1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(標語部門)

標語部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

知らない人とつながってしまったら、き険なめにあうかもしれません。その時はお母さんやお父さんに相談しないといけないという思いを込めて、この作品を書きました。もし、知らない人とネット上でつながることがあったときは、そのまま続けず、おうちの人に相談してほしいと思います。

林 真央
大阪信愛学院小学校 5年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

SNSでよく有名人が盛れている写真などをアップします。目の中に写っているものや皿や鏡に反射しているものなどからプライベートなことや個人情報が特定され、漏れてしまうということを聞いたことがあります。SNSを利用する人たちに写真をアップする際は、十分気をつけてほしいという思いをこめて作りました。

佐次田 ひろ志
昭和薬科大学附属中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

受賞の話を先生からいただいた時、「まさか自分が!」ととても驚きました。情報モラルについて考えた時、頭にパッと閃いたのが、「今だけ!」、「スペシャルセット」などと限定感・希少性を強調し、購買意欲を煽る広告についてでした。魅力的であるが故に、つい購入したくなってしまうものですが、本当に必要なものか、信用できるものなのかを見極めましょう。

茂上 晴香
桃山学院高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
標語
受賞者の声

いいやすいように「は、を」をつかわないようにしました。リズムにあわせるのがちょっとむずかしかったです。お父さんのけいたいのパスワードをひらいたのでおもいつきました。

阿部 寧々
さとえ学園小学校 1年

優秀賞

<一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
<一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
標語
受賞者の声

標語の優秀賞に選ばれて嬉しいです。私たちは、いろんな時に標語や俳句に挑戦しています。私の考えた作品が少しでも役に立てば満足です。ありがとうございました。

松村 朋実
南国市立久礼田小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
標語
受賞者の声

この度はこのような賞を下さり誠にありがとうございます。私は、このことを知った時とても嬉しかったです。この標語は「大切な人」という言葉を元に考えました。大切な人に何かあったらと考えながら作成しました。みなさんもセキュリティーはしっかりして、自分だけなく大切な人を守りましょう。

古谷 萌
南国市立久礼田小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
標語
受賞者の声

このような素晴らしい賞を受賞できて、とてもうれしいです。今年は新型コロナウィルスの影響で家にいることが多くなり、情報機器を活用する機会が増えました。だからこそ、学生の私たちが正しい使い方を発信して、しっかりと活用できる人が増えてほしいなと思っているので、これからもこのような取り組みを行っていこうと思います。

奥田 琉太郎
岐阜県立岐南工業高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

受賞できてとてもうれしく思います。インターネット上での誹謗中傷がとても深刻な社会問題になっています。インターネットは一人で使いますがインターネットの中では公共の場であることを忘れずみんながマナーを守ってほしいという思いを込めて標語をつくりました。

金沢 柚奈
お茶の水女子大学附属中学校 1年

優秀賞

<一般社団法人組込みシステム技術協会>
<株式会社カスペルスキー>
標語

田中 梨央那
鹿児島市立名山小学校 4年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
標語

中尾 和奏
泉佐野市立日根野中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
標語
受賞者の声

今回この様な賞を頂けてとても嬉しいです。私は、最近のインターネット上でのトラブルについて関心を持っていたので今回応募させていただきました。人がSNSに投稿した写真や動画が、知らない人に好き勝手に悪用されてしまう場合があることを警告する意味でこの標語を考えました。この標語を読んだ人には、インターネット上に写真や動画を投稿する際に少しでも気を付けてもらえると嬉しいです。

遠山 翼
愛知県立知立高等学校 3年

優秀賞 <公益社団法人著作権情報センター>
標語
受賞者の声

この度はIPA情報モラルセキュリティーコンクール標語部門優秀賞をいただきまして、ありがとうございます。この標語は、無料アプリなどを気軽に使ってはいけないと言うことを呼びかけるために作りました。「無料」は、人にとって目がないですよね。(僕もですよ)無料には、理由が必ず付いてきます。なので、無料アプリをまず怪しいものと安全なものを見分けてダウンロードして下さいね。

西井 優
雲雀丘学園小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
標語
受賞者の声

セキュリティの更新を定期的にしていても、自分自身がネットでの危険性を理解して意識を高めなければ意味がないと思い、考えました。この標語を見て少しでも意識の更新を考えてもらえるとうれしいです。受賞させていただきありがとうございました。

山﨑 紗衣
福岡市立那珂中学校 1年

優秀賞 <フィッシング対策協議会 「STOP. THINK. CONNECT.」>
標語
受賞者の声

「ネット依存」「ゲーム依存」という言葉は、誰もが聞いたことのある言葉で、「自分とは関係がない」と思ってしまいがちです。でも、誰もが感じる「あと少しだけ」「もう少しだけ」のような気持ちの先に依存はあるのではないでしょうか?ネットは便利で楽しいものです。だからこそ、ネットを使う時間、使わない時間のメリハリをつけていくことが重要だと思います。この標語が全国入賞したと聞いた時、とても驚きました。自分も含め、「心のブレーキ」を自分でかけることのできる人が増えてほしいと思います。

下之園 直輝
鹿児島市立星峯中学校 3年

優秀賞

<特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
<株式会社ノートンライフロック>
標語
受賞者の声

このような賞をいただき、とてもうれしく思います。私がセキュリティについて考えたとき、セキュリティは私たちを危険から守ってくれるお守りのようだなと思い、この標語を思いつきました。セキュリティ設定は手間がかかり面倒に思う人がいるかもしれません。しかし、その手間以上の効果で私たちは守られています。みんなでそのことを理解し、スマートフォンなどを利用できるとトラブルも減ると思います。

門田 環菜
大崎市立古川中学校 2年

優秀賞

<実教出版株式会社>
<株式会社ディー・エヌ・エー>
標語
受賞者の声

このような賞に選んでいただいたこと、大変光栄に思います。みんながいいねを押す写真より、自分自身が「いいな」と思える写真の方がよっぽど価値がある。そんな思いでこの標語を作りました。人が「いいな」と思う尺度は人それぞれです。その尺度を人に合わせる必要はないし、人と違うからといって気にする必要もありません。是非、自分の物差しを大切にして欲しいなと思います。

福井 桃可
北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
標語
受賞者の声

パスワードを人に知られると、中に入っている情報がなくなったり、内容がかえられたりして、大変なことになります。だから、みんなにはひみつにして、自分にしかわからないパスワードを作ってほしいという思いをこめて考えました。

瀬尾 愛加
大阪信愛学院小学校 5年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
標語
受賞者の声

しょうをとれるとおもっていなかったので、とてもびっくりしました。ぼくたちがいても、スマートフォンでどうがを見たり、ゲームをしたりしている人がおおくて、かなしいなとおもってつくりました。しょうをもらえてうれしかったです。ありがとうございました。

池内 颯星
鹿児島市立玉江小学校 1年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
標語
受賞者の声

現代では、小学生という幼い時期からスマートフォンを持つ子も多くなってきている中で、SNSを利用する人も多くいると思います。SNSは趣味が合う人や誰とでも交流できる便利なものです。ですが、その一方でそれを悪用したり、相手を傷つけるようなことをしたりする人がいるので、「ブーメラン」という言葉を使って、いじめなど、相手を傷つけたりしたら自分にも返ってくるよ、ということを伝えたかったので、この句を作りました。

吉井 淳平
江戸川区立松江第二中学校 1年

優秀賞 <株式会社ラック>
標語
受賞者の声

私が、このコンクールに応募した理由は、この春時初めて経験したオンライン授業の時、悲しい事があったからです。休み時間に人の悪口を言ったり、タブレット端末の画面にいたずらを書きこんだりする人がいました。言われたり書きこみをされていやな気持ちになる人もいると思いました。テレビのニュースでもSNSなどでいじめや悪口をいう人がいると話題になっていました。私は少しでもそのようなことがへるように思いをこめて書きました。

宮本 いおり
さとえ学園小学校 3年

優秀賞 <北海道警察>
標語
受賞者の声

このような賞に選んでいただいたこと、大変光栄に思います。みんながいいねを押す写真より、自分自身が「いいな」と思える写真の方がよっぽど価値がある。そんな思いでこの標語を作りました。人が「いいな」と思う尺度は人それぞれです。その尺度を人に合わせる必要はないし、人と違うからといって気にする必要もありません。是非、自分の物差しを大切にして欲しいなと思います。

福井 桃可
北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
標語
受賞者の声

自分の作品が選ばれてとても光栄です。自分の作品が、誰かがネットへの意識を変えるきっかけとなれば嬉しいです。

平山 愛梨
北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <青森県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、受賞できたことを心より嬉しく思っています。私は普段から当たり前にSNSを使っています。その中で、ふと疑問に思ったことや気になったことをこの標語に詰め込みました。また、たくさんの中高生がSNSでのやりとりによって事件に巻き込まれています。このことを他人事扱いするのではなく、自分のことだともっと意識して欲しいという思いも込めました。この標語を見て、SNSの使い方を改めてくれる人がいれば嬉しいです。

伊藤 ふみ
東奥義塾高等学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
標語
受賞者の声

僕が先生から情報モラルの標語が受賞したのを聞いて、まさか受賞するとは思っていなかったのでびっくりしました。自分自身の経験などを生かしてこの標語をつくりました。この標語の通り、悪口を書き込んだり言ったりするといつか自分に返ってくるので、悪口を書き込んだりせず、安全に楽しくインターネットを使おうと思いました。

上舘 将輝
盛岡市立乙部中学校 2年

優秀賞 <宮城県警察本部>
標語
受賞者の声

このような賞をいただき、とてもうれしく思います。私がセキュリティについて考えたとき、セキュリティは私たちを危険から守ってくれるお守りのようだなと思い、この標語を思いつきました。セキュリティ設定は手間がかかり面倒に思う人がいるかもしれません。しかし、その手間以上の効果で私たちは守られています。みんなでそのことを理解し、スマートフォンなどを利用できるとトラブルも減ると思います。

門田 環菜
大崎市立古川中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

授業で取り組んでいた標語がまさか入賞するとは思っていなかったので驚いています。今まで私はネットを使うとき、相手の顔が見えないし、モラルについてあまり考えていませんでした。しかし、標語コンクールを通して、ネットの向かい側にも人がいることを常に考え、今後ネットを使うときは相手のことをしっかり考えて、情報モラルを気にかけていこうと思いました。

髙橋 修兵
宮城県涌谷高等学校 1年

優秀賞 <秋田県警察本部>
標語
受賞者の声

「載せてからは遅い。自分が今やろうとしていることを、もう一度見直して適切な行動をとってほしい。」という思いでつくりました。インターネットが欠かせない時代になった今だからこそ、意味もなく色々載せたり、見ている相手が嫌な思いをしたりするなどの間違った使い方をしてはいけないと思います。自分のしたことは自分にはね返ってくるということを知った上で、利用してほしいです。

山中 陶子
秋田市立御所野学院中学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部>
標語

瀨戸 美夕
山形県立酒田光陵高等学校 3年

優秀賞 <福島県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような素敵な賞をいただいたことを大変嬉しく思います。インターネットは大変便利ですが、危険なこともたくさんあります。気づかぬうちに開いてはいけないサイトに行っているのではないかなど不安なところもあります。私たち一人ひとりが危険を察知・判断する力を高めていく必要があります。その上で多くの人がインターネットを安全に使用することで便利で良い情報社会になってくれればと願い、この標語を書きました。

安藤 汰久
いわき市立平第一中学校 1年

優秀賞

<茨城県>
<茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
<茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語
受賞者の声

この標語は、その言葉を言って後から悔やむ人、その言葉を言われて一生心に傷を負ってしまう人、という言った人と言われた人で2つの視点を表しました。最近の中高生のSNSを使ったネットいじめが増加し、自殺者が増えてきています。この標語を見て、少しでもいじめの数が少なくなり、情報モラルをしっかり考えて、みんなの笑顔が増えることを願っています。

直井 夕芽
北茨城市立中郷中学校 3年

優秀賞 <茨城県警察本部>
標語
受賞者の声

情報科授業で、特に印象的だったのが、個人情報特定の手口です。1枚の写真から個人情報を特定する為に写真の目の奥からも情報収集されているという話を聞き、とても怖いと思いました。この危険性を標語で上手く伝える為に「自己紹介」という言葉を標語の中に入れました。この標語を通して、インターネットでの個人情報の公開について公開範囲や公開基準などを考えて貰えると嬉しいです。

岡野 亜耶
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

私は、情報科の授業で視聴した「ネット上での誤ったふるまいで被害に遭う」という動画を見て考えました。ネットを利用する中で、趣味の合う人と繋がれる事はとても便利なことですが、相手は所詮見えない話し相手です。そんな相手からの「会いたい」という言葉で会いに行ってしまうと、誘拐などの犯罪に遭遇するという可能性があることを知り、そんな被害者が少なくなるようにと、この標語を作りました。

鈴木 奈桜
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

この標語は、フリーWiFiが便利であると同時に、利用している端末の情報などが抜き取られてしまう可能性があるということを多くの方に知ってもらいたいという気持ちで書きました。たくさんの方々が危険を未然に防げたらと思います。

霜村 泰斗
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部>
標語
受賞者の声

私はこの賞をとることができてうれしいです。たくさんの人に、インターネットの使い方についてよく考えてもらいたいと思います。インターネットを使うときは、この標語を思い出しながら使ってみてください。あなたの身の回りに危険が潜んでいるかもしれません。気をつけましょう。

毛塚 愛結
栃木市立栃木西中学校 2年

優秀賞 <群馬県警察本部>
標語
受賞者の声

科学の進歩、技術の革新が著しい現在、スマートフォンやパソコンが一台あれば何でもできてしまう時代ですが、インターネットを利用する頻度が高い分、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性も高くなっています。犯罪者達は様々な手法で私達を騙し、お金やデータを盗もうとしてくるはずです。正しい知識を持ってインターネットを利用し、生活をさらに豊かなものにしていきましょう。

山﨑 サスケ
群馬県立前橋高等学校 1年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
標語
受賞者の声

最近SNS上で正義を盾に過ちを犯してしまった人を過剰に批判する人を多く見かけます。悪い人を匿名で批判できるという状況がその人の暴力性を引き出してしまうのです。これを防ぐにはまず、相手に自分の指摘が必要なのかを考え、指摘が必要な場合でも非難するようなきつい口調ではなく棘のない言葉で伝えることが必要です。これらを心がけて正しくインターネットを使っていきたいです。

野村 宗純
立教新座高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

最近、社会では感染症の流行が大きな問題になっていますが、パソコンもウイルスに感染することがあります。しっかりと対策をしないと自分だけでなく、友人や会社にウイルスをうつしてしまう危険性があります。この標語がコンピュータウイルスを意識するきっかけになればいいと思います。

吉見 響
立教新座高等学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部>
標語
受賞者の声

私は今インターネットの問題が増えているので、その中でも、たった一つの言葉で自殺してしまった人などの思いをこめて書きました。だから、もうそのような問題がおきてほしくなかったので、この標語を書きました。

三浦 叶愛
白井市立七次台小学校 6年

優秀賞 <東京情報大学>
標語
受賞者の声

作品がえらばれたと聞いた時、とてもびっくりしたしうれしかったです。わたしがこの作品を作る時に思ったことは、映えを気にしていたらあつあつのおいしいごはんがさめちゃうので、せっかくだったらできたてのごはんを食べようという思いをこめて作りました。

涌井 千勢
白井市立七次台小学校 3年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

ゲームで離れた場所にいる人と対戦できたり、オンライン学習では好きな時間に何度も勉強できたりと、インターネットは便利だな、と思っていました。でも、ある時ニュース番組を見ていたところ、悪ふざけでインターネットに投こうした写真が、知らない間に広まり、その人が反省して悲しんでいる様子が映し出されているのを見て、怖さも知ってもらおうと今日の標語を作りました。五七五にまとめるのが難しくて何度も書き直しました。

宮脇 一朗
港区立白金小学校 4年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
標語
受賞者の声

賞をとれたことに驚くと同時に、とても嬉しく思います。ネットの1いいねを得るのに必死になって、周りの笑顔がなくなってしまったら、それは本当に心から幸せとは言えない!そんな思いを込めてこの標語を書きました。ネットはとても楽しいものですが、使い方を間違えると現実の幸せを壊してしまうと改めて気づくことができました。

宮崎 芽衣
江戸川区立松江第二中学校 3年

優秀賞 <神奈川県警察本部>
標語
受賞者の声

普段から考えていたことがこのような賞に繋がり、とても嬉しく思います。インターネットを使っていると、「今だけ無料!」「期間限定・数量限定!」「特典付き!」等の広告を目にします。これらの言葉には老若男女が惹かれてしまうと思いますし、ネットの世界になると、さらに視覚的にも気持ちを煽るような表現がされることが多く、また、クリックするだけでそれらが実行されてしまう怖さがあると思い、このような標語にしました。

朝比奈 和奏
川崎市立川崎高等学校附属中学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部>
標語
受賞者の声

優秀賞をありがとうございます。SNSは色々な情報を知ることができたり、友達とコミュニケーションをとれたりする便利なものです。私の生活にも欠かせないものとなっています。しかし、SNSは友達とだけでなく、世界の人ともつながります。自分の一言で誰かを傷つけてしまう可能性もあります。そうならないように、よく確認をして、責任感のある言葉を使い、安全にSNSを楽しみたいです。

布川 大夢
長岡市立三島中学校 3年

優秀賞 <富山県警察本部>
標語
受賞者の声

このような賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。僕はドラマなどを見て、誹謗中傷者は「自分は正義」と勘違いして心無い誹謗中傷をしているのだと知りました。そのような人たちに相手を傷つけている自覚を持ってほしく、このような標語を考えました。

杉本 穏洸
富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞 <富山県警察本部>
標語
受賞者の声

授業を受けるまで詐欺に引っかかってしまう人などがいることは知っていましたが、どのような手法で騙してくるのかなどは全く知りませんでした。騙されないためには事前に詐欺の手法についてなどに知っておく必要があります。これからの情報化に伴い詐欺の種類や手法は増えていくと思われます。すぐに飛びつくのではなく一度立ち止まることを大切にしたいと思います。

土居 航士
富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞 <富山県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞をいただきありがとうございます。たくさんの情報が行き交う現在、その中には誤った情報も含まれています。今、インターネットで自分が見ている情報は、本当に正しいのか、それとも誤った情報なのかを、一旦立ち止まって見分けることができる目、判断力が大事である、そう思ってこの標語を書きました。

山田 潤苗
富山県立砺波高等学校 2年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

優秀賞という素晴らしい賞を頂き大変うれしく思います。私も実際にスマホに詐欺メールらしきものが届きます。絶対にサイトのリンクを開いてはダメなので、既読もつけずに消去しています。現在でも詐欺に遭うケースが減らないので、絶対に遭わない方法を1つでも増やしたいと思い、この標語を書きました。

下坂 美春
福井県立美方高等学校 1年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は優秀賞という素晴らしい賞をいただきありがとうございます。最近ニュースで、メールがきてそのリンクにとんだら詐欺の被害にあってしまった、というものを目にしました。怪しいメールが来たら無視して関わらないことが大切だと思い、この標語を書きました。

千田 椎菜
福井県立美方高等学校 1年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

この度はこのような賞を頂くことができて大変嬉しく思います。今、世界を脅かしているコロナウィルスの感染力は恐ろしいものですが、ネットの情報も同じものだと私は思います。1人から2人、2人から4人、4人から・・・と私たちが想像もできないスピードで広がっていきます。自分の軽い言葉が取り返しがつかなくなるかもしれません。本当にネットの世界に流していいものなのかをよく考えて予防に努めましょう。

田野辺 優
北陸高等学校 3年

優秀賞 <山梨県警察本部>
標語
受賞者の声

今回このような賞をいただけたことを、とてもうれしく思います。これは、世の中が便利になっていく一方で、危険と隣り合わせになっていく時代を生きる私たちにとって大切なことだと思います。興味半分な気持ちや、その場の空気だけでネットに載せてしまったことが後に大変なことになるということを授業で聞きました。このことは、誰にでも起こりうることです。私もこれを機に再確認して正しく使っていきたいと思います。

村松 結希菜
山梨県立白根高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人山梨県情報通信業協会>
標語
受賞者の声

IPAの動画を通して無断アップロードのことを知りました。無断アップロードを行うことは違法だということをたくさんの人に知ってもらいたいと思い、この標語を考えました。自分も無断でアップロードされたものを見たり、広めたりしないよう注意していこうと思っています。

コーテルユ 匠芸
山梨学院小学校 5年

優秀賞 <長野県警察本部>
標語
受賞者の声

私はインターネット上で画像を使った事件が増えていることと、インターネットに上げた画像は、消しても自分の知らないところで拡散されていくことを授業で知ったので、この標語を書きました。気軽に画像を上げるのではなく、上げる前に誰に見られても良いかをよく考えて、インターネットを使えるようにしていきたいです。

沼田 咲那
南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
標語
受賞者の声

僕が、この標語を書いたきっかけは、SNSでの誹謗中傷が後を絶たないからです。そして、テレビを見ていてわかったことは、名前がわからないことでした。SNSでは名前がわからないので「いいや」という軽い気持ちで、悪口を書いてしまう人がとても多いんだと思いました。このようなことが少しでも減っていけば、嫌な思いをする人がいなくなっていくと思いました。

場作 快生
南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

僕がこの作品を書いた理由は、最近、有名人などがインターネットを通じて、悪口を言われるなどして、自殺してしまう人が多くいたからです。そのため、みんなが、簡単にインターネットに悪口を書かないようにということをわかってくれたらよいです。

橋場 好生
南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
標語
受賞者の声

僕がこの作品を書いた理由は、最近、有名人などがインターネットを通じて、悪口を言われるなどして、自殺してしまう人が多くいたからです。そのため、みんなが、簡単にインターネットに悪口を書かないようにということをわかってくれたらよいです。

楯 樹希
南木曽町立南木曽中学校 1年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞を頂きとても嬉しく思います。この作品は、SNS上で炎上している方をみて、少しでも炎上を減らせないかと考えながら作りました。何気ない発言でも捉え方は人それぞれです。インターネット上以外でも気をつけていきたいと思います。

川瀬 碧未
富田高等学校 3年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
標語
受賞者の声

この度はこのような賞を頂きありがとうございます。小学生でもスマホを持つ時代ですが、なぜフィルタリングという機能があるのかを親子で考えてほしいと思って今回の標語を考えました。自分の気持ちを優先する前に、親の気持ちをぜひ考えてほしいと思います。

日比野 真弥
岐阜県立岐南工業高等学校 1年

優秀賞 <静岡県警察本部>
標語
受賞者の声

「デジタルタトゥーという言葉がある様に、ネットの世界では「今のなし」と後から 訂正しても削除する間にあっという間に拡散されてしまうケースも少なくありません。 今送信ボタンを押そうとしている内容は果たして他人に知れて困るものでは無いのか、 軽率な発言が誰かを傷付けるものではないか。ネットに触れる機会が多くなっている今、 もう一度日々の行動を見直す人が増えるといいなと思います。」

加藤 風花
静岡県立浜松南高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
標語
受賞者の声

「この標語はこれからの未来の平和を願って作られました。軽い発言により他人の心に 深い傷を負わせるという事を少しでも減らせるようにという思いがこの標語を読んでいる 人の心に伝わるといいと思います。何かを発言するときは一度立ち止まってこの標語を 思い出して下さい。」

楯 大和
静岡県立浜松南高等学校 1年

優秀賞 <愛知県警察本部>
標語
受賞者の声

最近、詐欺のメールがたくさん届くようになり、その中には詐欺だと分かっていても、思わずクリックしたくなるようなものも結構あるので、自分への戒めと他の人たちにも気を付けてほしいという思いを込めてつくりました。

徐 知秀
名古屋市立工芸高等学校 2年

優秀賞 <三重県警察本部>
標語
受賞者の声

まさか私が受賞するなんて思ってもみなかったので驚きました。作品を書くときに工夫したのが私が書かれた立場や書いた立場になって考えてみました。そして書く人は、人の気持ちを考えてから、メッセージを送信してほしいという思いを込めて書きました。

中村 彩乃
玉城町立玉城中学校 1年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
標語
受賞者の声

SNS上では多くの人が匿名で活動をしています。匿名性は自由な発言をしたり、個人のプライバシーを守る上で必要不可欠なものだと思います。しかし、匿名であるが故に、無責任な発言をして人を傷つけたり、誤った情報が広まったりすることがあるのも事実です。自由な発言ができる匿名性には、このような危険も潜んでいるということを認識した上で正しくSNSを利用してもらいたい思ってこの標語を作りました。

巨椋 亮太
滋賀県立河瀬高等学校 1年

優秀賞 <京都府警察本部>
標語
受賞者の声

今回この標語で受賞できて嬉しいです。この標語を考えたことで、普段の自分のSNSの使い方を見直す機会ができて、改めてスマホの危険さを実感しました。一度出した情報は消せなくなってしまうので、出す前の慎重な確認が本当に大切だと思いました。

中田 京
ノートルダム女学院高等学校 1年

優秀賞 <京都府教育委員会>
標語
受賞者の声

このような賞をいただいて嬉しく思います。インターネットとは自分だけでなく、世界中の人が見ることができるため、使い方を間違えばたくさんの危険があるものだと知りました。ほとんどの人がスマートフォンを持っている時代です。正しい知識を持ち、相手が傷つくことのないように気を付けたいです。

岩間 千和
舞鶴市立城北中学校 2年

優秀賞 <京都市教育委員会>
標語
受賞者の声

私がこの標語を書いたのは、SNSの誹謗中傷が多いからです。言葉が人を傷つけるのが原因で自殺事件などが多発しているので書きました。動画投稿サイトやSNSアプリなどでアンチコメントを見た人の気持ちも考えずに投稿する人がたくさんいます。みなさんの言葉や言動が芸能人を苦しめていたりします。特によく見るのはSNSアプリです。顔が見えないからと言って“つぶやく”のではなく本人の気持ちを考えてほしいと思います。

市川 紗千
京都市立東山総合支援学校高等部 3年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
標語
受賞者の声

過去の受賞作品を夏休み前に拝見した際、どれもレベルが高いうえに読んだ人の心にスッと入ってくる作品ばかりだったので、今回私の作品が選ばれたことに驚いています。最近のSNSは、投稿がたくさんの人の間で話題になる「バズる」と言われるような明るい面もありますが、誹謗中傷が多い暗い面もあるということを短く伝えることができればいいなと思い、作ったので、この作品に込められた意味が多くの人に伝わることを願います。

菅本 まこと
京都府立洛西高等学校 3年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
標語
受賞者の声

今、コロナの中、自分の素直な気持ちを表した作品が優秀賞に選ばれ、大変うれしいです。コロナが早く収まって前までの普通の暮らしに戻ればいいなと思います。

大田 恭平
舞鶴市立青葉中学校 3年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
標語
受賞者の声

今回、僕が情報モラルのお題を考えるにあたって、現代社会のスマートホンの使い方について着目してみました。現在ではスマートホンは誰もが当たり前のように持っていて、非常に便利なものです。しかしその一方で、匿名性であることを利用して他人を傷つける言動がよく見られます。一人ひとりが自分の意見を発信する前に自分の言葉が他人を傷つけてしまわないかを考えることが大切だと思います。

門野 泰成
京都府立洛西高等学校 3年

優秀賞

<公益社団法人京都府防犯協会連合会>
<京都府私立中学高等学校情報科研究会>
標語
受賞者の声

お選びいただきありがとうございます。正直選んでもらえるなど思ってもいなかったので、とても驚きました。この作品は、SNSが普及した現代で、ネットに引きこもり、いいね!を貰えることだけに必死になっている私達を想像して造り、この作品を見た人へ、ネット依存の恐ろしさを伝えるためこの作品を考えました。

下門 天駿
京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
標語
受賞者の声

とても素敵な賞をいただけてびっくりしています。ありがとうございます。最近、フォロワーの数字を大事に思っている人や、フォロワーの数で見方をかえてしまっている人をよく見かけます。自分自身も含めて、そういった数値だけで人を評価してしまわないようにするべきだなと思って考えた標語です。

福地 祐治
桃山学院中学校 3年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
標語
受賞者の声

受賞の話を先生からいただいた時、「まさか自分が!」ととても驚きました。情報モラルについて考えた時、頭にパッと閃いたのが、「今だけ!」、「スペシャルセット」などと限定感・希少性を強調し、購買意欲を煽る広告についてでした。魅力的であるが故に、つい購入したくなってしまうものですが、本当に必要なものか、信用できるものなのかを見極めましょう。

茂上 晴香
桃山学院高等学校 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語が、コンクールで受賞し、とてもうれしく思います。軽はずみな行動によって、課金がふくれ上がる様子を表現しました。課金がエスカレートすると、大変なことになるので、自制心を育てていきたいという思いを込めました。

西本 有宏
赤穂市立赤穂中学校 1年

優秀賞 <奈良県警察本部>
標語
受賞者の声

インターネットで偶然見かけた記事を見て思いつきました。一般の人がしてはいけない事をして、記事になっていたり、動画でよく話題にあがっていたりするのを見たからです。今のインターネット社会は一度ネットワークにあげてしまうと、それが拡散してしまい二度と消せないし、内容によっては炎上してしまうのが怖さだと思います。

中川 歩
奈良文化高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
標語
受賞者の声

最近、SNSで他人を攻撃する人が多く、有名人が自殺したり、すごい問題になっています。自殺にまでいかなくても、傷ついてる人がすごく多いと思うし、一人の言葉が人を自殺においこむことがある、ということに、一人一人が責任感を持ってほしいと思いました。また、実際に他人を攻撃する人をよく見るので、そういうことがなくなったらいいと思ったので、この標語にしました。

辰巳 晴菜
奈良文化高等学校 1年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、このような賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。スマートフォンやパソコンといった、インターネット・SNSを利用できる機器はとても便利で、今の世の中に欠かせないものです。しかし、使い方を誤ると自分の身に危険が迫る可能性もあるということを忘れてはいけません。この標語を製作したことで、私もその危険性を再認識できました。これからのインターネットによる被害者の数が少しでも減ることを願っています。

岡地 優希
近畿大学附属新宮高等学校 2年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、優秀賞に選んでいただきありがとうございます。私はこの作品に自分のどんなに軽い判断だとしても、判断一つ一つに重みがあるという事を表しました。私は、よくSNSを利用しますが、よく考えながら使用する事があまりありません。なのでこれを機にSNSを使用する際には、しっかりと自分の判断が正しいか考え、情報モラルを守りながら使用していきたいと思います。

青木 莉恋
鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県サイバーセキュリティ対策ネットワーク>
標語
受賞者の声

今回この標語で私が考えたことは最近SNSの利用に関するニュースがたくさんあり、それに関するニュースを聞くと写真が不特定多数の人々へ拡散されるというものでした。このことからSNS利用について一番気をつけなければならないことは「一度投稿したものはもう二度と消せない」ということだと思ったので標語ではこのことを伝えられる文にしました。少しでもたくさんの人にこの事実を認識してもらいたいです。

佐々木 和奏
鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <島根県警察本部>
標語
受賞者の声

私がこの標語を考えた理由は、最近SNS上で人の気持ちを考えずにひどいことを書く人が増えているからです。誹謗中傷によって苦しんでいる人もたくさんいるので、これから自分が書こうとしていることは誰かを傷つけてしまう言葉ではないかをしっかり考えて書いた方がいいと思ったからです。一人一人が意識し、誹謗中傷が少しでも少なくなるといいなと思います。

奥原 彩恵
島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <島根県教育委員会>
標語
受賞者の声

みんながこうなったらいいなと思う自分の気持ちをそのまま標語にしたものが受賞できて、すごく嬉しいです。スマホは便利なものですごく良いものですが、それよりも大事にしないといけない家族との時間や友達との会話などをこの標語を考えて、改めて大切にしないとだめだなと感じました。

西山 睦生
島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <岡山県警察本部>
標語
受賞者の声

僕は、友達と話す時などに、相手を笑わせようとしたつもりがかえって傷付けてしまう事があります。その度に、相手の事より笑いだけを意識してしまった事に後悔します。社会人としてたくさん情報を発信するようになった時、大切にすべきものを考えて発信したいと思っています。今回、賞を頂いたのでこの作品は忘れないものになると思います。これからもSNSや情報モラルについてしっかり学び、上手に情報を扱う大人になりたいです。

木元 聡悟
岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
標語
受賞者の声

SNSなどで人の悪口を投稿している人をよく見ます。そのような人は「匿名だからバレない」、「すぐに消えるから大丈夫」と考えていると思います。しかし、すぐに消えると思っていても、その悪口を言われた人、見た人の心には深く残り、SNSにも残っていることは将来にも影響します。そんなSNSの怖さを知って欲しい、悪口を書き込まないで欲しいという思いでこの標語を作りました。

安達 唯月
金光学園高等学校 1年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

まさか自分が選ばれると思っていなかったのでとてもうれしかったです。SNSを使う立場から考え、思ったことを標語にしました。私の標語を読んで、少しでも心に残ってくれたらうれしいです。

萬木 凜
岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <広島県警察本部>
標語
受賞者の声

今ではインターネットが発達し、スマートフォンなどで誰でも簡単にSNSにいろんなことを書き込むことができます。しかし、最近では、誹謗中傷が多く見られます。また、本当のことかも分からないのにSNSに書き込んだり、嘘を拡散したりと、誹謗中傷によりたくさんの人たちが苦しめられています。だから、そういうことが少しずつでもいいから減っていけばいいなと思い、この標語を考えました。

石丸 紗里奈
広島県立福山葦陽高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

近頃、SNSでの被害を多く耳にします。最近は情報端末を持っている人がほとんどで、SNSを利用している人が増えています。SNSはたくさんの人とつながれるという利点がありますが、たくさんの人とつながることで危険な目に遭った方も少なくありません。匿名で気軽に話せることができるDMには特に気をつけてほしいです。私の作品を見て少しでも意識をもってくれると嬉しいです。

中原 千裕
熊野町立熊野東中学校 3年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
標語
受賞者の声

このような素敵な賞をいただいて、とても嬉しく思います。インターネットなどを使うことが増えた今、その便利さの裏に隠された危険性をもう一度確認して欲しいと思い、この標語をつくりました。SNSでの通信相手は決して個人だけではなく、不特定多数の人々であることを意識し、ネットとの上手な付き合いを目指してほしいです。

梅本 陽菜
広島県立大門高等学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部>
標語
受賞者の声

姉がSNSに投稿していたので、いいねボタンを押そうとしたら、母から「自分の言葉で伝えてあげたほうが気持ちが伝わるよ。」と言われた事がきっかけです。その後姉に、「綺麗に撮れてたね。」と伝えると、とても喜んでくれました。

中川 愛流
宇部市立西岐波中学校 3年

優秀賞 <徳島県警察本部>
標語
受賞者の声

まさか私の標語が選ばれるとは思っていなかったので最初に聞いたときはとても驚きました。多くの作品の中から私の標語が選ばれてうれしかったです。ネットワーク上やアプリインストール時に「同意」を求められたら、何に同意なのかしっかり確認してほしいと思います。

三木田 裕作
徳島県立城ノ内高等学校 1年

優秀賞 <徳島県教育委員会>
標語
受賞者の声

私は、日ごろからインターネットを利用しています。いろいろなことをけんさくできたり、ゲームで遊べたりします。ですが、その一方、子どもたちがインターネットで知らない人とつながってしまい、トラブルにまきこまれる事件がおきています。そのようなニュースを見て、インターネットの使い方には、気をつけていかなければならないと思いこの標語を考えました。

川西 菜々子
阿南市立伊島小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

賞をいただきとてもうれしく思います。誹謗中傷や否定的なコメントを受け、命を落とす人が増えています。だから、人のいやがる発言などが一つでも減り、命を落とす人が一人でもへってくれたらいいと思い、この句を考えました。SNSは、とても便利なのに、人を傷つけるのは、もったいないと思います。私も正しい使い方をしていこうと思います。

松島 心優
阿南市立羽ノ浦中学校 1年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
標語
受賞者の声

インターネット上でのイジメが多発している中で、みんなに言葉の一つ一つ重みは、現実社会でもインターネット上でも同じであるということを分かってもらうためにこの言葉を考えました。そして、僕たちの身近なところからイジメをなくしていきたいと思っています。

森藤 優太
美馬市立脇町中学校 1年

優秀賞

<香川県教育委員会>
<かがわ情報化推進協議会>
標語
受賞者の声

この度は自分の作品が二つの賞を取れた事に喜んでいます。「SNSに写真を載せただけで住所を特定される」というニュースをテレビでたびたび見るのでこの作品を作りました。この標語を見て自分の投稿を再度確認する人が一人でも増えてくれたらと思います。

松中 晴紀
高松市立香東中学校 2年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
標語
受賞者の声

 今回、受賞の話を先生から聞き、大変驚きました。自分の考えた標語がえらばれて、とてもうれしかったです。この標語は、インターネットやSNSなどで心ない言葉で、傷ついた人のことを頭に浮かべながら、考えました。クリックひとつで、自分の言葉が相手を傷付けてしまうことがあり、それを理解して使うことが大切だと思います。そして、便利さの裏側には危険がひそんでいることを知ってほしいです。

和田 響太
高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

IPAコンクールにおいて優秀賞をいただけたこと誠に光栄に思います。これを御覧になっている皆様、リアルとネット2つのウイルスにお気をつけてお過ごしください。

二川 柾也
高松市立香東中学校 2年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
標語
受賞者の声

賞がとれるなんて思ってもいなかったので、とても嬉しいです。

塩崎 杏珠
新居浜市立角野中学校 2年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
標語
受賞者の声

最近、多くの中高生のスマホ使用時間が増えています。それによって、友達と話す機会も減ってきていると思います。画面の中だけではなく、対面で接することで、相手について分かることも多いし、自分の気持ちもより正確に伝えることができます。スマホは一方的であり、また誤解をまねく危機性もあります。私はたくさんの人に、スマホを一度置き、友達と面と向かって話す大切さを知ってほしいです。

石田 紗月
愛媛県立松山西中等教育学校 4年

優秀賞 <高知県警察本部>
標語
受賞者の声

私は、自分の標語が選ばれて嬉しかったです。最近はスマホなどを持っている人が多いです。小学生も持っているので怪しいサイトなどに入って困らないようにと考えて標語を作りました。みんなで変だと思うサイトや怪しいサイトには入らないようにして欲しいと思います。

吉本 瑞希
南国市立久礼田小学校 6年

優秀賞 <高知県教育委員会>
標語
受賞者の声

情報というものがとても身近であり、より一層考えていく必要があると思いました。

竹内 晴紀
明徳義塾高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
標語
受賞者の声

インターネット上には、たくさんの情報をとともに、言葉、会話なども飛びかっていて、その中には、悪意のある言葉や、見たこともない人との、SNS上での会話などもあります。そして、それが原因でトラブルが起こることも多々あります。だから、原因となる一言を少しでも減らしたいと思い、この標語をつくりました。受賞できてうれしいです。

田村 夏凛
高知県立高知南中学校 3年

優秀賞 <福岡県警察本部>
標語
受賞者の声

セキュリティの更新を定期的にしていても、自分自身がネットでの危険性を理解して意識を高めなければ意味がないと思い、考えました。この標語を見て少しでも意識の更新を考えてもらえるとうれしいです。受賞させていただきありがとうございました。

山﨑 紗衣
福岡市立那珂中学校 1年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
標語
受賞者の声

私がこの標語をつくるときに工夫したことは、ネットの世界という近くにありながらも身近にとらえにくいものと、消しゴムという身近なものを入れて、ネットの身近さを伝えようとしたことです。気軽に発言はできるけれど取り消すことはできないという、怖さが伝わったのなら嬉しいです。また、作品を通して、自分も気をつけないといけないと考え直すきっかけにもなったから良かったです。

梅津 凜央
福岡市立那珂中学校 3年

優秀賞

<長崎県警察本部>
<一般社団法人長崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

今は、コロナウィルスで感染予防に敏感な時で、みんなマスクを着けています。今こそ自分の情報を守るためにパスワードというマスクをしてインターネット上のウィルスにかからないように感染予防した方がいいと思い、この標語を作りました。

松田 朋幸
諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
標語
受賞者の声

最近この世の中では、嫌な言葉を言われたからや嫌なことをされたからという理由で自殺する人がいます。私は、常に相手の気持ちを考え、自分の心に問いかけをすることが大切だと思います。この世の中から、いじめや差別がなくなっていくことを願ってこの標語を作りました。

白灰 巧誠
諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <熊本県警察本部>
標語
受賞者の声

僕はこの作品を作るにあたって、情報化が進むこの時代に、若者が、何の考えもなしに面白半分で写真や動画を上げることで、就職や仕事に影響を及ぼすことがもったいないと感じました。この点を踏まえてSNSでの投稿1つで、投稿者の未来が左右される事をこの作品に表しました。そして、この作品を通して、自分自身の人生を無駄にするような投稿が減ればいいなと思います。

工藤 千裕
熊本市立必由館高等学校 2年

優秀賞 <大分県警察本部>
標語
受賞者の声

まさかこのような賞をいただけるとは夢にも思っていなかったので、今も驚いています。情報モラルの大切さをどう伝えたらいいのか考えた結果、とてもシンプルなものになりました。「あたり前」かもしれません。しかし、「あたり前」だからこそ、一番大事な事なのだと思います。私自身、再確認させられました。

中山 苺子
中津市立城北中学校 3年

優秀賞 <大分県警察本部>
標語
受賞者の声

今回の受賞は予想していなく、とても驚きました。私は新聞を読む中で、最近デマやフェイクニュースに関する記事が多いのが気になっていました。今回の標語も、世界的な政治家が医学的に良くない発信をしたことで、専門家や側近たちが慌てて訂正していたことから思いつきました。私も、信頼できると思っている情報も鵜呑みにせず、一度立ち止まって考えたいと思いました。

大村 浩輝
大分県立大分上野丘高等学校 1年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

今回はこのようなすばらしい賞をいただき、とても嬉しく思います。近年では、スマホというものが手軽に手に入るものとなっています。その手軽さ故につい自分の気持ちのままに行動しがちになってしまいます。だから私は友達のことや自分の未来のことについてきちんと考えながら、SNSやネットを上手く使ってほしいと思いこの標語を考えました。私もこの機会を通してネットについて考え直すことができたのでよかったと思います。

山本 唯衣
別府市立中部中学校 2年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

スマホが普及し、SNSが一般化されるにつれて、自分や友人の顔写真をSNSに投稿する人が増えてきました。多くの人が閲覧、保存することができるSNSに顔写真が載ってしまうと、自分の写真が勝手に広まったり、不正に利用されたりして犯罪にまきこまれることがあります。このような問題を未然に防ぐためにもSNSの利用を再確認する必要があると思い、この標語を作りました。

佐藤 稜真
大分県立大分上野丘高等学校 1年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
標語
受賞者の声

日々の生活の中でSNS に接することがない日の方が少ないぐらい、私たちにとってSNSはとても身近なものです。SNSは色々な人とコミュニケーションをとったり、情報を共有できたりと、楽しくて便利なものです。反面、使い方によっては人を傷つけ、時には命を奪ってしまう怖いものでもあります。SNSは世界中の人が幸せになれる、嬉しくなれる、笑顔になれるものであってほしいと思っています。

中山 さや
宮崎県立宮崎南高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

SNSが普及している現在、遠く離れていても簡単に連絡を取り合うことが可能となり、文字上でのやりとりが当たり前のようになりました。便利な反面、「なりすまし」という新たな問題もあることをこの標語で多くの方が再認識し、気をつけて欲しいと思います。

田村 恵理
宮崎県立宮崎南高等学校 1年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
標語
受賞者の声

このたびは、このような素晴らしい賞をいただき、非常に嬉しく思います。現在のインターネット社会では、匿名であることをいいことに、誹謗中傷を繰り返す人、他人の個人情報を発信・拡散する人などモラルに反する行為をする人が後を絶ちません。そんな現状に目を向け、問題として考えてほしい、そう思いこの標語を書きました。この標語を見た人は、ネットの向こうには生身の人間がいること、そして、「自分はどうするべきなのか」をしっかりと考えてほしい。私は強く願っています。

松元 哉連
鹿児島市立天保山中学校 3年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
標語
受賞者の声

受賞できてとても嬉しく思います。新型コロナウィルスにより自宅で過ごすことが多くなり、スマホの利用時間が多くなる。それが当たり前の日々になりつつあります。でも、一度しかない人生にスマホだけに時間を費やすのではなく他の事にもチャレンジしてほしい、という思いを込めて作りました。この標語を見て、少しでも多くの方々に改めて日常生活について考えるきっかけになれば嬉しいです。

花崎 智亮
薩摩川内市立入来中学校 3年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
標語

山中 知里
鹿児島市立緑丘中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

ぼくは、しょうをもらえて、とてもうれしかったです。この標語は「てき切なSNSの心得」という動画を見たのがきっかけで、作りました。スマホがきけんなのではなくて、何がきけんなのか、しらなくて使うのがきけんだということをみんなにつたえたいです。ぼくもこれから、もっとべんきょうしたいです。

竹之内 俐勇
鹿児島市立広木小学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
標語
受賞者の声

私は、学校の講えん会を通して、インターネットが体におよぼすえいきょうが、怖いものだと知りました。画面から出るブルーライトは、失明するきけん性があることや、少しのつもりが何時間も経ってしまったり、人と会うのが怖くなったりするそうです。ネット依存は心身をも不安定にしてしまいます。ネット依存はこんなにも怖いものだということを、皆さんに知ってもらいたいと思い、この標語を考えました。

黒瀬 光
南さつま市立田布施小学校 5年

優秀賞 <沖縄県>
標語
受賞者の声

今回、このような賞をいただきありがとうございます。ネットで何気なく発言した言葉は、大きな問題や事件を引き起こす事があります。また、それらの言葉が残り続け、自分の人生に影響を与えることもあります。そうなる前に考えて欲しいという思いから、この作品を作りました。

平田 妃
昭和薬科大学附属中学校 2年

優秀賞

<沖縄県警察本部>
<沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
標語
受賞者の声

最近はニュースでも、SNSに関する事件がよく取り上げられます。今、誰でも簡単に使うことができるからこそ、使い方次第で自分がいじめられたり、相手を傷つけたりしてしまうSNSの怖さを知ってほしいと思い、この標語をつくりました。SNSに投稿するときは、この標語を思い出して、本当に大丈夫か考えてから投稿してほしいと思います。

根元 麻緒
昭和薬科大学附属中学校 2年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること