1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

軽い気持ちで送信したメールで、相手を傷つけてしまったり、自分が苦しむことになってしまうことがあります。だから、どんなときも自分で送っていいのかどうかをよく考えてから、メールを送ることが大切だと思いこの作品を描きました。

上藤 幸歩
徳島県 吉野川市立鴨島小学校 5年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

今回は、優秀賞に選んでいただき、誠にありがとうございます。「ネットいじめ」は近年、大きな社会問題となっており、SNSを利用している人なら誰もが加害者にも被害者にもなりうるものです。そしてその加害者は心に大きなダメージを負ってしまいます。僕はそんな人が少しでも減ってほしいという思いを込めて描きました。時に言葉は刃物になるんです。そのようなことを念頭に置いて、SNSと今一度向き合ってみませんか?

大田 詞也
富山県 富山市立堀川中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

このような光栄な賞をいただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

木原 涼
大阪府 大阪市立工芸高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞を頂きありがとうございます。安全なパスワードに設定する大切さをちょっとひねくれたイラストで表現しました。

亀井 美緒
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター
受賞者の声

自分の携帯電話に気を取られていて周りの事が一切目に入ってないという光景をよく見かけます。これだといざ何か危険な事があった時でも気付けません。人々にその危険さを知ってもらうためにこの絵を描きました。しかし、ただ危なくて怖い事だけでなく、上手に使おうという事を伝えたかったので、かわいらしさとユーモアのあるウサギとUFOを描きました。この絵を見て、携帯電話を上手に使う人が増えたら嬉しいです。

廣瀬 ジュリア
長野県 長野県須坂高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
ポスター
受賞者の声

正直入賞した話を聞いた時は、驚きました。今年はサッカーのワールドカップで「半端ないって」が流行したため、それに乗ってかきました。絵はPKのシーンで、パスワードにかいた文字は「セキュリティ・パスワード半端ない」を数字とアルファベットで表しました。パスワードが半端なく長いのは自分が使うのに不便でもありますが、でもやはり相手に悟られないぐらい長めなパスワードが有効だと思います。

清水 航成
長野県 南箕輪村立南箕輪中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただけて嬉しく思います。ついついめんどうくさくて読みとばしてしまう利用規約。しかしそこには危険な罠が潜んでいるかもしれません。このポスターで、利用規約を注意深く読む人が少しでも増えたらいいなと思います。

宇佐美 萌
長野県 長野県松本深志高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
ポスター
受賞者の声

この度は賞をいただき、大変光栄に思います。このポスターは「自分だけ良ければ、、、」と歩きスマホをしている人が少しでも減ってほしいと思い制作しました。最近、よくニュースで歩きスマホによる事故を耳にします。歩きスマホは、周りが見えなくなることで、大きな事故にもなりかねない危険な行為です。私のポスターをきっかけに、多くの人が歩きスマホはいけないことだという意識を高めてくれたら嬉しいです。

中島 颯希
埼玉県 所沢市立南陵中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、賞を頂き誠にありがとうございます。インターネットは「世界」という規模で情報を発信したり、共有できるという点で優れていますが、セキュリティ対策を怠れば、危険な目に合ってしまう原因にもなります。このポスターを通して、パスワードに限らず、セキュリティ対策への意識を高めたり、今一度、自分のパスワードを確認したり、強化するなど、意識の高い人が増えることを願っています。

田久保 杏
埼玉県 所沢市立南陵中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

賞を頂けた事を大変嬉しく思います。作品にはSNSの中で生きることと現実で生きることの区別をつけなければならないという思いをこめました。

河村 恵
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

あなたがネット上に書き込んだ投稿が知らず知らずの間に「スマ砲」となって誰かを傷つけてるかもしれません。言葉というのは使い方によって心を癒すものにも、心を切りさく刃物にもなりうるものだと思います。とっても恐ろしいです。だから、このポスターを目にした人がドキッとして自分の言葉ひとつひとつを今より少し思いかえしてくれることを願ってちょっとだけ攻撃的なデザインにしました。

市川 夏子
埼玉県 埼玉県立新座総合技術高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただくことができ、大変嬉しく思っています。最近、歩きスマホをしている人がたくさんいます。スマホに夢中になっていると周りがちゃんと見れず、事故の原因になってしまいます。このポスターは、私が飼っている猫をモチーフにして、小さい子どもでもわかりやすいようにしました。このポスターで歩きスマホをする人が減れば嬉しいです。

濱田 萌友
大阪府 大阪教育大学附属池田中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただきまして誠にありがとうございます。この賞を受賞した事を糧に、さらに良い作品を生み出せるよう日々精進したいと思います。

中 伊吹希
大阪府 大阪市立工芸高等学校 3年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂き、大変嬉しく思います。私が制作したポスターは、歌舞伎役者のイラストを用いて迫力のあるデザインに仕上げました。SNSの恐ろしさがより多くの人に伝わるポスターをつくることができたのではないかと思います。また自分自身も今後、SNSの使い方に気をつけていきたいです。

長南 芽依
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

今回は、このようなすばらしい賞を頂きありがとうございました。この作品は、誰もがぱっと見た瞬間何についてのポスターかすぐ分かるように、色の塗りや、文字の大きさに気をつけて制作しました。パスワード一つで、自分の個人情報がすべてバレてしまうこともあるため、このポスターを見て、パスワードの自己管理がしっかりできる方が増えると嬉しいです。

前田 こころ
兵庫県 兵庫県立姫路工業高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

今回の受賞をとても嬉しく思います。この作品のコンセプトは、文字にもあるように「世界に1つのパスワードを」です。世界に1つしかないということは、オリジナリティ溢れるパスワードになり、悪用される可能性も低くなると考え、このようなポスターに仕上げました。そして、1人1人が快適にインターネットを利用できるようになれることを願っています。

坂田 朋葉
兵庫県 兵庫県立姫路工業高等学校 1年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

この度、優秀賞を頂くことができ、とても嬉しく思います。インターネットの利用が容易になったことで、幼少期から使い慣れた子供が多い現代。しかし、正しい知識がないままに利用することは大変危険です。一度立ち止まり、本当に発信していいものかを考えてもらいたいです。

土居 なつの
大阪府 大阪市立工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

この度はありがとうございます。普段あまり意識しませんが、スマホには沢山の個人情報がつまっており、疎かにしがちなセキュリティをポスターで表現しました。このポスターを通じてセキュリティの重要性を認識していただけると幸いです!

佐藤 隼人
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <実教出版株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂くことができ、とても嬉しく思います。SNSの発達により、個人情報を簡単に晒す人が増えてきていることをテーマに盛り込み、安全性を問いかけるポスターを制作しました。

吉岡 真奈美
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
ポスター
受賞者の声

この作品は、物を一度深い水の中に落としてしまうと、二度と取り戻せないことと、情報を一度社会にさらしてしまうと、取り消すことはできないということを重ねて表現しました。安易に情報をさらさないようにしてほしいという思いを込めて描きました。

櫛田 花音
香川県 大手前丸亀中学校 2年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞を頂きとても嬉しく思います。この作品は、近年増えてきている広告詐欺への注意を促したいと思い、制作しました。また、文字を見やすくするために色も工夫しました。このポスターを通じて、少しでも広告詐欺の被害を減らせるといいなと思います。

能津 花音
兵庫県 兵庫県立龍野北高等学校 3年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

この度は受賞させて頂きありがとうございます。匿名の顔の見えない怖さを仮面で表しました。このポスターの制作を通して、私自身もSNSなどでは意識して発言するように気をつけていきたいと思います。

松廣 結子
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
ポスター
受賞者の声

この絵は、フィルタリングの安心・安全な所をわかってネットにつながる物にフィルタリングをかけて、みんなが笑顔になってほしいというおもいで描きました。私の作品が優秀賞だときいてびっくりしましたけど、うれしかったです。また、このような良い作品が描けるといいなと思います。

三浦 夢乃
岐阜県 輪之内町立仁木小学校 5年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただき、とても嬉しかったです。インターネットはモラルを守れば楽しく活用できるということをポスターを通じて伝えられたらいいなと思います。

伊藤 鈴
千葉県 日出学園中学校 1年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
ポスター
受賞者の声

この度は優秀賞という賞に選んでいただきありがとうございました。SNSの恐ろしさをできるだけ多くの人達に伝えるために、親しみやすいようなデザインにするように心がけました。また子どもから大人まで、誰にでも共通するような場面を選ぶことで、共感を得やすいようなポスターにしました。このコンクールに応募することで自分自身もSNSについての考え方を改めることができたのでとてもいい機会になったと思います。

江口 菜々美
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
ポスター
受賞者の声

この作品は、最近パソコンやスマホでトラブルにあう人が多いので、そのようなことを少しでも防げれば良いなと思って描きました。特にウイルスは少しでも危険な雰囲気をかもし出せるように、怖いイメージの色の組み合わせをしました。また、文字のレタリングも大変でした。このようなたくさんの苦労をしたので、たくさんの人が応募した中、優秀賞に選ばれたのはとてもうれしかったです。

古宮 まこと
福島県 本宮市立本宮第一中学校 2年

優秀賞 <LINE株式会社>
ポスター
受賞者の声

1つの何気ない情報でも世界中の人達から見られているという事を伝えたくてこの絵を描きました。常に誰かに見られている、そしてインターネット上にのせたらもう二度と戻らないという気持ちを持とうと思いました。インターネットは使い方さえまちがえなければとても便利なものなので使い方をしっかりと考えて使用しようと思いました。

佐藤 萌栞
佐賀県 上峰町立上峰中学校 2年

優秀賞 <株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

今日のネット社会に生きる人々にネットもリアルの1つで、リアルもネットの1つであること、1つの世界にあることを忘れてはいけないということが伝わってくれればうれしです。

小田島 輝
神奈川県 神奈川県立神奈川工業高等学校 3年

優秀賞 <北海道警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、優秀賞という賞をいただくことができ、とても光栄で嬉しく思います。私が、今回応募したポスターのテーマは「個人情報流出の怖さ」です。普段何気なく利用しているインターネットですが、一度個人情報が流れてしまったら、自分だけでなく自分の大切な人も傷つける事になりかねません。私が描いたこのポスターを見て、1人でも多くの人がこの事に気づき、情報倫理の再確認と適切な利用への啓蒙に繋がれば幸いに思います。

浜田 采佳
北海道 函館大学付属柏稜高等学校 3年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただきとても嬉しく思います。学校の授業で情報モラルについて考えた結果、周囲のスマホの使い方について少し疑問を持ったのでこのような作品を作らせていただきました。私も、このポスターを作っている間スマホの使い方について、再確認が出来たのでポスターを見た人も少しでも自分のスマホの使い方について考えてくれたら嬉しいです。今回は、本当にありがとうございました。

田渕 萌花
北海道 市立札幌開成中等教育学校 1年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
ポスター
受賞者の声

学校の情報の授業で習ったパスワードの重要性や強いパスワードの作り方を思い出してポスターをかきました。受賞できてとてもうれしいですし、これを機により情報モラルセキュリティを意識して安全に生活していきたいと思います。

山内 美月
北海道 北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <青森県警察本部>
ポスター
受賞者の声

まさか、こんな素晴らしい賞に入ると思っていなかったので、とてもうれしく思います。私の描いたポスターのようにSNSで起こるいじめが無くなってほしいと願っています。また、この優秀賞をもらったことを自信に変えて、これからもっと素晴らしい作品を作りたいと思いました。本当に、ありがとうございました。

野中 海天
青森県 十和田市立甲東中学校 2年

優秀賞 <岩手県警察本部>
ポスター
受賞者の声

普段身近なところにあるスマートフォンのように、便利な反面、小さなきっかけから自分では解決できないほどの大きなトラブルへと発展してしまう可能性があるということを表現したいと思い制作しました。

北脇 いろは
岩手県 盛岡市立厨川中学校 1年

優秀賞 <公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団>
ポスター
受賞者の声

受賞させていただき、たいへん嬉しく思います。この作品は、少しの嘘でも傷つく人がいるということに気づいてほしい、思いやりのあふれる世の中になってほしい、という思いを込めて作りました。このポスターを見て、嘘で傷つく人が1人でも減ってくれることを願っています。

星 勝奈
宮城県 宮城県松島高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

元々絵を描くことが好きなため受賞したことをとても嬉しく思います。この作品は、いつも使っているSNSをつねに疑いの目を持って使用してほしいという想いを込めた作品です。この作品を見てSNSの使い方を見直してほしいです。

庄子 春華
宮城県 宮城県松島高等学校 3年

優秀賞 <秋田県警察本部>
ポスター
受賞者の声

一生懸命にかいたポスターが賞に選ばれてうれしいです。このポスターは、情報は水のようにどこにでも流れていってどこまでも広がるということを表しました。また、その情報を狙っている人たちもいるということも伝えたかったです。

後藤 茉莉花
秋田県 大潟村立大潟中学校 1年

優秀賞 <秋田県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

まさか、優秀賞に選ばれると思ってなかったので本当にうれしいです。現代は、スマホトラブルが多いので日常の会話でのトラブルの例を取り上げて作りました。

佐藤 沙樹
秋田県 秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <秋田県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

受賞するとは思ってもいなかったのでとてもうれしいです。

佐藤 綾香
秋田県 秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部>
ポスター
受賞者の声

自分が書いた絵が賞に選ばれたということをとても光栄に思います。この絵は、普段はなかなか意識しないかもしれないが、様々な脅威が常に自分を取り囲んでいる様子を表しています。「こんなはずじゃなかった」とでも言いたげな表情に、他人事ではないことを感じてもらえればいいなと思いました。

根上 真緒
山形県 山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <茨城県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、ポスター部門で受賞させて頂きありがとうございました。現在は、情報化の進展と共にスマートフォンなど情報端末の普及は中学生にまでも及んでいます。中でも、特にスマホのゲームは私たちもついつい長くしてしまうことだと思います。だからこそ、あくまで生活の中での楽しみであることを認識、再確認して、上手に関わって僕自身も生活していきたいと思います。

松本 勇人
茨城県 つくば市立吾妻中学校 3年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
ポスター
受賞者の声

明るい色を使い印象に残りやすい絵にしました。日本人だけでなくて外国人にもポスターの意味が分かるように、英語を入れました。賞をもらうのは初めてなのでとても嬉しいです。

中村 英翔
茨城県 つくば市立吾妻中学校 1年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

まさか自分の作品が選ばれるはと思っていなかったので、とても嬉しいです。まだ自分はスマートフォンを持っていませんが、将来使用するときは、しっかり対策をして使いたいです。

本田 優
茨城県 つくば市立吾妻中学校 1年

優秀賞 <群馬県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私は優秀賞をとれるとは思っていなかったのでとても驚きました。今まであまりスマホを使っていなかったのでルールを守ってスマホを使いたいと思います。来年もポスターを描きたいです。

時澤 のぞみ
群馬県 高崎市立吉井西中学校 1年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞を頂き嬉しく思います。最近、小学生でもスマートフォンを持つようになりました。そんな中、まだ判断のつかない子どもが個人情報をSNSにのせて問題視されるニュースが増えています。SNSは楽しいのもですが危険もあるということを子どもに知って欲しくこのポスターを制作しました。

安藤 晴香
埼玉県 埼玉県立新座総合技術高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞に選んで頂くことができ、とても光栄です。現在のSNSやインターネットはすぐに拡散し、情報が広まってしまいます。自分が何気なく載せてしまった情報はすぐに広がり、止めることができないのを知ってほしいという思いを込めました。このポスターを見て少しでもSNSやインターネットの使い方を見直してくれる人がいてくれるといいです。

野口 わか那
埼玉県 埼玉県立草加西高等学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このたびはこのような賞を頂き、大変嬉しく思っております。スマホ依存というのは、自分一人だけでは中々気付くことができないものです。ですので、拙いものですがこのポスターをきっかけにスマートフォンとの向き合い方を見直し、改めて皆さんがスマホ依存になっていないかどうかを考えて頂ければ幸いです。

安西 美貴乃
千葉県 市川学園市川高等学校 1年

優秀賞 <東京情報大学>
ポスター
受賞者の声

コンクールにはじめて入賞したのでうれしかったし、情報モラルについて考えることができたのでよかったです!

浅井 彩花
千葉県 千葉市立小中台中学校 2年

優秀賞 <警視庁>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂きありがとうございます。まさか自分が選ばれるとは思っていなかったので、すごく驚いています。ネット上で知りあった人とのトラブルに巻きこまれることの危険性、画面の向こうにいる人の本当の名前、顔、年齢がわからないというところをイラストで表現しました。それらが一目でわかるポスターに仕上げられて良かったです。

小川 真菜
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

このような賞に選んでいただき、嬉しく思います。ポスターを見て、少しでも歩きスマホをする人が減り、住みやすい世界になるといいと思い、このポスターを作成しました。

山根 心
東京都 東京都立橘高等学校 3年

優秀賞 <神奈川県警察本部>
ポスター
受賞者の声

「誰かを傷つけないものか」は、私がSNSを使う上で、特に気をつけていることです。画面の向こうでは相手がどんな表情かはわかりません。きっと自分では楽しくて、次々に書き込んでしまうこともあります。しかし相手はどうでしょうか・・・?書き込む前に一度自分の文章を確かめてみてはいかがでしょうか。このポスターがそのきっかけになれば幸いです。

鈴木 菜々美
神奈川県 川崎市立川崎総合科学高等学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部 少年課>
ポスター
受賞者の声

まず、私の絵が7万点を超える作品の中から優秀賞に選ばれたことが信じられないです。昨年も応募させていただいて賞を逃し、残念だったので、なおさら嬉しく思っています。インターネットの利用が普及している現代だからこそ、事件や犯罪も多発しています。なので、私の絵を見て一人でもインターネットの利用方法について、もう一度見つめ直してくれる人がいたら良いなという気持ちを込めて描きました。

中山 結女
新潟県 新潟明訓中学校 3年

優秀賞 <新潟県警察本部 サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞をいただき、大変喜ばしく思います。私がポスターに描いた迷惑メールやプレゼント企画等を、インターネットを使っている人ならば誰しも一度は見かけたことがあると思います。しかし、全てが安全なものとは限りません。SNSを使っていると、実際に被害に遭った人の事例を見かける事があります。このポスターを見て、少しでも気を付けたり、フィルタリングをしてくれる人が増えれば良いと思います。

吉澤 遥
新潟県 新潟県立新潟向陽高等学校 3年

優秀賞 <富山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような素晴らしい賞をいただき、本当にうれしく思います。最近、ネットトラブルの話をよく耳にします。スマートフォンはとても便利なものですが、いつ危険な道具に変わってしまってもおかしくないと思います。少しでもたくさんの人にスマートフォンを正しく安全に利用してほしいという思いを込めて、この作品を描きました。

野口 風花
富山県 富山市立堀川中学校 2年

優秀賞 <福井県警察本部>
ポスター
受賞者の声

最きんスマホなどを使っての悪質な犯罪が多いので、みんながトラブルにまきこまれないようにしたいと思ってかきました。背景などに赤や黄色を使ってとても危険な感じを表しました。心をこめてかいたので受賞できてうれしかったです。

勝見 いろは
福井県 福井市湊小学校 5年

優秀賞 <山梨県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この作品に込めた思いは、現代社会ではインターネットが発達し、会ったことがない人とのコミュニケーションツールなども数多くあります。そんな中なりすまし、騙そうとする人もネットの世界には存在しています。むやみに自分の写真を送ってしまうことで色々なトラブルに巻き込まれることもあります。その危険性を知ってほしいと思いこのポスターを書きました。今回、優秀賞をいただくことができ、とてもうれしいです。ありがとうございました。

深澤 夏歩
山梨県 山梨英和高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人山梨県情報通信業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞をいただけて非常に嬉しく思います。現在は多くの人が自撮り画像をSNSなどに投稿しています。しかし、ちょっとした自撮り画像でさえ多くの個人情報を含み、それをインターネット上に載せることの危険性に1人でも多くの人が気づいてくれたらと思います。

大井 遥
山梨県 山梨英和高等学校 3年

優秀賞 <長野県警察本部>
ポスター
受賞者の声

世の中では会員制のサイトが多く出回っていますが、その中でも必要になってくるのがパスワードです。パスワードの同一にしていると、ハッカー等に自分が登録している他のサイトまで侵入されてしまう危険性があります。また、簡単なパスワードは推測されやすく大変危険です。皆さんも一度はパスワードを確認していただき、同一で、簡単なパスワードに設定している人は、変更しましょう。優秀賞ありがとうございます。

山口 宗次郎
長野県 長野県長野工業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
ポスター
受賞者の声

このポスターは自分が注意しなければならない3つの事を他の方々にも注意してほしいと思い、制作しました。受賞することができて、とても嬉しです。

柴田 すずな
長野県 長野県駒ケ根工業高等学校 3年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただき、とても嬉しく思います。今、友達とのメールのやりとりなどで、人を簡単に傷つけることができます。後から、後悔して、消去しても完全に消すことはできません。送る前に、この文章は送っていいものなのか、しっかり確認するべきだと思います。このポスターを見て、少しでも傷つく人が減るといいです。

中村 美結
長野県 松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

依存してはいけないところをわかりやすくポスターにしたつもりです。もっと色をあざやかにしたかったです。

上山 直道
長野県 長野県駒ケ根工業高校 3年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
ポスター
受賞者の声

数ある素晴らしい作品の中から、まさか私の作品が賞に入るなんて思ってもみなかったので、嬉しい反面、すごく驚いている自分がいます。歩きスマホはなかなか減らないものではありますが、このポスターをみて少しでも歩きスマホをひかえる人が増えたらいいなと思います。

末谷 唯
岐阜県 岐阜県立大垣養老高等学校 2年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

この絵には、スマホと1人の女の子がいます。その女の子は、スマホを使いすぎて閉じ込められた様子を表しました。スマホを使うと、簡単に他人と繋がったり、自分の個人情報を流出してしまう可能性があります。テレビのニュースでもスマホが原因で事件が起こってしまったという事を見たことがあります。このことから、正しいスマホの使い方について知り、スマホの怖さを伝えられたら良いと思いました。

宮﨑 わか菜
岐阜県 白川町立白川中学校 2年

優秀賞 <静岡県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞を頂けてうれしい気持ちでいっぱいです。この絵を見てネットとの正しい付き合い方を考えてくれればと思い描きました。情報と上手に付き合っていきたいですね。

増田 琴心
静岡県 磐田市立南部中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
ポスター
受賞者の声

中高生が簡単に写真をSNSに載せられるこの時代に、「載せるな」ということは、とても難しいことです。ですが、載せることによる危険を理解し、心にとめていかなくては、と思います。少しでも「自分の情報をさらしている」という認識をしてほしいと思い、制作しました。

今田 美月
静岡県 静岡県立浜松工業高等学校 2年

優秀賞 <愛知県警察>
ポスター
受賞者の声

軽い気持ちでつぶやいた言葉が誰かを傷つけているかもしれないということを伝えたいと思いこの作品を描きました。SNSを使っている人やそうでない人も、自分の一つ一つの言葉を見直してほしいです。

竹内 碧菜
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人東海インターネット協議会>
ポスター
受賞者の声

スマートフォンは使い方を間違えれば人を傷つけてしまいます。その言葉が自分に向けられたらどんな気持ちになるか、言葉の重みを考え、間違った使い方をしないようにすることが大切です。1人1人が使い方を真剣に見つめ直すきっかけになってくれればと思います。

芳村 謙慎
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <三重県警察本部>
ポスター
受賞者の声

私がこの作品にこめた思いは、「個人情報をSNSにばらまいていませんか?」「個人情報は悪用する人にとっては甘いあめのような物。気がつかないで個人情報をSNS等で書いてしまうと危険」だという事を伝えたくてこの作品を作りました。できるだけ見やすくなるようにシンプルになるように気をつけてポスターをデザインしてみました。他の方の作品を見ると「その発想はなかった」というものが多くありました。その中の一員として受賞できて驚くと同時にうれしかったです。

松下 麗緒奈
三重県 三重県立名張高等学校 3年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、受賞できてとても嬉しいです。このポスターの工夫は、「ちゃんとカギを掛けよう」というのが伝わるように、大きくスマートフォンに南京錠をつけて、どろぼうがこじ開けようとしているけれど、開けられない様子を描きました。また、全体的に気を付けた所は、暗いふんいきにならないようにしようと意識した所です。パスワードをしっかり考えて設定することによって、自分の情報を自分でしっかり守る。そんな明るいポスターにできたと思います。

吉岡 眞菜
滋賀県 大津市立北大路中学校 3年

優秀賞 <京都府警察本部>
ポスター
受賞者の声

最近は、SNSかLINEで会話をすることが増えて実際に話すことよりもきつい言葉になりがちです。軽い気持ちでつぶやいたことは画面の向こうの相手を傷つけてる場合があるという意味を込めて、この作品を描きました。特にネットいじめでは読んでいる相手がそれをどう受けとるか考えずにひどくなるケースがあるのでメッセージを送る前に相手の気持ちを考えるのが大切だと思います。

永井 美菜
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都府教育委員会>
ポスター
受賞者の声

僕は小中とこういった賞をとったことがなかったので高校に入って初めて取れたのですごく嬉しかったです。そしてこの作品には何でもボタンを押してしまうと自分自身では対処しきれなくなってしまうからそうなってしまう前に注意をしようという思いを込めています。

津嘉山 真樹
京都府 京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

受賞したと聞いて、とてもおどろきました。予想していなかったことなので大変嬉しく思います。最近、SNS等で友達との写真などをアップしている人をよく見かけるので、その行為は本当に大丈夫なのかなと思い、ポスターに描こうと思いました。

竹森 朋花
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <京都市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

最近、SNSで店や食べ物の写真をアップしている人がたくさんいますが、居場所を簡単に特定されてしまうということを授業で習ったので気をつけなければいけないという気持ちを込めて描きました。1度アップした写真は取り消せないという緊張感を持ちつつ楽しくSNSを利用しましょう!

遠藤 百佳
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

優秀賞を頂くことができ、非常に嬉しく思います。SNSの便利な反面、危険な面を私自身を含めみなさんにももっと伝わればいいなと思います。

竹川 花音
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
ポスター
受賞者の声

個人情報は気づかない間に盗まれることがあり、まるで蚊のようだと思ったのでそれを作品にしました。このポスターは授業で制作したのですが、この機会を通してセキュリティは大切だなと改めて感じることができました。

木村 天音
京都府 京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。ネットから得られる情報は真実ばかりではありません。自分の中のフィルターを通して、情報の正しい取捨選択を行えるようにという思いをこめてこのポスターを制作しました。メディアリテラシーを身につけ、「真実」を見つめることによって誰もが楽しくネットを使えるようになればいいなと思っています。

中村 結
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
ポスター
受賞者の声

この作品は、コンピューターウイルスの怖さをテーマに描きました。授業の中でウイルスについて学ぶ機会があり、ウイルスは私たちのすぐ身近なところに潜んでいることを知りました。コンピューターは便利ですが、危険で怖いものでもあります。いつでも、どこでもウイルスはそばにいる、ということを意識してもらえたらいいなと思います。

町中 七葉
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
ポスター
受賞者の声

情報は間違った使い方をすると危険ですが、正しく使えばすごく便利で生活をより豊かにしてくれます。私はポスターを見る人が情報に対し悪い印象をもってもらうのではなく、良さを伝えて今よりもさらに情報を役立ててほしいと思ったのでそれをポスターにかきました。

小ノ嶋 美風
京都府 京都市立銅駝美術工芸高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部>
ポスター
受賞者の声

まさか自分の作品が受賞するとは想像もしていなかったので、とてもびっくりしました。この作品は現代のSNSが中心となっている世の中の情報が錯乱している状況を表しました。この作品を通して、情報を見極める大切さを伝えられることができたらなと思います。

井田 結菜
大阪府 大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程 2年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
ポスター
受賞者の声

無防備な個人情報に降り注ぐ、視線の雨。その中には必ず悪意の視線もあります。このポスターでは、情報が無差別に晒されてしまった状態を、直接的に表現しました。いくら素敵に撮れたとしても、知らない人にプリクラを見せたくはないですよね。このポスターでは、暗い、重い雰囲気を作ることにこだわったので、これを見て気持ち悪さや怖さを感じ取ってもらえれば幸いです。最後になりますが、このコンクールに携わって頂いた先生方や担当者の方に感謝しています。

古德 太一
大阪府 大阪府立三国丘高等学校 1年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
ポスター
受賞者の声

SNSの大流行により、情報モラルを心得ていない人達もたくさんSNSを利用しています。そのような人達に向けて、インターネットの怖さというものを表現しました。このポスターを見て、少しでも自分のSNSでの発言等を思い返してもらえればと思います。

鶴田 沙也
兵庫県 兵庫県立龍野北高等学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は2018年度の優秀賞に選んでいただきありがとうございます。スマートフォンでの悪口やいじめは画面上では消すことができても言われた人の心には傷としてずっと残るものだと思います。そういった心の傷をつける人やつけられた人が少しでも減ってほしいという想いを作品に込めました。

後藤 碧
奈良県 奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <奈良県警察本部>
ポスター
受賞者の声

昨今、携帯は手放す事の出来ないツールとなり、情報漏れやウィルス感染の事態から免れるためにもセキュリティはとても大事です。そして、それらの事がいかに危険かを再度認識してもらいたいという想いをこめて、この絵を描きました。小さな事からでも、ウィルス対策について考えたり行動してもらえたら嬉しいです。この度はこのような素晴らしい賞を頂き、ありがとうございました。

鵜野 友梨美
奈良県 奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
ポスター
受賞者の声

この度、受賞できたことをとても光栄に思います。このポスターが、個人情報の管理、漏洩について考え直すひとつのきっかけになれば嬉しいです。

河原 未玖
奈良県 奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <和歌山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただくことができて、大変嬉しく思います。このポスターを描くにあたり、ニュースでよく耳にする「情報漏れ」や、それらを悪用されることの無いように、自分の大切な情報を守る意識を高くもつことが重要だ、という思いを込めました。その想いがポスターを通じて、一人でも多くの人に伝わればいいなと思います。

坂井 佑太郎
和歌山県 有田川町立吉備中学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部>
ポスター
受賞者の声

私は、近年SNSの発展により、便利になっていく情報社会の中で心無い書き込みや投稿などによって傷つけられる人がたくさんいるということを作品に込めました。この作品によって「SNSへの書き込みは、誰かを傷つける事もあれば自分も傷つけられることもある」という意識が少しでも多くの人に広まり、心無い言葉によって傷つく人が減ると良いなと思います。

大西 桃夏
鳥取県 鳥取市県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

このポスターの背景は、インターネット回線をイメージしました。間の色は明るくしてインターネット=楽しいというイメージに合うようにしました。私の通う福米中学校は、ネットのルール7カ条というルールがあります。これはネットで嫌な思いをしないために作られました。私自身、嫌な思いをしたことはないけれど誰かが嫌な思いをするのは嫌なので、自分がそうさせるようなことを書かず、呼びかけていきたいです。

桑本 美里
鳥取県 米子市立福米中学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部少年課>
ポスター
受賞者の声

歩きスマホの注意を促すポスターを制作しました。ただ普通に注意するポスターだとインパクトに欠けて、沢山の人に見てもらえないと思ったので、スマホを擬人化したキャラクターを使い工夫しました。キャラクターを目立たせるためにあえてシンプルに仕上げました。まさか自分が受賞するとは思っていなかったので、とても驚いています。この作品、ポスターを見て歩きスマホをする人が減るといいなと思っています。

浦川 杏菜
鳥取県 鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <島根県警察本部>
ポスター
受賞者の声

作品に込めた思いは、近年ネットいじめが多発しているということです。また、パソコンやスマホは人の悪口を書く場所ではないことです。一度ネットに書き込んだことは一生消えないし、被害者もずっと心に傷を負って生きるでしょう。ネットをそのように扱うことは絶対にいけない、悪用してはいけないと思います。なので1人1人がネットの世界の怖さを理解し、簡単にネット上に人の悪口を書き込んだりしないでほしいです。

中 小織
島根県 島根県立浜田商業高等学校 1年

優秀賞 <岡山県警察本部>
ポスター
受賞者の声

このようなすばらしい賞をいただけてすごく嬉しいです。この絵は、いつも以上に頑張った絵だったので、受賞することができてホッとしています。この絵には「軽い気持ちで送った言葉がもしかしたら人を傷つけているかもしれないから、よく考えて話そう。」という思いを込めて描きました。

新谷 怜桜
岡山県 岡山県立高梁城南高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をありがとうございます。このポスターを書くにあたって、私はネット上でのトラブルについて考えました。私が考えたのはSNSでの悪口によるいじめです。今も、問題とされているSNSでのいじめはなかなかなくなりません。少しでも改善されれば良いなと思いこのポスターを書きました。

岸田 典子
岡山県 岡山県立新見高等学校南校地 1年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

このたびは賞をいただきありがとうございました。ネットには様々な人の目があるということを、このポスターを見て気付いてくれたらうれしいと思います。

渡邉 あかね
岡山県 岡山県立高梁城南高等学校 2年

優秀賞 <広島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

みんなが使っているSNSに関するポスターを描きました。今でもSNSに関する事件がたくさんおきているのでSNSの使い方に気を付けてほしいという思いでポスターを描きました。このポスターでSNSの使い方に気を付けようと思ってくれる人が増えたらうれしいです。優秀賞に選んでいただき、ありがとうございました。

緒方 真珠
広島県 熊野町立熊野中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

まさか受賞できるとは思っていなかったので、受賞できてうれしいです。作品は、スマホの使い方を誤ると、友人関係のトラブルや犯罪に巻き込まれる危険が、いつ起きてもおかしくないということを伝えたくて描きました。そしてトラブルが多いのは未成年の人たちだと思ったので、女子高生をモデルにしました。

伊藤 小乃羽
広島県 熊野町立熊野中学校 3年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
ポスター
受賞者の声

私がこの作品に、悪質なサイトなどによる被害がここ数年で多発しているというので、しっかり見分けて、切り捨てていくような感覚で引っかからないようにしてもらいたい、そして自分も引っかからないようにしたいという思いを込めました。そして、まさか受賞するとは思っておりませんでしたので、受賞したことはとても驚きましたし、大変光栄に思います。もっとよい作品が描けるように日々精進していきたいと思います。

濱野 恵美香
広島県 江田島市立能美中学校 2年

優秀賞 <山口県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただくことができ、大変うれしくおもいます。セキュリティを強化し、ウイルスから機器を守ることを視覚的に分かりやすく伝えたいと思い、このようなデザインにしました。子供にも分かりやすく、親しみやすいポスターになったと思います。

久保 裕亮
山口県 山口県立宇部商業高等学校 3年

優秀賞 <徳島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

最近、SNSやラインでのトラブルが起きていて、多くの人がつらい思いをしていると聞きました。また、ネットにあげられる写真にうつっているけしきやマンホール、ポスターやちらしなどから住所をつきとめられて、こわい思いをしたという事件も知りました。だから、何気なくしていることできけんなことが起こるということをよく知ってほしいと思い、この絵をかきました。ゆうしゅう賞に選ばれて、とてもうれしいです。

藤田 唯愛
徳島県 美馬市立美馬小学校 4年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
ポスター
受賞者の声

パソコンや携帯電話のメールは本当に便利なものですが、時にはあぶないメールが届くと聞きました。知らない人から届いたメールを開いてしまい、ウィルスに感染したり、詐欺にあってしまうこともあるそうです。本当に安心できるものかどうか、うかつにメールを開いてしまわずに、少し考えてみることが大切だという思いを込めてこのポスターを描きました。ポスターの背景にはマーブリングで、あやしい雰囲気がでるように工夫しました。受賞できて本当にうれしく思います。

滑川 由菜
徳島県 徳島市立津田中学校 3年

優秀賞 <香川県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

私がこの作品に込めた思いは、個人情報は思わぬ所で流れてしまい、そして一度流れてしまえばもう回収不可能というネットの恐ろしさです。背景を暗くし、携帯の画面と流れ出る部分を明るい色にすることで、協調性を持たせました。今回は、自分の作品が受賞し、本当に嬉しく思います。このポスター等で、少しでも情報モラル・セキュリティの考えが世の中に広まればと思います。

髙篠 美望
香川県 香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
ポスター
受賞者の声

受賞したと知ってとても驚きました。この絵は、何気なく発信した少しの情報から、たくさんの個人情報が流出してしまうかも知れない危険性について描いたものです。SNSの適切な使い方を改めて考え、トラブルが少しでも減ることを願います。

金地 葵生
香川県 東かがわ市立白鳥中学校 3年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
ポスター
受賞者の声

今回このような賞を頂けて本当にうれしいです。「少しだけ」と思って流れてしまった情報が人生にとんでもない落とし穴を作ってしまうかもしれないという危険性を分かってほしくて描きました。

上原 さんご
香川県 香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような素晴らしい賞を頂けて、とても光栄です。インターネットを通じて発した言葉でも、その言葉はずっと消えないということを伝えたくて書きました。インターネットを通じて言葉を発するときには、発する前に考えてほしいです。

六車 小町
香川県 東かがわ市立白鳥中学校 1年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞をいただきありがとうございました。このポスターは自分の個人情報は自分がしっかり守り、離さないという思いを込めて描きました。住所、パスワード、年齢、ID、学校名などの個人情報を風船にみたてて、手を離したらすぐに飛んでいってしまうという状況を表現しました。自分の個人情報をしっかりと守ることでネット上のトラブルが減少していってほしいです。

濵田 夢路
愛媛県 愛南町立御荘中学校 2年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
ポスター
受賞者の声

私が普段、テレビやニュースで見たこと・聞いた事・感じたことを自分なりにポスターにしました。ネットでのいじめはほかの人たちから見えない分、被害者の気持ちも見えにくいので、いじめがなるべく伝わるような表現にしました。このようなことがなくなればいいなと思います。

梶川 春菜
愛媛県 久万高原町立久万中学校 1年

優秀賞 <高知県警察本部>
ポスター
受賞者の声

受賞するとはおもってなかったのでとても嬉しいです。身近に潜むネット依存の恐怖を暗い雰囲気で表現しました。

岩本 優花
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <高知県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

まさか受賞するとは思わず、きいたときは驚きました。ポスターは、SNSなどで常に問題になっている“なりすまし”を主題とし、インパクトを出すために、文字を大きく、印象に残りやすいものを考えました。

高杉 美玲
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

少しでも多くの人にネットを正しく使ってほしいと思い描きました。

森 美緒
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞をいただき、本当に嬉しく思います。この作品は、自分が知らない間に心が崩れて依存症になってしまっているという意味で描きました。これからも情報モラルについて考えていきたいと思います。今回はありがとうございました。

掛川 将太
福岡県 飯塚市立筑穂中学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく思います。私は身近な人が、ワンクリック詐欺に引っかかったことがあります。このような話を聞いて1人でも、多くの人が詐欺に引っかからないように願いをこめてこのポスターを描きました。

井上 倭花
佐賀県 佐賀県立有田工業高等学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
ポスター
受賞者の声

SNSはみんなが楽しく、安心して使えたらいいなと思いました。人にいやな思いをさせたり人をきずつけたりする人が少なくなるといいなと思いました。そしてSNSはきけんなこともたくさんあるけれど良いことや楽しいこともたくさんあるからもみんながルールを守るともっと楽しいSNSになると思いました。

中島 椿
佐賀県 小城市立晴田小学校 5年

優秀賞 <長崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は素晴らしい賞をいただき、大変嬉しく思います。スマホに時間を奪われて、大切な人と過ごす時間を失ってしまわないでほしいという思いを込めました。このポスターが時間の使い方を見直す機会になれば嬉しいです。

宮崎 万由子
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

私はあまりコンピューターを使うことに慣れていないので、今回ポスターを作成するにあたって不安が大きかったですが、私が作りたいものを私なりに表現することができたと思います。作品にもあるように言葉には重みがあると思います。その重みで人を殺すことができるということを理解もせず軽々しく使っている人はたくさんいます。その人たちが私の作品を見て、少しでも自分の言葉の重みを考えてくれたら嬉しいです。

坂田 光希
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

SNSやセキュリティについて考えると、どうしても「危険」や「ダメ」などの否定的な言葉を使ってしまいがちです。だからあえて明るい色合いや「会話をしよう」という解決策の提案をしました。SNSの普及によって文字の誤解によるトラブルが起こったり家庭での会話も減ってきているように思います。だからこそ今の私たちに必要なのは相手と向き合い会話することだと考え作成しました。

永安 紗季
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <熊本県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回描いた作品は自分の実体験を表した作品です。完全な依存症にはなりませんでしたが、少しの時間でもスマホを手放せなかったり、LINEが気になったりして勉強に集中できない時がありました。その時は、すぐにおちつきましたがそのままひどくなったらどうなっていただろうかと考えると、とても怖くなりました。皆さんには、このような体験をしてほしくないなと思ってかきました。

麻井 春陽
熊本県 御船町立御船中学校 2年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

今回は、このような賞をいただいて本当にうれしです。スマホは一見、便利にみえても、実はものすごく危険なものであると思います。私自身これからのスマホの使い方には充分に気をつけたいです。

松井 空
宮崎県 宮崎市立赤江中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回、このようなすばらしい賞をいただき、とてもうれしく思います。私は、今問題になっているSNSやLINEでの、犯罪やいじめが少しでもなくなっていけばいいなと思い、この絵を描きました。この絵を通じで一人でもスマホの使い方を意識してくれる人が増えると幸いです。

横田 百音
宮崎県 宮崎市立赤江中学校 1年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞を頂き、大変嬉しく思います。最近は、このポスターの子どものように小さな子がスマートフォンを持ち始めています。そのため、子どもと、その保護者が子どもの情報を守らなければなりません。このポスターを見て、多くの人にその事が印象づけられたら幸いです。

濵田 優季
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 2年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

私は情報モラル・セキュリティの中から特に情報モラルについてのポスターを書きました。理由は、今スマホ依存症が広がっていて特に自分と同世代の人に多いという記事を見かけたからです。このポスターは、スマホが手に鎖でつながれている様子を描きました。これは、スマホ依存症になると体の一部のようになってしまうという事を表現しようと思い描きました。このポスターを見て一人でもスマホ依存症の人が少なくなってくれるとうれしいです。

田中 健太郎
鹿児島県 鹿児島県立鹿児島工業高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂き、光栄に思います。現在、私たちの生活にはインターネットが深く関わってきています。インターネットを利用するにあたり、様々な個人情報を守っているのはパスワードだということを常に意識しなければなりません。このポスターを通して、パスワードの重要さを改めて考えてもらえたらいいなと思います。

濵﨑 遥菜
鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITかごしま支援隊>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂き大変嬉しく思います。インターネットを利用する上で、時間などのルールを決めることが大切です。そのため、家族でスマホの使い方のルールを決める事の大切さが伝わるようなポスターを制作しました。このポスターを通して、スマホのルールを決めて利用する人が増えればと思います。

木原 星
鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
ポスター
受賞者の声

この度、このような賞をいただき、光栄に思います。インターネットは、利便性ばかりに目がいきがちですが、危険性が潜んでいるという事を忘れずにしてもらえればという意味をこめて、このポスターを制作しました。このポスターを通して情報セキュリティについて考えてくれたら良いなと思います。

 和香那
鹿児島県 鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県>
ポスター
受賞者の声

ネットやスマホは、私たちにとても近い関係にあるもので、その危険性も知っているので、それが伝わるといいなと思い描きました。

田港 可廉
沖縄県 沖縄県立具志川商業高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

賞をもらえると思っていなかったので、優秀賞を頂き、嬉しく思います。黒板のように文字は簡単に消すことはできるけど、酷い言葉を言われて傷ついた人の心の傷は簡単には消せないということをポスターを通して伝えたかったので、これを見て思いやりの気持ちや優しい言葉がたくさん溢れると嬉しいです。

松川 彩華
沖縄県 沖縄県立八重山商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人フロム沖縄推進機構>
ポスター
受賞者の声

授業の取りくみで情報モラルセキュリティのことなどを自分自身も改めて学ぶことができました。便利なだけじゃない、位置情報の危険さを知ってもらえたらいいなと思います。優秀賞という賞をもらえてとても嬉しいです。

新垣 宝
沖縄県 沖縄県立八重山商工高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること