1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

私は親のスマホを見るのが、大好きです。SNSには、よく「拡散希望」というのが、かかれています。だけど親は「ウソかもしれないから絶対拡散しないよ」と言っています。工夫したところはライオンです。とても怖いと思いました。

竹井 優
さとえ学園小学校 4年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

最近、子供がインターネットで知り合った悪い大人に、騙されたり連れ去られたりする事件をよく目にします。私はこの作品を見た人に、画面上でやさしい言葉をかけられても、「本当の顔かは分からないんだ」という疑いの目を持ってほしいです。そうすることで、悪い大人に会って被害にあう人が減ってほしいと思います。

大町 咲帆
諫早市立西諫早中学校 3年

優秀賞

<独立行政法人情報処理推進機構>
<マカフィー株式会社>
ポスター
受賞者の声

お風呂と情報漏洩をかけて制作しました。情報にとらわれ、安易に入り込んでいくと気づかぬうちに漏洩につながっているかもしれないというメッセージを込めています。制作にあたって、自分自身も改めて意識し直す良い機会となりました。このポスターで、少しで危機感を持ってもらえるきっかけになればと思います。

岡垣 成美
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <警察庁>
ポスター
受賞者の声

このたび、「IPAひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール ポスター部門優秀賞(警察庁)」を受賞させていただき、まことにありがとうございます。 僕は過去にフィッシングメールに釣られそうになった経験があったので、制作により一層力が入りました。 この後も機会があれば、またコンクールに作品をだそうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

荒井 志朗
苫小牧市立光洋中学校 1年

優秀賞

<一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
<株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

この作品は、個人情報漏洩が少しでもなくなればいいという気持ちを込めて作りました。ネットトラブルなどを調べていく中で、自分も気を付けないといけない所が知れました。私は、作品を作ると決めた時から、「駅や学校に貼れるポスターにしよう」というテーマを決めていて、それがこういう形でたくさんの人に見ていただき優秀賞という形で終われたことを大変うれしく思います。

岸波 春樹
埼玉県立滑川総合高等学校 3年

優秀賞

<一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
<株式会社ネットワールド>
ポスター
受賞者の声

優秀賞をいただくことができ、とても嬉しいです。ありがとうございます。この作品は「スマホのパスワードは設定しているが友達にも教えていて、その結果勝手にロック解除され、いたずらされたことがある」という話をきっかけに作りました。大切なものを守るためにあるパスワードですが、そのパスワードを守るために自分から対策をしていくことも大切だということを、かわいいおサルさんを通して伝われば幸いです。

志賀 葵
名古屋市立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただけてとても嬉しいです。世の中には歌や音楽、小説など、私達の生活を豊かにするもので溢れています。しかしそんな中で不正ダウンロードが増えており、それが作品と作者様を傷つけています。私は不正ダウンロードを止めて、作者様も私たちも楽しく作品を見たり、聴いたりできれば良いと思いこのポスターを描きました。

岡﨑 尋那
香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただきありがとうございます。最近では実生活の延長線としてSNSに自撮りや学校名などを発信することも珍しくなくなってきました。しかし、個人間でやりとりをしているつもりでも、インターネットはいつどのような人が見ているかわかりません。この作品は自分の一部とも言える情報が知らぬ間に抜き取られているのをイメージして描きました。その危険性を理解してもらえれば幸いです。

苗代迫 有未
鹿児島県立隼人工業高等学校 2年

優秀賞

<一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
<株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

私は、SNSを通じて自分の考えや日々の出来事を発信しています。そして、それを受け取った人達はそのひとつひとつを組み合わせて「私」を想像し、造りあげていると思います。そのため、受け取り手の気持ちを考え、発信をすることが大事だと感じています。ポスターは、そういう思いを込めて作りました。このような賞をいただけたことを、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

田邉 佑衣
東京都立両国高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂きありがとうございます。ポスターのポイントは原色を使う事でどのポスターよりも目に留まるようにしました。このポスターをきっかけに、上手にSNSを使って欲しいです。

堀尾 智弘
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

この作品は、SNSの「詐欺」と、トキに紛れる「サギ」をかけて描いた作品です。トキは新潟県の鳥であり、国の天然記念物にも指定されていることから着想を得ました。トキとサギは見分けるのが大変難しいことから、SNS上の詐欺と同じで、一見同じに見えるものでも中身は違うというメッセージが込められています。また、スマホで「サギ」を見極めることが大切だと思い、「サギ発見」というタイトルにしました。

白井 優那
新潟県立新潟向陽高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

この度、僕の作品が優秀賞に選ばれたことを光栄に思います。この作品は授業の取り組みとして制作し、応募しました。情報セキュリティと聞いて一番に思いついたのは、想定されやすいパスワードの危険性です。老若男女問わず、すべての人にこの危険性について認識してもらえるようにシンプルかつ、危険を強調するために黄色と赤色を使用してデザインしました。今回の受賞を機に、情報モラルや情報セキュリティに対する自分自身の意識をさらに高めつつ、世間のサイバー犯罪に対する意識が高まることを期待します。

東 竜生
京都府立京都すばる高等学校 3年

優秀賞 <公益社団法人著作権情報センター>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただけたこと、とても嬉しく思います。近年、悪質な違法ダウンロード、無断転載、無断使用など著作権について理解していない人、理解していても利用する人が目立つため、このポスターを通して違法だということをより分かっていただき、制作者様側が悲しい思いをしないようになって欲しいです。

段田 麻衣
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただいてとても嬉しいです。このポスターを描いた理由は、「自分は友達に向けてSNSに投稿していても、それを見ているのは不特定多数の人かもしれない」ということに注意してほしいと思ったからです。これを見た人が、SNSの使い方を見直すきっかけになればいいなと思います。

武藤 莉央
帝塚山学院中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞に選んでいただきありがとうございます。このポスターは、ウイルスやセキュリティ対策を比喩表現でデザインし、情報モラル・セキュリティの大切さを楽しく伝えらえるように工夫して製作しました。自分で意識してスマホをウイルスから守り、安全に使用してもらうきっかけになれば嬉しいです。今後も作品作りを頑張っていきたいです。

三木 ちひろ
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただけてとても嬉しいです。情報モラル・セキュリティについて改めて考え、再認識できました。最近はインターネットやSNSが身近になって、危険なトラブルも目立ちます。モラルを守り、いろいろな世界に目を向けてほしいなと思います。

川口 真緒
弘前大学教育学部附属中学校 1年

優秀賞 <株式会社ノートンライフロック>
ポスター
受賞者の声

まずはポスター部門優秀賞を受賞してうれしいです。僕はポスターにあるように、個人情報をネットに掲載すると危険な人につかまってしまうということを知ってもらいたいと思います。このポスターを見た人が1人でも多くネットの使い方を考えてくれたらうれしいです。

中村 瞬
鹿島市立東部中学校 1年

優秀賞 <実教出版株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をいただけると思っていなかったので、聞いた時はとても驚きました。ポスターにはスマホから自分の色んな情報を落としていく女の子と、それを拾うひとを表してみました。授業の一環で描いたポスターではありますが、これをみたみなさんがもう一度インターネット上での個人情報の取り扱いに注意しようと思っていただけると嬉しいです。

寺田 佑香
大阪府立三国丘高等学校 2年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

一人の人がインターネット上で複数のアカウントを持ち、管理する時代になり、アカウントの「乗っ取り」も珍しくありません。複数のアカウントで同じパスワードを使用していると、もう一つのアカウントが「乗っ取り」被害に遭ったときに被害が拡大しやすく、とても危険です。このポスターは、そういった「乗っ取り」被害を少しでも減らすことを考えて作成しました。

大髙 みのり
東京都立両国高等学校 2年

優秀賞 <フィッシング対策協議会 「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂き、本当に光栄です。作品にはおなじみのゲームであるテトリスをモチーフとし、SNS上の誤った操作をゲームの操作ミスを掛けて作りました。ネット社会となった今、その操作一つで今まで積み上げてきたものが無駄になるということを改めて認識してもらって、正しい使い方と方法でネット社会を歩んでいってほしいものです。

松縄 一歌
新潟県立長岡商業高等学校 2年

優秀賞

<北海道警察>
<一般社団法人北海道情報システム産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞に選出して頂き、ありがとうございます。一つ一つがささいな情報でも、それらがいくつも積み重なれば簡単に個人を特定できるまでの情報へとなり得ます。近所で起こった出来事や、なんの変哲もない周囲の景色など、ついつい流しがちな情報にも危険性があることを十分に理解して、情報機器を安全に活用していきましょう。

飯田 明洋
苫小牧市立光洋中学校 3年

優秀賞 <青森県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、ポスター作りをきっかけに、情報モラルについて知りました。自分がインターネットを利用する上で気を付けたいこと、気を付けてほしいことを表現できたと思います。最近、インターネットを利用する人は増えているでしょうし、利用する年齢層も広がっていると感じます。これから、私自身も気を付けたいですし、インターネットを利用する皆さんにもこのポスターをみて、意識していただければと思います。

小田桐 更紗
弘前大学教育学部附属中学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私は、地域の方々が「正しくSNSを利用しなければならない」と意識することを願い、このポスターを制作しました。この作品で工夫した点は色の使い分けです。登場人物の心をうまく表現するために、背景や人物の明度や色を使い分けました。一番苦労したところはレタリング部分です。使い慣れない筆を使ったのでとても大変でした。心を込めて制作した作品が選ばれてとても嬉しいです。

種綿 一愛
盛岡市立厨川中学校 2年

優秀賞 <山形県警察本部>
ポスター

今野 海咲
山形県立酒田光陵高等学校 2年

優秀賞 <福島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私がこの作品に込めた想いは、「言葉は武器になる」ということと、「簡単に傷つけてしまう」ということです。送った本人は何とも思わない一言でも、相手の心に一生残る傷につながる可能性があります。小さな子供でもスマホを持ててしまう今の時代だからこそ、自分の言葉一つ一つに責任を持ち、送る前に相手を傷つけてしまわないか考えてほしいという想いで書きました。

三浦 萌依
福島県立会津農林高等学校 1年

優秀賞

<茨城県>
<茨城県メディア教育指導員連絡会>
<茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

危険を感じさせるためにあまり明るい色を使わずに書き、文字の赤にも黒を混ぜより怖さが出るようにしました。文字の大きさにもこだわり、大事な字は大きめにしレタリングをした。受賞できてうれしいですまたこのような機会があったら受賞できるようがんばりたいです。

吉川 美桜
神栖市立神栖第三中学校 2年

優秀賞 <茨城県警察本部>
ポスター
受賞者の声

工夫した点はスマホの画面のなかに笑顔のイラストを描いて、使い方を守って使用すれば便利な道具になることを伝えるようにしたことです。また最近、SNSがきっかけの事件、事故が多くなっているのでそれが、少しでも減ってほしいという願いで描きました。

坂本 真彩
神栖市立神栖第三中学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今ではほとんどの人が持っているスマートフォンやパソコンには、ものすごい数の個人情報が入っています。使い方によっては全ての情報が抜き取られている可能性もあります。もしかしたら、「いつも見られているかもしれない」という危険性と、恐ろしさをうしろにいる人や、暗めの色を使って表現してみました。

菊池 梨々香
那須塩原市立三島中学校 3年

優秀賞 <群馬県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、素晴らしい賞を頂き大変嬉しく思います。インターネットはとても便利で、すぐに調べられたり、一緒にいない人と連絡がとれたり魔法の道具とも言えるでしょう。しかし、それは裏を返せば世界中に繋がっているということ。エンターキーを確認もなく押してしまうと取り返しのつかないことになることがあります。苦い思いを残すことなく、文明の力を良い力として活用していきたいという思いでこのポスターを描きました。

町田 真彩
群馬県立高崎女子高等学校 1年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

賞に選ばれてとても嬉しいです。ありがとうございます。この作品が少しでも情報モラル、セキュリティについて伝えられるものになっていればと思います。

増川 晴菜
埼玉県立新座総合技術高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

私は、今回の作品が受賞できたことをとてもうれしく感じます。作品を一から作るうえで大変だった作業はポスター上下にある警告線と、フリーWi-Fiの危険を示すキャラの作成です。一から作ることは難を要し、特にカーブなどの曲線は時間がかかりました。手を抜かず最後まで丁寧に作業することができたのでいい作品を作ることができました。今回のポスター作製から技術とともに、パソコンで物を作る難しさを学ぶことができました。

岩﨑 鷹人
埼玉県立滑川総合高等学校 3年

優秀賞 <千葉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、素晴らしい賞を頂きありがとうございます。 このポスターは、誹謗中傷やネットの投稿による事件やトラブルがなくなることを願って作りました。自分自身も情報モラルについて考えるきっかけになりよかったです。

横井 琴子
千葉明徳高等学校 1年

優秀賞 <東京情報大学>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂けて光栄です。最近アニメやテレビ番組が動画サイトに載っているのを見かけますが、その中には違法に掲載された動画もあります。アニメや、テレビ番組、漫画などは作るのに当然時間とお金がかかっています。僕はこのポスターを見た人に、正しい方法で作品を視聴し、作った人たちにしっかりと収益が入るようにして欲しいと思います。

桑原 晃大
千葉明徳高等学校 1年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただきありがとうございます。昨今、利用が広がりコンビニなどいろいろな場所で利用できるフリーWiFiですが、授業でその危険性について知り驚きました。自分ももしかしたら知らないうちに通信が盗み見られているかもしれません。このポスターは白と黒のコントラストで利便性と危険性を表現しました。少しでもその危険性を訴えることができればいいなと思います。

秋山 鼓太郎
東京都立両国高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞をいただきとてもうれしく思っております。SNSを通じて膨大な量の情報が流れる今、その中には嘘やデマが混ざっています。その中で、悪意が無くとも拡散してしまう上、そのことに気づかない人が多くいると思い、このポスターを制作しました。このようなことが少しでも減れば幸いです。みなさんも拡散する前に、それが本当のことかどうか少し考えて行動していただければと思います。

坂口 由宇太
東京都立青梅総合高等学校 2年

優秀賞 <神奈川県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今日私のポスターを選んでくださりありがとうございました。授業で情報についてのことを色々と知り、少しでも周りの人に危険性や気をつけなければいけないことが伝わればいいなと思いながら描きました。カラフルでポップな画風で描きましたがとても危なく大切なことなので、ぜひ皆さんもこのポスターを見た機会に情報に興味をもって、調べてみたり周りの人と話し合ったりしてみてください。私やこのポスターを見ているあなた、周りにいる人達、皆さんで安全な情報社会を作っていきましょう。

八木 遥奈
神奈川県立金井高等学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この作品は、SNSの「詐欺」と、トキに紛れる「サギ」をかけて描いた作品です。トキは新潟県の鳥であり、国の天然記念物にも指定されていることから着想を得ました。トキとサギは見分けるのが大変難しいことから、SNS上の詐欺と同じで、一見同じに見えるものでも中身は違うというメッセージが込められています。また、スマホで「サギ」を見極めることが大切だと思い、「サギ発見」というタイトルにしました。

白井 優那
新潟県立新潟向陽高等学校 3年

優秀賞

<山梨県警察本部>
<一般社団法人山梨県情報通信業協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂けてとても嬉しいです。以前、フリーWiFiの存在を知ったばかりの頃は無料でWiFiが使えるなんて素晴らしいなどと思っていました。ですが、フリーWiFiの危険性を学んだ際にフリーWiFiを利用すると盗撮や覗き見といった犯罪が起きる可能性があると知り、『フリー』の言葉の裏側に監視という手錠が潜んでいる事を表現しようと描きました。

河井 飛良厘
山梨英和高等学校 3年

優秀賞 <長野県警察本部>
ポスター
受賞者の声

受賞して、とてもうれしかったです。文字の外わくをかいて、文字を強調させました。スマホの中の絵も、書いてみました。適当な気もちで、ネットに写真をあげたりすると、居場所をしられたり、ねらわれたりしたりします。しらない人からきたれんらくをかえしたりすると、事件にまきこまれたり、本当はその本人なのか分からないときもあります。このようなことが減るといいと思って書いたので伝わるといいです。

堀 颯月
南箕輪村立南箕輪中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
ポスター
受賞者の声

私は、この作品に個人情報をネットに上げないでほしいという思いを込めました。私は、ネットが使えないのですが、テレビやニュースなどでは、個人情報によって起きる詐欺や事件について放送している時があります。そのような事を起こさないように、思いを込めました。工夫したのは、スマホにひびを入れて、怖さを出すということです。まさか受賞するとは思わなかったので、とてもうれしいです。

川島 由稀乃
南箕輪村立南箕輪中学校 1年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

入賞できてとてもうれしいです。コロナが流行りだした時に、家ではトイレットペーパーが終わりそうになりました。お店に行っても売っていなくてとても困りました。同じように困った人がたくさんいたと思います。情報にながされて慌てている様子をかきました。「その情報本当ですか?」と落ち着いて考えて行動してほしいと思いを込めてかきました。

唐沢 修真
南箕輪村立南箕輪中学校 1年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
ポスター
受賞者の声

最近の人は、ずっとスマホをいじっている人が多いです。なので、自分が気づかないうちに、心、そしてスマホも疲れていると思います。なので私の書いたポスターを見て、少しでもスマホに触る時間が減ってほしいと思い書きました。遠くから見ても目立つように色のつかい方や絵の大きさを工夫しました。今回まさか私が受賞するとは、思っていなかったので、すごくうれしいです。ありがとうございました。

原 あおば
南箕輪村立南箕輪中学校 2年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただくことができて大変うれしいです。ポスターを描くことは、身近な情報モラルについて考える良い機会となりました。これからも情報モラルについて学びながら、正しい選択や判断をしていきたいです。

中村 れいら
岐阜県立海津明誠高等学校 2年

優秀賞

<岐阜県警察本部>
<ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

このような素晴らしい賞を2つも頂くことができてとても嬉しいです。私たちにとって当たり前にあるSNSをどのように利用していくかを改めて考えることができました。このポスターを通して、1枚の写真にはたくさんの個人情報があふれていることを理解してもらい、SNSで起こるトラブルが少なくなることを願っています。

三輪 成美
岐阜県立大垣養老高等学校 3年

優秀賞 <静岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度このような賞をいただき、とても嬉しく思います。私はいくら匿名でも相手を傷つけるようなSNSの使い方をしてほしくないという思いを込めてこのポスターを描きました。このポスターがSNSの使い方を見直すきっかけとなれば嬉しいです。私はSNSを通じて辛い思いをしている人がいる現状がなくなることを望んでいます。 私自身もSNSの使い方を見直し、情報社会に思いやりの輪を広げていきたいです。

岡田 小梅
静岡県立浜松工業高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
ポスター
受賞者の声

この作品は、SNSなどで何気なく投稿した写真や画像が個人情報を特定することに使われてしまう危険性を表した作品です。それを評価していただけてとても嬉しいです。またこの作品を通してSNSの怖い部分も知ってほしいと思いました。私もSNSをよく使うので画像などを投稿する際は、気をつけていきたいです。 この度はこのような賞をいただきありがとうございました。

大脇 有紗
静岡県立浜松工業高等学校 1年

優秀賞 <愛知県警察本部>
ポスター

加藤 遥
刈谷市立依佐美中学校 2年

優秀賞 <三重県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂けたことを嬉しく思います。2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中で、よく目にしたのはSNSによるフェイクニュースやデマ情報の拡散です。間違った情報に踊らされ混沌とする社会の様子を表現しました。

釘田 慈
三重県立名張高等学校 3年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度、ポスター部門にて『優秀賞』に選んでいただきました、滋賀県立河瀬高等学校2年、山邊ひよりです。今回私は、『なりすまし』に焦点を置きポスターを制作しました。製作中にはインターネットリテラシーについて考え、学び直すよい機会になったと思います。この大会をきっかけに、皆さんが情報モラル・セキュリティについて見つめ直し、被害が減ることを祈っています。この作品を賞に選んでいただきとても嬉しく思います。ありがとうございました。

山邊 ひより
滋賀県立河瀬高等学校 2年

優秀賞 <京都府警察本部>
ポスター
受賞者の声

近年ではスマホが普及し、誰とでも簡単にコミュニケーションが取れる環境になりました。インターネットを介すと、面と向かって話すよりも相手の感情が読み取りにくくなります。見えていなくても話している相手の気持ちを考えてやり取りをした方がいいという思いを込めて、この作品を作りました。

宮村 愛果
京都府立京都すばる高等学校 3年

優秀賞 <京都府教育委員会>
ポスター
受賞者の声

初めに先生から報告を受けた時は、びっくりしましたが、今は素直に嬉しいです。これを機に、僕のポスターをいろいろな人に見てもらい、歩きスマホによる被害が少しずつ減っていってくれたら良いと心から思います。

竹部 智聡
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂きありがとうございます。まさか受賞できるとは思わなかったので、とてもうれしかったです。最近、SNSでの活動が活発な中、誹謗中傷が増えてきたのでそれが無くなればいいなって思い、作成しました。ポスターを見てくれた人が共感してくれたら嬉しいです。

阪口 綾
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
ポスター
受賞者の声

昨今の世の中でフィッシング詐欺を習いその被害の大きさに気付かされその注意喚起がしたいと思い、このポスターを作成しました。作成するにあたって、背景を青色で統一して電脳空間を表して、スマホを釣り堀と見立てその中にダイレクトメールを浮かし、危険は身近に潜んでいることを示すイラストにしました。この作品は自分が一番伝えたいことを何度も推敲して作った作品なので、受賞することができて嬉しいです。

人見 蒼太
京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような名のある賞をいただくことができ光栄です。何をするのにもネットを介すようになった今の時代、知らないうちに、気がつけばネットに飲み込まれてしまうことも少なくないです。そして、自分でネット依存を自覚することは難しいと思います。このポスターを見た人にとって、自分とネットの関係性を見直すきっかけになれば幸いです。

谷 祐里奈
ノートルダム女学院高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただきありがとうございます。最近、インターネットも普及してきて世界中に情報を発信できるようになりました。しかし、そんな世の中だからこそ、あなたの情報が流れていることを忘れないでください。そのためにもしっかりと対策を心がけましょう。

衣川 翼
京都府立大江高等学校 2年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
ポスター
受賞者の声

携帯依存症の人が増えてきていると思ったのでこのテーマにすると1人でも依存症が減ると思いました。自分も携帯は離せなくなってきているので、自分へのメッセージとしても、大事なことだと思いこのテーマにしました。

三村 翔太
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をいただけると思っていなかったので、聞いた時はとても驚きました。ポスターにはスマホから自分の色んな情報を落としていく女の子と、それを拾うひとを表してみました。授業の一環で描いたポスターではありますが、これをみたみなさんがもう一度インターネット上での個人情報の取り扱いに注意しようと思っていただけると嬉しいです。

寺田 佑香
大阪府立三国丘高等学校 2年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような名誉ある賞をいただくことができて、とても嬉しいです。この作品は授業の一環として製作させて頂きました。パソコンを使用するという縛りがあり、電子機器類を上手く使いこなすことができない私は、シンプルに、かつ時間の有限さを訴えるデザインを考えました。自分自身も改めて時間の使い方を考え直すいい機会になりました。このポスターを通して、時間そして一日の行動を振り返っていただけると嬉しいです。

境 美玖
大阪府立三国丘高等学校 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂くことができ、大変光栄に思います。SNSは、どこにいても世界中の人と繋がることができる便利なサービスである反面、相手の顔を直接見ることができないなど、デメリットもあります。少しのやりとりから、大きな事件に発展してしまった、というニュースも聞きます。たった1通のやりとりやメールで、自分の人生を棒に振ってしまわないようにと、このポスターから少しでも伝われば幸いです。

神田 希海
兵庫県立姫路工業高等学校 2年

優秀賞

<奈良県警察本部>
<特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂きありがとうございます。コンクールに初めて応募していきなり優秀賞を取れたことに口から心臓が飛び出るほど驚きました!あまりにも嬉しくて受賞の報告が来てすぐに友達に自慢しました。(笑笑)この作品を見て、もう一度自分の個人情報の大切さを考え直していただければ嬉しいです。そうすれば、詐欺などに会う可能性も低くなると思います。もちろん私自身も気を緩めずにこれからの情報社会と向き合っていきたいと思います。

乾 真聡
奈良県立香芝高等学校 1年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような素敵な賞をいただいて、本当にありがとうございます。僕はこの作品で、情報通信機器の使い方を見直すことを伝えたいと思いました。これからの日本は情報化が進んで大変便利になる反面、人と会って伝えることが少なくなり、「誰が見ているか分からない」状況で、連絡を取り合うことになる危険性を、このポスターで描きました。僕はこれから、情報通信機器の良いところも悪いところも受け入れながら、安全に使っていきたいと思います。

小島 佑斗
有田川町立吉備中学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂きありがとうございます。ポスターのポイントは原色を使う事でどのポスターよりも目に留まるようにしました。このポスターをきっかけに、上手にSNSを使って欲しいです。

堀尾 智弘
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県サイバーセキュリティ対策ネットワーク>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただくことができてとても嬉しいです。このポスター制作を通して、情報セキュリティや情報モラルについて学ぶことができました。Wi-Fiは私たちの生活において必要な機器の一つですが、間違った接続をしてしまうと個人情報を抜き取られてしまう危険性があるため、その危険性を伝えるためにこのポスターを制作しました。ポスター制作で学んだセキュリティやモラルを気にしながら生活していきたいです。

荻野 翔悟
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <岡山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

インターネットで様々なタイプのポスターを調べ、気に入った作品を参考にして作りました。色の数は少ないですが目に残りやすそうな色を広範囲に使用したのでこのポスターがたくさんの人の記憶に残ればいいと思っています。今回入賞できて良かったです。ありがとうございました。

西谷 菜沙
岡山県立玉野光南高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
ポスター
受賞者の声

今回、自分がデザインしたポスターで優秀賞をいたただくことができとても嬉しいです。このポスターには昨年のコロナウイルスによるSNSでのデマ情報の拡散が元となっています。デマ情報でも誰かがいいね・リツイートをするとそれに共感した人がまた拡散するなど歯止めが利かないのがSNSの怖いところだと思います。この情報社会では目や耳に入る情報がすべて真実ではありません。それをわかってもらうことができれば幸いです。

成山 凌子
岡山県立玉野光南高等学校 3年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

高校3年間の中ではじめて入賞できてとても嬉しかったです。私は岡山県に住んでいるので、岡山弁を使って、見た人に馴染みやすいように工夫しました。また、情報の情の文字はあえて間違っている文字を使ってみました。

林 莉子
岡山県立玉野光南高等学校 3年

優秀賞 <広島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

「私は大丈夫」と言う、少しの心の緩みで被害に遭ってほしくなという思いで作成しました。例えばSNS上に写真をアップすることはダメな事ではないと思います。ですがアップした写真や、ユーザーネームから、場所や誕生日や本名など、小さい情報でも一つ一つの情報を重ね合わせると、個人情報の漏洩に繋がる可能性があります。その事を知ったうえで気をつけてネットを利用してほしいと思います。

高野 優希
安田女子高等学校 1年

優秀賞

<一般社団法人広島県情報産業協会>
<広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
ポスター
受賞者の声

このような素敵な賞をいただき、とても光栄に思います。現在、SNSへの心無い書き込みが問題になっており、誹謗中傷を受けた人が自死を選んでしまうという悲しい事件が後を絶ちません。「天に向かって吐いた唾は自分に降ってくる」という忠告と「SNSの世界から言葉の凶器が消えますように」という願いを込めて、私はこのポスターを描きました。

沖田 愛依
広島県立大門高等学校 2年

優秀賞 <山口県警察本部>
ポスター
受賞者の声

「たった一言」本人は一時的な感情にまかせて送った言葉。でも、その一言一言が積み重なり相手の心を傷つけてしまう。新型コロナウイルスの流行りのせいで誹謗中傷は絶えないが、このポスターを見ることで今一度自分が打つ言葉を考えてほしい。

竹内 妃芙未
宇部フロンティア大学付属香川高等学校 3年

優秀賞

<香川県教育委員会>
<かがわ情報化推進協議会>
<香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

今回のポスターは年齢に関係無く気をつつけて欲しい、ネットでの成りすましをテーマに描きました。作今の社会の状況も相まって、日本のみならず世界でもネットを利用する人が増えていると思います。それだけ被害に遭う可能性も増えてくるはずです。誰でもどこでも利用できる便利なツールだからこそ、気をつけて楽しく利用できればいいなと思います。馴染みのある童話をモチーフに、そのメッセージをポスターにしました。

竹内 夏子
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
ポスター
受賞者の声

何か物で例えることによって伝わりやすいと思ったので、本当か嘘か分からない、いろいろな情報を信じて混乱しているところを回転寿司で表現しました。寿司が情報で、女の子が情報を信じて取り入れているので、スマホの画面の中に寿司があるように描きました。わさびが多いほど悪い情報で、苦しんでいるようにしました。色ぬりを頑張ったので、優秀賞を取れて嬉しかったです。

山下 宝
香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、素晴らしい賞を頂きましてありがとうございます。スマホを通じて簡単に情報を拡散できることは、便利であると同時に恐ろしい点でもあります。そのつもりがなくても個人情報が次々と漏れてしまうこともあります。このポスターが自分はもちろん、みんなのスマホの使い方について改めて考えるきっかけになれば良いなと思います。

米田 陽
愛光高等学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
ポスター
受賞者の声

このポスターを通して、スマホを利用している人が増えている今、1歩間違えると個人情報が流出して、トラブルに巻き込まれてしまうということを表現しました。指一本で、情報が公開されてことやネットの怖さを知って、正しいスマホの使い方をする人が増えてほしいなと思いました。

𠮷田 りり
松山市立内宮中学校 3年

優秀賞 <高知県警察本部>
ポスター
受賞者の声

自分の描いた作品が優秀賞に選ばれると思っていなかったのでとてもうれしいです。この作品は、なりすましへの危機感や疑う心をもってほしいという思いから描きました。一人でも多くの方に届いたらいいなと思います。

岡林 桃香
高知市立高知商業高等学校 2年

優秀賞 <高知県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

 まず、私の書いたポスターが受賞した事を知って驚きと喜びでいっぱいです。私は最近テレビなどでインターネット等によるトラブルについてよく見ます。その中で自分の個人情報をネットにのせてしまってトラブルに巻きこまれてしまう事があるという事を知りました。なので私はこのポスターにこのようなインターネット等によるトラブルに巻きこまれてしまう人がいなくなってほしいという思いをこめました。

西本 聖音
越知町立越知中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

評価されて嬉しく思います。ネットはどこにでも繋がり、逆に誰からも繋がられてしまう危険があるものだということを、このポスターを通して認識していただければという思いで制作しました。

栗田 真帆
高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <福岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただけて、本当に嬉しいです。スマホ1つで世界と繋がることができる時代の裏にある怖さをこのポスターを見て考えるきっかけになればいいと思います。

平原 秀人
大牟田高等学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今のこのコロナがはやっているという時代にあわせた作品を作るように心がけて作成しました。コロナというウイルスにも同時に負けないようにということと、ウイルスがパソコンにはいらないように注意の呼びかけをこめて作成しました。

菅原 良太
大牟田高等学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞に選んでくださってありがとうございます。私はスマホを持っていないけれど、インターネットやSNSの怖さが分かります。なので、世界中の皆さんにインターネットの恐ろしさを分かって頂くためにこのポスターを描きました。細かいところがたくさんあったので、色を塗るのがとても難しかったですが、賞に選ばれてとても嬉しいです。ありがとうございました。

松田 梨鈴
小城市立三日月小学校 5年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このような素敵な賞をいただいて、とても嬉しく思います。正直、とてもびっくりしています。この作品は私がこれから携帯電話やパソコンを使うときの注意点を考えてみると、今はだれでも簡単にネットにアクセスできる時代です。知らないうちに個人情報だけが出回る危険性があるので、自分でしっかり管理する必要があると言う思いを絵にしました。一人ひとりが気をつける事だと思います。

大島 歩果
鹿島市立東部中学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただきまして、誠にありがとうございます。ポスター全体のバランスと文字のフォントにこだわりました。スマホはとても便利なものですが、それが逆に人を傷つけるものになってしまう事に恐ろしさを感じます。「あなたも殺人犯になるかもしれない」という言葉を入れることで、私が感じたスマホの恐ろしさやスマホの使い方を改めて考え直してほしいと思いこのポスターを作りました。

齋藤 菜緒
佐賀県立鳥栖商業高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

私は、ネットに対してみなさんに理解してもらえるようなポスターを描きました。入賞したのは初めてで、すごく嬉しかったです。私は印象に残るように「その送信が命とり」という言葉を背景と真反対の白色で強調させました。ネットは恐ろしいものですが、一つ一つの送信に目を向け、これからも安全に使っていきたいです。

牛島 彩葉
小城市立三日月小学校 5年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂いてとても嬉しいです。最初は、私の作品が選ばれるなんて思ってもいませんでした。この作品を描くとき、どうしたら怖く見えるかや、悲しい表現を作るにはどう工夫すればよいかなどとても考えました。うまくいかなかったところもあったけれど、最後まで頑張って描いてよかったなとサイトに載せられた自分のポスターを見て実感しました。私の絵を見て、「自分も気をつけよう」と感じて頂けると嬉しいです。

山本 侑那
小城市立三日月小学校 5年

優秀賞

<長崎県警察本部>
<一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

最近、子供がインターネットで知り合った悪い大人に、騙されたり連れ去られたりする事件をよく目にします。私はこの作品を見た人に、画面上でやさしい言葉をかけられても、「本当の顔かは分からないんだ」という疑いの目を持ってほしいです。そうすることで、悪い大人に会って被害にあう人が減ってほしいと思います。

大町 咲帆
諫早市立西諫早中学校 3年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただき、大変光栄に思います。SNSでは相手の顔が見えない分、誤解を招くことや不特定多数の人を傷つけてしまう危険があると思い、このポスターを制作しました。このポスターが、誰かにメッセージを送る前に、相手を傷つけるようなことを書いていないか、もう一度を考えるきかけになれば幸いです。

馬場 優亜
諫早市立西諫早中学校 3年

優秀賞 <熊本県警察本部>
ポスター
受賞者の声

現在は、SNSを使う人も増えてきて簡単に写真や動画を投稿することも多いと思います。しかし、その写真や動画には思いもよらない個人情報が隠れていることもあります。悪い人から個人情報を守るために、しっかり考えて投稿してほしいという思いでこのポスターを書きました。背景の色は楽しいことから恐しい気持ちの変化を表しました。このポスターを見て少しでも個人情報を守る意識を持つ人がいると嬉しいです。

藤本 愛歌
宇城市立松橋中学校 2年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回は私の絵がポスター部門優秀賞とてもうれしいです。頭の中に浮かんでいることを絵に表現することは難しかったです。この作品は今の時代、誰でもインターネットを使えて、誰もが加害者になり、被害者にもなりうるということを伝えられるように意識して描きました。この賞を頂けたことに誇りをもち、これからもみなさんの役に立てる絵を描いていきたいです。

濵田 由菜
宮崎市立佐土原中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

入賞の知らせをいただき、うれしいです。私の作品に「フンコロガシ」を用いた理由は、自らのフンを背負って歩く姿が、自分が流した情報を背負って生きていく人間のようだったからです。作品のイメージは、ポップな感じにしたかったので、派手な色を多く使いました。背景の横の線はさまざまな情報の流れを表しています。

西 結衣花
宮崎県立佐土原高等学校 2年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

賞をいただくことができて、とても嬉しかったです。このポスターは、トラブルを起こしがちなスマホやSNSも使い方次第で大切な人を救うことができることを表しています。心無い言葉は長く心に残り、人を暗い気持ちにさせてしまいます。そんな風に悩んでいる友人を励ます何気ない小さな言葉を届けたいという気持ちでこのポスターを描きました。この思いがポスターを見て下さった方々の心に少しでも残ってもらえたら嬉しいです。

下口 留寧
鹿児島県立鹿児島工業高等学校 2年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

私が美術部に入って、初めて描いたポスターが情報セキュリティポスターでした。ポスターを描いているときに私が難しいと思ったところは色塗りです。きれいに塗ることが難しくて大変でした。あと色作りも難しくてどの色を作ろうか迷いました。最後に、初めて描いたポスターが本当に選ばれてよかったです。選ばれたことを忘れずに次に描くポスターでも上手く描けるように絵を練習して頑張っていきたいです。

久保山 明純
姶良市立帖佐中学校 1年

優秀賞

<一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
<特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
ポスター
受賞者の声

今回2つの賞をいただくことができ、嬉しい気持ちとともに、とてもびっくりしています。ありがとうございました。誰もが一度は聞いたことがある「見ざる 言わざる 聞かざる」をテーマに情報モラルについて改めて考えながら制作したポスターです。このコンクールをきっかけに取り組んだことは、自分にとってとても良い経験になりました。

長嶺 伶
鹿児島県立鹿児島工業高等学校 2年

優秀賞 <沖縄県>
ポスター

奥間 琉乃
沖縄県立首里高等学校 2年

優秀賞 <沖縄県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、情報モラル・セキュリティがテーマということなので、私が普段使っているSNSを題材に、ネットに身内情報を載せることの危険性や誰が見ているか分からない恐ろしさを表現できるように描きました。描く過程でネットに載せた情報は2度と消せないという怖さを再確認できたので、そういう被害が増えないよう良い注意喚起になっていればいいなと思います。まさか受賞するとは思っていなかったのでびっくりしました。

伊佐 かおり
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

今回は多くの作品の中から僕の作品を選んでいただきありがとうございます。受賞したと聞いたときは、まさか自分が受賞するとは思っていなかったので、何かサプライズを受けた気持ちになりました。今回の作品は初めて絵をデジタルで描くことに挑戦しました。機能がわからず大変でした。誹謗中傷で自殺などに追い込まれることもあるので、改めて使い方に気をつけてという意味を込めて描きました。

新垣 桃大
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること