1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(標語部門)

標語部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

優秀賞に選ばれてとても嬉しいです。この標語は、自分に向けて書きました。コロナ禍で緊急事態宣言や自粛を求められる中、テレビやスマホを見る機会が多くなりました。だから、自分を諌めるためにこの標語を書きました。私は、この標語のように、テレビやスマホと距離を取って、家族との団らんや勉強の時間をとっていきたいと思います。

土谷 萌々子
北海道 函館市立北昭和小学校 6年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

今の時代、みんなが手に握っている便利で恐ろしいスマートフォン。インターネットが快適に使えたり、家で買い物ができたりなど嬉しい反面、トラブルが起きて関係がくずれたり、逆にトラブルにまきこまれて死になることも。僕がこの言葉でみなさんに伝えたかったのは、SNSで起こるトラブルのひとつ、「ストーカー」についてです。自分が何気なく投稿した一枚の写真、そこには、窓からの景色や近くのお気に入りの店が写っている。ある日のこと、仕事終わりで自分の家に帰っている途中、後ろに人の気配がする。その人は、ストーカーでした。原因は自分が投稿したあの一枚の写真。このような事例は少なくありません。また、子どものSNS被害は2019年で2095件。自分の身を守るためにもSNSの使い方には十分注意を。この言葉で、一人でも多くの人が助かったらと思います。

塩田 陽稀
京都府 洛南高等学校附属中学校 1年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

SNSに関わる様々なトラブルがある昨今、世の中の問題が少しでもなくなってほしいという思いでこの標語を考えました。これからの時代、現在よりもSNSを使う機会がもっと増えてくるでしょう。プライベートな画像や動画などを投稿することにより、個人を特定できるような情報が漏れてしまう可能性があります。1つの投稿で、自分自身や周囲の方々に被害が及ばないよう心がけてSNSを使っていきたいです。

栗巣 吉平
広島県 尾道高等学校 3年

優秀賞 <警察庁>
標語
受賞者の声

僕は人の命を一番簡単に奪うことができるのはSNSだと思っています。なので、僕はSNSで発信している人たちにSNSの恐ろしさを知ってほしいというのと、これからSNSで苦しい思いをしたり、SNSによって人生を奪われてほしくないという思いを込めて作りました。

松井 七星
京都府 京都府立乙訓高等学校 1年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
標語
受賞者の声

今回は、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」において優秀賞という素晴らしい賞がいただけてとても嬉しいです。 「このメールで相手に不愉快な気持ちを与えることがないか」や誤字脱字等を含め、普段から気をつけていることを標語にしました。この機会を通して、これからも更に相手を思いやるルールやマナーを考え、パスワードの自己管理もしっかりしながら、今後も情報機器と上手く付き合っていきたいと思います。

赤瀨 安寿咲
鹿児島県 鹿児島大学教育学部附属小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
標語
受賞者の声

賞をいただきありがとうございます。私は、パスワードを2つしか作っていませんでした。しかし、授業でパスワードを複数のアプリで使い分けるのがよいといわれましたが、面倒と思い作っていませんでした。ある日、パスワード使っていない友達のスマホが動かなくなり、それを見て怖くなり、この標語を思いつきました。私はスマホにもPCにもウイルス対策アプリを入れており、セキュリティは自分でしか守れないので守っていきたいです。

安倍 晴陽
宮城県 宮城県松島高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人ソフトウェア協会>
標語
受賞者の声

私は、友達とオンラインでゲームをすることがあります。そんな時に、ハッキングをされたりコンピューターウイルスに感染したりすることがあるかもしれません。こういったトラブルは自分では解決できないから、二段階認証をしてトラブルを防ごうと思い、この標語を作りました。一人でも多くの人に読んでもらえると嬉しいです。

伊東 ねいろ
山梨県 山梨学院小学校 5年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

写真の定番のポーズであるピースサインですが、現代の技術力にかかれば、そのピースサインの写真から指紋を読み取れるそうです。時代は変わってきます。今のあたりまえは未来ではありえないになっているかもしれません。時代に合わせた行動を心がけてほしいと思いました。

伊藤 樂
千葉県 千葉県立八千代東高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
標語
受賞者の声

優秀賞をいただけて、とても嬉しく思います。許可していないのに、インターネットに自分の顔が写っている写真が公開されていたら嫌な思いをする人は多くいると思います。写真を公開されたくない人がいることや、全員が肖像権を持っていること、全員が肖像権を持っているので、インターネットに載せたいと思ったときは許可を取らなくてはいけないことを伝えたいと思い、この標語をつくりました。

松本 彩那
神奈川県 川崎市立川崎高等学校附属中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
標語
受賞者の声

現代はSNSに情報を載っけるとネットの力によって情報がすぐに拡散されてしまう時代です。なので情報を発信するときには気をつけてほしいという思いで書きました。この標語を見た皆さんも情報を発信する前によく内容を見返し、後悔しない内容なのかを確認してから発信するようにしましょう。ネットは便利で使い勝手がいい物です。 今あるネットがよりよいものになっていくように心がけて利用していきましょう

近 歩久登
新潟県 長岡工業高等専門学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
標語
受賞者の声

優秀賞をもらえるとは思っていなかったので、先生から受賞したことを聞いたときは「やった。うれしい!」という気持ちでした。僕は、思ったままの気持ちを標語にしました。僕の標語が人に感動を与えることができたことがとても嬉しいです。インターネットが普及した今、様々な情報が飛び交っていますが、人を傷つけたり、誤った情報に騙されないことが大事だと思います。これからも「ありがとう」という気持ちをもって、周りの人に優しくしたいです。

齋藤 樹
鹿児島県 鹿児島大学教育学部附属小学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
標語
受賞者の声

僕がこの標語を作るにあたって考えたことは、インターネットによる人権問題です。インターネットでは、匿名で投稿したり発言したりできます。これは良い面もありますが、中には無責任な面もあります。匿名だから何を言っても良いわけではなく、匿名だからこそ発言に気を付けなければいけないと思います。この標語を見て、みなさんが少しでも自分の発言・投稿に気を付けてもらえるきっかけになればと思い、この標語を作成しました。

濱田 凪斗
京都府 舞鶴市立若浦中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
標語
受賞者の声

この度、情報モラル・セキュリティコンクールにて、ぼくの川柳が選ばれて、嬉しさで胸がいっぱいです。これ以上、SNSによるトラブルが発生しないようにという思いを込め、つくりました。

松田 晴
北海道 北斗市立久根別小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
標語
受賞者の声

小学校で自分のパソコンを使うようになってたんにんの先生から「パスワードは家のカギのようなものだよ」と教えてもらいました。パスワードはお友達でもひみつにしなくてはいけないけどひみつはお友達に話したくなってしまいます。パソコンを使うお友達に家のカギを守るようにパスワードを守ることの大切さが伝わるといいなと思ってこの標語を作りました。これからもパソコンと上手に付き合っていきたいと思います。

新田 英佑
鹿児島県 鹿児島大学教育学部附属小学校 3年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
標語
受賞者の声

僕は、パソコンを使う際のパスワードなどの個人情報を聞かれても決して教えることがないようにしたいと思います。その理由は、個人情報を教えることで、犯罪などに巻き込まれて被害を受ける可能性が高まるからです。また、友達や身の回りの人を守るためにも、友達や身の回りの人の個人情報も大切にしようと思います。これからもルールを守ってパソコンを使っていきたいです。

叢 睿初
鹿児島県 鹿児島大学教育学部附属小学校 6年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
標語
受賞者の声

このような賞に、私が選んでいただけるとは思っていなかったので、正直驚きましたが、とても嬉しいです。標語を考えたときに、情報モラルやセキュリティについて改めて考える良い機会になりました。小学校は約2割、中学生は約5割、高校生は約9割もの人がスマートフォンを利用しているそうなので、大人だけでなく子供も標語を見て、少しでも情報についての意識を高めて欲しいです。

吉田 咲惠
大阪府 大阪府立狭山高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
標語
受賞者の声

学校で、情報端末機器についての安全教室がありました。その時僕は、SNSなどの文字だけのやり取りでは、目の前に相手がいないからこそ、相手のことを考えなければならないことを知りました。僕は、SNSを使ったことはありませんが、これから先使う時は、自分が書いたメッセージが相手を傷つけないかどうか、送信前に考えるようにしたいです。

本藏 雅也
鹿児島県 鹿児島市立広木小学校 6年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
標語
受賞者の声

先生から「ゆうしゅうしょう」ときいて、びっくりしました。とてもうれしいです。コンピュータウイルスとコロナウイルスに、ぜったいまけないぞとおもいながらつくりました。アップデートは、「こうしん」や「せいちょう」のいみがあると、じしょにかいてありました。目立つように、さいごにビックリマークをつけてくふうをしました。

川畑 愛輝
鹿児島県 鹿児島市立草牟田小学校 1年

優秀賞 <株式会社ノートンライフロック>
標語
受賞者の声

私の書いた作品が、受賞するとは思いませんでしたが、受賞できてとてもうれしいです。みなさん、なりすましにはひっかからないでくださいね!

村田 珠音
兵庫県 雲雀丘学園小学校 4年

優秀賞 <株式会社ラック>
標語
受賞者の声

「パスワード」と「キーワード」と、リズムが良くなるように制作しました。自分でアカウント等のパスワードを大事に扱うということは重要なことなので、題材にしました。受賞できて良かったです。

小林 慶人
埼玉県 立教新座高等学校 2年

優秀賞 <実教出版株式会社>
標語
受賞者の声

現代では、SNSの利用者数が増えてきています。自撮りや踊っている動画の背景・制服等から、高校や撮った場所を特定することができます。実際にアイドルがSNS上に1枚の写真を投稿したところ、その写真の瞳に映った背景から場所が特定され、ストーカー被害にあったケースがありました。SNSを利用する際は利用方法に気をつけて利用してほしいです。

安室 麻衣
沖縄県 沖縄県立糸満高等学校 1年

優秀賞 <北海道警察>
標語

菅原 悠大
北海道 北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
標語
受賞者の声

今まで自分が書いた作品で受賞したことがなかったので、友だちや家族に「おめでとう」などと言われて、嬉しい気持ちになりました。この標語について感じてほしいことは、2つあります。1つ目は、小さい気持ちで言った言葉がみんなの心に大きな傷を負わせてしまうということです。2つ目は、小さい気持ちで言った言葉が名言にもなるという良い意味があるということです。良い意味と悪い意味の両方が一つの標語に込められています。

松原 ゆり
北海道 函館市立北昭和小学校 5年

優秀賞 <青森県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、優秀賞を頂くことができ、大変光栄に思っています。自分に悪意はなくても、文章の書き方によっては相手が勘違いして辛い思いをしてしまうこと、自分の想像以上に悲しませてしまうこと、情報が広まるのが早く、投稿を消してもSNS上からは消えないことを伝えたくてこの標語を作りました。今回のコンクールで、SNSの危険性をあらためて知ることができました。この標語を見た人たちがSNSに対する意識を変え、よりよい使い方をしてくれると嬉しいです。

野澤 瀬名
青森県 東奥義塾高等学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
標語
受賞者の声

いま世界的に新型コロナウィルスが拡大していますが、私たちは毎日その予防に取り組んでいます。このようなとき、「社会と情報」の授業のなかで、コンピュータウィルスとその対策について学習しました。新型コロナウィルスもコンピュータウィルスも、どちらもとても怖いものですが、その対策もしっかりしないといけないと思い、このふたつの「ウィルス」を合わせて作ろうと思いました。

佐々木 舞
岩手県 岩手県立紫波総合高等学校 1年

優秀賞 <宮城県警察本部>
標語
受賞者の声

このような名誉ある賞をいただき、大変うれしく思います。今回の受賞を機に、自分の標語を見てくださった方々が、パスワードによるトラブルを回避することができたならば本望です。また、自分自身もセキュリティに関する正しい知識を持ち、インターネットと接していけるようにしたいと思います。

庄司 快生
宮城県 大崎市立古川中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

今の時代は年代問わずSNSを利用しています。誰でも簡単に利用でき、自分を表現できる場所でもあります。普段見られない姿や新しい発見等をここで体感できます。ですが、使い方次第で自分の人生だけでなく、友達の人生すら壊してしまう可能性があると思います。一時の感情に流され投稿したら取り返しがつかないということをより多くの方に知って欲しいと思い、この標語を作成しました。

馬籠 優人
宮城県 宮城県涌谷高等学校 1年

優秀賞 <秋田県警察本部>
標語
受賞者の声

僕は、SNSでの陰湿ないじめはあってはならないと思い、この標語を書きました。ネットいじめは、非常にショックを受けやすく、たった一文の悪口で心を痛めてしまいます。自分の言葉が相手を苦しませるかもしれないという思いを、この標語に込めました。

菊地 清史朗
秋田県 秋田市立御所野学院中学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部>
標語
受賞者の声

このような賞を頂けてとても嬉しいです。なりすましや詐欺の被害を防ぐためには、不自然な点がないかを見極める必要があると学び、この標語を作りました。この標語をきっかけに、少しでも多くの人が情報セキュリティへの関心を高められたら嬉しいです。

吉原 萌花
山形県 山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <福島県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、このような賞を頂けたこと、本当にうれしく思います。この標語は、「自分の写真を気軽に投稿してしまい、それを悪用しようとしている悪い人が見たらどう思うのだろう。」と考えて書きました。悪用しようとしている人の視点に立って書くことで、今までにない「恐ろしさ」を伝えることができると思ったからです。たった1つの投稿でもたくさんの個人情報が漏洩してしまいます。自分自身や身の回りの大切な人を守るためにも、しっかりと理解した上で、SNSを利用してほしいです。

若松 亜湖
福島県 いわき市立小名浜第二中学校 1年

優秀賞 <茨城県>
標語
受賞者の声

私は、情報の授業を通してパソコンのウイルスについて学習しました。正規の企業を装ってメールなどを無作為に送り、ウイルスに感染させてしまいます。今、世界で新型コロナウイルスが流行しています。コロナ感染のニュースを見ない日はありません。全く気付かぬ内にウイルス感染させてしまうという点でコロナもパソコンも同じだと思いました。私は感染対策を徹底して、ウイルスに侵されない様に気を付けたいです。

山口 凛華
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県警察本部>
標語
受賞者の声

このような賞をもらえてとてもうれしいです。この標語は、離れてしまった友人から久しぶりにSNSで連絡などが届いたとき、うれしくて舞い上がってしまう気持ちもわかるけど、1回冷静になって、本人かどうかの確認をして、楽しくSNSを使ってほしいという思いで作成しました。

宮本 琉花
茨城県 北茨城市立中郷中学校 3年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
標語
受賞者の声

自分の考えた標語は単刀直入に危険性を呼びかけるように作成しました。

豊田 怜大
茨城県 北茨城市立中郷中学校 3年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

今回の標語部門の優秀賞に選ばれてとても嬉しいです。この標語を作るきっかけとなったのが、今年の話題を取り入れた方が良いと先生がおっしゃっていたので、今年の話題を考えたとき、やはり今問題になっているコロナウイルスとインターネットに潜む問題を掛ければよりわかりやすくこの重要性が伝わると思ったからです。マスクは菌を、フィルタリングはウイルスから守ってくれることを書いたらおもしろいと思い、この標語を作りました。

寺﨑 旭
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語
受賞者の声

三猿は本来、人の非を聞かず、見ず、言わずという意味ですが、個人情報も同じだと思ったので、三猿の「見ざる、聞かざる、言わざる」を使いました。最近は個人情報を守るセキュリティなどは強化されているけど、友人間などでパスワードを教えてしまうことがあるそうなので、個人情報は自分だけの大切なものとして守っていこうと思います。

鳥居塚 日稀
茨城県 北茨城市立中郷中学校 3年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

私がこの標語を考えた理由は、この時代、インターネット上での人との交流が盛んになり、SNS上で誹謗中傷などを書き込む人々が増えています。そのため、誰にも言えず一人で抱え込んで苦しんでいる人がいると思います。だから私は、この標語を多くの人に見てもらい、自分や相手の気持ちを考え、少しでもネット上でのトラブルが少なくなってほしいと思います。

上遠野 ひな
茨城県 北茨城市立中郷中学校 3年

優秀賞 <栃木県警察本部>
標語
受賞者の声

この度、ご縁があってセキュリティコンクールの方へご応募させていただきました。今回は幸いな事に標語部門の方で優秀賞をいただき、誠に光栄に思います。作品を制作するにあたって、現代の若者達にとってスマホはなくてはならない存在になっています。でもその存在が大きすぎてスマホのために命を落としている人々がいます。スマホよりももっと大切なものは自分の持つ命だということを忘れないでほしいという思いから作成しました。

相澤 さくら
栃木県 宇都宮文星女子高等学校 2年

優秀賞 <群馬県警察本部>
標語
受賞者の声

私がこのような賞を頂くことができ、とても嬉しいです。現代、インターネットが幅広く使われるようになり、私たちは簡単にSNSなどで自分の日常や考えを世界中に発信したり共有したりできるようになっています。そのため、自分の投稿が人を傷つけないかよく確認する必要があると改めて思いました。これからも自分の投稿に責任をもち、上手にSNSを活用していこうと思います。今回は、本当にありがとうございました。

林 真子
群馬県 みなかみ町立新治中学校 3年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
標語
受賞者の声

普段、SNS等を見ていて、モラルやマナーを気にしないで投稿したような動画や画像をときどき見かけるので、このような標語を作りました。

塚田 揮心
埼玉県 立教新座高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

この標語では、何気なく設定しているパスワードが自分の個人情報を最後まで守っているということを書きました。個人情報の流出はあまり身近に感じません。しかし、流出した個人情報は、ストーカー行為や迷惑メール、振り込め詐欺などの犯罪に悪用されることがあります。自分が被害者・加害者にならないためにも、周りにいる大切な人を守るためにも自分の設定しているパスワードを今一度見直してみて欲しいなと思います。

飯島 優真
埼玉県 埼玉県立志木高等学校 1年

優秀賞 <千葉県警察本部>
標語
受賞者の声

最近、SNSへの書き込みが原因で人が亡くなってしまったというニュースをよく耳にします。便利なSNSですが、責任を持って使ってほしいと考え、この標語を作りました。一度発した言葉は、良い事も悪い事も取り消せません。現実でもネットの世界でも、「人の嫌がる事は言わない」「人を思いやる気持ち」が大切だと思います。ぼく自身も、もしSNSを使う機会があれば、よく考えて書き込もうと思います。

一條 裕仁
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <東京情報大学>
標語
受賞者の声

昔タブレットで無料のゲームをたくさんダウンロードしたり、課金したりしてしまったことがあります。違うサイトに勝手に移動して登録されてしまうなど大変なことになりました。ゲームの楽しさにつられて自分にストップをかけられないと痛い思いをするということが心に残っています。学校では、フィッシング詐欺についても勉強しました。どんな時も、安全か危険かを判断することが大切だと学んだので、この標語を思いつきました。

神代 一徳
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

高校生活を経て、やはり中学生の頃と比べてSNSが身近になったと感じました。身近になったからこそ気軽に写真を上げる人も多いですが、中にはやや度の過ぎたものを上げる人もいます。限定的に公開しているつもりでも、その身内の人間がその写真を保存して他人に渡ることもあります。高校生活の中では当たり前の光景でした。身内だからといって安心できるわけではありません。そういう怖さも知った上で考えてSNSを使いましょう。

山口 花央
東京都 東京都立清瀬高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
標語
受賞者の声

受賞することが出来、とても光栄に思います。私自身、それまで部活漬けの毎日を送っていたこともあり、コロナによって自粛を強いられた期間はインターネットと関わる時間が圧倒的に増えて、生活リズムも良くなかったように思います。適切な距離を保って、ネットと付き合っていくことは大切だと思ったので、この標語を考えました。インターネットがどんどん身近になってきている今、上手な付き合い方について、みんなで見直したいです。

鈴木 彩花
東京都 東京都立清瀬高等学校 3年

優秀賞 <神奈川県警察サイバーセキュリティ対策本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞を頂きありがとうございます。現在、自分の顔や個人情報は一度インターネット上に載せてしまうと削除しても消せないものになっています。SNSは正しく使えばとても便利なものですが、使い方を間違えてしまうと取り返しのつかないものになってしまいます。この標語をきっかけに、情報モラルの考え方がもっと広がってほしいです。

佐々木 姫乃
神奈川県 神奈川県立相原高等学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語は、学校で習った「インターネットの使い方」の授業をもとに考えました。最近ではネットを使った犯罪行為が増えていることを知ってトラブルに巻き込まれないためにはどうしたらいいか考えて、知識が足りないと危ない目になってしまうんじゃないかと思い標語を作りました。この標語を見てトラブルや被害に遭う人を一人でも多く減らせたらいいなと思います。

横田 空稚
新潟県 新潟県立阿賀黎明高等学校 1年

優秀賞 <富山県警察本部>
標語
受賞者の声

情報社会である日本ではスマホを通して想定してもなかったミスや知らない人とのトラブルが多くなっています。そして、インターネットの世界ではひとつの過ちが一生後悔することになります。その一例として写真や画像を載せて消えないという場合をよく聞きます。だから、後悔をする前に一度よく考えて踏みとどまってほしいという思いを込めてつくりました。標語をつくることはネットの恐ろしさを再確認するよい機会になりました。

釣 颯汰
富山県 富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

今回は、このような素敵な賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。簡単にアカウントの暗証番号を知られると、悪用されるなどの危険があるので、しっかり管理して使ってほしいという思いを込めてつくりました。自分の作品が、誰かの意識を変えるきっかけとなれば嬉しいです。

岩本 結愛
福井県 福井県立美方高等学校 1年

優秀賞 <山梨県警察本部>
標語
受賞者の声

私はよく動画サイトで動画を見るのですが、コメント欄に嫌な言葉が書かれていてとても嫌な気持ちになることがあります。また、心無い書き込みによって傷ついてしまった人を見て、とても悲しい気持ちになってしまうこともありました。そんな気持ちを込めて、自分の思いを標語に表しました。この標語で、少しでも悲しい思いをする人が少なくなってくれると嬉しいです。

霜村 佳穂
山梨県 山梨学院小学校 5年

優秀賞 <長野県警察本部>
標語
受賞者の声

自分はネットのいじめが問題になっていることを小学生の時に知って、なくなってほしいなと思いました。ネットではないけど、いじめをされた時期がありました。その時はつらくて悲しくて学校に行きたくないと思いました。もう二度とこういうことがないようにしたい、経験してほしくないという願いから、この標語を作りました。

深谷 優希
長野県 南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
標語
受賞者の声

私は「ネットで悪口を書いても大丈夫」と思っている人は多くいると思います。でも、書かれた人は、だれが書いたとか関係なく心が傷つきます。だから私は、少し書いても大丈夫という、その軽い気持ちで書いている人、相手のことを考えず、思ったことをすぐに書きこむ人に、書かれた人の気持ちを考えてほしいと思い、この標語を書きました。

原 天花
長野県 南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

僕は時々、携帯で配信動画を見ることがある。配信動画には、自分の知りたいことや興味のひかれることが沢山出てきて、勉強になることがある。けれど、ネットは良い面ばかりではなく、ちょっとした表現の仕方で人を傷つけたり、自分が危険にさらされたりすることもある。使い方をよく考えてネットを利用していくことは、ネット社会に生きる僕たちにとってとても大切なことだと思う。ネットとうまく付き合っていきたい。

樋口 煌
長野県 南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞をいただきとてもありがたく思います。まず、僕はなぜこのような標語を書いたのか説明したいと思います。現在、「インターネット」は誰でも簡単に扱えて便利な一面、だれもが簡単に他人を中傷することができる「悪魔の道具」にもなってしまいます。ですが、今の時代「インターネットを使うな」ということは言えないと思います。最後に僕が言いたいことは、「送信」をする前に一度確認してほしということです。

松原 陽
長野県 南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、優秀賞<表彰団体名:岐阜県警察本部>に選んでいただき、ありがとうございます。この活動を通じて、私を含め、多くの人が無料アプリや出会い系サイトでのネットトラブルを減らし、つらい思いをしないよう、呼びかけていきたいと思います。今後は、こういった活動だけではなく、周りの人たちにも呼びかけ、悪意を持った人たちからの被害を受ける人を減らしていきたいと思います。

細江 乃愛
岐阜県 城南高等学校  2年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
標語
受賞者の声

この度は、優秀賞を受賞できたこと本当に嬉しく思います。ありがとうございます。誰でも身元を明かさず発言できるインターネットで、誹謗中傷や、暴言の書き込みを目にする機会が多く、見るだけで気分が沈むことがあります。これからも、匿名の良い点、悪い点を考えて、用途に合った使い方をすることと、発言する前に自分が言われたらどう感じるかを考えて発言するように気をつけていこうと思いました。

熊崎 志惠利
岐阜県 城南高等学校  2年

優秀賞 <静岡県警察本部>
標語
受賞者の声

このような素敵な賞をいただいたことをとても嬉しく思います。SNSは私たちにとって身近にあり、多くの人が利用しています。友達や家族だけでなく、知らない人も自分がSNSで投稿したものを見れるからこそ、気をつけなければならないことがたくさんあると思います。私の作品を見てくれた誰かが、SNSの正しい使い方を改めて考えるきっかけとなれば嬉しいです。

水谷 日菜乃
静岡県 日本大学三島高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
標語
受賞者の声

この度は「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で優秀賞を頂いたことを嬉しく思います。情報についての標語を考える上で改めてSNSの利用の仕方を見つめ直すことが出来ました。たくさんの人が利用するSNSで正しいかも分からない情報を広めることが誹謗中傷のきっかけに繋がっていると思います。この標語をきっかけに1人でも多くの人がSNSの利用の仕方をもう一度考え直すことが出来たらいいなと思います。

浅田 希愛
静岡県 日本大学三島高等学校 2年

優秀賞 <愛知県警察本部>
標語

石河 穂香
愛知県 愛知県立江南高等学校 2年

優秀賞 <三重県警察本部>
標語
受賞者の声

ネットで一度つぶやいてしまったこと、投稿してしまったことは取り消せても見た人の記憶には残ってしまう。一瞬でもさらせば、瞬く間に広がってしまう。その覚悟があって情報を発信しているのか、それを問いかけたくてこの標語を作りました。

中川 三桜子
三重県 玉城町立玉城中学校 2年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
標語

大石 拓実
滋賀県 滋賀県立河瀬高等学校 1年

優秀賞 <京都府警察本部>
標語
受賞者の声

僕は人の命を一番簡単に奪うことができるのはSNSだと思っています。なので、僕はSNSで発信している人たちにSNSの恐ろしさを知ってほしいというのと、これからSNSで苦しい思いをしたり、SNSによって人生を奪われてほしくないという思いを込めて作りました。

松井 七星
京都府 京都府立乙訓高等学校 1年

優秀賞 <京都府教育委員会>
標語
受賞者の声

今回このような賞をいただき、とても光栄に思います。以前、友人と歩いていた時、友人がスマホを触り始めたので「危ない」と思い注意をしたら、自分を正当化するような言葉が返ってきました。その時の事を思い浮かべながら、歩きスマホは自分が危険なだけではなく他人を傷付けてしまう可能性もあるので、絶対にやめてほしいという思いを込めてこの標語を作りました。

垣内 陽翔
京都府 京都精華学園中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
標語
受賞者の声

この度は、私の作品を選んでいただきありがとうございました。SNSは便利だけど、とても危険なものだと日々感じている気持ちを標語にしました。

植松 小遥
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞

<京都コンピュータ学院>
<公益社団法人京都府防犯協会連合会>
標語
受賞者の声

インターネットを使う上で、パスワードは必要不可欠です。パスワードを人に知られてしまうと、自分の情報や財産が失われてしまうリスクがあります。友達や家族にも教えないようにしましょう。パスワードは、自分一人だけが知る言葉(ワード)にすべきだという思いからこの標語を作りました。みんながより安全にインターネットを使用できる社会になってほしいと願っています。

余田 悠成
京都府 洛南高等学校附属中学校 2年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞を受賞することができて、とても驚いています。SNSアプリを通じてどこの誰とでも話せる今の時代において、ネット上だけの関係というものが増えているように感じます。もちろん、いわゆる「ネッ友」と仲良くすることは悪いことではありません。しかしそこには、相手の真の人となりが分からないという危険性が潜んでいるということを再認識してほしいと思い、この標語を書きました。ネット上では、顔が見えないが故、何者にでもなりすませるのです。僕も今一度、ネットの使い方を見直したいです。

杉𠩤 旬生
京都府 洛南高等学校附属中学校 2年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
標語
受賞者の声

僕がこの標語を作ったのは世界中の多くの人がSNSを使っている世の中で他人に対する誹謗中傷が問題になっていることを授業やニュースなどで知り、誹謗中傷などにより傷ついている方がおられる中、その原因となる誹謗中傷をした人の暇つぶしによるものでも受けた方の傷はそれでは済まないと思い、作りました。色々な情報を知り、発信できる便利なSNSですが、他の人が嫌な思いをしないように上手に付き合っていくべきだと思います。

大八木 広斗
京都府 京都府立乙訓高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
標語
受賞者の声

私は、SNSなどに文章や写真を乗せる前に、人の写真、絵を勝手に使っていないか、人が傷つく言葉が入っていないか、個人情報が入っていないかなどを確かめてからのせた方が、自分も他の人も守ることができるということを作品にしました。最初は、自分が納とくするような言葉が思いうかばず、苦戦しましたが、作品が完成してよかったです。

横尾 莉佳
大阪府 大阪信愛学院小学校 5年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
標語
受賞者の声

今回この賞に選ばれて驚いています。授業でパスワードについての重要性が印象に残っていたので、大リーグで活躍した大谷翔平選手の代名詞である「二刀流」という言葉を使って、目に留まりやすくなるように工夫しました。この標語をたくさんの人に読んでもらえたら、嬉しいです。

瀬 功太郎
大阪府 大阪市立東高等学校 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
標語
受賞者の声

SNSで人の悪口を投稿して、その人が自殺したというニュースがときどき目に入ります。「バレなければいい」などと思って何も考えずにSNSに悪口を投稿したり、嫌がらせでSNSにデマを投稿したりする人が少しでも減ってほしいという思いを込めて、この作品を書きました。1つの人の悪口の投稿で、簡単にその人を傷つけてしまうことを頭に入れた上で、正しくSNSを使ってほしいと思います。

大竹 祐世
兵庫県 赤穂市立赤穂中学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
標語
受賞者の声

この世界から誹謗中傷を無くすことは一つの課題だと思います。私はSNSを利用しますが、その中で特定個人を傷つけるコメントや動画をよく目にします。SNSを利用する人が、何気ない一言で命を奪う蓋然性の高さと、自分の発した言葉が凶器になる可能性を認識し、一人でも多くの人が笑顔になれる言葉を使える社会になってほしいと思い、この標語を考えました。

川本 秦菜
奈良県 天理市立北中学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
標語
受賞者の声

今インターネット上での誹謗中傷が原因で、書かれた人が辛い気持ちになっている方が多くいます。私は誹謗中傷をしている人達に向けて、標語で何か伝えられることはないかと考え、この標語を書きました。

米田 日向
奈良県 奈良文化高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
標語
受賞者の声

このような賞を頂けたこととても嬉しく思います。この標語をきっかけに一人でも多くの人が意識を変えて、一人一人が尊重される社会になっていってほしいと思います。

谷川 綾音
奈良県 奈良文化高等学校 1年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
標語
受賞者の声

自分の標語が和歌山県の優秀賞に選ばれ、とてもうれしく思います。この標語は、「炎上して初めて不適切な書き込みに気づく」ことが「よくあることだと」いう意味で作りました。これからは、書き込みを発信する前に一度立ち止まり、適切かどうかや炎上しないかどうかをよく考えてから行動する必要があると思います。

長井 貴成
和歌山県 近畿大学附属新宮高等学校 2年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
標語
受賞者の声

高校生になってからインターネットに触れる機会も増え、同時に情報モラルについてのニュースなどを耳にすることも多くなりました。そんな中、ネットを使った誹謗中傷やいじめが絶えないというニュースを見てとても残念に感じました。僕自身も何度かそういうコメントなどを目にしたことがあります。顔が見えないからこそ相手の心を見て発言するべきではないかと考えました。これはネットだけでなく現実にも通じるものがあると思うので、そんなメッセージを込めて書きました。

向山 健
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県サイバーセキュリティ対策ネットワーク>
標語
受賞者の声

この度は素晴らしい賞を頂くことができ大変嬉しく思います。今回のタイトルにもした「無料ダウンロード」。最近では「無料〇〇」というフレーズをよく耳にします。他の似たようなことを謳っているものも、もしかしたら詐欺かもしれません。そのようなものに触れる際には、一度手を止めて考えてほしいというメッセージを込めました。年代問わず、詐欺に騙されないように気をつけていきましょう。

田中 ゆら
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <島根県警察本部>
標語
受賞者の声

私はこの情報モラルの標語部門で自分の作品が受賞でき、嬉しく思います。インターネットが当たり前に利用されている世の中で、詐欺やなりすましなどのトラブルについてよくニュースで目にしていました。インターネットを利用する際にセキュリティをもっと強化する事でトラブルについて深く考えることができました。これからも意識して生活していきたいと思います.

勝部 悠香
島根県 島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <島根県教育委員会>
標語
受賞者の声

私はこの情報モラルの標語で受賞することができ、とても嬉しいです。この標語を考えるにあたり、特に意識したことはありませんが、自分が普段思っていることをそのまま表現しました。スマホではなくて、人と人がきちんと向き合うことができる、そんな人がたくさん増えるといいなと思います。私の考えた標語を私自身がきちんと実行できているかは分かりませんが、これからも意識していきたいと思います。

江藤 莉吏花
島根県 島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人島根県情報産業協会>
標語
受賞者の声

私たちの身近にあるSNSは、とても便利なものです。でも、使い方を間違えると相手を傷つけたりトラブルになってしまうなどと、学校の講演会で教えてもらったことがあります。私はそのことから、SNSの使い方を気を付けたいと思いました。最近のニュースにはSNSの誹謗中傷に関するものが多いと思います。顔が見えないからといって人を傷つける人がいます。そういう人に人の気持ちをしっかりと考えてほしいと思いました。これからも私もSNSとのかかわり方に気を付けたいです。

近藤 環
島根県 島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <岡山県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、栄誉ある賞を頂戴し、感謝の念に堪えません。夏休みの課題をする間も惜しんで作った甲斐がありました。SNSは今や私たちの暮らしの中では大変身近で興味を惹かれる存在です。その分プラスにもマイナスにも影響を与えやすい道具になり得ます。たとえ悪意はなくても、自分が発信した情報が知らぬ間に誰かを傷つけてしまう可能性をはらんでいるということを、最後のクリック前に皆に思い出してもらえたらと思います。

山﨑 巨泉
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
標語
受賞者の声

家でSNSを利用するだけでなく、学校でもICT機器を使った授業の取り組みが多くなり、だれもが簡単に情報を手に入れることができる社会になったと思います。それと同時に自分の個人情報をも、簡単に流出してしまうような危険性ととなり合わせのようにも感じます。なので、パスワードを使いまわしするのではなく、1つ1つ違うものにするなど、まずは自分ができる最大限のことをやってみませんか。

菊池 栄士郎
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

こんな言葉遊び的な標語で受賞できるとは思いませんでした。ありがとうございます。言葉は時に人を傷つけてしまうということが、この標語で伝われば良いなと思います。私自身も改めて言葉の使い方に注意して生活していきたいと思います。本当にありがとうございました。

宮原 健太郎
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 3年

優秀賞 <広島県警察本部>
標語
受賞者の声

受賞できたこと、とても嬉しく思っています。とても身近なテーマだったので、誰にでも伝わりやすいように簡単な言葉で書くことを意識しました。私は、自分の何気ない一言で相手が傷つくかもしれないので、本当に大丈夫な言葉か考えてSNSを利用するようにしています。簡単で便利だけど、使い方次第で危ないものにもなります。ひとりでも多くの人が傷ついたり傷つけたり、後悔したりしない利用ができたらいいなと思っています。

大野 楓
広島県 廿日市市立七尾中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

近年SNSでのいじめ問題など、ネット上での誹謗中傷はあふれかえっています。だからこそ、私はそのようなことが無くなるよう取り組むことが必要だと考えました。そのために、まずは、ネットで何かをしようと思ったときに自分を客観的に見ることと、一歩踏みとどまって考えることが大切だと思いこの標語を考えました。

門松 桃花
広島県 広島県立三原東高等学校 2年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
標語
受賞者の声

SNSに関わる様々なトラブルがある昨今、世の中の問題が少しでもなくなってほしいという思いでこの標語を考えました。これからの時代、現在よりもSNSを使う機会がもっと増えてくるでしょう。プライベートな画像や動画などを投稿することにより、個人を特定できるような情報が漏れてしまう可能性があります。1つの投稿で、自分自身や周囲の方々に被害が及ばないよう心がけてSNSを使っていきたいです。

栗巣 吉平
広島県 尾道高等学校 3年

優秀賞 <徳島県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語は、ネットで出会った人と会って大変な目になったというニュースを見て、ふと思った言葉です。優秀賞を取れたことに喜びと驚きを覚えました。提出自由の夏休みの宿題でしたが、提出してよかったです。これからも、この標語のように注意して過ごしていきたいと思います。

山上 瑠偉
徳島県 徳島市八万中学校 3年

優秀賞 <徳島県教育委員会>
標語
受賞者の声

賞に選んでいただきありがとうございます。スマホは便利なものですが、使い方を誤ると取り返しのつかないことになります。だから、メッセージなどを送信する際は、もう一度読み返し、本当に相手に届けても良い言葉なのかを考えることが大切だと思いました。心ない言葉で傷つく人が少しでも減ればいいなと思って、この標語をつくりました。

尾﨑 由梨
徳島県 阿波市立阿波中学校 1年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
標語
受賞者の声

この度は優秀賞をいただき、ありがとうございます。最近、何に対しても否定的な意見をすぐ書き込む人が増えているような気がします。書き込む前に少し考えてもらいたいと思い、この標語を作りました。

西出 璃子
徳島県 徳島県立城ノ内中等教育学校 4年

優秀賞 <香川県教育委員会>
標語
受賞者の声

とく名で自分の個人情報が相手に知られないことで相手が傷ついてしまうようなことを書きこんでいる人を良く見ることがあったので、この標語を考えました。この受賞をきっかけに改めて相手を傷つけないように情報ツールを使っていきたいと思いました。

寺沢 凰雅
香川県 高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
標語
受賞者の声

今回、たくさんの作品の中から僕の作品が選ばれてとても驚いています。僕はネットを使うのが大好きです。でも、ネットを見ていると、この情報が正しいのか疑ってしまうような情報もあり、今回標語を書きました。この標語を見た人がデマ情報についてもう一度考えるきっかけになればうれしいです。

金倉 功樹
香川県 高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

標語部門の優秀賞に選ばれ、とてもうれしいです。インターネット上で自分の大切な情報を守ることは、相手からのいじめや悪口などから、心や体を守ることにもつながると思い、この標語を考えました。この標語を見て、情報モラルの大切さを改めて感じてくれたらと思います。

東藤 拓也
香川県 高松市立香東中学校 2年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
標語
受賞者の声

受賞の知らせを聞いてとてもうれしく思います。この標語をたくさんの人が読んで、悪口などで苦しむ人が減ったら幸いです。これからも情報について真剣に学び、たくさんの人に伝えていきたいです。選んでいただき、ありがとうございました。

和田 響太
香川県 高松市立香東中学校 2年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
標語
受賞者の声

現代の社会では、メールでのやり取りは当たり前になり、SNSも普及しています。しかし、便利すぎるが故に簡単に相手を傷つけることもできます。SNSを使う人なら、誰しも加害者になりえます。相手を傷つけないためにも、今一度自分が打った文面を見直して、それを見て相手がどう思うか、誤解が生まれるような文章になっていないか、冷静に判断して欲しいです。

田中 宏汰
愛媛県 愛媛県立松山南高等学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
標語
受賞者の声

私はSNSでの投稿をよく見ていて、特定の人を大胆に誹謗中傷して、あおっている投稿をしていて、心が痛くなったことがあります。他にも最近では、誹謗中傷の影響で有名人が命を落とすというような出来事を知りました。SNS上でのひどい発言が絶えないのは、やはり匿名性があるという要因が大きいと思います。私はSNS上だとしても普段の生活のような態度で利用するべきだと思い、この標語を見た人が現在のSNSの使い方を見直すきっかけにして欲しいという願いで作りました。

二宮 駿介
愛媛県 愛媛県立松山南高等学校 1年

優秀賞 <高知県警察本部>
標語
受賞者の声

今の時代インターネットを使っている人がほとんどだと思います。だけど使い方を間違えると大変なことになってしまうことは知っているのでこの標語を書きました。これからも正しい使い方でインターネットを使っていこうと思います。危ないと思うことには触れないようにします。

横田 夏音
高知県 明徳義塾高等学校 1年

優秀賞 <高知県教育委員会>
標語
受賞者の声

今回、賞に選んでいただき、ありがとうございます。僕はいつもスマホをいじってしまいますが、寝る前はいじらずにいい夢をみたいと思います。この標語をきっかけに生活を見直すようにしたいと思います。

小坂 遼
高知県 明徳義塾中学校 1年

優秀賞 <高知県教育委員会>
標語
受賞者の声

自分の標語が選ばれると思っていなかったので、びっくりしましたし、嬉しかったです。自分がSNSなどで簡単に投稿した言葉でも人によっては嫌な気持ちになるので投稿するなら責任を持ってほしいと思い、標語を考えました。自分の考えた標語で多くの人の気持ちが変わればいいなと思います。

立石 詩乃
高知県 明徳義塾高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
標語
受賞者の声

賞をもらって思ったことは、インターネットは情報の海なので一つの行い・投稿でその先の人生ががらっと変わるということを理解してインターネットを扱わなければいけないということです。自分自身でも、十分注意していきたいと思いました。

山中 孝太
高知県 明徳義塾高等学校 1年

優秀賞 <福岡県警察本部>
標語
受賞者の声

この度はこのような賞を受賞できてうれしく思います。賞を受賞したと聞いたときはとてもビックリしました。僕の作品を通じてネットは、イイネなどがたくさんつくほど、いろんな人にみられているということを少しでも理解していただけたらうれしいです。安全に楽しくインターネットを使うとトラブルなども減ると思うので、インターネットを正しく使っていこうと思いました。

前田 悠翔
福岡県 福岡市立那珂中学校  2年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
標語
受賞者の声

今回はこのような素晴らしい賞をいただきまして、本当に嬉しい限りです。この作品は、普通であれば良いことであるリサイクルも、パスワードでしてしまっては危ないなという思いでつくりました。これを見た人が1人でも、パスワードを1つ1つ変えて使ってくれればと思います。

福嶋 悠人
福岡県 福岡市立那珂中学校  1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
標語
受賞者の声

この標語は、SNSは色々な人と繋がれたり情報をゲットできたりとたくさん便利なことがある一方で、SNSによって傷つく人が1人でも減ってくれたらいいなと思ってつくりました。SNSに投稿したものは、自分で消そうと思っても消えませんが、たった1つの投稿によって信用を失い、友達が消えていきます。だから、自分の投稿に責任を持ってSNSを利用してほしいと思います。今回選出していただきありがとうございました。

徳田 葵
佐賀県 佐賀県立唐津東高等学校 1年

優秀賞 <長崎県警察本部>
標語
受賞者の声

私がこの標語をつくったきっかけは、最近スマホ利用時間が増え、それに比例するように家族との会話が減ったように感じたからです。自分のスマホを持つようになってから家族とのコミュニケーション大幅に減ったので、この標語をつくることで世の中の高校生が自分と同じ状況にならないようにと思いこの標語をつくりました。この標語を通して今後、必要以上のスマホ利用をなくし、家族との時間をより大切にしていこうと思いました。

本村 成陽
長崎県 長崎県立長崎北陽台高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

私は、人が傷つくことを言ってしまったり、あまり良くないことを思ったりしてしまったことがあります。私は、いろんな人に、人が傷つくことやあまりよくないことを言ってほしくないと思います。それに、悪いことをしたら自分が一番わかっています。だからこのメッセージを考えました。このメッセージで、いろいろな人が今までの自分を見直して、これから人が傷つくことやあまりよくないことを言わないようにしてほしいと思います。

鴨田 和奏
長崎県 長崎精道小学校 5年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
標語
受賞者の声

以前、熊本地震が起きた時、動物園のライオンが逃げたとデマの情報が拡散される事態になったことを知りました。投稿した人は、のちに逮捕されましたが、私は、よく見ずに拡散した人たちにも罪があると思いました。拡散されなければ動物園関係者に迷惑がかかることも、熊本の人が怯えることも無かったからです。私たちの身の回りにも同じようなことが起こる可能性があるからこそ、直ぐに情報に一喜一憂し、拡散させることも駄目だというメッセージを込めました。

藤田 晴大
長崎県 長崎県立長崎北陽台高等学校 2年

優秀賞 <熊本県警察本部>
標語
受賞者の声

僕は自分の体験したことをもとに、SNSを利用する際の注意点を標語にしました。世の中で写真や動画を投稿している多くの人たちが、自分たちの情報が洩れていないかということに気づき、再確認する機会になればいいなと思います。正しいSNSの使い方を僕も周りの友達とともに学んでいきたいと思います。

河津 璃琥
熊本県 南小国町立南小国中学校 3年

優秀賞 <大分県警察本部>
標語

早川 蒼羅
大分県 臼杵市立北中学校 2年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語

青木 そら
大分県 臼杵市立北中学校 2年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、このような賞をいただき大変嬉しく思います。匿名は気軽に情報発信できる理由の一つですが、最近は匿名でのひどい書き込みや誹謗中傷が多いと感じます。直接言えないことを匿名で言っていませんか?匿名でも匿名でなくても、人と人との繋がりに変わりはありません。この標語を見た人たちが情報を発信する前に一度よく考え、悲しい思いをする人が少しでも減少してくれれば嬉しいです。

中内 咲希
宮崎県 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

現代では、スマホやパソコン、タブレットなどさまざまな機器を活用することがとても多いです。これらは生活する上でとても便利ですが、その反面危険もいっぱい潜んでいます。その中でも個人的にウイルスが一番怖いと思いました。ウイルスは、普通に使っている中で目に見えないからです。目に見えないところで感染してしまい、個人情報を盗まれたり、その情報を使って勝手なことをされたりと、人生が蝕まれてしまいます。この問題は、対策できないことはないですが、油断しているから感染してしまうと私は思っています。これは、今とても大きな問題になっているコロナウイルスでも言えることで、対策はできるのに油断してしまって感染し、つらい思いをします。このような事にはなって欲しくはないと思い、注意喚起という意味も含めてこの標語を書きました。

清田 舜斗
宮崎県 宮崎県立佐土原高等学校 3年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
標語
受賞者の声

沢山の応募作品の中から、自分の作品が優秀賞に選ばれるなんて思ってもみませんでした。とても嬉しいです。ありがとうございます。最近は、撮った写真を加工し、「盛れた」と当たり前のようにSNSに投稿する人が多いように感じます。だからこそ、この標語が色々な人に届いてほしいです。危機意識をもってSNSを利用する人が増えることを願っています。

栗島 愛華
鹿児島県 日置市立吹上中学校 3年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
標語
受賞者の声

優秀賞に選ばれたので驚きました。ありがとうございます。とてもうれしいです。家族との会話を今よりも大事にしようという意味をこめて、この標語を作りました。たくさんの家庭が、もっと親子の会話であふれるようになったらうれしいです。

坂元 海翔
鹿児島県 鹿児島市立草牟田小学校 5年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
標語

大脇 美桜
鹿児島県 鹿児島市立鹿児島玉龍中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

ぼくが考えたひょう語がえらばれて、びっくりして、うれしかったです。ぼくは、まだけいたいやパソコン・ゲームはもっていません。でも、学校やニュースで「ゲームは楽しいだけでなく、ケンカになることもある」と知りました。だから、ぼくがけいたいやゲームをつかうときは、気をつけたいと思います。

井口 翔理
鹿児島県 鹿児島市立草牟田小学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
標語
受賞者の声

これを書いたのは、僕も自分のスマホで詐欺のメールを経験したからです。内容は、「当選しました。賞金がもらえます。」というメールでした。最初はうれしかったけど、「あやしいなぁ」と思って放置しておきました。こういう経験があり、ニュースでも大人の人が詐欺にあっているので、みんなに気をつけてほしくて、このような標語を作りました。優秀賞になって、これまでの経験が役に立ってうれしかったです。

宮副 響太郎
鹿児島県 鹿児島市立広木小学校 6年

優秀賞 <沖縄県>
標語
受賞者の声

今の時代、言葉だけで簡単に人の命を奪える誹謗中傷などが増えてきています。僕がこの言葉でみなさんに伝えたいことは、自分の行動や自分が言う言葉にちゃんと責任を持てているのかを改めて考えてほしいと思います。

酒屋 光希
沖縄県 沖縄県立糸満高等学校 1年

優秀賞 <沖縄県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞を授与して頂いて、大変光栄に思います。みんながインターネットを簡単に利用できるようになった今の時代、SNSを利用している人も多いと思います。その中で、誹謗中傷をするような投稿があったり、匿名で、暴言を書き込む人がいます。私はその人たちに向けて、この言葉を伝えたいと思いました。SNSは、気軽に利用できて便利な反面、軽い気持ちで人を傷つけることができます。相手がそれを見て、友達の中にそんなことをする人がいると考えると、ゾッとすると思います。みんなが気持ちよくSNSを利用できるように、よく考えて行動することが大切だと思います。

新垣 龍季
沖縄県 沖縄県立糸満高等学校 1年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
標語
受賞者の声

第17回 IPA「広げよう情報モラル・セキュリティコンクール」2021の優秀賞に選んで頂きありがとうございます。自分の標語が選ばれたと聞き驚きましたが、それ以上にとても嬉しかったです。この標語は主にスマホを使う機会が増える中高生に向けての考えたものです。SNSでの発言だけでなく、フリーWi-Fiにも危険があるかも知れないことを知ってほしいです。今回は本当にありがとうございます。

山内 はな
沖縄県 沖縄県立那覇西高等学校 1年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること