1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(ポスター部門)

ポスター部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

まさか自分の作品が受賞するとは思わなかったので、とても驚き嬉しかったです。情報セキュリティという言葉はよく聞くけれど、具体的に何をすれば良いのかわからなかったので、IPAのサイトなどを読んで学びました。情報機器を危険から守るには、ソフトウエアを最新にしておくことが大切だとわかったので、パソコンのソフトウエアを更新してバリアを張るイメージの絵を描きました。

田原 颯汰
東京都 足立区立亀田小学校 5年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

私がこのポスターのテーマを「ネットの闇に気づいて!!」とした理由は、最近若い人たちがSNSなどで自分の個人情報をのせたりしていていろいろな被害に遭っているニュースを見て、「このままだとこれからこのような被害はどんどん増えていくんじゃないかな」と、思ったからです。なので一人の女の子を主人公としてSNSを通して彼女の個人情報を見て心配している人、それを悪用しようとする人を入れたポスターにしてみました。今回、このようなすばらしい賞に選んでいただき、本当にありがとうございました。

米澤 藍
鹿児島県 姶良市立帖佐中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただけてとてもうれしく思います。魔女の嘘により、毒リンゴを食べてしまった白雪姫をモチーフに制作しました。伝えたいことが分かりやすくなるよう、リンゴと文字以外は無彩色にして怪しい色になるよう意識しました。この制作が、嘘の情報を食べないよう心がけるきっかけにもなりました。

秋山 沙樹
香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただき、とてもうれしく思います。中学生になってスマートフォンを持ち始めましたが、不審なメールを絶対に開かないよう両親から強く言われているので、今回注意を呼びかけるポスターを描こうと思いました。不審メールによる被害が無くなればいいなと思います。この度は、ありがとうございました。

曽我 蒔月
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
ポスター
受賞者の声

作品を応募すると決まって、どんなコンセプトにしようかとても迷った末に完成した作品だったので受賞した知らせを聞いたときは素直に嬉しかったです。作品で工夫したところは目にうつる人の姿です。このポスターを見て「なるほど」と同感してくれたり、「気をつけよう」と少しでも意識を高めてくれたらいいなと思います。

森川 海悠
大阪府 大阪府立三国丘高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
ポスター
受賞者の声

このポスターでは歩きスマホについて、特に、小さい子どもを持つ親御さんに焦点を絞って制作しました。歩きスマホをしながら小さい子どもと手をつないで歩いても、意識がスマホにいってしまって、子どもへの注意がおろそかになってしまい大変危険です。誰も悲しい思いをしないために、一番大切なものは何か今一度考えてもらえたらと思い制作しました。

西上 ほの香
和歌山県 和歌山市立和歌山高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
ポスター
受賞者の声

この度は光栄にも賞をいただき、ありがとうございます。幅広い年齢の人がインターネットを利用することができるようになり、何事にも知識や情報を得ることが容易になりました。しかし、そこで得られる情報が正しいものとは言い切れません。入ってくる情報をうのみにせず、自分自身で判断すべきだと私は思います。

小阪 碧
和歌山県 和歌山市立和歌山高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
ポスター
受賞者の声

優秀賞を頂くことができ、とてもうれしいです。このポスターは「噂に尾ひれがつく」という言葉を魚を用いることでわかりやすく伝えることを心がけました。私の制作したポスターが、情報の扱い方を見直すきっかけになればうれしいです。

長友 日向子
宮崎県 宮崎県立佐土原高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただくことができ、とても嬉しいです。インターネットには危険がたくさん潜んでいますが、正しく使えば人と人をつなぐことのできる素晴らしいものだと思います。少しでも多くの人がインターネットを正しく使い、笑顔になれることを願っています。

北川 桃子
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

今回はじめて授業の中でパソコンを使ってポスターをつくりました。慣れないうちは難しかったですが、時間がたつにつれて操作のやり方もわかりポスターをつくるのが楽しくなりました。今後またポスターをつくる機会があれば心に残るようなポスターをつくりたいです。

山領 駿斗
長崎県 長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただき大変嬉しく思います。最近、写真や動画を投稿するのが流行っています。だから、子どもの頃に軽い気持ちでネットに上げた物が、後々自分を苦しめることになるかもしれないという意味をこめて、このポスターを作りました。このポスターが、情報セキュリティについて考えるきっかけとなってくれることを願います。

磯村 今日子
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
ポスター
受賞者の声

実際に詐欺や不正アクセスで被害に遭うまでは、自分の個人情報が流出しないように守る事を重要視しない人もいるのではないかと思い、その様子を背後のへびに気づかずに眠っている鳥で表現しました。このポスターを見た人にとって、少しでも個人情報の管理を見直すきっかけになれば嬉しいです。

野村 優花
宮崎県 日向学院中学校 3年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
ポスター
受賞者の声

今回私の描いたポスターが賞を頂いたと聞き驚きと嬉しさでいっぱいです。ありがとうございます。スマホは非常に便利な道具で多くの人達が手軽に利用しています。しかし、問題も多く友人関係のトラブル・犯罪に巻き込まれることもあるので、ひとりひとりが気を付けて上手に利用しなければいけないと思います。

池田 樹里
山口県 宇部フロンティア大学付属中学校 2年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
ポスター
受賞者の声

自分の描いたポスターが受賞し、とても嬉しいです。私はこのポスターを描いたことで、改めて情報というものが、前よりも身近にあることを感じました。時には人を傷つける道具として、また時には人を笑顔にさせる道具として存在していると思います。このポスターは多くの人が笑顔になれることを願い、描きました。この願いを実現するためにまずは自分から情報に対する姿勢を見直し、周りに伝えていきたいと思います。

稲垣 奈々
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
ポスター

長谷川 一佳
新潟県 新潟明訓中学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
ポスター
受賞者の声

私が描いたポスターの中でも、特に力を入れていたのが受賞したのでとてもうれしかったです。ポスターではスマホを通して犯罪やいじめをする人を人目で分かるように色の明暗を変えるなどをして工夫しました。このポスターを見て一人でもスマホの使い方を気をつけてくれたらうれしいです。

實川 愛理
香川県 香川県立高松工芸高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
ポスター
受賞者の声

このポスターは、力士の迫力と、顔の表情を意識して描きました。全国で優秀賞に選ばれて、とてもおどろきましたが、自信につながっていくと思います。このポスターがいろいろな所に出回ったとき、ふと足を止めて、「真剣にセキュリティについて考えないといけないな。」とか、「コンピュータを使うときは気を付けよう」と思ってくれると嬉しいです。

中村 新
長野県 南箕輪村立南箕輪中学校 1年

優秀賞 <株式会社ウェブテクノロジ・コム>
ポスター

西野 綺音
東京都 杉並区立天沼中学校 3年

優秀賞 <ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社>
ポスター
受賞者の声

私は登下校で電車を利用していて、駅を歩いていると歩きスマホをしている人をよく見かけて危険だと思ったので、歩きスマホをする人が軽減するようなポスターを目指しました。ポスターでは『歩きスマホ』という文字は出さずに、その危険性や迷惑さが伝わるようにコピーとイラストを考えました。時間をかけて作ったポスターなので、賞をいただけて嬉しいです。ありがとうございました。

長谷川 蘭
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
ポスター
受賞者の声

この作品は、情報モラルの悪い場面ではなく、人が喜んでいる明るい場面を描きました。SNSでの問題点ばかりが取り上げられている今、SNSは正しく使えば人を笑顔にすることもできるのだということを伝えることができれば嬉しいです。今回、このような素晴らしい賞をいただき、とても嬉しいです。今後も、情報モラルのあるよい世の中を目指して、自分でもできることを探してやっていきたいです。

藤本 侍
兵庫県 市川町立市川中学校 3年

優秀賞 <実教出版株式会社>
ポスター
受賞者の声

今回IPAのポスターを制作するにあたり現在問題視されているネットに関しての情報を調べると、ネットいじめの問題を多く見つけました。スマホ世代と言われる私たち学生にとってSNSなどはとても便利で頻繁に使用するものですがその手軽さを人を傷つけたりすることに使用してはならないと思いスマホとナイフを対比させた構図でポスターを製作し、ネットの危険性、攻撃性の高さを表現しました。

平田 琴
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
ポスター
受賞者の声

この度はこのような賞を頂き、光栄に思います。インターネットは今では私たちの生活に密接に関わるものです。国境を越えて情報を発信・共有できることはとても素晴らしいことですが、その反面、ウイルスなどの危険もあり、自身の情報を守るためのセキュリティ対策をすることも重要になります。このポスターを通して、セキュリティ対策をすることを広く伝えられたら良いなと思います。

南部 百香
富山県 富山県立南砺福野高等学校 1年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
ポスター
受賞者の声

最近ぼくたち中学生も、パソコンを使うことがあたりまえになっています。パソコンはとても便利なものですが、とても危険な面もあるので、警鐘を鳴らすことができたらと思いこのテーマを選びました。思いがけない大きな賞を頂けてうれしいです。

長野 倫季
鹿児島県 姶良市立帖佐中学校 1年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
ポスター
受賞者の声

今回は、このようなすばらしい賞をいただき、とても嬉しく思います。このポスター制作を通じて、情報モラルやセキュリティに関することを、詳しく学ぶことが出来ました。私の作品を見て、SNSの使い方を意識してくれる人が、1人でも増えてくれれば幸いです。

牛渡 由結
愛知県 刈谷市立依佐美中学校 2年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
ポスター
受賞者の声

受賞出来て本当に嬉しいです。まさか自分の作品が選ばれるとは思ってませんでした。それも数多くの作品から選ばれるなんて思ってもみなかったです。この受賞を経て、自分に自身を持ちたいと思います。賞を受賞できたことは本当に誇りですし、自分の作品が評価されて、作品というのを見なおす機会も得られました。ありがとうございました。

岩嶋 百伽
岐阜県 下呂市立萩原北中学校 3年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞に選んでいただきありがとうございます。昨年も受賞し、まさか二度も選んでいただけると思っていなかったので、正直とても驚きました。ポスターを描く前に、まずテーマを決めました。普段、周りの人に優しい言葉をかけてもらえると嬉しいし、良い事だと思います。ただ、相手が誰か分からないネット上での言葉には自分がまどわされない事も大切だと思い、色使いや塗り方も工夫して表現しようとがんばりました。

治田 慶
東京都 聖学院小学校 6年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
ポスター
受賞者の声

この作品は情報モラルについて簡単で覚えやすいキャッチコピーをメインにしようと思って描きました。最新のPCについて、ギャップとなる古風なものと結びつけることを思いつきました。そこで「見ざる、聞かざる、言わざる」をあてはめました。今までで一番納得のいく作品になりました。賞をとった時はとても嬉しかったです。これからも情報モラルについて意識を高めていきたいです。

森下 苺花
埼玉県 所沢市立南陵中学校 1年

優秀賞 <BBソフトサービス株式会社>
ポスター
受賞者の声

思いもよらぬ受賞で、とても嬉しく思います。「セキュリティのバージョンアップ」というテーマを描いた理由は自宅のパソコンなどでウイルスの警告の表示が出たり、テレビなどでよくウイルスについて放送されたりしているので、このような題材に興味を持ちました。このポスターを見ることでウイルスの被害が少しでも少なくなってほしいです。この経験を糧にして、セキュリティについて学んだり、作品づくりもがんばっていきたいです。

鳥部 朱里
埼玉県 所沢市立南陵中学校 1年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
ポスター

牧野 佳南
千葉県 千葉市立幕張本郷中学校 3年

優秀賞 <LINE株式会社>
ポスター

青嶋 香奈
茨城県 つくば市立吾妻学園中学校 3年

優秀賞 <株式会社ラック>
ポスター
受賞者の声

SNSでのアカウント登録や会員登録をする際、それぞれのパスワードを考えたり覚えているのは面倒で、つい同じパスワードを使ってしまいがちだと思います。パスワードを同じにすることで、ひとつのパスワードがばれたらそこからどんどん崩れていってしまうので、同じパスワードにすることの危険性をドミノで表しました。この度はこのような賞をいただけて光栄に思います。ありがとうございます。

増田 玲音
東京都 東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <北海道警察サイバーセキュリティ対策本部>
ポスター
受賞者の声

美術の時間に作品を製作しました。その際、先生が細かい所までていねいに指導して下さったお陰で上手く作品を完成させることができました。また、周りの友人がたくさんアドバイスをしてくれたので細かな部分まで描くことができました。今回、この賞を受賞できて大変喜ばしく思います。また何かのポスターを描く機会があれば再度賞を取れるよう、努力したいと思います。

大川 綾音
札幌市立西岡北中学校 2年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

受賞するとは思っていなかったので素直に嬉しいです。ネットワークやSNSなどは、年齢問わず誰でも気軽に利用でき、暮らしを豊かにしてくれる反面、タップ1つで今までの暮らしすら壊してしまう、まさに暮らし「も」変えるものだと伝えたかったです。

酒井 梨緒
札幌市立新川西中学校 2年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
ポスター
受賞者の声

自分の好きなものを描いて賞をいただくことができてとてもうれしいです。ポスターを完成させるまでやさしくご指導していただいたり、アドバイスをくださった先生に感謝しています。私は絵を描くことやデザインが好きなので、ポスターも楽しく作りました。それが大きかったかなと思っています。これからも絵を描いていきたいです。ありがとうございました。

小澤 実冬
札幌市立西岡北中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
ポスター
受賞者の声

受賞したと言われて、とてもビックリしました。自分の作品を誰かに見てもらって、すこしでも情報モラル・セキュリティについて考えてもらえたらうれしいです。ポスターづくりで自分でも情報モラル・セキュリティについて考えることができてよかったと思いました。

永岡 芽生
札幌市立西岡北中学校 2年

優秀賞 <宮城県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター

眞壁 はるか
利府町立利府西中学校 2年

優秀賞 <公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団>
ポスター

今野 志保
宮城県涌谷高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
ポスター

吉田 彩乃
利府町立利府西中学校 1年

優秀賞 <秋田県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

ポスターでの受賞はあまりなくて、受賞された時はうれしかったです!こういったポスターは普段描くことはないので、コンクールに出して良かったと思っています。また出せる時があれば、全力でやっていきたいと思います!改めて、受賞、ありがとうございました!!

高橋 優奈
秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <秋田県警察本部生活安全部>
ポスター
受賞者の声

私は、あまり賞を取ったことがないので受賞してうれしいです。このような賞に選ばれたこと、とても光栄です。またこのような賞に選ばれるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

小沼 楓花
秋田県立矢島高等学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

私は今回、この賞をもらえて本当に嬉しく思っています。簡単にメッセージを送ることができるスマートフォンで、それが本当に送っても良い言葉なのか、描く私も改めて意識することができました。スマートフォンの使い方を再確認させるきっかけになればいいなと思います。

岩城 詩音
山形県立山形工業高等学校 1年

優秀賞 <茨城県知事公室女性青少年課>
ポスター

長谷川 志歩
つくば市立吾妻学園中学校 2年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
ポスター

伊藤 碧
つくば市立吾妻学園中学校 3年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
ポスター

小山 優輝
つくば市立吾妻学園中学校 2年

優秀賞 <栃木県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

現代社会の中、私たちはパスワードをいろいろな場面で使うことがあります。その中で安易に簡単なパスワードにしてないでしょうか?生年月日や名前など誰でも解けてしまいそうなものは悪用されることがあるので大変危険です。パスワードを流出させてしまい個人情報を知られてしまうという事は、自分そのものを盗まれたのと一緒です。そのおそろしさを知ってもらえたらという思いでこのポスターを描きました。

落合 颯唯
小山市立大谷中学校 2年

優秀賞 <群馬県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

私は、この作品のできごとがすごく身近なできごとだと感じ、それを「3秒前」という言葉でこれから起きそうなことを自分でとめようということを描いてみました。とてもシンプルな絵で、正直選ばれると思っていなかったのでとてもうれしかったです。これからも入賞できるように頑張っていこうと思いました。

関口 愛唯
みどり市立大間々中学校 2年

優秀賞 <埼玉県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

私の友達がSNSで悪口を言われて、とても嫌な思いをしているのを見てきたので、このようなポスターで、嫌な思いを減らすことができればいいなと思い、作りました。初めてパソコンでポスターを作ったので、勝手がわからなかったのですが、先生方に丁寧におしえてもらったので、納得のいくものができました。

冨岡 希恵
埼玉県立草加西高等学校 3年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

この作品は、悪質なサイトでのワンクリック詐欺が少しでも減ってほしいという思いで作りました。ワンクリック詐欺は請求などが来ても無視をすれば大丈夫ですが、そうではない巧妙なものもあります。そのためにもまず、「本当におしても良いか」と考えることが大切だと思います。インターネットは楽しいことで溢れていますがそれだけではありません。一度止まり考えるということを心掛けて被害に遭う人が減ると良いと思います。

後藤 心
川口市立元郷中学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

受賞することができ、大変嬉しく思います。このポスターで1人でも多くの人にインターネットが決して安全ではないことを認識してもらえれば幸いです。

五十幡 汐涼
学校法人市川学園 市川高等学校 1年

優秀賞 <千葉県高等学校教育研究会情報教育部会>
ポスター
受賞者の声

まさかこのような賞を頂けるとは思ってもいなかったので、大変驚いています。SNS上ではわずか数秒で送れる言葉でも、受けとる相手には一生残る心の傷を負わせるかもしれません。コミュニケーションが手軽になったからこそ、言葉の重みを考えるべきだと思います。“言葉のナイフ”で傷つく人が、このポスターで少しでも減ればいいなと思います。

清水 春佳
学校法人市川学園 市川高等学校 1年

優秀賞 <東京情報大学>
ポスター
受賞者の声

この度は、このような賞をいただき、大変嬉しく思います。インターネットというものはあっという間に拡散され、顔が見えない分、何でも書き込むことができます。だから、尚更1人1人のモラルが大事だと思います。これからも、インターネットを利用するときは、セキュリティ・モラルに注意して利用していきたいです。

長谷川 満由
千葉市立小中台中学校 2年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

優秀賞として警視庁の方に選んでいただき、とても驚きました。ありがとうございます。ネコとネズミでパスワードに関する危険性を描きました。実際、違うサイトで同じパスワードを使用している人は多いと思います。友人の間でも「面倒くさいから変えない」と話を聞くことが多いです。パスワードを少しずつ変えるだけでもセキュリティのレベルが全く違うと思うので、このポスターを見たことが改善のきっかけになれば幸いです。

髙橋 倭生
東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この度は一般社団法人東京都情報産業協会様より優秀賞をいただくことができ、とても嬉しく思います。制作しているうちに自分も情報モラルに関してよく気を付けなければと改めて考えることができました。

星野 天美
東京都立工芸高等学校 3年

優秀賞 <神奈川県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター

加山 華乃
川崎市立川崎総合科学高等学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター

春日 結衣
新潟明訓中学校 1年

優秀賞 <山梨県警察本部生活安全部生活安全捜査課>
ポスター
受賞者の声

まず、この賞をもらったと初めて聞いた時はおどろいたし、うれしかったです。私はスマホは持っていないけど、メールや調べ物をする時に使うパソコンやタブレットが家にあります。気を付けて使っているけど、いつ大きなトラブルに巻きこまれるか分からないので、これからもみんなと一緒にルールを守って楽しく利用したいです。

吉田 柊花
南アルプス市立落合小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人山梨県情報通信業協会>
ポスター
受賞者の声

この度はポスター部門での選考で優秀賞で受賞できたことをとても嬉しく思います。このポスターを描こうと思った理由は、学校の同級生や友達でした。誰にでも見られてしまうSNSで通っている学校、名前、年齢、顔写真が載っていて怖くなったことがきっかけでした。さらに怖かったのは、知らないうちに私の写真が載っていたことです。集合写真のようなもので、みんなで撮ったものでした。私の姿は小さいもののはっきりとわかるものでした。すぐに消されましたが怖かったです。私はSNSを使っていませんが小さなゆるみから漏れている音が聞こえるような気がしました。そして分かったのは自分自身だけではなく周りのゆるみをなくすことが必要だと知りました。そのゆるみを知ってもらおうと思いポスターを描こうと思いました。ポスターのイメージは、明るい画面を見ている目、きっと、明るくてキラキラしている世界が広がっているのでしょう。しかし、スマートフォンの蛇口はゆるんで少しづつ、少しづつ情報が漏れていく。蛇口をしっかり締めておけば漏れないのに…。というイメージで描きました。このポスターで少しでも気持ちとセキュリティのゆるみと、漏れに気づいてほしいです。

長田 ひかり
駿台甲府高等学校 2年

優秀賞 <長野県警察本部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

今回、情報に関心がありこのポスターを書きました。まさか長野県警察本部生活環境課の優秀賞になるとは思ってもいなかったのでとても嬉しいです。現在、インターネットがたくさん普及してきて調べたい事がすぐに調べられるようになりました。その反面、悪い情報も入ってきているので、良い情報と悪い情報を判断していく事がこれからの課題だと思います。

春原 秀歩
南箕輪村立南箕輪中学校 2年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
ポスター
受賞者の声

賞を頂きありがとうございました。携帯は大事なものなので、使いすぎないように心がけるということを少しユーモアを込めて描いてみました。

廣瀬 ジュリア
長野県須坂高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
ポスター
受賞者の声

携帯やスマホを持つときは「何の為に必要なのか」「どのように使うのか」をしっかり親子で話し合っておくのがいいと思います。例えば、連絡を取る相手を限定する。使用時間、アプリを決めるなどです。制限なく使うことは、リスクやトラブルの原因になると感じます。

稲田 爽太郎
南箕輪村立南箕輪中学校 2年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

パソコンやスマートフォンなどのインターネットは、沢山の情報が得られたり、友達にも必要な情報を共有できたりと大変便利です。しかし、メールや動画、インスタグラムからの何気ない一言が自分では気付かないうちに相手の心を深く傷付けてしまう等、使い方を間違えると、大変危険なものとなります。私は、まだその危険性に気付いていない人達にポスターを通じて、メッセージを届けられたらと思っています。

竹村 七星
南箕輪村立南箕輪中学校 1年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂きありがとうございます。この作品は、普段言われているスマートフォンやパソコン以外にも、接続することでUSBやSDカード、カメラがウイルスにかかってしまう危険があるということが伝わればと思い制作しました。これを見てくれた人が少しでも意識をして使用する人が増えてほしいです。

中島 梨絵
岐阜県立岐阜総合学園高等学校 3年

優秀賞 <静岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター

佐藤 南
浜松市立南部中学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただけたこととても嬉しく思います。近年、スマートフォンなどのIT機器は世界中で急速に普及、使用されています。それらは私たちに有益な情報を与えますが、使い方によっては私たちに害を与えるものでもあります。そのような問題をこのポスターで表現しました。情報モラル・セキュリティの意識向上につながれば幸いです。

髙林 あいり
静岡県立浜松工業高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人東海インターネット協議会>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞をいただき、大変嬉しく思います。匿名での投稿は誰でも気軽にコメントができる良い点があります。しかし、モラルを守れない人の場合、「匿名だからバレないだろう。」と歯止めが利かず、相手を傷付けるというような悪い点もあります。この作品を見て、SNSの使い方をもう一度見直してくれる人がいると嬉しいです。

川角 愛來
刈谷市立依佐美中学校 3年

優秀賞 <三重県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

「受賞したぞ。」と先生に言われた時、嬉しさのあまり何回もその場でジャンプしました!もっと良い作品にすることができたのではないか…という思いもありましたが、単純にこの賞をいただけたことがすごく嬉しくて幸せです!今回受賞したことをきっかけに、更に良い作品を描いていけるように精進していきます!

坂上 空優
伊勢市立倉田山中学校 3年

優秀賞 <滋賀県警察本部警務部>
ポスター
受賞者の声

今回は、受賞できて、本当に嬉しいです。私も、携帯を使う時間が長くなっていたので、このようなポスターにしました。これからは、気をつけていこうと思います。受賞できたので、頑張って描いて良かったです。ありがとうございました。

森野 湖春
大津市立北大路中学校 2年

優秀賞 <滋賀県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

私は、ポスター作品がえらばれるとは思わなくてびっくりしました。お母さんとお父さんもびっくりしていました。

船越 きらら
大津市立北大路中学校 2年

優秀賞 <京都府教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞をいただきとても嬉しく思います。みんなが安全で、楽しくSNSを使ってほしいという思いを込めて作ったので、このポスターを見た人が自分の行動を見直して個人情報を流出させないよう大切にしてほしいです。

田中 天花
京都府立大江高等学校 2年

優秀賞 <京都府警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

この経験をバネにして、もっとSNSの問題について考えていこうと思います。

縣 可恋
ノートルダム女学院高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」でこのような賞に選ばれるなんて思ってもいませんでした。本当にありがとうございます。私が作ったポスターは、ウイルスに気を付けようと言うものです。インターネットには恐ろしい事がたくさんあります。その中でもウイルスは気をつける事が必要です。インターネット利用にはウイルス感染の危険性がたくさんあるのでとくに使う人たちには気をつけてほしいです。

渡邉 さやか
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
ポスター
受賞者の声

自分の作品を選んでいただきありがとうございます。自分の作品を見た人が情報がもれている事を分かってくれ、少しでもはんざいやイジメ個人情報の流出が減れば良いなと思います。

中家 輝
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
ポスター

有賀 美咲
京都精華学園中学校 3年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
ポスター

藤原 実穂
京都精華学園中学校 3年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
ポスター
受賞者の声

まさかこのような賞をいただくことができるなんて思ってもいなかったのでとても驚きました。ネットでは相手の表情も確認ができないので自分は傷つけるつもりがなくても相手は傷つく場合があります。なので送る前には相手の気持ちを考えてから送って欲しいと思い今回このようなポスターを作らせていただきました。

髙原 里菜
京都翔英高等学校 1年

優秀賞 <大阪府警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

近年、SNS上での個人情報の取り扱いが問題となっているので、それをテーマにポスターを作成しました。有名なSNSの「Twitter」から鳥というイメージを得て、鳥が個人情報を運ぶ構図にしました。アナログの絵をデジタルにするときにパスツールを使ってやっていたのですが、パスが上手くいかなかったりして苦戦しました。今回このような賞をいただけて、大変光栄に思います。

宇野 夏希
大阪府立三国丘高等学校 1年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
ポスター
受賞者の声

コンセントを使用し、スマートフォンを充電するという軽はずみな行動を注意喚起する為に今回「盗電」をテーマに選びました。ポスターを作成する上で、スマートフォンやコンセントを擬人化し表情を付けることで盗む側と盗まれる側を表現しました。犯罪防止を訴える文字は赤色にし、大きく目立たせました。身近に感じる事が出来るように日常当たり前にある自動販売機を描きました。今回、賞を取ることができ、とても光栄です。

梅田 大夢
大阪府立三国丘高等学校 1年

優秀賞 <兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

今回、優秀賞を受賞しとても嬉しく思います。SNSなどのなりすましが多いので、少しでも騙される人が減ればいいな、という思いを込めてこのポスターを描きました。

村上 梨緒
兵庫県立龍野北高等学校 1年

優秀賞 <奈良県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

この作品は私の身近な人のことを思って描いた作品です。その人は文字どおり一日中スマホをさわっているような人です。私の描いたこの作品が、スマホを一日中さわっているような「スマホ中毒」の方にとって少しでもスマホ離れするきっかけになったらいいとなと思っています。このような素晴らしい賞をいただくことが出来て本当にうれしいです。

久郷 日菜乃
奈良県立奈良北高等学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
ポスター
受賞者の声

まさか私が情報モラルコンクールに受賞。この度は、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2017に受賞に選んで頂きありがとうございました。冒頭でも言ったとおり、数々の応募作品がある中での受賞だったので、意外で驚きました。この作品は私が日頃の生活から常に思っている事を絵に表現できました。皆さんはこの絵をどのようにとらえますか。あなたは虹に気づけますか。

樋野 花音
奈良県立生駒高等学校 1年

優秀賞 <和歌山県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

知らない内に画面の向こうからのぞかれている、見られているということをイメージして描きました。受賞できてうれしいです。ありがとうございます。

吉田 かほる
和歌山市立和歌山高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部>
ポスター
受賞者の声

このような賞を賜り、本当にありがとうございました。マウスで描いた作品だっただけに驚きが強かったのですが、知らない他人から個人情報を知られているという恐怖を伝えられることができ、嬉しく思います。今後もネットリテラシーの重要性を強く意識し、精進していきたいと思います。

田渕 梨花
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

最近、スマートフォンなどのいじめが問題になっていると聞きました。私のポスターを見た人に少しでも自分の書く言葉に責任を持ってほしいと伝わればと思いながら描きました。

灘脇 優絵
鳥取市立北中学校 2年

優秀賞 <鳥取県警察本部少年課>
ポスター
受賞者の声

最近、パスワードを相手に知られて、勝手になかを見られてしまう事件を聞きました。それを聞いて、適当にパスワードを決めてはならないと思いました。そして、それを上手に伝えるために、鎖となんきんじょうを使い、このことの重要さを表そうと思いました。今回は上手に表せれてよかったと思います。

大本 和花
鳥取市立北中学校 2年

優秀賞 <島根県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

受賞することができてとてもうれしいです。ネットトラブルを防ぐためにもセキュリティを万全にし個人情報を守っていくことが大事であることを伝えていければと思い作品を作りました。私の作品を見て少しでもセキュリティ意識の向上に繋げていけたらと思います。

森口 実香
島根県立浜田商業高等学校 3年

優秀賞 <岡山県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

今回、受賞するのは初めてだったので、とても光栄です。スマホ依存症やウイルス等を「スマホの波」に例えて、これ以上、その波にのみこまれる人が増えないでほしい、という思いで描きました。スマホは、すぐに相手と情報を共有することができて便利ですが、一歩間違えるとすぐに波にのみこまれてしまいます。だから、これを機会にスマホの怖さを知ってほしいです。

栗本 侑良
岡山大学教育学部附属中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
ポスター
受賞者の声

今回はこのような賞を頂き、ありがとうございます。私がこのポスターで表現したかったのは、「誰しもSNSを使用している上で、自分から情報を発信している」ということを忘れないでほしいという思いです。このポスターを見た人が、少しでも自分のSNSの使い方を振り返ってもらえればうれしいです。

栗元 愛莉
岡山県立高梁城南高等学校 1年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
ポスター
受賞者の声

今回、このコンクールでこのような賞を受賞できてとても嬉しかったです。コンピュータ関係は得意じゃないので、マウスで描くのは大変な作業でした。でも、こうして自分の伝えたいことをポスターという形で表現して、それが認められたことが本当に嬉しいです。

石井 伶奈
岡山県立新見高等学校南校地 1年

優秀賞 <広島県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

今回この、「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で優秀賞をとることができたので、とてもうれしいです。このポスターは、ネットでのいじめをテーマに描いたものです。ネットでのいじめはその人をきずつけるだけでなく、なかなか簡単に消すことができるものではありません。だから、私は、そのようなこと、いじめがなくなることを願い、このポスターを描き上げました。

荒川 璃梨香
大竹市立小方中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

今回受賞できてとてもうれしいです。作品をつくりながらセキュリティについてしっかりと考えることができたのでよかったです。とても楽しく製作することができました。

大西 那奈
熊野町立熊野中学校 3年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
ポスター
受賞者の声

みんなに注意してもらいたかったことなので、賞がとれてよかったです。

緒方 真珠
熊野町立熊野中学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

今回このような素晴らしい賞をいただき大変うれしいです。この作品は、昔、私自身が無意識にサイトを押して、変なページを開いてしまった経験から書きました。これを見て、誰もが「押す前に考えること」を習慣づけられたらいいなと思います。

寒竹 美友
宇部フロンティア大学付属中学校 3年

優秀賞 <徳島県警察本部サイバー犯罪対策室>
ポスター
受賞者の声

正直、受賞されると思っていなかったのでとてもうれしいです。セキュリティに関することは興味をもっているので、パスワードについてかこうと思いました。自分自身パスワードを大切にしていて、パスワードはかぎのようなものと思ったのでかぎをかきました。パスワードは自分を守るかぎなのでしっかり自分で守っていきたいです。

木本 百南
鳴門市第一中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

この絵は、家族や友人などのSNSや通話アプリなどの個人情報がのっとられ、偽りの人物からメッセージが送られた時、本当に信用して良いのかという、防犯意識を高めるために描きました。そして受賞されたことは、とてもうれしく思います。賞がとれると期待していなかったのでとても良かったです。

岸上 怜
鳴門市第一中学校 2年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
ポスター
受賞者の声

この度、賞を頂き、大変嬉しく思います。私もSNSを利用していて、知り合いの人や、まったく知らない人が、在学中の学校名や本名、顔などのとても大事な個人情報を軽々しく載せているのをよく見ます。そういったことを載せるのはとても危険なことですから、1人でも載せる人が減ればいいと思いました。最後に、すばらしい賞をありがとうございました。

新見 歩乃佳
鳴門市第一中学校 2年

優秀賞 <香川県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

大切な個人情報などのデータをちょうど夏だったので、スイカに置きかえてみました。そして、現実にはありえませんが、データを抜きとられていく様子をありで表現しました。このありを書くのがとても難しかったです。1枚の紙の中に、パソコンやすいか、あり、文字を配置するのにも悩みました。ありをどの辺りから歩かせるか何度も描き直しました。文字をもっと上手に描けるようになりたいです。パッと見て少しでも人の心に残ってくれればいいなと思います。

白川 さくら
大手前丸亀中学校 2年

優秀賞 <情報通信交流館>
ポスター
受賞者の声

この度は、私の作品を優秀賞に選んで下さり、ありがとうございます。「安易な書き込みよく考えて。」これまでも様々なSNSに関する事件が多発してきました。全ての発端はこの安易な書き込みによるものです。それをする事でその書き込みを見た人が傷ついたり、様々な犯罪に巻き込まれる可能性があるよという意味を込めて「あいつきえろ」の文字にヒビを入れました。私達が描いたこの作品を沢山の人に見ていただき、改めてSNSに書きこむ危険性を理解し、今後SNSに関する事件が無くなることを祈っています。

末本 琴乃
香川県立高松工芸高等学校 3年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
ポスター
受賞者の声

この度は受賞ありがとうございます。色々なネットトラブルがあるのを知ってもらい、ネットトラブルや歩きスマホの怖さを私の作品を通して伝わればいいなと思っています。

忰山 明音
香川県立高松工芸高等学校 1年

優秀賞 <愛媛県警察本部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

この度、このような賞をいただきうれしく思います。インターネットやSNSが広く普及している世の中では便利なことが多い反面、情報が漏れてしまう恐さもあります。事件などにまきこまれないように、私も含め、周りの人みんなが気をつけなければいけないと思います。そこから一番身近な通信機器であるスマホを描きました。また、IDや名前、住所などスマホから漏れる恐れのある個人情報に鍵をつけて守っている様子を表しました。

濵田 夢路
愛南町立御荘中学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
ポスター
受賞者の声

私は、自分が正しく安全にインターネットを使用できているかを振り返りながらポスターを製作しました。迷惑メールやネット上のデマなど、意外と身近な所に危険が潜んでいることに改めて気付き、一人ひとりが自分自身を見つめ直すことが大切だと思いました。私は、関係が無いと思う人が少しでも減り全ての人が安全に暮らせる世の中を目指していこうという想いを込めて作りました。

安藤 聡子
久万高原町立久万中学校 3年

優秀賞 <高知県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

正直、まさか自分の作品がこのような賞をいただけるとは思っていませんでした。賞をいただけたと聞いた時は、とても嬉しかったです。このポスターで、依存する人が少しでも減ってくれればいいと思います。

小田 理央
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <高知県警察本部生活安全部>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を受賞することができ大変喜ばしく思います。近年、日常にあって当たり前、誰もが簡単に使用することができるスマホ。便利で使い易い分、危険な面もあります。操作一つで取り返しのつかないことになります。それを回避するためにも、その画面の内容だけでなく、これから行おうとしていることがどのような状況に繋がるかなど先のことを考える必要があります。ポスターを作成しながら、自分もこれから気を付けていきたいと思いました。このポスターで、少しでも皆さんがすぐ目の前にある危険について考えて頂けたら幸いです。

門田 華歩
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

まさか賞を取れるとは思っていませんでしたが、一生懸命作り上げた作品に好評をいただけて嬉しいです。

長山 美月
高知商業高等学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

私には、つい言ってしまった心無い発言で、大切な人を傷つけた経験があります。また、「ネットだから」という気軽さで、さらにそういったことが起きやすくなった、という話も耳にします。傷ついた人の涙を強調したかったので目のアップのデザインにして、大切な人を傷つけたくない、という思いをこの作品に込めました。まずは自分がそんな行動をやめることで、周りにも広げていけたら、と思っています。

松本 風乃
糸島市立二丈中学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

この度は、優秀賞に選んでいただき、ありがとうございます。高校生最後に賞が取れ、嬉しく思います。「ながらスマホ」は自分の身の危険だけでなく、他の人に迷惑をかける行為なのでやめてほしいなと思い描きました。自分を優先するのではなく、他の人の妨げにならないよう思いやりの心を持って行動すれば大きな事故にもならないはずです。「ながらスマホ」は危険だと理解し、少しずつでもいいので、減っていけばいいなと思いました。

森 奈々
真颯館高等学校 3年

優秀賞 <福岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

去年、今年賞を頂きました。今年も受賞するとは思いませんでした。ありがとうございます。ネット上での被害が減ると良いですね。これからも良い作品を見つけていって下さい。

中屋敷 真祐
真颯館高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
ポスター
受賞者の声

この前テレビでSNSに投稿した写真から指紋を分析され、情報が漏れてしまうという番組がありました。それがきっかけでこのポスターを描きました。私たちの身近にあるケータイなどの情報端末にひそむ危険を多くの人が理解し、防止できるようになってほしいと思います。将来情報端末を扱う場合は安全に、楽しく使用していきたいです。

野口 美玖
みやき町立北茂安中学校 2年

優秀賞 <長崎県警察本部>
ポスター
受賞者の声

高校生になって、情報の授業がはじまり、自分の日ごろの情報社会との向き合い方を考える機会が増えた。そこで、いちばん身近な、スマホとの関係について見直し、自分が思っていることをポスターに表現できたことは、良い経験になったと思う。

酒元 菜々
長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

今までパソコンを使うという経験があまりなくて、パソコンでポスター作品を製作するのも初めての経験でした。最初は使い方がわからず戸惑う所もたくさんありました。それでも先生や友達に教わりながら満足のいく作品ができました。パソコンやスマートフォンなどの電子機器を正しく使えるよう私自身も知識を増やし頑張ろうと思います。

川添 梨々花
長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
ポスター
受賞者の声

ガードが固いスマホみたいなイメージで製作しました。最初はウイルス対策ソフトを人の形を使って表現しようと思っていましたがスマホ自体を人にした方がイメージが伝わりやすいと思ってこの形にしました。

山村 龍成
長崎県立佐世保北高等学校 1年

優秀賞 <熊本県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

今回の受賞がきっかけとなり他の方の作品にもふれることができて、自分にないアイディアに、あっとおどろかされました。これから絵を描いていく中で参考にして、今以上に納得のいく作品が描けるように頑張りたいと思います。

鳥井 音伽
熊本市立錦ヶ丘中学校 1年

優秀賞 <宮崎県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

私はSNSは世界中の人とコミュニケーションがとれたり情報を得ることが出来る便利なものだと思いますが、その反面1度SNSに投稿した情報はほぼ削除することができず、無限に拡散され、世界中の人々が目にすることを、みんなに再度認識してほしく、この作品をかきました。今回、受賞してたくさんの人にこの作品をみてもらい、私のメッセージが伝えられたらうれしいです。

兒玉 彩花
宮崎市立赤江中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
ポスター
受賞者の声

このポスターを描いているときに情報モラルのことを深く考えることができて、良い機会だったなと思いました。そして、このような賞をもらえて、中学生の最後の良い思い出になりました。

御筆 満里奈
宮崎市立檍中学校 3年

優秀賞 <鹿児島県警察本部生活安全部生活環境課>
ポスター
受賞者の声

この度、このような素晴らしい賞を頂き、大変嬉しく思います。このコンクールを通して、情報セキュリティについて見直すことができました。このポスターが多くの人の目にとまり、情報セキュリティの大切さに気付いてもらえたらと思います。本当にありがとうございました。

東 春菜
鹿児島県立鹿児島工業高等学校 3年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
ポスター
受賞者の声

今回、優秀賞に選んでいただきありがとうございました。このような賞をいただけるとは思っていなかったのでとても嬉しく思っています。この作品を製作することで自分のパスワードを見直そうと思ったのでこのポスターを見た人にもそう思ってもらえれば幸いです。

宮久保 李奈
鹿児島県立鹿児島工業高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
ポスター
受賞者の声

子どもから大人までスマホを使っていて人が話しているのにスマホを見ている人、ながらスマホをしている人を多く見かけます。スマホの中だけを見ず周りもしっかり見てほしいという思いでこのポスターを描きました。私のポスターを見て、スマホだけでなく周りにも目を向けてくれる人が増えるといいなと思います。

山下 和栞
姶良市立帖佐中学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITかごしま支援隊>
ポスター
受賞者の声

この度は、大変名誉な賞を頂きまして、誠にありがとうございました。今回、賞を頂いた作品は、私たちがSNSなどの情報社会の中で生活する上で発生するウイルスを止める、ブロックするということを表した作品です。この作品を見て、多くの方々に情報モラル・セキュリティについて、少しでも考えてくれたら嬉しいなと思いました。今回の受賞は、私にとって大きな励みになりました。本当にありがとうございました。

久木崎 果南
鹿児島県立川内商工高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
ポスター

岩元 愛
鹿児島県立隼人工業高等学校 2年

優秀賞 <沖縄県>
ポスター
受賞者の声

特に力を入れた所は、ピクトグラムのようにそれぞれの注意喚起を簡略した所です。パッとみただけでも内容が通じるように心がけました。他には、背景に二進数をいれて、ピクトグラム+文字とかぶらないようにした所です。

上原 千忠
沖縄県立豊見城高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県警察本部サイバー犯罪対策課>
ポスター
受賞者の声

今回、この作品を作っている時たまたまデータが消える悲しみというかんれんで、とあるゲームでみなさんがけいけんしたことがあるであろうことを思い出しました。ゲームデータのロストというものはいままでの事が水の泡になるということでこれはネットの世界でもあることです。しかもそれが意図的にやられていることであればその悲しみはただのゲームとでは比較になりません。そうならないためにも昔やっていたゲームのように、またそれ以上にネットでは気を付けなければならないということを表しました。

仁井田 将宗
沖縄県立豊見城高等学校 3年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
ポスター
受賞者の声

こんな小学生みたいな絵なのに、受賞して自分自身大変驚いています。グローバルな絵がみんなに伝わると嬉しいです。

翁長 春華
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人フロム沖縄推進機構>
ポスター
受賞者の声

今回、このような賞を頂くことができとても光栄に思います。楽しく好きなように、でも精一杯にパスワードの大事さを伝えたポスターなので一人でも多くの人に見てもらい、そして少しでも考え行動に移してもらえればうれしいです。本当にありがとうございます。

伊地 華鈴
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること