということを元にして、水の部分を自分の個人情報や写真などと、あてはめてみました。このポスターを見てネットの怖さや危険性を理解して意識してもらえたら嬉しいです。

實松 もゆ
東京都 日本大学第三中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この作品は様々な年代の方に、ながらスマホという行為の危険性を知ってもらえるようなテーマ選びにとても悩みました。そこで、誰もが分かる昔話から「桃太郎」を選びました。おばあさんが洗濯をしながらスマホを見ていて、目の前の桃が流れてしまい、未来が変わってしまうという様子を表しました。賞をいただけてとても嬉しいです。ありがとうございました。

名執 悠仁
東京都 世田谷区立希望丘小学校 6年

優秀賞 <神奈川県警察サイバーセキュリティ対策本部>
ポスター
受賞者の声

情報モラルと聞いて、真っ先に浮かんだのが最近問題視されている誹謗中傷についてでした。今回制作したこのポスターでは酷い言葉の数々に現実を受け止めきれず心を痛めた女性を描きました。また、誹謗中傷でどれだけ人が傷ついてしまうのかを表現したかったので、心を痛めている表情を特に意識して制作しました。この作品を見て少しでも多く方々に誹謗中傷の怖さを知って頂きたいです。

内海 菜乃香
神奈川県 神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

優秀賞 <新潟県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂き、誠にありがとうございます。ネットを使っている人は、毎日多くの情報を無意識下に受け取っているはずです。何が正しく、何が必要なのかを見極めるよりも前に、情報に触れすぎないように気を付けることも大切だと思います。何か思いとどまるきっかけになれば幸いです。

木了 ひかる
新潟県 新潟県立五泉高等学校 1年

優秀賞 <富山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このような賞がいただけて光栄です。インターネット上に落としてしまった小さな個人情報たちも集めると自分のすべてを形作ることになる、という危険性を伝えられるように作品を制作しました。皆が常にインターネットの便利性とその裏に隠された危険性を意識して生活してほしいと思います。

中橋 和奏
富山県 富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞 <山梨県警察本部>
ポスター
受賞者の声

たくさんの作品が応募された中で、私のポスターを優秀賞として選んでいただきありがとうございます。とても嬉しいです。今回私が描いた絵は、なりすましの恐怖を表しています。友達からのメールが届いたが、それはなりすましで裏の顔がある、という意味です。友人からの連絡だと思い、気を許して返信してしまうと犯罪に巻き込まれる可能性があります。このようなポスターで少しでも悪質な犯罪を未然に防げたらいいなと思います。

山田 彩愛
山梨県 山梨学院高等学校 2年

優秀賞 <長野県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞をいただくことができて、とても光栄に思います。この作品は、近年増えているSNS上での誹謗中傷問題に対して描いたものです。SNSはとても便利で生活を豊かにしてくれます。しかし、使い方を間違えれば人を傷つける凶器にもなり得ます。自分の意見を発信する時、その言葉が誰かを傷つけていないか、この作品が誹謗中傷問題について考えるきっかけになってくれれば幸いです。

中村 岳寛
長野県 長野県駒ケ根工業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
ポスター
受賞者の声

私はネットを使う上で、嘘を見抜く力というものは必要不可欠だと思います。何故ならネット上では嘘や根拠の無い噂が沢山あります。なので、私は嘘を見抜く力が無い人でも詐欺などに気づけるようにと思いこのポスターを描きました。

入谷 航汰
長野県 長野県駒ケ根工業高等学校 3年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

今回のひろげよう情報・モラルセキュリティコンクールではSNSで多い、良い人になりすまして学生等に近付こうという人に騙されないようにと思い描きました。小学生たちでも分かりやすいようにユーモアを入れることに意識しました。このイラストを見て少しでも騙される人がいなくなるといいと思います。また、自分でも改めて情報・モラルを意識することが出来たので良い経験になりました。ありがとうございました。

岩波 陽翔
長野県 長野県駒ケ根工業高等学校 3年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
ポスター
受賞者の声

ネットは、人それぞれの個性・意見を出すことが自由な、自分のなりたい自分により近づける場所だと思います。私がネットで仲良くしている人の中には、ネットを心のよりどころにして救われている人も多いです。でも、面白半分な気持ちで、人を不快にさせるような暴言を吐く人によって傷つけられる人も多いです。ネットの使用について、もう一度考え、皆の心のよりどころにしてほしいです。

浮本 葵
長野県 南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞を頂けて、大変嬉しく思います。この作品は、いつの間にか自分の個人情報が漏洩してしまう危険性や、誰かがその情報を狙っているかもしれないという危険性をわかりやすく伝えられるように制作しました。ポスターの制作にあたり、自分自身も危険性について改めて考えるいい機会となりました。このポスターを通じて、少しでも情報漏えいについて危機感を持っていただければ幸いです。

山口 美羽
岐阜県 岐阜県立岐阜各務野高等学校 1年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただきまして、誠にありがとうございます。この作品は、以前ニュースで見かけた「相手のSNSを見て情報を特定した」というストーカー被害の手口に衝撃を受けたことを思い出して、制作に取り組みました。SNSに投稿する内容に少し気を付ければそういった被害も減らせると思うので、自分は情報を発信しているという認識を持ってSNSを利用していきたいです。

田川 琴絵
岐阜県 岐阜県立岐阜各務野高等学校 1年

優秀賞 <静岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただきとても嬉しく思います。この作品は、今SNS上で増えているなりすましをテーマに描きました。なりすましは一歩判断を間違えれば犯罪に巻き込まれる危険性があるので、一人一人がちゃんと自分の意思を持たなければなりません。このポスターを見てちゃんとその意思が持てる人が増えてくれると嬉しいです。私もSNSをいじるときはこういった犯罪に巻き込まれないように注意していきたいです。

山口 花奈
静岡県 静岡県立浜松工業高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
ポスター
受賞者の声

今の時代、簡単に自分の情報をネット上にアップできるようになりました。それは、確かに便利なことですがそれと裏腹に、全世界にその情報が広がり、知らない人にも見られているということがあります。それを把握して皆さんはアップしていますでしょうか?この作品を通して情報を扱う皆さんに情報をアップする前に一度考えるきっかけになれたらいいなという想いでこのポスターを制作させていただきました。

NGUYEN VINH KY
静岡県 静岡県立浜松工業高等学校 2年

優秀賞 <愛知県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は愛知県警察本部賞をいただき、とても光栄に思います。このポスターを作る際に情報モラルについて調べた結果、SNSは上手に使えば私たちの生活を豊かにしてくれるものですが、使い方を間違えてしまうと一時的なトラブルを生むだけではなく、一生背負うことになる大きな傷を負ってしまうものだと思いました。これからはメディアに支えられ、成り立つ社会の中で、スマホなどを有効活用する方法を考えていきたいと思います。

渥美 日香梨
愛知県 桜花学園高等学校 1年

優秀賞 <三重県警察本部>
ポスター
受賞者の声

頑張って描いたので、賞を貰えて嬉しかったです。SNSは便利ですが、様々な危険性もあります。このポスターを見た人に、それが伝われば良いなという思いで描きました。

原田 百絵
三重県 いなべ市立大安中学校 3年

優秀賞 <三重県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただきありがとうございます。この作品は「フィッシング詐欺」をモチーフに作成しました。私自身もフィッシング詐欺のメールが届いたことがあり、「誰にでも被害に遭う可能性がある」というメッセージを込めて作りました。ピクトグラムのイラストで分かりやすく、フィッシング詐欺を表現したので、私の作品を通して、フィッシング詐欺の怖さが伝わってくれれば嬉しいです。

竹森 さくら
三重県 三重県立名張高等学校 3年

優秀賞

<京都府警察本部>
<京都コンピュータ学院>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂けたこと、とても光栄に思っております。この作品は私たちが日常的に使っているSNSをテーマとしています。文字しか見えないからこそ相手が何を思っているのかわかりません。気軽に誰でも利用できるツールだからこそ、相手に送る前に読み直したりしてほしいなと思っています。また、自分だとわからないからといって何でも言っていいい場所ではないんだということも知ってほしいです。

子池 橙香
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都府教育委員会>
ポスター
受賞者の声

このたび、たくさんの作品の中から優秀賞という素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。このポスターを作ろうと思ったのは、SNSでトラブルがおこってしまうのを防ぐために、簡単に気をつける方法がないかなと思ったからです。そして、このポスターを見て、少しでも多くの人がSNSの使い方について考えるきっかけになると嬉しいです。

山本 彩乃
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

優秀賞に選ばれ、とても嬉しいです。 このポスターの制作テーマは、ネット社会に潜む危険性です。 私たちの日常から切り離すことができないインターネットには、知らないうちに大事な情報が盗まれているというリスクを抱えていますが、多くの人はそれを意識せずにネットを利用しています。 このポスターを見る事で危険なサイトへのアクセスを避けたり、簡単に個人情報を記載しないなど、意識向上につながると嬉しいです。

小林 浬
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
ポスター
受賞者の声

この度は、私の作品を選んでいただきとても嬉しく思います。コロナウイルスが社会問題となっている時代背景の中コロナウイルス対策とコンピューターウイルス対策をかけ合わせてウイルスの感染対策がとても重要であるということを訴える内容のポスターにしました。コロナウイルスと同様、SNSはすべての人々の身近にあるものだからこそ、感染対策が大切だという事を伝えられたらと思います。

谷川 朋香
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
ポスター
受賞者の声

このポスターの工夫したことは、 まず一目見てわかりやすいポスター制作を目指したかったので白を表の顔、黒を裏の顔として色の区別をつけました。 次に自分が1番伝えたい「危機感」という言葉が最初に目に付くようにしたかったので、赤い背景に黄色の文字で強調させました。 最近はSNSが主流になりこのような犯罪方法が多くなってきているため、このポスターを見て危機感を持ってくれる人が多くなればいいと思いました。

山中 美空
京都府 京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
ポスター
受賞者の声

優秀賞に選んでいただき、ありがとうございます。イメージしやすいよう動画投稿サイト風のデザインにしました。このポスターの作成は、動画投稿サイトで映画やドラマの違法アップロードを見かけたことがきっかけです。自分自身「少しなら良いか」と思ってしまうことがあったため、違法動画や著作権について考え直す契機となりました。不正アップロードに対する意識が変わっていき、作者の方が悲しむことが減れば良いなと思います。

笹山 美咲
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただくことができ、とても光栄です。この作品は、現代の情報社会において、必須だが忘れがちとも言える3つのモラルをテーマに、シンプルかつ語呂合わせで見やすく制作しました。これほど通信技術やセキュリティ技術が発達した今でも、フィッシング詐欺などのネット被害は後を絶ちません。このコンクールを通して、情報モラルを見つめ直し、「自分もこれから気を付けよう」と思ってくださる方が1人でも多く増えることを心から願っています。

本田 皓祐
大阪府 大阪府立堺上高等学校 1年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞に選出して頂きありがとうございます。この作品を通じて、自身のパスワードへの意識を改めると共に、パスワードの重要性を伝えられたらと思います。この作品を見た人に、たとえ文字数が同じであっても、文字選びなどのちょっとした工夫でパスワードを突破するのが難しくなることが伝われば嬉しいです。

髙橋 友貴
大阪府 大阪府立寝屋川高等学校(全日制課程) 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私がこの絵で伝えたかったことは、守られるべき個人情報を自分自身で流してしまっていないか、そしてその可能性が自分にもありうるということです。黄色と黒が交わった危険色のテープを使い、一人一人が警戒するよう注意喚起が出来ればと思い、制作しました。

水野 優葉
兵庫県 兵庫県立姫路工業高等学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私は、なりすましに気を付けるように呼びかけるポスターを作りました。女の子が持っているスマホの内容が後ろに映し出されているところと、素顔の文字を一目見て危険なことが分かるようにこだわりました。悪い人が潜んでいるように表現して描くことが難しかったです。このポスターを通して、ネットの危険性を沢山の人に知ってもらい、トラブルに巻き込まれないように出来たらなと思いました。

𠮷岡 穂の香
奈良県 奈良県立香芝高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂けて、とても嬉しく思います。 現代社会において増えている、なりすまし犯罪の防止に、少しでも繋がればという思いで、このポスターを作成しました。 犯罪の怖さを出す為に、全体に暗さをイメージしスポンジを使って不気味さを出しました。 このポスターが、防犯の意識向上につながるきっかけになればいいと思います。

日野 那奈海
奈良県 奈良県立香芝高等学校 1年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回このような素敵な賞をいただいて、本当にありがとうございます。私はこの作品で、SNSの使い方を見直すことを伝えたいと思いました。SNSは便利ですが、使い方を間違えると犯罪に巻き込まれてしまう危険さをこのポスターで描きました。私はこれから、SNSの便利さとその裏側の危険さをしっかりと理解して、安全に使っていきたいと思います。

今井 寧々
和歌山県 有田川町立吉備中学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
ポスター

岸本 純哉
鳥取県 鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県サイバーセキュリティ対策ネットワーク>
ポスター

太田 弓葉
鳥取県 鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <島根県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただきありがとうございます。このポスターは街中でよく見られるフリーWi-Fiのマークと、個人情報が勝手に盗まれてしまう、つまりフリーになっているというメッセージを込めて制作しました。私自身よくフリーWi-Fiを利用していますが、制作を通して、むやみに利用することは控えようと改めて思いました。このポスターを見た人が自分の行動を考え直すきっかけになればと思います。

中林 紗彩
島根県 島根県立松江北高等学校 1年

優秀賞 <島根県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂いて光栄です。私は以前学校で情報モラルについての講演会で「STOP TO THINK!(考えるために止まって!)」という言葉を聞いて、何をするにもまずは立ち止まってもう一度考え直すことが大切だということが印象的だったのでこの標語を元にデザインを考えました。標語を目立たせるためのデザインの仕方が難しかったです。

浪花 里桜
島根県 島根県立松江北高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人島根県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度この様な賞を頂けて大変嬉しいです。今回の作品は、子供がネットの世界に触れていく中で迫っている危険から大人が守って欲しいという願いを込めてこのような構図にしました。現代では幼い子供でもスマホ等でネットワークにアクセスできる様になりましたが、同時に様々なトラブルが迫っているということを少しでも感じて貰えたら嬉しいです。

原田 莉子
島根県 島根県立松江北高等学校 1年

優秀賞

<岡山県警察本部>
<岡山県情報セキュリティ協議会>
ポスター

深美 菜乃香
岡山県 岡山県立玉野光南高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
ポスター
受賞者の声

この度はこの様な賞をいただきありがとうございます。現代はSNSで誰でも簡単に写真を載せることができますが、その写真には大切な個人情報が沢山詰まっています。この作品は、SNSに気軽にアップできる情報の危険性を改めて再認識するきっかけになればいいなと思いながら描きました。

村山 由依
岡山県 岡山県立倉敷南高等学校 1年

優秀賞 <広島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただけてとても嬉しく思います。このポスターは、何も考えずに軽い気持ちで発信した情報が自分の想像を超える範囲で多くの人に見られていることに気づいてほしいという思いで作成しました。自分のポスターを見て、発信する情報は誰が見ても大丈夫なものなのか確認する機会になってほしいです。

髙藤 杏菜
広島県 安田女子高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

ニュースでSNSを通じたいじめがあったということを耳にし、少しでもこのような事件が減ることを願いポスターにしました。表情が見えないからこそ冗談として受け入れることができない部分もあり、傷ついてしまう人も少なくないと思います。この度はこのような賞をいただけたこと、嬉しく思います。ありがとうございました。

山﨑 花菜友
広島県 安田女子高等学校 1年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
ポスター
受賞者の声

このポスターは、第一にみんなに情報モラルを守ってほしいという思いで作成しました。情報モラルにもたくさんの種類があると思うので、最初に何十通りものデザインを考えて、その中から気に入ったキャッチーなデザインを選びました。ポップでキャッチーなデザインにすることで大勢の人の目に留まるようになったらいいと思います。

藤田 友理子
広島県 安田女子高等学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回優秀賞を頂くことができとても嬉しく思います。 この作品はキャッチコピーの部分で脅迫新聞をイメージし、SNSで広まる個人情報の怖さを伝えようとしました。1つの写真で自分だけではなく周りの人にも被害を与えてしまうかもしれないということを私自身も理解しました。この作品を見た方にもSNSの恐怖というのに意識を持ってもらいたいです。ありがとうございました。

成松 さくら
山口県 宇部フロンティア大学付属香川高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

私は自分専用のスマートフォンを持っています。なので、私がスマートフォンばっかり見ていて、知らない人から突然、連絡が来たらこんな感じになるかなと思ってかきました。それに、テレビで知らない人と連絡をしていたら、気づいたら詐欺にかかっていたというニュースを見たことがあります。それを聞いて私は、インターネットは自由で便利だけど、怖いこともあるなと思いました。みんなにも気をつけてほしいです。

上野 夢月奈
徳島県 阿波市立八幡小学校 5年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

情報について危険な点をひと目で分かるように工夫しました。このポスターで1人でも多くのスマホの危険性を知ってもらえたらいいなと思います。

武田 未羽
徳島県 阿波市立市場中学校 2年

優秀賞 <香川県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂けて本当に有り難く思います。ネット上では、確実なものから信憑性の低いデタラメなものまで様々な情報が流れています。本当の顔を見ることが出来ない「ピエロ」を用いることでインターネットにおける情報の「信憑性」を表しました。インターネットは現代において大変便利な物ですが、目にした情報が本当に正しいものなのかを見抜くことが大切であることをこのポスターから伝えられたら嬉しいです。

小川 真奈
香川県 香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
ポスター
受賞者の声

この度は、ポスター部門で賞をいただき誠にありがとうございました。私はインターネットの情報が全て正しいとは思っていません。それを鳥の鵜が魚を丸呑みする様子をヒントにスマートフォンの情報を全て簡単に信じてはいけないことを表現しました。スマートフォンから様々な情報を得る場合に、まずはよく調べて正しい判断ができるようになればと良いと思います。

中平 琴葉
香川県 香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞を頂きありがとうございます。近年、SNSの利用が増加しており、トラブルをよく耳にします。そこで私は、誰が見てもわかりやすいポスターになるように、インターネットでのウイルス感染防止をテーマに、現在流行っている新型コロナウイルスと掛け合わせてポスターを制作しました。このポスターを見て、インターネットのウイルスもコロナウイルスもしっかりと感染対策して生活していただければと思います。

竹内 柚稀
香川県 香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
ポスター
受賞者の声

この度、ポスター部門で優秀賞を受賞することができ、とてもうれしく思います。このポスターを通して、インターネットの正しい使い方を広く知ってもらいたいと思います。インターネット上に散らばる嘘の情報を虎にたとえ、危険は身近にあるということを表現しました。鎖はセキュリティを表し、使い方が正しければ、自分の身を守ることができることを伝えられるような構図にしました。

山口 こゆき
香川県 東かがわ市立大川中学校 2年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞をいただき、とても嬉しく思っています。私と同年代の人達が、SNSを通じて事件に巻き込まれている現状に警鐘を鳴らしたいという気持ちで、このポスターを描きました。やりとりの前に、もう一度「本当に知っている人」なのか「信用できる人」なのかを考え直してほしいと思います。このポスターを見た人が、一人でも多く見ず知らずの人とのコミュニケーションに注意してもらえると嬉しいです。

川村 美葵
愛媛県 愛光中学校 2年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
ポスター

今井 莉沙
愛媛県 松山市立内宮中学校 1年

優秀賞 <高知県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂くことができ、とてもうれしく思います。このポスターを制作していくなかで、私たちの身近にあるSNSは管理の仕方ひとつで個人情報が流出してしまうので、個人情報を守るためにもパスワードなどは安易に推測されるようなものは使わないなどの注意が必要だと感じました。このポスターを見て、改めてパスワードの重要性について考えていただけると嬉しいです。この度は本当にありがとうございました。

刈谷 彩花
高知県 高知市立高知商業高等学校 2年

優秀賞 <高知県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

このような素晴らしい賞に選んで頂きありがとうございます。言葉というものは目に見えません。また、一度言ったことは取り消すことができません。何気ない発言が相手にとって忘れられない傷となることがあります。この作品を通して、一人でも多く考えて発言してほしいと思います。

岡林 桃香
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

学校ではじめてタブレットをつかいました。家で話すと、お母さんが「パスワードなにやった?」とききました。ぼくは、パスワードを教えました。そしたら、お母さんが、「パスワードはだれにも教えてはいけません。わるい人にかってにつかわれてたいへんなことになるよ。」と教えてくれました。これからはだれにもないしょです。みんなもパスワードを人に教えないようにしましょう。賞をもらえてとてもうれしいです。

川﨑 瑛心
高知県 高知市立泉野小学校 2年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞を頂くことができてとても嬉しく思います。このポスター制作を通して、いつも気軽に利用しているフリーWi-Fiが本当は危険であることを知ることができました。これを機会に、暗号化されているフリーWi-Fiを使ったり、なるべくフリーWi-Fi以外のものでインターネットに接続するようにしたいと思います。また、このポスターが、フリーWi-Fiの危険性について考え直す機会になったらいいなと思っています。

野瀬 未来
高知県 高知市立高知商業高等学校 2年

優秀賞 <福岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

受賞することが出来てとても嬉しいです。私自身、よくSNSを利用するので、間違った情報に振り回されないように気を付けています。また、誹謗中傷で傷つく人もいます。その情報が正しいのか、これを投稿して不快に思う人がいないかということを考えて、これからもSNSを利用していきたいです。

山内 優奈
福岡県 福岡県立筑紫高等学校(在校時) 1年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞を頂けて、大変嬉しく光栄に思います。今回の作品は現代の若者に多いインターネットトラブルに対しての注意喚起を意識して書きました。一度、写真をネットに載せてしまうと二度と消える事はなく、それを利用したトラブルが多発しています。自分自身をもっと大切にして少しでもネット被害がなくなるようになっていけばいいなと思いました。

田畑 幸乃
福岡県 福岡県立嘉穂総合高等学校嘉麻市立大隈城山校 2年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

優秀賞という素晴らしい賞を受賞できて光栄です。近年、インターネットでのトラブルが多発しているように感じています。私はインターネットを利用する際は、そういったトラブルに陥ってしまわぬように細心の注意を払っていて、皆さんにも端末一つあれば色んな情報を簡単に共有できる利便さの裏に隠された怖さを念頭に置いてほしいと思いました。個人情報は鍵と同じです。顔も知らない他人に渡す前に考えてください。その行動、軽率では?

井上 かのん
佐賀県 鹿島市立東部中学校 1年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

まさか入賞できるとは思わずに学校の課題として地道に作成していました。正直、入賞できたことに喜びを感じています。多数の応募の中から入賞できたことに驚きを感じました。作成するときは、賞を目指して作成するのではなく自分らしく伝えたいことや、作品に対するこだわりを表現することで良い作品になったと思います。本校での入賞は自分一人なので名誉なことと思いこれからの作品制作の糧にしていきたいと思います

土井 誠也
佐賀県 佐賀県立白石高等学校(商業科キャンパス) 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただけたこと、とても嬉しく思います。この作品は、コンクールのテーマキーワードの一つである「アップデート」とアプリの「アップデート」を元に考え、日頃から目にすることの多いスマホの画面をモチーフに作成しました。いくら気を付けようと思っていてもその知識が古ければ何の対策にもなっていない、だからこそ最新の知識や対策を自分のものにしていくことが大切だという思いを込めました。

辰島 菜月
佐賀県 佐賀県立鳥栖商業高等学校 3年

優秀賞 <長崎県警察本部>
ポスター

富永 真衣
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター

亀崎 凪
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター

阿部 史奈
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 2年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
ポスター

黑川 俊太郎
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 2年

優秀賞 <熊本県警察本部>
ポスター
受賞者の声

近年“デジタルタトゥー”というものが問題視されていると知り、制作しました。誹謗中傷などの発言はもちろん、顔や身元が分かるような投稿にはリスクがあります。自分が削除しても誰かが保存し、投稿すればその人が消さない限り自分の発言や投稿がネットの海を漂うことになるのです。そのような危険性があるということをこのポスターを通じて再認識してくれると嬉しいです。

竹原 瑚陽
熊本県 熊本学園大学付属高等学校 1年

優秀賞 <大分県警察本部>
ポスター

波津久 想
大分県 豊後大野市立三重中学校 2年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
ポスター

磯辺 成吾
大分県 豊後大野市立三重中学校 2年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただきありがとうございます。私達が普段、何気なく使ってしまう便利なFree Wi-Fiですが、もしかしたら危険が潜んでいるかもしれません。すべてのWi-Fiが安全ではない、このことを少しでも知ってもらいたいと思い作成しました。この作品を作成するにあたって、自分自身も情報モラルなどについて再確認できたのでとてもいい経験になりました。

黒木 未麗
宮崎県 宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校 6年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただくことができ、大変光栄に思います。SNSが普及しているなか、個人情報漏洩や炎上、ネットいじめなどの様々なトラブルも増えています。そのなかで「なりすまし」に焦点を絞ってポスターを制作しました。ネットの向こう側の人が、本当にこちらの思っている人なのか、一度立ち止まって考えることはとても重要だと考えます。一生懸命描いた作品が優秀賞に選ばれてとてもうれしいです。

津田 紗美
宮崎県 延岡市立延岡中学校 3年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度、このような栄誉ある賞を頂き誠に感謝申し上げます。このポスターのコンセプトは「将棋×情報」です。最近の将棋ブームを受けて将棋をテーマとしたポスターを制作しようと思いました。「ウイルス」や「スマホ」などキーワードを目立たせること、「更新」の駒が明るく照らされ安心感がでる工夫をしました。近年スマートフォン関連のトラブルが増えてきています。このポスターを見たあなた、OSとアプリは常に最新の状態に!

楠原 憲太
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂くことができてとても嬉しいです。このポスターは情報の流通の怖さを世の中の方々に知ってもらいたく制作しました。情報特有の流出すると止めることができない怖さを、掴むことのできない水で表しました。このポスターを見て、少しでも情報の流出について気を付けてくれる人が増えてくれたらいいなと思います。

新井 智之
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この作品に込めた思いは、ネットは自分の何げないとうこうが世界の不特定多数の人達に見られてしまうという恐ろしさを一目で分かってほしいということです。また工夫した点は、絵の中にたくさんの目をかいて、見ているのは知り合いだけではなくて、様々な方向から様々な人が見ているということを伝えた点です。

田原 彩里
鹿児島県 鹿児島市立清水中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

私は、サイバー犯罪に巻き込まれる子供たちがフィルタリング設定によって守れる命があることを伝えるポスターを作製しました。白雪姫を取り囲む小人をフィルタリングの壁にたとえ、毒リンゴで犯罪の怖さを表現しました。このポスターを見てくれた人たちが、フィルタリング設定をしよう、子供にフィルタリング設定をさせようという気持ちになってくれたら幸いです。そして、一件でも事件や事故が無くなってほしいです。

南野 愛莉
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただけて光栄です。授業の一環として情報モラルについて知り、少しでも多くの人にパスワードや個人情報の重要性を再確認してもらいたいと思い、この作品を作りました。単純計算でも日本の人口の約7割の個人情報が漏洩しているということはとても恐ろしいことだと思います。このポスターを見た人が周囲の人と相談したり、普段使っているパスワードをより強固なものに変えたりする機会となれば幸いです。

迫田 菜々海
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県>
ポスター
受賞者の声

私は'世界中に自分の情報が洩れているかもしれない'というメッセージを込めて この作品を作りました。このテーマにした理由は、私達現代人に日々生活の中で毎日のようにSNSに触れており、便利な反面、個人情報の流出など、使い方を間違えると最悪の場合世界中に広がってしまうという危険性もあり、このような事をみんなに知ってもらいたい。という思いから、このテーマにしました。優秀賞受賞と聞いた時はとても嬉しかったです。これからも私もSNSの使い方には「十分気を付けて安全に利用していきたいです。

棚原 美南海
沖縄県 南城市立佐敷中学校 3年

優秀賞 <沖縄県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、私の作品を選んでいただき、ありがとうございます。受賞したと聞いたとき、とてもうれしく、そしておどろきました。最近では、フィッシング詐欺が年々増加している事を知り、フィッシング詐欺で被害にあう人たちが減っていって欲しいという思いで描きました。スマホに個人情報を入力する際は、私自身も気をつけていきたいです。

伊是名 凜音
沖縄県 那覇市立上山中学校 1年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただくことができて本当に嬉しいです。この作品は、私が普段インターネットで使うときに気にしていることを描きました。カギマークはサイトなどを開くとすぐに見て確認できるものなので、こういうちょっとしたセキュリティの意識がこのポスターを見た人にも伝わるといいなと思います。

運天 鈴音
沖縄県 沖縄県立那覇商業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること