1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

スマホにむちゅうになっている人は、あくまに見えたので、スマホかいじゅうにしました。くふうしたところは、いろんなペンを使ったところです。わたしのポスターを見て、スマホの時間をへらしてほしいです。そして、スマホだけじゃなく、本とかを見てほしいです。

森永 美紀
小城市立晴田小学校 3年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

最近、インターネットやSNSの事件が目立ちます。こんな事件が少しでも減ることを願い、このポスターを描きました。みなさんのメッセージはおヒレが長くなってませんか?

時澤 のぞみ
高崎市立吉井西中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただけて嬉しいです。情報モラル・セキュリティーという漠然としたものを、自分自身でポスターとして絵に表すことで、世界とのつながりや人と人とのつながりが整理されて、自分の中で以前よりも見えやすくなったと感じています。また、情報モラルやセキュリティーに関するニュースや話題に関心を持つようにもなる良い機会となりました。このコンクールで得られたことをこれからに生かしていきたいです。

佐藤 綾菜
帝塚山学院高等学校 1年

優秀賞 <警察庁>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただきまして、誠にありがとうございます。近年、SNSの利用が増加していますが、SNSの投稿一つにたくさんの情報が隠れていて、それがつながった時、個人が特定されてしまうかもしれないという、SNSの危険性をテーマに制作しました。このポスターを通じて、投稿する前に一度考える人が増えると良いなと思います。

吉川 渚月
大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程 2年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

お金がせいきゅうされるサイトが増えてきたと思い、サイトのひ害にいろんな人があわないために、注意をよびかける気持ちでポスターを描きました。なので、いろんな方にこのポスターをみていただき、ひ害にあわないよう注意してサイトをみてほしいです。あと、いろいろ工夫してポスターを描いてみたけど、まさか受賞するとは思わなかったので、やってよかったなと思いました。

荒井 彩那
軽井沢町立軽井沢西部小学校 5年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

この作品は、SNSを使うにあたって気付かないうちに個人情報を書き込んでしまうという行動をウサギに置き換えて描いたものです。亀はそれを心配して見上げています。私も以前は似たような失敗をしていました。本名、顔写真、学校名、これらをSNSに載せている人は多いと思います。気付かず個人情報を載せてしまっている人が周りにいたら教えてあげてください。そうすればSNSトラブルが減ると思います。

髙橋 りこ
新潟県立新潟向陽高等学校 3年

優秀賞

<一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
<実教出版株式会社>
ポスター

鈴木 孝実
神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

優秀賞

<一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
<特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

自分自身が情報モラルについて理解できていなかったので、作品制作を通して調べたり考えたりすることで、理解が深まりました。情報社会を生き抜く方法がもっと多くの人にひろまればいいなと思います。

田中 陽彩
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
ポスター
受賞者の声

今回のポスターは、身近にある音楽の違法アプリをもとにしました。違法アプリをダウンロードすることは犯罪です。また、このアプリをダウンロードすることでスマホに入っている個人の情報が抜き取られるかもしれません。私は音楽が好きでよく聞いていて、SNSでよくこういうニュースも流れてきて嫌な気持ちになります。周りもそうだとおもいます。こういう事件を減らそうと思いポスターにしました。今回賞をとれたのは、夏休み沢山時間をかけて一生懸命かいたからだとおもいます。ポスターで賞を取るのは初めてだったのでうれしかったです。

城戸 凛音
香川県立高松工芸高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

受賞できて嬉しいです。このポスターが、一人でも多くの人の目にとまり、情報モラルについて考えるきっかけになればと思います。

佐伯 奈津実
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

SNSで情報を簡単に発信できる時代だからこそ、その情報は見えない多くの人に見られているんだということを忘れないような、シンプルで目立つポスターにしました。制作しているうちに、自分も情報モラルやセキュリティについて改めて考えることができました。

小田島 奏葉
東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター
受賞者の声

優秀賞に選んでいただきありがとうございます。とても嬉しく思っています。この作品はインターネットを使って小中学生でも世界の人々とつながれる今、安全にそして楽しく利用するために正しい使い方をしてほしいという思いをこめました。

望月 香奈
刈谷市立雁が音中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただきありがとうございます。このポスターを見て、少しでも多くの人が自分の投稿に危機感を持ってSNSを利用していただければと思います。

伊藤 なつめ
名古屋市立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

現在、SNSなどが普及したことにより、情報の伝達が便利になりました。しかし一方で、悪質な書き込みなどによるトラブルも見られます。私は顔が見えないからといって何でも言っていいとは思いません。だからこそ、このコンクールを通し、インターネット上のトラブルを減らすことに貢献でき、とても嬉しいです。今回は選んでいただき、ありがとうございました。

小池 碧
岩手県立一関第一高等学校附属中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

今回のポスターの受賞、とても嬉しかったです。この作品にはパスワードがどれほど重要なのか考えてほしいという思いがこめられています。面倒くさいからといって、パスワードを同じものにしたりしてしまうと、パスワードを知られてしまう危険があります。パスワードを知られるということは、自分の大切な情報とお金を入れた金庫の鍵を取られるのと同じです。このポスターを見て改めてパスワードについて考える機会になってほしいと思います。

幕内 甚
大手前丸亀中学校 2年

優秀賞 <LINE株式会社>
ポスター
受賞者の声

このような大きな賞をいただき、とてもびっくりしています。このイラストは、悪口を書くという心が雲で、書かないということが太陽ということにしました。女の子が、悪口をいけないことだと知っているのに書こうとしていて、その心を二つにしたのが、太陽の明るさと雲の暗さでよりわかりやすくしました。最近、こういう人が多いので、それをイメージしました。本当に優秀賞をくださって、ありがとうございました。

林 ななみ
雲雀丘学園小学校 5年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度は大変光栄な賞を頂き、ありがとうございます。できるだけ多くの人に危機感を持ってもらうため、わかりやすく表現することを意識しました。制作時にパスワードについて調べ、私自身もその重要性を改めて知ることができました。このポスターをきっかけに、アカウント乗っ取り等の予防になれば幸いです。

上田 彩花
大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程 2年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回は優秀賞に選んでいただき、ありがとうございます。私のポスターをきっかけに、SNSの使い方に気をつける人が増えてくれるとうれしいです。私自身も、気をつけるきっかけになりました。

本庄 ひなの
東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回は、受賞させて頂き、たいへんうれしく思います。今の私たちは、簡単に相手を傷つけたり傷つけられたりする環境にいます。だからこそ、「SNSに振り回されないで欲しい」「勘違いしないで」という思いを込めてこの絵を制作しました。この絵を見て、少しでも楽に過ごせる世の中が広がってくれたらいいなと思います。

西牟  美里
鹿児島県立川内商工高等学校 2年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
ポスター
受賞者の声

情報は悪用される可能性があります。SNSは世界とつながっていると常に認識することで、自分自身を守ってもらいたいと思い、ポスターにしました。表彰いただき、ありがとうございました。

中塚 さくら
ぐんま国際アカデミー中等部 1年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂きありがとうございます。一度スマホを見始めると、つい時間を忘れてしまうことは誰でも経験があると思います。このポスターは、見た人が自分のスマホの時間を見つめ直すきっかけとなり、また自分自身でもスマホの時間について改めて考えることができたら良いと思い、制作しました。

須藤 愛子
東京都立葛飾総合高等学校 2年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
ポスター
受賞者の声

今回は優秀賞に選んでいただきありがとうございます。日頃、気軽に使っているスマホ。でも気づかないうちに手のひらから水が落ちるように自分や親などの大事な情報を漏らしているかも。ということを少し暗い、怖いイメージで描きました。

倉橋 知世
姶良市立帖佐中学校 1年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂き嬉しく思います。膨大な量の情報が飛び交う今日の社会では、一つの出来事に対しても、たくさんのメディアが伝えようとしています。同じ内容でも、伝える側の意図によって様々な見え方があるのだということを表現しました。正しい情報を捉えることも、何が真実かを決めるのも、私たち受け取る側が意識を持って情報を見極める責任があると考えて頂けたら幸いです。

中川 晃汰
大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程 2年

優秀賞 <株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

自分の伝えたいものをポスターにし、それが採用されたのでとても嬉しいです。真ん中の女の人を見えないネットワーク上のバリアが覆っているイメージです。バリアは実際には目には見えないけれどもネットワーク時代の私たちを強く守ってくれると思います。私もなりすまし被害にあったことがあり、それからいっそう電話番号の取りあつかいを気をつけるようにしています。またパスワードも難しいものにしたり気をつけています。

池内 藍華
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をくださりありがとうございます。とても嬉しく思います。最近はSNSが普及し実際に会わなくてもコミュニケーションをとる事ができ便利ですが、様々な事をSNSなど画面の中のみで済ませてしまう事が多く感じられます。友達や家族などの親しい人への大事な言葉は直接会って話すことも必要だと考え、このポスターを作成しました。このポスターを見て少しでもそう思えるきっかけになれば嬉しいです。

斎藤 美楽希
市立札幌開成中等教育学校 1年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回、私がこのコンクールに受賞したと聞いた時は、とても驚きました。私がコンセプトにしたのは、「スマホの情報流出の危険さ」をコンセプトにしました。そのため、文字は壊れたかの様な感じ、流れ出ている感じにして、一度情報が流れ出たらもう戻らないという事を表現しました。私はまだスマホを持っていませんが、これからスマホを持ち、使う様になったら情報の扱いに注意して使いたいです。

相澤 孝之介
市立札幌開成中等教育学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
ポスター
受賞者の声

現在、SNSなどが普及したことにより、情報の伝達が便利になりました。しかし一方で、悪質な書き込みなどによるトラブルも見られます。私は顔が見えないからといって何でも言っていいとは思いません。だからこそ、このコンクールを通し、インターネット上のトラブルを減らすことに貢献でき、とても嬉しいです。今回は選んでいただき、ありがとうございました。

小池 碧
岩手県立一関第一高等学校附属中学校 1年

優秀賞 <宮城県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回受賞したことを、たいへんうれしく思います。これからも防犯やいじめ防止ポスターなどでよびかけていきたいです。

滝沢 希美
仙台市立袋原小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂けたこと、大変嬉しく思います。歩きスマホが原因で、様々な事故が起きているので、このポスターを見る事で、少しでも歩きスマホに対する意識を高めてもらえたらと思います。

末永 ゆめ
宮城県松島高等学校 3年

優秀賞 <公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞に選んでいただきありがとうございます。歩きスマホを安易にすると事故に繋がるので、歩きスマホを辞め、事故を減らしてほしいと思います。

佐々木 楽人
宮城県松島高等学校 3年

優秀賞 <秋田県警察本部>
ポスター
受賞者の声

賞を頂けて、嬉しく思います。ネットいじめに対する自分の気持ちを言葉と絵にすることができたと思います。

佐藤 彩花
秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部>
ポスター
受賞者の声

スマホを持ち始める年齢が年々早まっており、小さい子供たちの不適切なサイトの閲覧やゲームへの多額な課金などのニュースが多く聞かれます。この問題を少しでも解決できるようなポスターにしたいと思い、フィルタリングをテーマとして作成しました。スマホを守るという意味を込めて大きな盾を、ポスターとして人の目に留まりやすい赤と白の配色を意識して作りました。このポスターでフィルタリングをする人が増えれば嬉しいです。

上林 龍太
山形県立酒田光陵高等学校 3年

優秀賞 <福島県警察本部>
ポスター

渡部 悠羽
福島県立会津農林高等学校 1年

優秀賞

<茨城県>
<茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
ポスター
受賞者の声

情報モラルについて考えることが必然的な社会になりました。インターネット機器が普及し、たくさんの情報が溢れている中で、正しい情報の選択しているのか曖昧になってしまうということに気づいている人は少ないかもしれません。誤った情報が広がる背景には全ての言葉を疑いもなく信じ、拡散する情報に踊らされている私たちがいます。これからの社会をつくっていく世代は正しい情報を見抜く目を養うことが大切だと思いました。

横島 璃子
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県警察本部>
ポスター
受賞者の声

SNSを通して簡単に傷つける事の出来る時代。本人が見る事や言い返す事の出来ない個人チャット。文字でも人を傷つける事は簡単にできる。負った傷はどんなに凄い医者でも直すことはできない。文字でその人の人生が変わります。文を送る前に立ち止まってほしい。他人の言った悪口を簡単に信じないでほしい。もしかしたら本当は違うかもしれないから。自分が言われる立場になった時を考えてほしい。そんな気持ちを込めて描きました。

菅原 凜南
塚原学園青葉台中等学部 3年

優秀賞

<茨城県メディア教育指導員連絡会>
<茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

銀行は勿論、今ではパソコンやスマホなど、様々な物にパスワードが必要な時代です。色々なものに必須の要素だからこそ、人に教えると大変な事になってしまいます。そんな大切なものを、安易に人に教えないようにしてほしいという思いで描きました。

石丸 理緒
茨城県つくば市立吾妻中学校 1年

優秀賞 <栃木県警察本部>
ポスター
受賞者の声

ネットいじめのビデオや動画を見て感じたこと、「言葉は凶器になる」をテーマに、今回の作品を描きました。今回、この作品が受賞して、私と同じ考えの人はたくさんいると思いました。だから、選ばれたと思います。情報の便利さと同時におそろしさを学べた、良い機会でした。

大柿 湖子
日光市立落合中学校 1年

優秀賞 <群馬県警察本部>
ポスター
受賞者の声

情報は悪用される可能性があります。SNSは世界とつながっていると常に認識することで、自分自身を守ってもらいたいと思い、ポスターにしました。表彰いただき、ありがとうございました。

中塚 さくら
ぐんま国際アカデミー中等部 1年

優秀賞

<埼玉県警察本部>
<公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

私の作品は、現在、日本のデジタル環境における匿名の悪口を表現した作品になっています。匿名という仮面をかぶった人間が、メッセージによる無差別の悪口を書き込んで、楽しんでいるのに対して「その仮面が無くても同じ事が言えますか?」と問いかける。匿名なら何でもやってよい訳ではない事を伝えたいと考え、この作品を作りました。そして、私の作品が受賞された事はとても光栄に思います。たくさんの人に、この作品の「声」が届く事を願っています。

浅野 宅海
埼玉県立滑川総合高等学校 3年

優秀賞 <千葉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

知らない人からでも褒められれば嬉しいし、悪口を言われたら悲しくなる。そんな当たり前のことを、ただ画面を隔てただけで忘れてしまう人たちが居ます。リアルとバーチャルが限りなく近いものになってきた現代、世の中はネットの負の面ばかり見てしまいがちになるかもしれませんが、実はネットでの出会いも現実での出会いとそう変わらないものです。画面の向こうには知らない“人”がいることを皆さんは忘れないでくださいね!

岩田 純佳
日出学園高等学校 2年

優秀賞 <東京情報大学>
ポスター
受賞者の声

ポスターを作る活動を通して、情報モラルの大切さに改めて気付きました。今後もSNSを使う時は注意していきたいです。今回は受賞できて良かったです。

茂木 愛斗
学校法人市川学園市川高等学校 1年

優秀賞 <警視庁>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただき、大変光栄に思います。私が描いたポスターで、1人でも自分の行動を見直す人がいればいいなと思います。また、自分もSNSを使う際には、十分気をつけたいです。ありがとうございました。

田口 沙季那
東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <神奈川県警察本部>
ポスター

鈴木 孝実
神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

優秀賞 <新潟県警察本部>
ポスター
受賞者の声

最近SNSでのトラブルが多くなってきています。使い方を間違えると大変なことになります。例えば、住所や学校、個人が特定されてしまう可能性があります。誰かの悪口を書き込んだりするのもよくないことです。SNSはだれかを傷つけるために作られたわけではありません。自分のことを発信することは悪いことではないですが、特定されるような情報が入っていないか確認することが大切だと思います。私も気を付けようと思います。

長島  奏羽
新潟県立新潟向陽高等学校 3年

優秀賞 <富山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

SNSを見ると心ない誹謗中傷が書きこまれていることがありますが、それは犯罪につながるということを知ってもらうために、このようなポスターを描きました。今一度、誰もが今までのSNS利用の仕方を見直し、言葉のもつ力を認識してほしいです。そしてSNSを通して傷つく人が減ることを願っています。全ての人が便利に楽しくインターネットを使えるようになってほしいです。

柴田 悠里
富山市立堀川中学校 2年

優秀賞 <山梨県警察本部>
ポスター
受賞者の声

とてもうれいしいです。ネットのうらには何があるのか、よく考えて描きました。わたしもそんな事には気をつけていきたいです。

山口 優
道志村立道志小学校 3年

優秀賞 <長野県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私も大きくなったら、スマホを使うと思います。自分も誰かを傷つけないように、安全で楽しく便利に使えるように心がけたいです。

清水 心彩
軽井沢町立軽井沢西部小学校 5年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

私は最近、SNSや掲示板などを使ったいじめがとても増えていると感じたので、ネットのいじめを認知してほしいと思いポスターを作成させて頂きました。まさか、自分の作品が受賞するとは思っていなかったので驚きましたが、今回賞を頂くことができとても嬉しいです。

竹下 魁音
長野県駒ケ根工業高等学校 3年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用協議会>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞をいただき、ありがとうございました。このポスターは、みんなにネットトラブルのないように自分で個人情報を守ってほしいという願いで作りました。私の作ったポスターを見て、少しでもネットトラブルのない世の中になってほしいです。

谷崎 永茉
松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
ポスター
受賞者の声

絵は得意ではないけれど、すごく良い賞をもらえたと思いました。とてもうれしいです。

山浦 奏
軽井沢町立軽井沢西部小学校 5年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
ポスター
受賞者の声

現代にはスマホというとても便利なものがあり、今では多くの人が利用しています。しかし、便利であるがゆえに長時間使用してしまい、勉強に費やす時間が短くなっている人が多いのではないかと思いました。時間は無限にあるものではないので、スマホに時間を使いすぎず、もっと時間を大切にしてほしいと思いこのポスターを描きました。このような賞を受賞できたことでより多くの人にこの思いが届くと嬉しいです。

長谷川 ひなた
海津市立城南中学校 3年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂けて、とてもうれしいです。この絵にこめた思いは、顔が見えていないからといって、悪口をかいたりする心を洗い流してほしいという思いで描きました。今後、自分もスマートフォンを買ってもらって、SNSなどをする時があれば絶対に「悪口」をかきこまないようにしたいし、このポスターを通して、悪口をかきこんだりしている人に、悪いことをしているということが伝わればいいなと思います。

三浦 夢乃
輪之内町立仁木小学校 6年

優秀賞 <静岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、賞をいただきとても嬉しく思っております。今回、このポスターを描いたのは、自分がスマホ依存になっていると思ったことと、なってしまっている人が多いのではないと思ったためです。このポスターを見て、少しでもスマホの使い方を考え直すきっかけになれば良いなと思います。

池川 侑希
静岡県立浜松工業高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
ポスター
受賞者の声

今回、この賞をいただけてとても嬉しく思います。このポスターで、現代社会において増えているSNSのなりすまし犯罪を防止してほしいと思い、作成しました。SNSは、自分の知りたい情報を共有したり、メッセージを発信したり、便利な面もありますが、一方、最近は他人になりすまして罪を犯す人もいるため、このポスターで、SNSの利用について見直して防犯の意識向上につなげてほしいです。

杉山 里彩
静岡県立浜松工業高等学校 2年

優秀賞 <愛知県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞をいただき、ありがとうございます。パスワードや名前などの個人情報が漏れていることをスマホから漏れる水と一緒に表現しました。

長尾 季波
名古屋市立工芸高等学校 3年

優秀賞 <三重県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このような賞を頂けたことを嬉しく思います。この作品が、情報モラルやネット、SNSでのセキュリティについて考えるきっかけになっていれば幸いです。

釘田 慈
三重県立名張高等学校 2年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をいただいたことを嬉しく思います。パスワードはしっかり設定をしないといろいろなトラブルにつながってしまうため、攻められないような盾を作るのと同じような気持ちでパスワード設定するべきだと思います。

鈴木 絹
大津市立北大路中学校 3年

優秀賞

<京都府教育委員会>
<公益社団法人京都府防犯協会連合会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を受賞できて光栄です。このポスターは見てのとおりで「いいねのハート」「心のハート」どちらが大切かを考えてもらおうと作成しました。私はイイネのハートよりも、心のハートの方が大切だと思います。これを見たあなたもどちらが大切か一度考えてみてください。

堀 さやと
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都府警察本部>
ポスター
受賞者の声

今は、少しのことでも自分の個人情報などがすぐに知られるような時代になっています。その個人情報を悪用される前にこれはやっていいのか、だめなことなのか判断して個人情報漏洩を防ぎましょう。自分の行動に責任を持ってもう一度、自分の行動は正しいのか見つめ直しましょう。

坂東 壱星
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞に選んでくださり、ありがとうございました。今の時代スマホのメールやSNSでのトラブルは少なくありません。特に中学生や高校生ではSNSで人の悪口を書く人がとても多いです。その一言一言は刃物のように鋭く突き刺さります。また最悪の場合その人の心に突き刺さったままになることもあるでしょう。そうならないために、一人でも多くの人が止めたり、自分が送る前にでも考えたり・・・そんな人達が増えてくれることを私は願っています。

池本 愛菜
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

私はこのポスターを作成するにあたって、伝えたいメッセージは「災害や事故、人が助けを求めている際に救助せず動画や写真を撮り、インターネットへ投稿するという行為をやめよう」ということです。インターネットが身近にある時代だからこそ、よりインターネットの正しい使い方を見直すきっかけになれば嬉しいです。

北村 東悟
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
ポスター
受賞者の声

自分のポスター作品が、まさか受賞するなんて思ってませんでした。嬉しい気持ちでいっぱいです。普段自分も、周りの多くの人もよくスマホやパソコンを使用するので、SNSの使い方やセキュリティ管理をもう1度見直し、1人でも多く安心安全に使えるネット社会にしたいです。

松井 玲衣奈
京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞をいただいて、とてもうれしいです。ありがとうございます。個人情報の管理について正直あまり考えたことがなかったけれど、応募して考える機会があり、よく考えることができました。調べれば調べるほど漏れた情報は回収できることは有り得ず、気をつけないとだめだなという気持ちになり、それを表現しました。

山村 真央
京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
ポスター
受賞者の声

最近は、スマートフォン中心の生活を送っている人が多いと思います。お酒などと同じで、依存してしまうと自分で抜け出すのは難しいと思うので、周りの人が手を差し伸べて、そこから抜け出すことがことができる人が、増えればいいなと思い描きました。

米満 采
大阪府立布施高等学校 1年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただけて光栄です。このポスターを見て、何も考えずに情報を発信していた人に、自分の発信したものが想像できない程多くの人に見られること、それを見て傷つく人がいるかもしれないことに気づいてくれれば嬉しいです。また、自分では自覚しているつもりの人も、もう一度自分の発信する内容を見て、本当にこの内容で他人を傷つけないか、迷惑になっていないかを確認してくれればいいなと思います。

濵 舞
大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞を頂き、とても嬉しく思います。私はこのポスターで、1人でも多くの方が、自分の投稿を見直し、相手や人の気持ちを考えるようになってほしいなと思います。

粕谷 友莉
兵庫県立龍野北高等学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
ポスター

香野 華蓮
奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
ポスター
受賞者の声

学校の課題で描いたものなので、受賞できるなんて思っていなかったので、びっくりです。これを機に、自分もインターネットの使い方に気をつけようと思いました。

岡本 芽依
奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

まさか自分の作品が優秀賞をもらえるとは思っていなかったのでとてもうれしいです。これを機会に自分も含め、たくさんの方々に情報モラルの大切さを知ってほしいとともに今の自分のSNSの使い方を改めようと思いました。

南 琉那
有田川町立吉備中学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
ポスター
受賞者の声

自分自身が情報モラルについて理解できていなかったので、作品制作を通して調べたり考えたりすることで、理解が深まりました。情報社会を生き抜く方法がもっと多くの人にひろまればいいなと思います。

田中 陽彩
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回のポスターで、改めて自分のパスワード管理について考える方が少しでも増えたらいいなと思い制作しました。作品制作を通して、自分自身も情報モラル・セキュリティについて考え学ぶことができました。

中村 和希
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私のイメージするSNSに対する危険を表現しました。最近では、SNSに関する事件が増えているように思います。小学生もSNSを利用する今、少しでもSNSで起こりうる危険を誰にでも伝えることができるデザインを意識して制作しました。

森脇 妃菜
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <岡山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を受賞出来ること大変嬉しく思います。私がイラストに込めた思いは、普段気軽に使っているスマートフォンの向こう側には、恐ろしいインターネットの脅威が広がっているのだというもので、イラストを見た人にもこれを機に使い方を見直してみてほしいです。

井上 真緒
岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

まさか受賞するとは思っていなかったので、びっくりしました。ホームページに自分の作品が載っているのを見て「本当だ!すごい!!」と思いました。今回の作品には、自分のスマホなどのパスワードを考えるとき、単純なものにしないで、よく考えてから決めようというメッセージを入れました。私もまだ自分専用のスマホなどはなく、ポスターのようにパスワードを決めることもないのですが、これから先に機会があると思うので、自分でも気をつけたいです。

吉田 綾夏
岡山大学教育学部附属中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞を頂きありがとうございます。ウイルスはどこからでも降ってくるので、一見完璧に思えるセキュリティにも危険があるということを伝えようと思い、この作品を描きました。情報の扱い方には気をつけていきたいです。

河面 結衣
岡山県立岡山一宮高等学校 2年

優秀賞 <広島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、素晴らしい賞をいただきまして、誠に光栄で嬉しく思います。近年SNSの発達などにより、誰でも簡単に情報を発信し、全世界の人々とつながりを持てるようになりました。「ネット」という世界が身近なものになることは便利な反面、大きな危険も伴います。そのことを理解した上で、「盛れてる」だけでなく、個人情報が「洩れてる」かどうかを確認してから投稿してほしいという思いを込めて描きました。

丸岡 夏菜子
広島県立大門高等学校 1年

優秀賞 <広島県インターネットセキュリティ対策推進協議会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞をいただき、大変驚きました。まさか自分の作品が選ばれるとは思ってもみなかったので、嬉しかったです。この作品は、SNSによるいじめを描いた絵です。身体的な暴力よりも、言葉の暴力の方が傷が深いということを伝えようとした作品です。この絵をみた人が、SNSによるいじめについて考えてくれたらいいなと思います。

山本 汐織
広島県立大門高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、私の作品を選んで下さり、ありがとうございました。正直選ばれるとは思っていなかったので、先生から話を聞いた時はとても驚くとともに嬉しく感じました。今回作った作品を通してより多くの人に「自分を守れるのは自分だけ」である。インターネットという広い世界に出ても、不用意に飛び出すのではなく自分でよく考え判断して、自分を守っていってほしいと思います。そのきっかけになれば幸いです。

橋本 麗佳
広島県立大門高等学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を受賞することができて大変嬉しく思います。トラブルになりやすい年齢層やどのような被害が起こるかを考えて、女子学生にふりかかる災難を描きました。このポスターを見て、1人でもインターネットに対する考え方を見つめ直す機会になればと思います。

佐々木 結衣
山口県立長府高等学校 1年

優秀賞 <香川県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

2回目の応募で賞を頂けて大変嬉しいです。高校生になって、家でメディアのルールが緩くなったので、ポスターに描いたように画面に囚われないよう、メディアとの付き合い方を考えていきたいと思いました。

竹内 夏子
香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
ポスター
受賞者の声

この度、このような賞を受賞できたことをとてもうれしく思います。インターネットの危険性やインターネットに対する意識を、ポスターを見て少しでも持ってくれたらなと思い、試行錯誤しながら制作しました。とてもうれしいです。

増田 一帆
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

自分の伝えたいものをポスターにし、それが採用されたのでとても嬉しいです。真ん中の女の人を見えないネットワーク上のバリアが覆っているイメージです。バリアは実際には目には見えないけれどもネットワーク時代の私たちを強く守ってくれると思います。私もなりすまし被害にあったことがあり、それからいっそう電話番号の取りあつかいを気をつけるようにしています。またパスワードも難しいものにしたり気をつけています。

池内 藍華
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <情報通信交流館>
ポスター
受賞者の声

このような賞をいただきうれしく思います。私の作品のとおり、情報であふれているインターネットはかんたんに漏れてしまいます。それを分かりやすく伝わるように、いろいろなSNS、パスワードなどがとけ出す様子を描きました。見ている方がインターネットの扱い方を見直して、セキュリティに気をつけて生活してほしいなと思います。

森 すずか
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <情報通信交流館>
ポスター
受賞者の声

今回「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で受賞することができ、嬉しいです。タイトル通り私の作品のテーマは「炎上」です。小さな子にも身近なものとなってきた情報機器。ニュースでもインターネットに関したトラブルが増えてきています。相手の顔が見えないという特徴がトラブルをおこす原因になっているのではないかと考え、このポスターで表現しました。一度炎上してしまうとそれを改善するには長い時間がかかるということを鎮火しようとする消防士さんで表しました。炎上しないためにもその発言を見て相手はどう感じるのかを考え投稿する人が少しでも増えると嬉しいです。

野間 麻也
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回は、優秀賞に選んでいただき誠にありがとうございます。最近は、メールなどを利用した事件がたくさん起こっています。このポスターを見て、情報モラルに対しての意識を高めてくれれば嬉しいです。

川上 智史
松山市立内宮中学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
ポスター
受賞者の声

なにげなく公開した写真から私たちのいろいろな情報が知らない人に悪用されてしまうことを聞きました。うきうきした気持ちで友達ととった写真をいろんな人に見てもらいたいと思っても、あとで後悔しないように私も気をつけたいし、みんなにも気をつけてもらいたいと思い「思い出公開一生後悔」という標語とともにポスターに描きました。

近藤 凛々子
松山市立東雲小学校 5年

優秀賞 <高知県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

受賞できて嬉しいです。このポスターが、一人でも多くの人の目にとまり、情報モラルについて考えるきっかけになればと思います。

佐伯 奈津実
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

私は、シンガーソングライターの高橋優さんが大好きです。高橋優さんは秋田県出身です。秋田といえば「なまはげ」なので、なまはげをテーマに作品を描きました。

橋本 詩夏
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

最近は、SNSなどに悪口を書き込んだりする人が増えています。悪口を書き込む側は軽い気持ちでしていますが、悪口を書き込まれた側は重い気持ちになります。SNSの悪口によって自殺する人もいます。私はこのポスターを見て1人でも多く、自分も「人殺しになっている」ということに気づいて欲しいと思いました。

鳥居 穂花
福岡県立嘉穂東高等学校 1年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

ここの色のこゆさはどうしようかいろいろ考えた。はいけいは、うすい色がいいかなあと思っていた。えの具で色をぬるときはきんちょうした。顔はしっぱいしたけどくふうしてきれいにできた。このポスターをみた人が自分のパスワードは大じょうぶかなと思ってもらいたいです。

芹田 美空
小城市立晴田小学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

高校生になって初めての受賞なので、とてもうれしかったです。この作品はいくら同級生、同性だと言われても、ネットでは他の人の写真を使うなどいくらでもうそをつくことができるので、信用しすぎてはいけない、という意味を込めて描きました。あまり長い時間をかけて描く事ができなかったので、これから絵を描くときに生かそうと思います。

緒方 悠季乃
佐賀県立有田工業高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

スマホにむちゅうになっている人はあくまに見えたのでスマホかいじゅうにしました。くふうしたところは、いろんなペンを使ったところです。わたしのポスターを見て、スマホの時間をへらしてほしいです。そしてスマホだけじゃなく、本とかを見てほしいです。

森永 美紀
小城市立晴田小学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞を頂きありがとうございます。この作品は、インターネットにたくさんの個人情報が写っている写真を投稿してしまうと事件にまきこまれる可能性があるので、防ぐためにこの作品を描きました。

荒木 陽菜
上峰町立上峰中学校 1年

優秀賞 <長崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞を頂けたことに、とても感激しております。このポスターには誰にでも分かってしまうようなパスワードを設定すると、自分の情報が盗まれてしまうよと忠告の意味を込めて制作しました。カラスは知能が高く、もしかしたら貴方の設定した簡単なパスワードが解かれてしまうかもしれない・・・なんちゃって。これからも日々努力して制作していきたいと思います。

髙平 悠花
長崎日本大学高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

授業で製作したもので賞を頂けて嬉しいです。自分も普段からスマホやインターネットを使っているので、モラルやセキュリティルールにしっかり気を付けてこれからも付き合っていきたいと思います。

藤澤 優希
長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

私が優秀賞をとれるとは思ってなくて、とれてとてもうれしかったです。私は「ネットだから」と悪口をかくのはだめだなと思ってこの作品を作りました。この作品を見て、少しでも多くの人に、ネットいじめはだめだと思ってほしいです。

田平 七樂
諫早市立西諫早中学校 1年

優秀賞 <熊本県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私は、このポスターを全国の人々に見てもらい、スマホを使う人にきまりを守り、安全に使ってほしいことと、フィルタリングをかける大切さを知ってもらうことを願い、このポスターを描きました。このポスターを見る人がフィルタリングをかけてくれるとうれしいです。まさか受賞すると思ってなかったので受賞してとてもおどろいたしうれしかったです。

村上 華
御船町立御船中学校 1年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

携帯が便利になる一方で、携帯を使った事件はどんどん増えています。ネットは、文字のみでつながるという非常に危険な所です。だからこのポスターを見てくれた人が、少しでも「気をつけよう」と思ってくれたらいいなぁと思います。

南 夏宝
宮崎市立佐土原中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

私は、SNS等を通してなりすましに遭い、被害を受ける人を少しでも多く減らそうと思って作りました。文字を工夫して、訴えかけるようにしたり、背景を危険なマークにしたりしました。これからは私自身もSNSを勉強して、被害に遭わないようにしたいです。

鳥原 蘭
宮崎市立佐土原中学校 1年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。このポスターを作成するにあたって、インターネットを使って手軽に異文化交流ができればいいなという思いがありました。魔法のじゅうたんを模したスマートフォンで世界中を飛び回り、様々な国と挨拶を交わす様子をポスターに描くことで、その思いを表しました。タイトルにあるように、インターネットを正しく使ってみんなで世界旅行をしましょう。

濵田 優季
鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回は優秀賞に選んでいただきありがとうございます。日頃、気軽に使っているスマホ。でも気づかないうちに手のひらから水が落ちるように自分や親などの大事な情報を漏らしているかも。ということを少し暗い、怖いイメージで描きました。

倉橋 知世
姶良市立帖佐中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞という結果で驚きと喜びの気持ちでいっぱいです。現代社会において、スマホ、SNSが発端で起こっている事件が、年々増加しているように思えます。使いやすく、便利で楽しい。そんなSNSですが、使い方を一歩間違えてしまうと気づかぬ内に恐ろしい事に巻きこまれてしまうかもしれない、SNSを使うにあたって、常に危険と隣合わせだということを忘れないでほしいという願いを込めて、このポスターを描きました。私も気をつけて、SNSとうまく安全につき合って行きたいです。

髙階 のどか
鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただけたことを、とても嬉しく思います。SNSは、一度送信、投稿してしまうと完全に消すことはできません。自分の「一押し」で自分自身、そして他人の人生を壊してしまうかも知れないということを、心に留めておいてほしいと思い、このポスターを描きました。少しでも多くの人にSNS利用について改めて考えてもらえたらいいなと思います。

酒勾 ひまり
鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITかごしま支援隊>
ポスター
受賞者の声

私が受賞できるとは思っていなかったのですごくおどろいています。今の時代、SNSを利用する若者が増えているので、問題が起きないでほしいと思いこのポスターを描きました。

田口 莉菜
姶良市立帖佐中学校 2年

優秀賞 <沖縄県>
ポスター
受賞者の声

ポスターを2枚出したのですが、自信が無かった方のポスターが受賞したので驚きました。私は、ながらスマホ注意をよびかけるポスターを作成したのですが、これをきっかけに、友達や家族など周りの人が、このような行為をしているのを見かけたら、注意ができる人になろうと思いました。

大城 玲奈
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県警察本部>
ポスター
受賞者の声

まさか、自分の絵が受賞されるとは思ってもいなかったので、とても驚きました。これを機に、みんながパスワードの重要さをより深く理解してくれたらいいなと思います。ありがとうございます。以上です。

新城 はるか
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること