1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(標語部門)

標語部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

受賞できて、とてもうれしいです。SNSで送ったメッセージは、相手にいつまでも残ります。自分がイライラしている時や相手に怒っている時に送信すると、怒った時の自分が保存されてしまいます。すぐに伝えられる方法だからこそ、間をおいて考える時間をもつことが大事なことだと思います。便利なSNSを上手に使っていきたいです。

和田 瑠子
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

私は少しでも詐欺にひっかかる人が少なくなれば、と思いこの標語を作りました。おいしい話には必ず裏がある、私はいつもこう思うようにしています。ネットを見ていると「今だけタダ」などと書いてある広告をよく見ます。たとえ興味がひかれる内容であっても、一度立ち止まって冷静になって考え、客観的に見つめ直すことが大切だと思います。「一度立ち止まって疑う」このことを忘れずにトラブルなくネットを使いましょう。

中村 美月
鹿児島県 鹿児島市立喜入中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

今回このような賞をいただけて嬉しいです。SNSは便利な反面誤った情報もたくさん流れています。今年は災害がとても多く、SNSでデマが拡散されそれを信じてしまっている人を実際に目にしました。その情報を鵜呑みにするのではなく信用できるアカウントから発信されたものかなどを確認し見極めるようにしたいと思います。

山崎 茉奈美
大阪府 大阪市立東高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
標語
受賞者の声

この標語は、僕が普段から心がけていることについて書きました。インターネットが多く普及している今の世の中で、パスワードを使い回すという事は非常に危険です。それが例え複雑なものだったとしても、1つ知られてしまえば他のパスワードも知られ、大切な情報を奪われてしまうかもしれません。こういった知識を1人でも多くの方に知ってもらい、少しでもネットによる被害が減ればいいなと思います。

金原 駿
京都府 京田辺市立培良中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
標語
受賞者の声

近年、インターネット依存になる人が多く、ネットの中こそが自分の居場所だと思う人が増えているのを知りました。またインターネット依存によって不登校になったり、ずっとインターネットと繋がっていないと安心できず、パニックになったりする人がいることに驚きました。この標語によって、そのような人たちが少しでも減ってほしいと思います。

山中 望未
愛媛県 愛媛県立松山南高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
標語
受賞者の声

最近では個人で個人情報が入った機器を持つことが増えてきました。パソコンじゃなくてもそういうデータを手離した時は、データを消したと思っていても何かしらのデータがハードディスクの中に残っています。それが第三者の所へ渡り、個人情報を見られることがあるかもしれませんので自分のデータはしっかりと自分で管理してほしいと思います。

玉山 雄大
愛知県 名古屋市立工芸高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
標語
受賞者の声

技術の授業で、全てのものに著作権があると知ったとき、僕はとてもおどろきました。そして、知らないうちに著作権を侵害している人がいるかもしれないと思い、そんなことが起きないように「どんなものにも著作権がある」ということを伝えるためにこの標語にしました。

小林 慶之
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
標語
受賞者の声

今回このような名誉ある賞を頂き、大変嬉しく思います。最近ではSNSで「♯○○なう」とつけて投稿する人がほとんどです。何気なく発したその一言で自分の居場所が誰にでもわかってしまうということに気づいているでしょうか。もし、それを見た人が誘拐犯やストーカーだったら・・・ネット環境が身近で簡単に情報を発信できるこの時代、様々な危険が伴うことを忘れないでほしいという思いを込め、この標語をつくりました。

石橋 実羽
長崎県 諫早市立西諫早中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

長岡 陽
大阪府 桃山学院高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
標語
受賞者の声

僕は「清濁」という言葉が好きです。どちらかだけということは、人の世界に存在しません。良い悪いではなく、その中で選んで生きていくしかありません。情報も人と同じ。相手のせいにせず、選ぶ自分にすべての責任があるとおもって、しんちょうに、でも楽しんで付き合っていけたらと思います。受賞できて、とってもうれしかったです。

藤原 将眞
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <公益社団法人著作権情報センター>
標語
受賞者の声

ぼくは、えをかくことがだいすきです。じぶんでかんがえたいきもののえを、ほかの人にとられたくないです。なぜかというと、いやなきもちになるからです。「しょうをとったよ。おめでとう」と、せんせいからきいたときは、100パーセントうれしいきもちになりました。ありがとうございました。

田中 湊士
鹿児島県 鹿児島市立吉野小学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
標語
受賞者の声

驚きました。優秀賞に選んでいただけるとは思ってもいませんでした。とても嬉しいです。SNSなどでは自分の投稿に付けてもらった「いいね」の数で、自分の良いところを認められたと判断してしまいがちです。「いいね」をもらえるように、自分をよく見せようとする人も多くいるようです。「いいね」の数だけで良さを判断するのは違うと思います。そんなに背伸びしなくてもいい、あなたの良いところはSNS以外のところにもいっぱいあるのだから、「いいね」の数にとらわれすぎず、自分の価値観をもっと大切にしてください、という想いを込めました。

金城 百華
大阪府 桃山学院中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
標語
受賞者の声

僕はテレビで誕生日をパソコンやスマホのパスワードにしている人が多いと知りました。だから犯罪に巻き込まれないためにパスワードはしっかり設定してほしいという思いからこの標語をつくりました。

岡見 海翔
京都府 舞鶴市立青葉中学校 3年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
標語
受賞者の声

ゆうしゅうしょうをじゅしょうできてとてもうれしいです。このひょう語は、インターネットとかにわる口を書かれたら、きっと悲しい気持ちになるんだろうなと思って作りました。ぼくはインターネットをこれからも正しくつかおうと思います。

松下 遥哉
東京都 世田谷区立東玉川小学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
標語
受賞者の声

ぼくのさくひんがえらばれてとてもうれしいです。スマホやパソコン、たのしくりようしても、ふせいしんにゅうされてスマホやパソコンのなかのじょうほうがぬすまれたりふみだいにされてしらないあいだにネットはんざいのかがいしゃになることもあるそうです。しらないだれかにみられているかも、そうおもうととてもいやなきもちになります。

市前 大樹
鹿児島県 鹿児島市立広木小学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
標語
受賞者の声

このような賞を受賞出来て、とても光栄に思います。情報セキュリティという、意味で一般的に多く触れられているのが「パスワード」です。パスワードは自分にとって簡単なもの、例えば生年月日、名前、などの個人情報を含めないほうがいいです。それだけでなく他人にとっても、推測しやすくない単純な数列、文字列でないほうがよいと思い、作りました。

大坪 尚希
広島県 広島商船高等専門学校 5年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
標語
受賞者の声

今回、標語をつくる際、情報モラルに関して情報を集めることから始めました。その情報収集する場所はインターネットということが多くなってきている今、私が大切にすべきことは「一人ひとりがモラルを学び、守る」ことだと思い、この標語をつくりました。高校最後このような賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。ありがとうございます。

喜納 優珠奈
沖縄県 沖縄県立那覇商業高等学校 3年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
標語
受賞者の声

今回はセキュリティコンクールで優秀賞という素晴らしい賞をいただけたことをとても光栄に思います。今の社会はインターネットに関する犯罪が多く起こっていて多くの被害者も出ています。だから、セキュリティの大切さを知り自分の未来へとつなげていきます。犯罪がないよりよい未来になればと思います。

早川 実奈
岐阜県 関市立武芸川中学校 3年

優秀賞 <実教出版株式会社>
標語
受賞者の声

受賞できると思っていなかったのでとてもうれしいです。私自身や周りの人が、スマートフォンの使い方について考えることができたらいいなという気持ちで作成しました。今回の受賞で、改めて自分自身の使い方に気をつけようと思っています。素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございました。

前原 凜
沖縄県 沖縄県立北部農林高等学校 1年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
標語
受賞者の声

今回は、この様な賞を頂き、本当に嬉しいです。自分の作品が入選するとは思ってもいなかったので驚いています。今日では誰もが簡単にネットを利用することができるため、個人情報の流出による架空請求やアカウントの乗っ取りにより、人生の歯車を狂わせてしまうきっかけになるため、セキュリティは大切だと思いこの標語を書きました。

森田 恵多
山口県 山口県立長府高等学校 1年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
標語
受賞者の声

えらばれたと聞いて、すごくうれしかったです。このひょうごのように、パスワードをおしえたり、人のを見たりしないでほしいです。みんな、人のいやがることや自分がいやなことはしないようにしてください。

向井 陸人
兵庫県 雲雀丘学園小学校 3年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
標語
受賞者の声

まさか私が受賞するなんて思ってもいなかったので、驚き半分、嬉しさ半分です。この作品を通して、依存の身近さ、恐ろしさを感じてもらえたら良いなと思いました。

川口 祐果
滋賀県 大津市立北大路中学校 3年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
標語
受賞者の声

受しょうできてとてもうれしいです。たくさんの良いじょうほうをきゅうしゅうして、自分の知しきをたくさんふやしたいです。

石原 三鈴
鹿児島県 鹿児島市立吉野小学校 3年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
標語
受賞者の声

アイディアが生まれるとき、作る人は一生けん命考え、アイディアには作る人の思いがこめられていると思います。ぼくは、みんながこのように考えることができたら、じょうほうは守られていくと思います。今回、ゆうしゅうしょうをいただくことができてびっくりしました。とてもうれしいです。

本藏 雅也
鹿児島県 鹿児島市立広木小学校 3年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
標語
受賞者の声

このたびは素晴らしい賞をいただきありがとうございました。インターネットの向こうにはもちろん人間がいて、全員が善意をもっているとは限らない、という思いをこめて作りました。自分自身もその事を心にとめて使用していきたいです。

上田 実歩
徳島県 徳島県立城ノ内高等学校 1年

優秀賞 <LINE株式会社>
標語
受賞者の声

受賞できてとてもうれしく思います。SNSの情報量は、はかりしれないものです。その中には自分の役に立つ物ばかりとは限りません。真実性の低い不確かな情報には、自分の善悪の心でフィルタリングをかけ、受け入れを拒否することも大切であると感じます。この度は、本当にすばらしい賞をありがとうございました。

佐藤 心乃助
山形県 山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ラック>
標語
受賞者の声

この標語を作るにあたって、私は少しでも「情報モラル」が広まるといいなと思いました。現在、情報は私たちの生活には欠かせない存在になっています。だからこそ私達はその情報を正しく利用していく態度、つまり「情報モラル」を知り自分自身で考え広めていく必要があります。この標語が少しでもそのきっかけになればいいと思います。

中西 桃子
愛知県 豊川市立一宮中学校 3年

優秀賞 <北海道警察本部>
標語
受賞者の声

まさか入賞することができるとは思っていなかったので、とても驚いています。今、社会ではSNSなどの「文字」から生まれる意味の汲み取り間違いが問題になっていますが、その問題は「文字より直接伝える」ことで防ぐことができます。また、文字ではなく直接伝える方が表情や身ぶり手ぶりといった要素も追加されるため、相手に情報が正確に伝わります。これから先、直接話すことにより文字で伝える機会が多くなっていくと思いますが、私は相手と会って直接話すことを大切にしていきたいと思います。

奧野 優名
北海道 札幌市立西野中学校 3年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
標語
受賞者の声

僕はこの作品には防衛戦という言葉を用いました。なぜかというとネットワーク世界ではハックをされたり、ウイルスに侵入されたりして、個人情報が抜き取られることが多いと聞きました。なのでそうされないように防ぐ、という意味です。この作品を見て今からでも防衛戦をしようと思ってくれたなら幸いです。

東 宏樹
北海道 札幌市立新川西中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
標語
受賞者の声

一瞬で送ることができるSNS上の悪口の怖さを伝えられたらいいなという気持ちでこの標語をつくりました。優秀賞に選ばれて嬉しいです。

畠山 紗采
北海道 北海道帯広柏葉高等学校 2年

優秀賞 <青森県警察本部>
標語
受賞者の声

賞を受賞することができて、とても嬉しいです。 僕は、なりすましの被害にあったことはありませんが、今回の標語をつくるときに、気をつけるポイントについて考えることができました。これからも、インターネットを利用するときは、この標語をいかしていきたいです。ありがとうございました。

七戸 我流
青森県 つがる市立森田中学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
標語
受賞者の声

私はスマートフォンを使っています。SNSを見ているときによくないと思う投稿が時々見られました。そこで、SNSに何かを投稿するときに本当によいものなのか、よくないものなのかを考えてもらいたかったのでこのような標語を考えました。

佐々木 佳子
岩手県 花巻市立花巻北中学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語は、SNS上にアップされた写真によるプライバシーの侵害がなくなってほしいと思い、考えました。生徒会でモバイル機器によるトラブルについて考え、使い方を誤ればいじめにもつながることを確認しました。いじめをなくすためにも、まずはモバイル機器の使い方を見直すことが大切だと思います。今回、このような賞を受賞できたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

千田 彩乃
岩手県 奥州市立江刺東中学校 3年

優秀賞 <宮城県警察本部>
標語
受賞者の声

友達だけに送ったつもりでも、世界中の人に知られてしまうことがあるのがネット上の情報です。SNSなどで、そのような失敗がないようにしたいという思いを表現しました。受賞できてうれしいです。

千葉 ひなか
宮城県 大崎市立古川中学校 1年

優秀賞 <公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団>
標語
受賞者の声

SNSはとっても楽しいです。しかし、SNSに関する事件や事故が最近は特に多くなっています。それらに共通している問題につながる原因は「目立ちたい」という欲だと僕は思いました。ですので、それを呼びかける標語をつくりたいと思いました。

大谷 遼
宮城県 宮城県涌谷高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

情報化が進んでいる今、インターネットトラブルが増えている。そのインターネットトラブルから身を守れるように情報のモラルを守って欲しいと思い作品にしました。

尾野 幸輝
宮城県 宮城県松島高等学校 1年

優秀賞 <秋田県警察本部>
標語
受賞者の声

現在、スマートフォンなどは小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代に使用されています。そんな中、私が注目したのは「拡散」です。拡散してよいこと、拡散してはいけないことがあります。それを見分けるためには、使い方を再認識し、自分の手が危険な拡散の発信源になっていないか考えることが大切だと思い、標語をつくりました。

菅原 百花
秋田県 横手市立横手南中学校 2年

優秀賞 <秋田県教育委員会>
標語
受賞者の声

私は、この作品をたくさんの人に読んでもらい、情報モラルについてもう一度見直してほしいなと思います。SNS等を使う時のマナーを改善すれば、より多くの人に楽しくSNS等を使ってもらえると思うので、情報モラルはみんなで守っていかなければならないと感じました。

山本 真生
秋田県 横手市立横手南中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人秋田県情報産業協会>
標語
受賞者の声

ニュースや学校内でメールによるトラブルを耳にすることがあります。そのトラブルは主に友達同士で起こっていました。トラブルを減らすには、セキュリティの強化と共に友人との絆を深めることが必要なのではないかと思い、この言葉を考えました。

畑田 優夏
秋田県 横手市立横手南中学校 2年

優秀賞 <山形県警察本部>
標語
受賞者の声

SNS上では日々心ない言葉を言っている人を見かけます。その言葉は、直接相手に向かって言えるのでしょうか。自分が直接言われて耐えられるのでしょうか。SNS上で言葉を発することはとても簡単です。便利だと思います。しかしSNS上には最大の欠点があります。それは、一度ネット上に載せたものは消えないというところです。発言する前に、これらの事を確認すべきではないでしょうか。

五十嵐 優海
山形県 鶴岡東高等学校 1年

優秀賞 <福島県警察本部>
標語
受賞者の声

悪いサイトにだまされないように気をつけてほしいと思って考えて書きました。

小檜山 莉奈
福島県 会津若松市立第五中学校 2年

優秀賞 <茨城県>
標語
受賞者の声

この作品は、自分自身で意識してセキュリティ管理をしてほしいと思い作りました。この作品を通してもう一度スマートフォンなどのセキュリティ管理を見直してもらえるとうれしいです。

初沢 賢悟
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県>
標語
受賞者の声

今回、優秀賞を授与してくださり、ありがとうございます。このような賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。私の標語を見た人の個人情報の取り扱いについての意識が少しでも変わったら嬉しいです。

小林 拓心
茨城県 茨城県立並木中等教育学校 1年

優秀賞 <茨城県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、たくさんの応募があった中で自分の標語を選んでいただきありがとうございます。自分の標語が選ばれたと聞いて選ばれないだろうと思っていた分、びっくりしました。いつ、ネット上で自分が問題を起こすかわからないのでそのような危険性が常に隣り合わせということを改めて知ってもらい、ネットでの問題が1件でも少なくなることにつながるといいなと思っています。

中村 悠人
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

自分の考えた標語が少しでも役に立てればと思います。

安藤 源輝
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

「パスワードを誕生日にすると危ないよ」という思いを込めました。最近ネットでのトラブルが増えてきました。トラブルに巻き込まれないためには、まずパスワードを難しくすることです。そうすれば、アカウントの乗っ取り被害も少なくなります。推測しやすい文字列は気を付けましょう。受賞してより多くの人に見てもらえるのはよかったです。

渡辺 大雅
茨城県 茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

このような賞を頂き、本当に嬉しく思っています。情報の授業で、危険から身を守るためにフィルタリングサービスを利用することがとても重要だと学習したので、この標語を作りました。フィルタリングを利用する人が増えネット社会がもっと安全になっていってほしいと思います。

諸岡 育実
茨城県 清真学園高等学校 1年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
標語
受賞者の声

今回、僕が応募した標語は未来を担う僕らの世代に向けて書いたものです。これからの社会はインターネットの利用が必要不可欠です。だからこそモラルについて学ぶこと、ルールを守ることだと考えました。明るい未来を築くために、仲間とそのことを語り合っていきたいと思います。そして、この標語がたくさんの応募された作品の中から選ばれ、とてもうれしく思います。

和田 健太郎
茨城県 清真学園中学校 1年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語
受賞者の声

このような賞をいただき嬉しく思います。SNSはとても便利ですが、簡単に送ることが出来るため多くの人が軽い気持ちで投稿したり、文を送ってしまうのではないでしょうか。しかし、その言葉は世界中の人達が見えることができる上に消すことができません。そのことを知った上でSNSを利用してもらいたいという考えでこの標語を作りました。私の標語をみて少しでもSNSの使い方について考え直してもらえたら嬉しいです。

櫻井 紗彩
茨城県 清真学園高等学校 1年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語
受賞者の声

ゲームやスマホなどひとりで楽しめる機会が多くなっています。その中で親がスマホに夢中になっていれば、子供もゲームの時間が増え親子のコミュニケーションの時間が少なくなります。トランプなどをして家族で過ごす時間を増やすようにしたいと思います。

成田 真輝
茨城県 筑西市立上野小学校 3年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

この度は、私の標語が選ばれ、大変光栄に思います。私は、この標語に皆がモラルに関心をもってインターネットを使ってほしいという願いをこめました。この標語を作ることによって、これからも自分の情報を守るために安易な気持ちで書きこみなどをしてはいけないと改めて感じました。

川原井 詩織
茨城県 清真学園中学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部>
標語
受賞者の声

SNSが生活に欠かせないツールになりつつある今、その使い方を改めて見直すきっかけになればと考えました。例えネットを介しての会話であっても回線の向こうには必ず人がいます。その人に思いを寄せて直接語りかける事が出来る言葉だけを文字に変換しよう、そう思ってくれる人が増えれば、SNSによるトラブルがない未来になるのではないでしょうか。便利さだけでなく優しさも備えたSNS活用を心がけていきたいです。

岩佐 雅
栃木県 栃木県立宇都宮女子高等学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部>
標語
受賞者の声

優秀賞に選んで頂き、大変嬉しく思います。ありがとうございました。ネットでは悪質な言葉でも1度相手に送ってしまえば、もう2度と消すことはできません。そのため、軽い気持ちで送った言葉でも何人もの人から自分が誤解されてしまう可能性があります。私は、この標語で1人でも多くの方がネットを悪い方向ではなく、良い方向に使ってもらえたら嬉しいです。

玉野 心菜
栃木県 栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部>
標語
受賞者の声

国語の授業でこの作品を作ったのですが、これまで情報モラルについてあまり考えたことがありませんでした。本やインターネットを使って調べると、情報モラルについて理解して行動することが、自分や他者のために大切なことなのだと思いました。そして、それは「安心」ということにつながると思い、この作品を書きました。これからは情報モラルについて考えながらインターネットなどを利用していきたいです。

山内 心里
栃木県 栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校 2年

優秀賞 <群馬県警察本部>
標語
受賞者の声

インターネットは、知りたいことを検さくしたらすぐに答えが出てきたり、世界中の人の動画を見られたり、とても便利だし楽しいことがたくさんあります。だけど、油断していると自分の情報も色々な人に知られたり悪いことに使われるき険もあると聞きました。なので、ネット社会の怖さも考えながらパソコンを使ったりゲームをしていきたいと思ってこの標語にしました。

萩原 尚斗
群馬県 東吾妻町立岩島小学校 5年

優秀賞 <埼玉県警察本部>
標語
受賞者の声

私たちは、相手に対して直接言葉で伝えるよりも、文字をまとめ文書にして伝えることが増えています。そして自分の気持ちを正しく伝えていると思いがちです。しかし、どんな情報も、受け取り方によって全く違う意味に捉えられてしまうことを忘れてはいけません。ネット環境が整った現代社会において、相手の顔が見えないからこそ気をつけなければいけないと思います。相手の気持ちを考えた、言葉の使い方をしていきたいです。

倉野 美羽
埼玉県 熊谷市立江南中学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

受賞することができ、とてもうれしいです。下を見て歩くと幸せではないです。スマホを見ず、前を見てしっかり歩きましょう。ありがとうございます。

芝田 晏慈
埼玉県 立教新座高等学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部>
標語
受賞者の声

賞をいただき、とてもうれしいです。ありがとうございます。パスワードは考えるのがめんどうですが、同じものを使い回すと、とても危険で大変だと知り、この標語を作りました。ぼくもこれから安全に気をつけて、マナーを守って、楽しくパソコンを使っていきたいと思います。

黑田 拓樹
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <東京情報大学>
標語
受賞者の声

今の時代、私達はネットを通して誰とでもつながることができます。ですが世の中には個人情報を入手し悪用しようとする人もいます。個人情報をしっかり管理し自分を守ることが大切です。自分の思いがたくさんの人に伝わるとうれしいです。

野田 拓利
千葉県 鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校 3年

優秀賞 <警視庁>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞を頂き、本当に有難うございます。沢山の作品がある中で、私の作品を選んで頂いた事、とても光栄に思います。最近は安易な気持ちで写真などをネットに投稿し、大きな問題となっているニュースをよく見ます。たった一度の投稿が自分の人生を壊してしまうという事実に、私は恐怖を感じました。この標語を見て、写真などを気軽に投稿するという事がどのような意味を持つのか、少しでも考えてもらえたら嬉しいです。

髙橋 沙綾
東京都 東京都立町田総合高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
標語
受賞者の声

優秀賞をいただけてうれしいです。これから先、標語を思い出してインターネットをつかってくれると、もっとうれしいです。

山崎 素直
東京都 世田谷区立東玉川小学校 6年

優秀賞 <神奈川県警察本部>
標語
受賞者の声

普段から考えていた何気ない事がこのような賞に繋がりとても嬉しく思います。最近の世の中は、どんな事をする時も「スマートフォンを使ってから」という傾向にある人が増えていると思います。僕はそのような時間をもっと有効に使えると思います。わずかな時間でも生活がより豊かになる何かが見つかるかもしれません。大切な時間を自分から無駄にしないためにも、自分を見つめ直してほしかったのでこのような標語にしました。

天久 遙斗
神奈川県 川崎市立川崎高等学校附属中学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部少年課>
標語
受賞者の声

ぼくがセキュリティコンクールで受賞するなんてびっくりしました。自分が作ったマークをほかの人にかってに使われると作った人はこまるし使った人はあとでいやな思いをすることだってあると思う。作った人はやっぱりかなしいからほかの人のマークを使うのはいけないと思いました。

内田 翔真
新潟県 南魚沼市立城内小学校 4年

優秀賞 <新潟県警察本部少年課>
標語
受賞者の声

ぼくは、ネットいじめはたいけんがないのでネットいじめのつらさはわかりませんが、同じ生きてる人間としてネットいじめは悪い事だとおもいます。ネットいじめはやろうと思っていなくてもネットに書きこんでしまったら消せないのでぼくのひょうごを見て全いんしないでほしいけど、一人でも少なくなるのをねがっています。

水澤 快成
新潟県 南魚沼市立城内小学校 4年

優秀賞 <新潟県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私は今回受賞した標語について、SNSは多くの人が利用しているため、投稿する際は十分に注意して欲しいという気持ちを込めました。少しでも多くの人にネットのモラルを欠かさずにネットを利用する人が増えるといいと思いました。

小山 祥吾
新潟県 長岡工業高等専門学校 3年

優秀賞 <富山県警察本部>
標語
受賞者の声

SNSがとてもつかわれている時代にだれにでも簡単で分かりやすくSNSの危険が分かる標語を作ることを目指しました。そんな思いをこめた僕の標語が優秀賞に選ばれたことがうれしかったです。これからSNSを使う人が楽しむばかりだけではなく危険なこともあるということを僕の標語を通して少しでも気を付けてくれればいいと思います。

美濃 快空
富山県 富山市立堀川南小学校 6年

優秀賞 <石川県警察本部>
標語
受賞者の声

インターネットを使う機会が多いので、受賞したことでさらにウイルスなどの危険に気をつけようと思いました。また、常に危険と隣合わせであるということを覚えておきたいです。この作品を通じて、自分自身も興味があることに左右されずにインターネットを正しく使おうと思いました。

東出 美桜
石川県 石川県立小松明峰高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人石川県情報システム工業会>
標語
受賞者の声

正直、私は、優秀賞を取れると思っていなかったので、結果を聞いて驚きましたがうれしかったです。この作品を作った理由は、私はたまに出かけた先でスマホを置いていってしまうことがありましたが、個人情報がまだ守られているのはパスワードをかけていたからだと思ったからです。

笠原 楓花
石川県 石川県立小松明峰高等学校 1年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

今回このような賞を受賞できて大変うれしく思います。近年増え続けるネット問題には、自分もスマホを使ったり授業などで何度もやってきたので興味がありました。

竹内 七虹
福井県 北陸学園北陸高等学校 1年

優秀賞 <福井県警察本部>
標語
受賞者の声

私がこの標語を作った理由はまず最近のネットの危険性を簡潔な言葉でよく分かりやすく伝えたかったからです。現代の社会ではSNSなどの普及により、個人情報が簡単に漏洩しやすくなっています。また最近では自分の画像や友達が写っている画像を安易にSNS上にあげてしまい、犯罪にまき込まれるケースも多々あります。それを未然に防ぐためにもこの標語などを通してネットの危険性をみんなに知ってほしいし、自分自身も気をつけていきたいです。

多田 慎之介
福井県 北陸学園北陸高等学校 1年

優秀賞 <山梨県警察本部>
標語
受賞者の声

たん生日や名前は個人情報なのでパスワードにすると、危険だということを、情報モラルの動画から学びました。多くの人にこのことを伝えたいと思い標語にしました。今回受賞することで多くの人に見てもらい、自分の伝えたかったことを広げられるかもしれないということが、とてもうれしいです。

三浦 朝陽
山梨県 山梨学院小学校 5年

優秀賞 <一般社団法人山梨県情報通信業協会>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞をいただき大変嬉しく思います。SNSの普及により、1人でも多くの人に自分の投稿を見てほしいがために社会のマナーに目を向けることを忘れてしまう人が増加傾向にあり、実際に犯罪として扱われてしまうこともあります。全ての人がより暮らしやすい社会にしていくためにルールを守り、誰かからの評価ではなく顔を向かい合わせながら人付き合いができるようになればと思います。

加賀美 希代
山梨県 山梨英和高等学校 2年

優秀賞 <長野県警察本部>
標語
受賞者の声

スマホを持つ限り、その人の責任として、最低限のルールぐらい守ってほしいし、それを守ることで少しでもトラブルが防げるのではないかという思いを込めて作りました。

清水 愛結美
長野県 松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞をいただきありがとうございます。ネット上では、軽い気持ちで書きこんだことが多くの人に見られ、取り返しのつかないことになるということを授業で学んだので、その怖さをこの標語で表しました。でも、ルールを守って使えばすごく便利なものなので、使うときはルールを守って使いたいです。

上條 勇貴
長野県 松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
標語
受賞者の声

ニュースでSNSトラブルなどが毎日のようにあります。インターネットなどは普段は便利だけど、マナーを守るなどして、気をつけなきゃいけないこともあります。たとえば知らない人に個人情報をうっかり教えてしまったりしたときにトラブルにつながって最後には取り返しのつかないことになり、そのようなことがおきないようにしたかったので、この標語をつくりました。

出井 あさ美
長野県 松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

ネットの中では誰もが悪い人にも良い人にもなれるので、自分も「悪い人」にならないようにと思い書きました。

柴田 菜津美
長野県 松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <岐阜県警察本部>
標語
受賞者の声

作品に込めた思いは、最近SNSに自撮り写真をのせる人が増えて、そこから個人情報がバレる人がふえているのでそのような事件が少しでも減るように思いを込めました。受賞した時の感想はなぜ自分の作品なんだろうとおどろきました。

辻󠄀 恵吾
岐阜県 岐阜県立岐南工業高等学校 1年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
標語
受賞者の声

作品には、「SNSで個人情報などを公開したら消すことができないので、後悔しないようにSNSを正しく使おう」という思いを込めました。受賞した感想は自分が選ばれると思っていなかったので驚いています。

川上 大登
岐阜県 岐阜県立岐南工業高等学校 2年

優秀賞 <静岡県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語を作成するにあたり、インターネットの危険性を再確認することができました。この賞を受賞することができて嬉しかったです。ありがとうございました。

高山 千早紀
静岡県 日本大学三島高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
標語
受賞者の声

メールやLINEでは本心は見えないし伝わらない。通信技術の発達した現代だからこそ、相手に想いを伝えるのならば向かいあって直接伝えてほしいという思いを込めました。

山田 侑門
静岡県 日本大学三島高等学校 2年

優秀賞 <愛知県警察>
標語
受賞者の声

現在は写真を簡単に送り合ったり投稿したりできるSNSが、若者に多く使われています。しかし、その写真から位置情報が他人に知られてしまうことを知っている人は少なくないと思います。「みーつけた。」を使うことで、怖さをより知ってもらえると思いました。便利な機能の裏に潜む危険について考え、責任をもって利用していくことが大切だと思います。

秋元 美空
愛知県 田原市立福江中学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人東海インターネット協議会>
標語
受賞者の声

僕は、フォロワー数ばかり気にしている人たちに、フォロワー数が多い少ないで自分の価値など決めず、フォロワー数が少なくても本当にファンでフォローしてくれている人がいるということのほうが大切なんではないかなということを伝えたくてこの標語を書いて、この標語を通して自分のことをもっと大切に思ってくれたらいいなと思いました。

早川 太進
愛知県 豊川市立一宮中学校 3年

優秀賞 <三重県警察本部>
標語
受賞者の声

パソコンのログインやSNSのアカウント、ショッピングサイトなど、パスワードはあらゆる場面で求められます。それは自分の大切な情報が第三者に渡らないように守るものですが、それをわかっていても、覚えるのが大変だからと、つい、簡単でわかりやすいように設定したり、同じパスワードを色んな所で利用したりする人も少なくないはず。パスワードを設定する際には一度立ち止まって考えることが大切だと思います。

西村 美紅
三重県 三重県立亀山高等学校 3年

優秀賞 <滋賀県警察本部>
標語
受賞者の声

私は技術の授業で1番心に残ったことを標語にしました。パスワードは情報を守る1つの鍵なので安心しがちですが、全てのパスワードを同じ数字などにしてしまうと、情報が一気にもれてしまいます。ですが、少しちがう数字にするなど小さな工夫でとても丈夫な守りになります。個人情報を守るために、工夫をすると良いことを表現しました。自分の作品が受賞すると思っていなかったのでうれしいです。

藤堂 万奈加
滋賀県 大津市立北大路中学校 2年

優秀賞 <京都府警察本部>
標語
受賞者の声

人間は、「~するな」と言われたら「したくなる」。小学生でもインターネットを使用する時代。「好奇心でクリックしてしまい、高額をせい求された。」そんな話をきいて、だめだと思い、つくりました。

嶋村 和子
京都府 京都教育大学附属京都小中学校 6年

優秀賞 <京都府教育委員会>
標語
受賞者の声

今の世の中は、相手がその場にいなくても、自分が地球上のどこにいても、スマホを使えば相手に自分の考えを伝えることができます。でも僕は、自分の本当の思いや、相手に対する思いは伝わらないと思います。僕はこのような思いを作品に込めました。スマホはとっても便利で、僕たちの生活をとても豊かにしていると思います。けれど、大切な事や、自分の気持ちを伝えるときは直接会って伝えたいです。

堀内 遼太郎
京都府 舞鶴市立青葉中学校 3年

優秀賞 <京都市教育委員会>
標語
受賞者の声

TwitterやInstagramなど全く知らない人が自分の発言を見ることができるようになり、写真1枚でも情報の宝庫になっています。それに十分留意して情報を発信することが大切だし、1度漏洩してしまった情報は取り消すことが不可能なので、慎重に向き合っていかなければならないと思います。

嶋村 尚子
京都府 京都市立堀川高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
標語
受賞者の声

今回、数ある応募の中から選んでいただきとても光栄です。インターネット上にはたくさんの便利な情報があります。たしかに便利ですが、その中には偽りの情報というものもあります。安易に情報を鵜呑みにせず、嘘かどうかを見抜くことが大事だと思い、この標語を応募しました。インターネットを利用する際は、情報の真偽を見抜けるようにしてからインターネットを楽しみましょう。

山下 輝人
京都府 洛陽総合高等学校 2年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
標語
受賞者の声

この度は、僕の作品を数ある作品から選んでいただきありがとうございます。最近の社会は少しのミスでも大炎上する事例が頻繁に起こっているため自分の意見を言う時も他人に配慮して、SNSを使いたいと思います。

伊藤 光祐
京都府 東山高等学校 2年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
標語
受賞者の声

今回は、優秀賞という素晴らしい賞をいただき、大変驚いています。ありがとうございます。近年、スマートフォンは学生でも誰もが持っているのが当たり前の時代になってきました。その中でSNSにおける情報の発信はとても危険で、利用するにあたって正しい使い方をしなければなりません。発信する前に、まず自分の心の中でブレーキをふんでほしいという思いを込めて作りました。

北 彩奈
京都府 京都産業大学附属高等学校 1年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
標語
受賞者の声

近年、スマホの使用が増えている中でトラブルや犯罪が多くなっています。僕がインターネットなどを使うときは気をつけています。気をつけるにこしたことはないので注意喚起をしたいと思い作りました。入賞うれしく思います。

嶋村 康
京都府 京都学園中学校 2年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
標語
受賞者の声

これをきっかけに、インターネットの危険性について考えなおすことができました。

石見 裕太
京都府 東山高等学校 2年

優秀賞 <大阪府警察本部>
標語
受賞者の声

パスワードはいつも同じでは、ばれてしまったときに取り返しがつかなくなるため、何個かを使うのがいいと思いました。賞を取って、この標語に共感してくれて、実行してくれる人がたくさん増えればいいなと思いました。

髙井 保希
大阪府 東大谷高等学校 1年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
標語
受賞者の声

戸田 隆我
大阪府 桃山学院高等学校 1年

優秀賞 <兵庫県警察本部>
標語
受賞者の声

私はよくSNSを使うときに、発信する自分の何げないつぶやきが、一瞬で世界中に広がってしまうのは、まるでスピーカーみたいだなと思います。フォロワーが10人しかいないアカウントでも、何万リツイートされていることもあります。自分の身近な人にだけ伝えるつもりでも画面の向こうには何億人もの人に伝わる可能性があることをしっかりと意識し、正しい行動が出来たらいいなと思います。

岸本 眞由子
兵庫県 兵庫県立高砂高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部>
標語
受賞者の声

インターネット上には、何千、何万、いや何京、何垓と止めどなく写真や動画が溢れています。貴方が見ているそのアイコンは、本当に画面の向こう側にいる人の顔なのでしょうか。アイコンだけではありません。そこに書かれている名前、性別、年齢。何1つとして、それが真実であると証明するものはありません。簡単に自分を発信することのできるこの時世だからこそ、今一度情報の信憑性、信頼性についてよく考えてみてほしいです。

大呂 夏希
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞を頂けて本当に嬉しいです。私は授業の中で“ほんのストレス発散”と思ってあげた画像がきっかけで人生が狂った主人公の映像を見、戦慄したことがありました。気軽に誰もが発信者になれる現代では「みんなやっているから大丈夫」、「すぐに消せばなかったことになる」などと勘違いしがちですが、ネット上の情報は二度と消えないということをしっかりと意識しながらSNSを有効活用していきたいと思います。

田中 苑希
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部少年課>
標語
受賞者の声

今回は、このようなすばらしい賞をいただき、とても嬉しく思います。面と向かって話すときは相手のことを考えて口にする言葉も、インターネット上では深く考えずに発信してしまいがちです。インターネットが日常生活において大きな役割を果たす今、自分の発信する内容は正しいかどうかよく考えていきたいと思いました。

黒田 澪
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <島根県警察本部>
標語
受賞者の声

私がこの標語を作った理由は、講演会で今や中高生が被害にあうだけでなく加害者になるなることも増えていると聞いたからです。そこで、スマートフォンの誤った知識と使い方で簡単に犯罪者になってしまう、自分の一本の指に責任を持たないといけないと思い、この標語が出来上がりました。今回、優秀賞に選んでいただけて、驚いていますがとてもうれしいです!

高木 美里
島根県 島根県立出雲商業高等学校 1年

優秀賞 <島根県教育委員会>
標語
受賞者の声

内田 茉奈美
島根県 島根県立松江北高等学校 2年

優秀賞 <島根県教育委員会>
標語
受賞者の声

末田 光
島根県 島根県立松江北高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人島根県情報産業協会>
標語
受賞者の声

受賞したからには、自分も普段の生活ではスマホやPCなどのインターネットやSNSに気をつけ、しばられず、楽しく生活していきたいです。

祝部 真琴
島根県 島根県立松江商業高等学校 1年

優秀賞 <岡山県警察本部>
標語
受賞者の声

優秀賞を受賞できてとても嬉しいです。この標語のテーマは「スマホ依存性」ですが、これは今や社会問題にもなっており、私にとっても他人事ではありません。この標語が日々のメディアとの向き合い方を見直すきっかけになれば嬉しいです。

花房 舞悠羽
岡山県 岡山市立石井中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
標語
受賞者の声

「人との関わりを広げるが人の秘密は広げない」これが僕の作品です。率直な感想はびっくりしています。この作品には「広げる」「広げない」という反対語を使っているのと、リズム感を出しています。また、自分が無意識のうちに、関わりの深い人、すなわち友人を傷つけているかもしれません。その意味をこめてつくりました。必ず自分は守っていこうと思います。

高下 大和
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 1年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

ネット社会での出来事を標語にしてみました。インターネットについてもう一度考えてほしいと思います。受賞できてうれしかったです。

常藤 滉生
岡山県 岡山市立石井中学校 2年

優秀賞 <広島県警察本部>
標語
受賞者の声

僕が所属している情報技術部では、標語の作成を通して、情報モラルについて考えました。僕のまわりでも、ラインなどのメッセージアプリで、悲しい思いや辛い思いをした人がいました。ラインでの返信が遅れただけで、ケンカになるのはとても悲しいです。みんなが、もっと、相手の都合や状況を考え、余裕をもって話をできるようになればいいと思い、この標語を作りました。優秀賞に選んでいただき、ありがとうございました。

柿本 惟紗
広島県 熊野町立熊野中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

動画サイト等にテレビ番組を違法アップロードしたり、漫画や絵を海賊版サイトで公開する、それらを違法と知りながら利用したり、ダウンロードしているというのをとても多く見かけます。それによって著作者の方々に大きな不利益を及ぼしていることを知ってほしいという思いを込めています。このようなコンクールで受賞できたことを嬉しく思います。

三山 大貴
広島県 広島県立福山葦陽高等学校 2年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
標語
受賞者の声

最近、誤った情報がインターネット上にたくさんあるということを知って、みなさんが誤った情報に惑わされないようにと思い、この標語を考えました。結果として受賞することができてとても嬉しく思います。この標語がたくさんの人に伝わり、インターネット上の誤った情報にだまされる人が少しでも減ることを願っています。

羽賀 帆花
広島県 広島市立広島商業高等学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部>
標語
受賞者の声

この標語のとおりに詐欺などが流行しているので、騙される可能性が高いお年寄りや子どもが少しでも減れば良いと思って作りました。誰もが、まさか自分が騙されるとは思わないので、常に意識していようと思いました。トラブルのないような社会をみんなで作っていきたいと思いました。

小澤 愛莉
山口県 山口県立長府高等学校 1年

優秀賞 <徳島県警察本部>
標語
受賞者の声

この度は、このような素晴らしい賞を頂き、大変嬉しく思います。近年、なりすましなどによる詐欺が増えています。身に覚えのないメールにリンクされているURLをタップしたらもうあなたのスマホは戻ってこないかもしれません。危機感が薄れがちのメールもしっかり管理していきましょう。

近藤 朱嶺
徳島県 徳島県立城ノ内高等学校 1年

優秀賞 <徳島県教育委員会>
標語
受賞者の声

なんでも写真に撮ってSNSにアップするのが今の世の中です。そんな写真から自分の居場所や住んでいる場所が特定されることも少なくありません。気をつけたいなと思ってこの標語を投稿しました。受賞することができてうれしいです。

村澤 晴貴
徳島県 徳島市城東中学校 3年

優秀賞 <徳島県教育委員会>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞をいただき、ありがとうございました。スマートフォンが普及した現代では誰もが陥る可能性があるスマホ依存。その便利さに頼りきらないようにするには自分を抑制する力を持つ必要があると思います。

北田 そら
徳島県 徳島県立城ノ内高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

情報モラルや情報セキュリティは、私たち若い世代にとっても身近な事で守らなければいけないものだと考えています。そんな私たちの生活に密接する標語で、賞をいただきとてもうれしく思っています。それと同時に、自分が作った標語のとおり、自ら率先して行動していかなければいけないと思っています。

篠原 陽太
徳島県 美馬市立脇町中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

僕はよく「Twitter」や「インターネット」を利用するのですが、時折、見た人が不快になってしまうような言葉を投稿している人を見かけます。僕は「特定されない」ということは「何を言っても許される」ことと同義ではないと考えます。「匿名性」という仮面をつけて、良くない感情も顕わにする人達が少しでも減ればいいなと思うと共に、自身のそれらの使い方を今一度見つめ直すために、この標語を書きました。今回は本当にありがとうございました。

安田 圭佑
徳島県 徳島県立城ノ内高等学校 1年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
標語
受賞者の声

ぼくが書いた作品が賞に選ばれてうれしいです。ぼくも、いつかはスマホやケータイをもつようになると思うから、そのときはパスワードをつけてウィルスやさぎにあわないように気をつけたいです。また、かんたんなパスワードじゃなくて分かりにくいパスワードにしてセキュリティをしっかりつけておきたいです。あやしいサイトはひらかないようにしたいです。

林 創太
徳島県 徳島市立津田小学校 6年

優秀賞 <香川県教育委員会>
標語
受賞者の声

この標語を考えた理由は、小学校のスマホ安全教室などで個人情報をもらしてはいけないと習ったからです。そして自分の秘密を知らない人に教えたり、これくらいならいいだろうと思って友達の個人情報や秘密を教えてしまうと、とりかえしのつかないことになります。そんなことにならないように、いつも気をつけてインターネットを利用するときは常に危険ととなり合わせということを意識してほしいと思い、この標語にしました。

宮西 康太
香川県 高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)>
標語
受賞者の声

今回、まさか私が考えた標語が入賞するとは思わなかったので、入賞できて光栄です。要る情報と相手が傷つく情報や相手が困ってしまうような情報をしっかり分別しないと、どこかで傷ついてしまう人がでてしまいます。私はそういう人が少なくなってほしいという思いをこめて標語にしました。なので、自分の投稿が不特定多数の人に見られているということを自覚し、twitterやSNSを利用していきましょう。

緒方 八雲
香川県 高松市立香東中学校 2年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
標語
受賞者の声

小学校や中学校でインターネットにつながるケータイやゲーム、パソコンなどの使い方を聞いて正しい使い方や、こわさなどを勉強しています。自宅でもゲームで知らない人とつながることができるので、そこで自分の個人情報が誰か知らない人に知られてしまう恐れがあることを知りました。情報は名前だけじゃなく画像も含まれるので、むやみに自分のことをSNSなどにのせたりしないように気をつけて利用してもらいたいです。

宮崎 大和
香川県 高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <香川県プロバイダ等防犯連絡協議会>
標語
受賞者の声

僕は、パソコンを見ていたときに「3クリックで日給3万円」や「千円が二千円になる」というあやしい広告バナーを見たので、この文を書きました。

入江 凜太朗
香川県 高松市立香東中学校 1年

優秀賞 <愛媛県警察本部>
標語
受賞者の声

今日では、スマートフォンが普及し、私たちの日常生活の効率性が高くなってきました。特に位置情報サービスは道一本ずれることなく、現在位置を表示し、道に迷うことなく、移動することができます。しかし、一度これが悪用されると、現在位置はもちろん、職場、学校、生活パターンまで知られる危険があります。身近で便利なものに潜むリスクを知り、正しく使用してほしい、という願いを込め、この作品をつくりました。

東野 亨省
愛媛県 愛媛県立松山南高等学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
標語
受賞者の声

普段、当たり前のように使用しているSNSやインターネットでの言葉を振り返り、この標語を作りました。スマートフォンは手軽なので何気ないことも簡単に書きこむことが出来ます。この標語を通して自分自身の言動を見直し、相手を思いやる気持ちで使用できたらいいと思います。そしてSNSやインターネットでもやさしい言葉でいっぱいになってほしいです。私も言葉を大切にしていこうと思います。

隅田 梨奈
愛媛県 久万高原町立久万中学校 3年

優秀賞 <高知県警察本部>
標語
受賞者の声

SNSばかりを利用して直接話すということが少し減ったと感じたので書きました。

山本 梨々花
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <高知県教育委員会>
標語
受賞者の声

最近個人情報の乗っ取りが増えているので、乗っ取りがなくなるように、この標語を考えました。

森光 真由
高知県 高知市立高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
標語
受賞者の声

自分が思ってることを、そのまま直接書きました。そのうえ、このような賞をいただけてとても光栄に思います。ネットを使っていると、データをぬすまれる等の被害が出ることもよくあります。マナーをきちんと守っていれば便利にネットを使うことができます。きちんとマナーを守っていろいろな人たちとつながろう、という思いでこの標語を考えました。50000通以上の応募作品の中から私の作品を選んでくださり、ありがとうございました。

高橋 ここあ
高知県 南国市立久礼田小学校 6年

優秀賞 <福岡県警察本部>
標語
受賞者の声

ネットが普及し、どんどん便利な世の中になってきていますが、それだけネット上のトラブルや犯罪にあう確率も上がっています。便利なものが人を傷つける道具になってほしくない。その為に私たちができることをしてほしい。そういった思いで投稿させていただきました。今回、このようなすばらしい賞をいただき、とても光栄に思います。

藤白 理那
福岡県 福岡県立戸畑高等学校 1年

優秀賞 <福岡県警察本部>
標語
受賞者の声

今回の受賞は、大変嬉しく、またそれ以上に驚いています。この作品は、昨今、誰もが単に情報を発信できるようになり、以前より事件に巻き込まれる可能性が高くなり、また加害者にもなり得るということをテーマにした作品です。最近では、様々なSNSに関係した事件が起こっており、未成年が巻き込まれるケースも少なくありません。この標語を目にした人が、少しでも情報の発信に慎重になっていただけると幸いです。

髙橋 佑輔
福岡県 福岡県立小倉南高等学校 2年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
標語
受賞者の声

私の周りではスマートフォンを手離すことができず、同じ空間にいる家族や友達との会話ですらLINEを通じて行う人を見かけます。すぐ隣にいるのだから画面ではなく顔を見ながら話してほしい、という思いを込めました。

石田 彩華
福岡県 福岡県立小倉南高等学校 2年

優秀賞 <佐賀県警察本部>
標語
受賞者の声

入賞してうれしいです。これをみた人が、少しでも悪口をネット上でたたかないようになるとうれしいです。

芹田 夏帆
佐賀県 小城市立晴田小学校 5年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
標語
受賞者の声

作品には、みんながいけないことをしないようにと思い書きました。受賞したので、とても自分でもうれしかったけど、びっくりしました。そして、このインターネットの勉強をして、インターネット上では、きけんなことがおきていると知れてとてもよかったです。自分もインターネットなどを使う時には、注意しながら使いたいなと思いました。

於保 耀太
佐賀県 小城市立晴田小学校 5年

優秀賞 <長崎県警察本部>
標語
受賞者の声

インターネット上に、自分の個人情報などをのせたり、また、誰かに自分の写真を撮られてのせられたとしたら、いつの間にか知らない人とかに話しかけられる可能性があります。例としてSNSで自撮りをUPして拡散されて誹謗中傷を浴びせられている人も見たことがあります。僕も気をつけないといけないと思ってこの標語を作りました。これから個人情報を拡散される人が減ったらいいなと思います。

山﨑 央理
長崎県 諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

スマホは便利だけど、ながらスマホは悪いことだと思うので、この標語で少しでもながらスマホをする人が減ればいいと思います。スマホばかり見るのではなく、相手の顔を見る。自分のやるべきことを見る。事故にならないように運転中は前を見る。などいろいろな意味を込めて作りました。スマホは便利ですが、依存症になったり、ながらスマホをしないように自分自身でも気をつけていきたいです。

戸野口 瑠依
長崎県 諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
標語
受賞者の声

人と直接会話するよりも、ネットでのやりとりが多くなっている人が増えていると思ったので、家族との団らんを大切にしたいと思いこの作品を考えました。

丸尾 鈴華
長崎県 諫早市立西諫早中学校 1年

優秀賞 <熊本県警察本部>
標語
受賞者の声

インターネットは便利で誰でも簡単に連絡が取れる良い点があるけれど、危険な点もあると思います。なのでいろんな人にインターネットは危険が身近にひそんでいるという事を知ってほしいと思いこの作品を作りました。

塚元 美空
熊本県 南阿蘇村立南阿蘇中学校 1年

優秀賞 <大分県警察本部>
標語
受賞者の声

私は普段SNSをよく利用しています。そんな中で友だちと一緒に撮った写真などを投稿している人が多くいます。会ったこともない人の写真を見かけることもあります。自分や友達が写っている写真を投稿することにはたくさんの危険がひそんでいることを知ってほしいと思い、この標語をかきました。使い方を考えて楽しくSNSを利用しましょう。

廣戸 ののか
大分県 臼杵市立北中学校 2年

優秀賞 <大分県警察本部>
標語
受賞者の声

この作品を作る時に、誰が見てもすぐわかるような作品にしたいと思いました。最近では、SNSによる問題がたくさんニュースなどになっているのでこのような標語をきっかけとして、少しでもなくなっていったら良いなと思います。私自身、まさか作品が受賞されると思ってなかったので「受賞した」と聞いたときはすごくびっくりしたのと同時にとてもうれしかったです。

西條 由季乃
大分県 日本文理大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

僕の作品が受賞したと聞いた時はとても驚きました。ネットに転がっている情報が必ずしも正しいとは限らないのでネットを利用する全ての人に気をつけてほしいし、自分でも気をつけたいと思います。

生田 虎志
大分県 日本文理大学附属高等学校 2年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

ネット社会において私が感じる事、それは、自分は自分で守るという事です。情報が多い中、見ているだけのつもりが自分の声を発信したい、顔が見えないから何でも言える、注目されたい、その何気なく打ち込んだ言葉が人を傷つけ多くの人を不快にさせ、炎上し拡散源となってしまう。消しゴムでは消せない言葉の恐怖を感じます。人を傷つけたりする事がない様にモラルを守り正しく利用していきたい思います。

松坂 莉子
大分県 大分市立原川中学校 3年

優秀賞 <宮崎県警察本部>
標語
受賞者の声

世の中にはパスワードを設定しただけで安心している人も多いと思います。しかし、そのパスワードは複雑でしょうか。パスワードはばれてしまったら無力です。私はパスワードの強さの大切さを標語にしました。この標語がパスワードを見直すきっかけになるとうれしいです。この度は優秀賞に選んでいただき、ありがとうございました。

鬼束 大輝
宮崎県 宮崎県立宮崎南高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

この度は、賞に選んで頂き誠にありがとうございます。作品を書くきっかけとなったのは「SNSの投稿」です。情報の時間に一枚の写真の投稿から特定される情報の危険というものを学びました。たった一枚の写真から身元が他者に伝わるということは非常に恐ろしいものだと思います。そのため、個人の情報を守るパスワードが見えてしまうような環境を作ってはいけないと思い、この作品を書きました。この思いが伝わると幸いです。

古川 公貴
宮崎県 宮崎県立宮崎南高等学校 1年

優秀賞 <鹿児島県警察本部>
標語
受賞者の声

ひょうごを考えるときに、おかあさんに、じょうほうについてのせつめいをしてもらいました。そのときにぼくが思ったことをひょうごにしました。さいしょはえらばれないとおもっていたけどゆうしゅうしょうにえらばれてうれしかったです。

徳永 蒼磨
鹿児島県 鹿児島市立伊敷小学校 2年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
標語
受賞者の声

うれしい気持ちでいっぱいです。最初、先生から「賞をもらったよ」と言われた時、びっくりして言葉も出ませんでした。コンクール等で受賞したのは、今回が初めてだったので、すごくうれしかったです。私は、あまりLINEやSNS、ツイッター等はしないけれど、もし使う時は、自分で考えた標語をしっかりと守りたいです。

上園 彩夏
鹿児島県 鹿児島市立伊敷中学校 1年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
標語
受賞者の声

ぼくはユーチューブでおもしろいどうがをみるのが大すきです。たのしくなん時間でも見ていたいなと思います。でもお家でどうがを見る時はルールがきまっています。それはタイマーで時間をきめて見るということです。これからもお家でのやくそくをちゃんとまもってインターネットをしたいと思います。

有馬 慎一
鹿児島県 鹿児島市立伊敷小学校 2年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
標語
受賞者の声

ふだん気軽に使っているスマートフォンの動画やインターネットもその向こうでルールい反の悪いサイトをさくじょしてくれている人たりがいます。目には見えないけど守ってくれているセキュリティの会社のおかげでわたしは楽しくインターネットを利用できているんだなと思いました。

山元 理子
鹿児島県 鹿児島市立和田小学校 4年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会>
標語
受賞者の声

この標語は思った言葉をそのまま書きこむことをしないで相手がどんな風に思うか考えてほしいと思って書きました。自分のことだけを考えて書いたら、相手が傷つくかもしれないし、もしかしたら自分も傷つくかもしれないので、言葉をしっかりと考えてから書きこんでほしいと思います。自分が思ったことが受賞できて嬉しかったです。

石澤 悠生
鹿児島県 鹿児島市立伊敷中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITかごしま支援隊>
標語
受賞者の声

情報を流すことは自由です。テレビ等で有名人の知りたい情報が知れたり、ネットで調べたりできることはとても便利です。しかし、自分や他の人の個人情報をもらしてしまうと大変です。住所などが知られて家に来ることもあります。また、人の悪口などをかかないことも大切です。誰かがかいた場合や書き込みが全国のみんなに見られてしまう場合があります。だから、良いこと悪いことの区別を考えて扱って欲しいです。

田中 あきほ
鹿児島県 鹿児島市立東谷山小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
標語
受賞者の声

すばらしいしょうがもらえてとてもうれしいです。いつもおかあさんからだれにでもおもいやりをもってせっするようにとおしえられているのでこんかいのひょうごに「おもいやり」ということばをいれてみました。

小野 心裕
鹿児島県 鹿児島市立伊敷小学校 1年

優秀賞 <沖縄県>
標語
受賞者の声

最近ではSNSで「いいね」欲しさに他人のことを考えずに写真などをアップする人が増えているように感じます。なので「いいね」より「思いやり」を大切にして欲しいと思いこの作品を作りました。

田中 尚幸
沖縄県 沖縄県立那覇商業高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県警察本部>
標語
受賞者の声

今回、私が考えた標語をコンクールに選出いただきありがとうございます。わたしがこの標語を出す時に、みんなに伝わりやすい事をイメージしながら考えました。SNSという文字の頭文字を使って考えるととても伝わりやすくなりました。現代社会の問題に目を向けることが出来ました。今後も正しくSNSを有効活用していきたいと思います。

江洲 宇翔
沖縄県 沖縄県立那覇西高等学校 2年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
標語
受賞者の声

受賞したという知らせを聞いた時、とても驚きましたが、うれしかったです。最近、僕の友達のパソコンにウィルスが入り、とてもこわい思いをしたと言っていたので、この標語にはそういった悪質ないやがらせがなくなってほしいという思いを込めました。「入る」と「出る」という対になっている言葉を使って、どんどんウィルスが入り、どんどん情報が出ていってしまうことを強調しました。

崎原 和創希
沖縄県 私立昭和薬科大学附属中学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人フロム沖縄推進機構>
標語
受賞者の声

僕はスマホ依存症の人が少しでも減ればよいなという思いを込めて作品を作りました。最近は、ほとんどの人がスマホを持っていてスマホ依存症の人も多くいます。僕も、その中の一人で、つい夢中になってやりすぎてしまうことが多かったです。また、歩きスマホをしていて車にひかれそうになったこともあります。なので、この作品を読んで危険な目にあわないようにスマホ依存症の人が減ればよいなと思いました。

上間 稜介
沖縄県 私立昭和薬科大学附属中学校 2年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること