1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 優秀賞(標語部門)

標語部門

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

私は情報の授業で習うまでSNSとはどのようなものなのか、使ったらどのような影響が出るのかわかりませんでした。でも教えてもらいこわいものだと知りました。SNSは正しく利用すれば、生活において、便利だと思います。しかし、悪口などのまちがえた使い方をしている人がたくさんいるので、その人たちにこわさを知ってもらいたいです。

岸 花葉子
千葉県 日出学園小学校 5年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語
受賞者の声

今回の標語には、たくさんの人達に少しでも後悔のないようインターネットと向き合ってほしいという願いを込めました。これを通して今ご覧になっている皆様にもこの思いが伝わればと思っています。

中西 優菜
愛知県 豊川市立西部中学校 2年

優秀賞 <独立行政法人情報処理推進機構>
標語

大津 佑郁
宮崎県 宮崎県立都城農業高等学校 2年

優秀賞 <警察庁>
標語
受賞者の声

この標語は僕がインターネットを利用しているときに心がけていることを書きました。この標語にもあるようにエンターキーを確認もなく押してしまうと取り返しのつかないことになってしまいますので一人でもインターネットを利用した苦い思いをしてほしくないと思います。受賞できてよかったです。

秋元 駿平
静岡県 日本大学三島高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人組込みシステム技術協会>
標語
受賞者の声

SNSとは、いつでも、どこでも、だれとでもつながれる夢のようなものだと自分は考えます。夢のようなものということは皆手に入れたがるはずです。実際、SNSを利用する人は非常に多いようです。ですが、利用する人が多いとなれば人の数だけ考え方があると自分は感じます。中には自分の考えと正反対の人もいるでしょう。なので、SNSを利用する際にはそのことを忘れず、書き込む、返信する時にはモラルと思いやりを意識するきっかけにこの標語がなればいいと思います。

関川 正太
神奈川県 神奈川県立相模原総合高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア協会>
標語
受賞者の声

私がこの標語にたどりついたのは、私たちはスマートフォンに囚われてしまっていると思ったからです。囚われてしまった際には、まわりを一度見まわすことが肝心。しかし、そうだとわかっていてもできない。その結果、自分を見失ってしまっています。スマートフォンという機械はなくなりません、だからこそ私たちが今できること、未来のために使い方を確立していくことが今後重要になってくると私は思います。「使われる」から「使う」へと変えていくことが大切です。

守屋 勇希
大阪府 東大谷高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会>
標語
受賞者の声

優秀賞に選んで頂き、ありがとうございます。SNSなどインターネットを利用した事件が発生して被害にあう人がたくさんいます。インターネットを利用する人が、モラル意識を高めることにより、現実の世界の安全が守られるという願いを込めて考えた標語です。

松村 康生
群馬県 渋川市立子持中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター>
標語
受賞者の声

この度は素晴らしい賞を受賞することができ、誠にうれしく思います。先日、中学校の先生が開いてくださった情報モラルに関する授業で、私は「簡単な気持ちで書き込みをしてはいけない」「簡単な気持ちで悪口を書いてはいけない」などとネットについての知識を改めて理解できました。これらの経験から、インターネットを使用する場合には、さまざまな面に注意し、これからも安全に活用していきたいと思います。ありがとうございました。

増子 恵
福島県 本宮市立本宮第二中学校 1年

優秀賞 <一般社団法人情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

普段の学校生活において、あまり考えたことがない「情報モラル・セキュリティ」に関して、家族と話し合ったり、インターネットで被害者の実体験などを調べて、これらの重要性について、知ることができました。僕たち高校生にとっては、あまり身近に感じられない話題ですが、いつ被害者になり得るか、また、加害者になり得るか分からないので、この標語を通じて、皆さんも同じように、これらの重要性を認識してくれたら幸いです。

中山 直哉
兵庫県 兵庫県立長田高等学校 2年

優秀賞 <一般社団法人全国地域情報産業団体連合会>
標語
受賞者の声

先生から賞を取ったと聞かされた時は、まさか自分が賞を取るとは思ってなかったので、思わず耳を疑いました。この標語は、歩きスマホをしている人や、日常生活でスマホばかりを眺めてる人へのメッセージとして書きました。これを読んで、画面の中の小さな世界にばかりとじこもらず、外の広い世界に目を向けられる人が一人でも増えたら幸いです。今回はこのような賞を下さり、ありがとうございました。

古藤 龍弥
神奈川県 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人日本教育情報化振興会>
標語
受賞者の声

受賞してとても驚いています。この標語が受賞され、自分が思うことはこれからはネットの使い方というのがとても大切なんだなということです。ネットはとても便利なものです。しかし、ネットは発信力が高く、相手を特定するのが非常に難しいです。ネットを使うとき、少し怪しいと思ってもまあいいやと思い、そのまま進むと大変なことになる可能性があります。そんな状況になるのを防ぐため、普段から怪しいかどうかを判別することが必要だと思います。

佐古 祐希
岡山県 岡山大学教育学部附属中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会>
標語
受賞者の声

国語科の先生から呼ばれて、「最終選考に残っている。」という知らせを受賞する前に受けました。この知らせを受けてから入賞するか、しないかの結果が早く来ないか気になってました。そして、先生から受賞の通知を受けました。この僕の作品が全国の小学校、中学校・高校・専門学校の70,249点の応募の中から優秀賞に選ばれたという結果に驚きとうれしさで心がいっぱいです。僕の作品を栄誉ある賞に選んでいただいてありがとうございます。

菊池 誉
青森県 むつ市立むつ中学校 1年

優秀賞 <公益社団法人日本PTA全国協議会>
標語
受賞者の声

私は、飲食店など公共の場におとずれたときに、周りを見たら、スマートフォンに夢中になっている人たちが多くいました。でも、友達と来ているのに、なぜ、スマートフォンばかり見ているのかすごく違和感を感じました。その時にふと思ったことを標語にしてみました。私もたまに、友達といるときに、スマートフォンをさわってしまうことがあるので、この標語を思い出して気をつけていきたいです。

中井 彩楓
大阪府 大阪教育大学附属平野中学校 1年

優秀賞 <フィッシング対策協議会「STOP. THINK. CONNECT.」>
標語

永岡 咲和
神奈川県 寒川町立小谷小学校 6年

優秀賞 <モバイルコンピューティング推進コンソーシアム>
標語

伊藤 信敬
愛媛県 愛媛県立松山南高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITコーディネータ協会>
標語
受賞者の声

受賞したことを聞いた時はとても嬉しかったです。今回の題材は今まであまり考えることが無いようなことだったので伝えられるかどうか不安でした。私は情報モラルという言葉の意味を知らなかったので他の方にも知ってもらいたいと思いました。情報モラルとは、人が情報を扱う上で求められる道徳という意味でした。私はこの情報モラルを考えてもらいたいと思い標語を考えました。情報モラルの考え方がもっと広まってほしいです。

近藤 有咲
広島県 広島市立広島商業高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会>
標語
受賞者の声

僕がこの標語を考えた理由は講演会で「ネットサーフォン」のお話をされていた事です。ネットサーフィンのお話は一番印象に残っており、現実のサーフィンとあまり変わらないなと思いました。そこで、悪質サイトをサーフィンにはあまり良くない波に例えて、今回の標語が完成しました。自分でもとても驚いています。

村上 諒耶
島根県 島根県立津和野高等学校 1年

優秀賞 <株式会社ウェブテクノロジ・コム>
標語
受賞者の声

ぼくはももてつのゲームがすきです。でも、ゲームよりもすきなのは、家ぞくです。家ぞくの中では、お母さんが一ばんすきです。すきな理由は毎日おいしいごはんを作ったりして家ぞくのためにいろいろしてくれるからです。お母さんとハグすると、すごくうれしい気もちになります。また、お母さんのえ顔を見てもうれしい気もちになるのでひょう語を書きました。

中野 太雅
鹿児島県 鹿児島市立吉田小学校 2年

優秀賞 <ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社>
標語
受賞者の声

このような賞をいただき、ありがとうございます。今では当たり前のように生活の必需品となっているスマートフォンなどのコミュニケーションツール。非常に便利な物であると同時に同じくらい危険な物であることも事実であり、たった一言、たった一枚の写真や画像でもトラブルになってしまいます。数多くのSNSがある中、多くの人気を集めたいがために人権を侵害、プライバシーを侵害するような書き込み、投稿、写真などが出回っており、人気を集めたいのは分かりますが、もっと正しく扱うべきだと思いました。

野上 眞人
三重県 三重県立桑名工業高等学校 3年

優秀賞 <株式会社カスペルスキー>
標語
受賞者の声

標語ということだったので、情報モラル・セキュリティについての自分の意見をどのように表現すればよいのか散々悩みました。悩んだ末、「セキュリティは何のためにあるんだろう」と、ふと疑問に思い、それに対し、自分の情報、つまり、秘密を守るためにあるという答えを出しました。そのことをみんなにわかりやすく伝えるため、今回の標語を作成しました。受賞することができて、大変嬉しいです。

靏田 健吾
長崎県 長崎県立諫早商業高等学校 2年

優秀賞 <実教出版株式会社>
標語
受賞者の声

今回はこのような賞を受賞することができ、とてもうれしく思います。学校の授業で高校生のスマートフォン利用状況を調べたところ、多くの人がスマートフォンをゲームやYoutube等、電話・メール以外の事で使っているようです。僕はよく「オレは無課金だから」とか「このゲームは無料」といった声を耳にしますが、たしかにお金は費やしていないでしょうが、時間は費やしています。大げさにいうと自分の人生をそのゲームに費やしている、つまり時間を課金していることになります。なぜなら自分の人生はお金では買えません。僕は1日1時間を自分の財産のように大切にして生きていきたいと思います。皆さんも大切な自分の人生、ゲームに廃課金していませんか?

石田 海哉
神奈川県 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 1年

優秀賞 <株式会社シマンテック>
標語
受賞者の声

僕が選ばれたと聞いてとても驚きましたが、すごく嬉しいです。来年も賞を取れるように頑張りたいと思います。

佐藤 謙
宮城県 大崎市立田尻中学校 2年

優秀賞 <ソースネクスト株式会社>
標語
受賞者の声

パスワードがあるだけでじょうほうがみられるのがふせげるのでパスワードの大切さを知らせようと思いかきました。標語作品での受賞は初めてなのでうれしかったです。

松田 成翔
熊本県 相良村立相良南小学校 5年

優秀賞 <株式会社ディー・エヌ・エー>
標語
受賞者の声

親しい友人でも顔を見て声を聞き話すのと画面ごしに文字だけ話すのでは気持ちの伝わり方が全然違うということを多くの人に気付いてほしいと思いました。自分では気持ちを理解していても伝え方によって相手に誤解を生むこともあります。そのため言葉を伝える前には受け取った相手がどんな気持ちになるかを考えて言葉選びや伝え方を見直し誤解やトラブルを招かないよう一人ひとりが気を付けることが出来れば良いと思います。

仲川 結
新潟県 新潟県立佐渡総合高等学校 3年

優秀賞 <デジタルアーツ株式会社>
標語
受賞者の声

今回の標語コンクールでの受賞を大変うれしく思います。情報があふれている世の中で自分の考えや判断で正しい情報を読みとる力を養いたいと思い、応募しました。

二宮 勇大
香川県 香川県立高松桜井高等学校 1年

優秀賞 <トレンドマイクロ株式会社>
標語
受賞者の声

このような賞をいただきありがとうございます。この標語を作るにあたって、スマホとは、とても便利な物だが、その光は、ブルーライトという、とても体に悪いものなので、スマホは最小限にして、日光をたくさんあびようと思いました。

藤郷 真幸
鹿児島県 鹿児島市立皇徳寺中学校 1年

優秀賞 <株式会社ネットワールド>
標語
受賞者の声

今回はこのような素晴らしい賞をいただきとてもうれしく思っています。この標語は情報モラルの学習のまとめとして作りました。スマホを使うときでも、ご飯になったらスマホを置いて、家族と会話をしたり、作ってくれた料理を味わったりしてほしいと思ってこの標語を作りました。

小池 高聖
群馬県 東吾妻町立岩島小学校 5年

優秀賞 <BBソフトサービス株式会社>
標語
受賞者の声

「○○(キャラクター名) 画像」と検索すると誰が描いたかわからない画像がたくさん出てきます。以前はその中で好みのものがあるとすぐ保存をしていましたが授業で著作権のことを学習してから、本当にこれは良いのだろうかと考えるようになりました。それから、私が「拾い画」だと思っていたイラストや写真にも作者がいるんだと意識するようになり今回の標語をつくりました。これを少しでも多くの人に知ってもらいたいです。

遠藤 晴華
鳥取県 鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <マカフィー株式会社>
標語
受賞者の声

この度は、私の「育てよう情報社会を生き抜く力」という作品を、沢山の応募作品の中から優秀賞に選んでいただき、誠に有り難うございます。今回の受賞を聞いて、正直驚きましたが、大変嬉しく思います。私はこのコンクールの応募を機に、情報モラルについての考えを深め、また、作品で書いたように、情報社会を生きていく上での基礎や、沢山の情報が飛び交う中での善悪の判断力などを育んでいきたいと思います。

金子 真己
山梨県 山梨県立都留興譲館高等学校 2年

優秀賞 <LINE株式会社>
標語
受賞者の声

今の時代 人の名前を検索したらその人の情報などが簡単に出てきます。だからSNSに自分の情報を載せたり他の人の情報のあつかいには十分注意してほしいという思いでこの標語を書きました。このようなすばらしい賞に選んでいただいてとてもうれしいです。ありがとうございました。

鶴﨑 藍音
大分県 臼杵市立北中学校 3年

優秀賞 <株式会社ラック>
標語
受賞者の声

自分の作品が選ばれると思っていなかったので、受賞の案内を知りとても驚きました。情報セキュリティについて考えることはめったにないことなので、標語を考えたことはよい機会でした。

斉藤 菜々子
千葉県 千葉県立八千代東高等学校 1年

優秀賞 <北海道警察サイバーセキュリティ対策本部>
標語

谷口 優里菜
北海道札幌北高等学校 定時制 1年

優秀賞 <札幌市教育委員会>
標語
受賞者の声

まちがってゴーストアプリに入ってお金の請求や迷惑メールなどでこうかいしてほしくないのでこの単語を使いました。この標語を読んで少しでもゴーストアプリに気をつけてくれればいいと思いました。

早坂 音温
札幌市立美香保中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人北海道情報システム産業協会>
標語
受賞者の声

まさか受賞できるとは、全く思っていなかったのでうれしい反面とても不思議です。この作品は著作権のことを詳しく知って少しでも著作権を侵害する人が少なくなれば良いなと思い書きました。

林 尚汰
札幌市立美香保中学校 2年

優秀賞 <青森県警察本部生活安全部保安課>
標語
受賞者の声

今回、優秀賞に選ばれたというのを聞いてとてもおどろきました。「合言葉(パスワード)」は、スマホとスマホを使っている人との2人で守る秘密だと思ってこの標語を作りました。スマホの中には、個人情報がたくさん入っていると思うので「合言葉(パスワード)」を誰にも漏らさず秘密にして、個人情報を守っていってほしいです。

坪 優希
むつ市立むつ中学校 1年

優秀賞 <岩手県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

今回、「情報モラル・セキュリティコンクール」において受賞できたことがとてもうれしいです。現在、インターネットによる犯罪被害が増加していることをよく耳にします。そんなときに、自分の情報を守ってくれるパスワードを、慎重に考え、自分でしっかり管理することによって、犯罪の被害にあう人が減っていくとうれしいです。

千葉 陽太
花巻市立花巻北中学校 3年

優秀賞 <岩手県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

私は、インターネットは便利でも、相手のことをあまり知らないまま、知らないうちに傷つけてしまうこわいものだと思います。しかし、私も大人になるとスマートフォンなどでインターネットに関わることが多くなると思うので、自分のためにも相手のためにもしっかりルールを守って使おうと思います。インターネットは間違えればこわいこともありますが、正しく使えばとても便利です。

菅原 梨紗
一関市立新沼小学校 6年

優秀賞 <宮城県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

今回、このような賞を取れて嬉しく思っています。私は、スマートフォンを持っていませんが、よく周りの皆が使用しているのを見かけます。スマートフォンを使うのはいいけれど、使用する時は注意することがたくさんあると思います。私も、もう少しでスマートフォンを持つと思います。スマートフォンでのルールやマナーをしっかり守り、日頃から気を付けたいと思います。

佐野 美恵
大崎市立田尻中学校 2年

優秀賞 <公益財団法人仙台応用情報学研究振興財団>
標語

舟山 裕棋
仙台市立袋原小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人宮城県情報サービス産業協会>
標語

加藤 大晴
宮城県涌谷高等学校 1年

優秀賞 <秋田県警察本部生活安全部>
標語

大信田 ななか
仙北市立角館中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人秋田県情報産業協会>
標語

佐藤 保朗
仙北市立角館中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人秋田県情報産業協会>
標語
受賞者の声

インターネットの怖さについて、自分の思うことをそのまままとめました。利用していても、SNSや掲示板では、相手の表情が見えないので、マナーを守って利用してほしいです。

納家 聖弥
秋田市立下浜中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人秋田県情報産業協会>
標語
受賞者の声

インターネットなどを利用するときは、油断をしないで、しっかりと注意して使ってほしいと思い、つくりました。これから利用する機会が増えると思うので、相手のことを考えて利用していきたいです。

大友 聖磨
秋田市立下浜中学校 2年

優秀賞 <山形県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

自分の作品が受賞すると思ってもいなかったので、今回このような賞をいただいて本当に嬉しいです。私たちが普段使っているインターネットは、使い方を間違えれば大変な事になることもあります。だから、正しい使い方をして、楽しく安全にインターネットを利用したいです。

菅原 絢
山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <山形県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

自分の心からの気持ちを伝えるには、文字より自分の言葉で言うのが良いと思います。私も文字で送られるより口で言われた方がうれしいです。これからも言葉で伝えるよう心がけていきたいです。今回受賞できて本当にうれしかったです。ありがとうございました。

田岡 蘭
山形県立酒田光陵高等学校 1年

優秀賞 <茨城県知事公室女性青少年課>
標語
受賞者の声

今回、情報モラルについての標語を考えることで今一度スマートフォン等の情報機器の危険性を再認識することができた。いつでもそのリスクと危険性を考えて正しく情報機器を利用していこうと強く思った。

山野 尋生
清真学園高等学校 1年

優秀賞 <茨城県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

ぼくの学校は、日本で最初にコンピュータ学習を取り入れた学校です。例えば調べものをしたり、パソコンでまとめたり、発表したりしています。今はまだSNSは使ったことはないけれど、将来使うようになったら、楽しく安全に使いたいと思い、この標語を考えました。受賞できてうれしかったです。

西野 健太
つくば市立竹園東小学校 4年

優秀賞 <茨城県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私は表彰されることがあまりなかったので、今回受賞できてとてもうれしいです。今回の表彰を機に情報モラルに気をつけてスマートフォンを使っていきたいです。

香取 大悟
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

今回、受賞することができ、嬉しく思います。他の受賞された方に比べると、「気をつけよう」や「個人情報の扱い」などといった堅い言葉が入っておらず、若干の緩さが自分の標語に表れていると思います。先日、WHOがネットゲーム依存を疾病指定する方針のようですが、募集された標語がネットやゲームなどの使用方法への注意喚起になればと思います。

杉山 諒丞
茨城県立並木中等教育学校 1年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

今はネットが高校生の中で当たり前になっていて誰もが情報を発信できる時代です。誰もが見られる場所なので、軽い気持ちで発信した言葉が相手を傷つけてしまうかもしれません。今、ネットでも公共の場ということを頭において発言しなくてはならない。

柳田 優花
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部高校教育課>
標語
受賞者の声

受賞することができて本当に嬉しいです。スマートフォンを扱う人には情報モラルをしっかり持つことが重要だと思ってこの標語を作りました。現在、スマートフォンについての問題が絶えないので少しでもこの標語でモラルを気にする人が多くなるといいと思います。

大木 雅斗
茨城県立並木中等教育学校 1年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
標語

安藤 輝
神栖市立矢田部小学校 5年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
標語

安藤 成真
神栖市立矢田部小学校 5年

優秀賞 <茨城県教育庁学校教育部義務教育課>
標語

吉川 麻奈美
神栖市立矢田部小学校 6年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語

中島 一翔
清真学園高等学校 1年

優秀賞 <茨城県メディア教育指導員連絡会>
標語

鈴木 さくら
清真学園高等学校 1年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

自分がこの標語を考えたきっかけは、スマホのアカウントのパスワードを忘れかけたとき友達は「他のと同じパスワードと同じだから忘れない」と言われた時に、ふと気になった自分の心情を標語として表しました。

内田 輝弥
茨城県立下妻第二高等学校 2年

優秀賞 <茨城県情報通信ネットワークセキュリティ協議会>
標語

長谷川 真尋
神栖市立矢田部小学校 6年

優秀賞 <栃木県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

情報化社会となった現在、ボタン1つで世界につながる扉は簡単に開くようになりました。その便利さの裏には必ず危険も存在するという事を常に意識してなければいけません。ほんの小さな日常のほんのささいな一言も瞬時に全世界へと拡散され、二度と消す事は出来なくなります。自分の行動、言葉に責任を持ち、今一度確認する大切さを忘れてはならないと思います。

岩佐 雅
栃木県立宇都宮女子高等学校 1年

優秀賞 <栃木県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

これからの情報社会、ネット社会において、一人一人が情報モラルを知り、守っていくことが、幼児から高齢者全ての人々が楽しく、日々の生活に生かせるのではないかと思い「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」に応募しました。優秀賞をとれると思っていなかったので、最初はびっくりしました。優秀賞をとれて、うれしい気持ちでいっぱいです。

荒井 奈都美
宇都宮市立晃陽中学校 3年

優秀賞 <群馬県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語

松村 侑真
渋川市立金島小学校 5年

優秀賞 <埼玉県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私はスマホを持っていません。ですが、スマホを持っていない私でも分かるくらいスマホやインターネットは使い方をまちがえると危険な物です。今も便利な物ですが5年後、10年後にはさらに進歩していくと思います。便利になるという事は「悪用する人も多くでてくるのでは?」と思っています。そんな時、私の標語を見てスマホやインターネットにひそむ闇の怖さを再確認してくれたらうれしいです。

齊藤 幸葵
熊谷市立大里中学校 2年

優秀賞 <公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

受賞できたことはとても嬉しいです。情報社会となる今、モラルについて考えることが多くの活動によって、大切だと認識されていくことを願っています。

安藤 颯人
立教新座高等学校 2年

優秀賞 <千葉県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私が本作品を考えたきっかけは、友人がSNS上で犯罪に巻き込まれそうになったからです。幸い、友人は大人に助けを求め一件落着しましたが今でもその恐怖を忘れることはないと言います。簡単に連絡が取れることはSNSの利点ですがそれが犯罪の温床になりつつあることが現在の問題だと思います。自らの身を守るためにも、改めてSNSでの言動・行動を見直すべきだと思いました。

𠮷田 陽向子
鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校 3年

優秀賞 <千葉県高等学校教育研究会情報教育部会>
標語
受賞者の声

今の時代では、軽い気持ちで、インターネットにアップした画像などが自分の知らないうちに拡散されてしまいます。もちろん、拡散する側も悪いと思います。ですが、アップする側もアップする前に良く考えてから投稿する事が大切だと思います。私もこの作品を作るにあたって、思いあたる事が多数ありました。なので、インターネットにアップしたり、画像を保存する時は気をつけようと思いました。

石井 華椰
鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校 3年

優秀賞 <東京情報大学>
標語
受賞者の声

つぶやきで将来を本当に壊してしまう可能性があるので、つぶやく内容をよく考えたほうがよいと改めて思いました。楽しくつぶやく方が良いので、幸せを運ぶ鳥となるように呟ければと思います。

関口 瑠美奈
千葉県立八千代東高等学校 2年

優秀賞 <警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

この度は、数ある作品の中から警視庁優秀賞を受賞させて頂き、驚きと喜びでいっぱいです。インターネットは、便利なものであり危険なものでもあります。書いてある事全てが正しいと思ってしまうと、トラブルに巻き込まれてしまうことだってあります。なので、「疑う」ことは、ネットでは自分の身を守る1つの防御ワザなのだと思います。自分の身は自分で守れるように、「疑う」ことを忘れずに利用していきたいと思います。

髙橋 有澄
大島町立第一中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人東京都情報産業協会>
標語
受賞者の声

今回の受賞を嬉しく思います。私はスマートフォンは色々な事が調べられて便利である反面、個人情報流出の危険性がすぐそばにひそんでいる事ををテレビで見てこの標語を思いつきました。また、スマートフォンやパソコンはもちろんインターネットに接続できるゲーム機なども相手がどのような人か分かりません。だからむやみに自分又は友達の大切な情報を教えてはいけないと改めて実感する良い機会になりました。

菊永 怜奈
世田谷区立船橋小学校 6年

優秀賞 <神奈川県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

今回、自分の作品が受賞できたことをとても嬉しく思います。高校に入ってから、初めて「情報」を学び、ネットの世界はとても広いんだなとあらためて感じました。この標語にもあるように、なりすましなどといったものがネットにはあって、ネットは自分だけのものではないので、被害にあわないようにするためにも、パスワードを長くするなど自分にできることはできるだけやって、トラブルに巻き込まれないようにしていきたいと思います。

安藤 真路
神奈川県立相模原総合高等学校 1年

優秀賞 <新潟県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

このようなすばらしい賞をいただき、驚きそしてとても嬉しく思います。SNSの恐ろしさを常に意識し、これから利用していきたいです。これからSNSと上手に付き合っていきたいです。

髙橋 ひかる
加茂市立葵中学校 1年

優秀賞 <石川県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

僕は、学校の情報社会の時間に、このコンクールがあることを知りました。ここ数年、ネットが原因で起きてしまった事件を思い出し、標語を見てくれた人が一人でも多く個人情報やモラルに反することを書き込むことを踏みとどまってくれたらいいなと思い書きました。

谷 大地
石川県立小松明峰高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人石川県情報システム工業会>
標語
受賞者の声

今回、標語を作るに当たって、改めてインターネットやSNSなどを使用するときに注意すべき事を考えることが出来ました。

酒田 恵莉
石川県立小松明峰高等学校 1年

優秀賞 <一般社団法人石川県情報システム工業会>
標語
受賞者の声

高校1年生でこのような賞をいただけてとても光栄です。この情報社会の中、標語やポスターなどを通じて、情報モラルやセキュリティを守っていけるようになればよいなと思います。そして、私の作品で一人でも多くの方々に情報を自分で守ることが大切だと思ってくだされば、今回、標語を作り応募して良かったと思えます。このたび、このような賞をくださり、本当にありがとうございました。

嶋 亜弥梨
石川県立小松明峰高等学校 1年

優秀賞 <山梨県警察本部生活安全部生活安全捜査課>
標語
受賞者の声

今回は、このような素晴らしい賞を頂くことが出来て本当にうれしく思います。この作品は、情報の授業で先生に紹介された新聞を読み、思いついた作品です。私たちが利用しているSNSやネットは、便利なものではあります。しかし、画像や発言をアップしてしまい取り返しのつかない事態を引き起こす、危ない一面もあります。そんな今だからこそ、この標語で、多くの人が安全にSNSやネットを利用してくれることに繋がると嬉しいです。

清水 涼雅
山梨県立身延高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人山梨県情報通信業協会>
標語
受賞者の声

「かきこみは、自分の情報、さらしてる」を考えた理由は、中高生の間でSNSの使い方により多くの問題が起こっているからです。SNSで自分の情報を書き込むということは、世界中の人たちに自分の情報をさらしているということです。大きな問題が起きてもおかしくないので、この標語に応募することでみんなに意識してもらいたいと思いました。私も書き込みをするときは、十分に注意したいと思います。

伊藤 未来夜
山梨県立都留興譲館高等学校 2年

優秀賞 <長野県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

今回、標語作品で受賞できてとても嬉しかったです。ネットは、私たちが想像する以上にこれからも進化していくと思います。また、ネットを活用していく場面も多くなってくるでしょう。そんな環境だからこそ、1人1人が時と場所でのモラルを守り、安全に使えるようにしていくことが大切だと思います。私自身も気を付けていきたいです。

秋葉 楓
松本市立丸ノ内中学校 1年

優秀賞 <長野県青少年インターネット適正利用推進協議会>
標語

柄澤 光佑
長野市立加茂小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人長野県情報サービス振興協会>
標語

田邉 心蒔
長野市立加茂小学校 4年

優秀賞 <長野県インターネットプロバイダ防犯連絡協議会>
標語

今井 咲枝
長野市立加茂小学校 6年

優秀賞 <ネット安全・安心ぎふコンソーシアム>
標語
受賞者の声

今は簡単にインターネットが使えてしまって気もゆるんでいるので、インターネットは便利だけど間違えたら危険なので、気をつけて使いたいと思いました。

飯沼 歩夢
関市立武芸川中学校 2年

優秀賞 <静岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私は、インターネットが普及して便利な時代に生きているからこそ、インターネットの危険な面も知らなければいけないと思いました。ですから、この作品を通してインターネットを利用する人に「相手が見えない恐ろしさ」が伝わるといいと思います。受賞できてうれしいです。ありがとうございました。

相馬 桜渚
函南町立函南中学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構>
標語
受賞者の声

私の作品が第13回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2017の賞をいただけたことに非常にうれしく思っています。私自身SNSを日頃から利用しています。SNSは投稿した内容が様々な人によって解釈され投稿者が思いもしなかったように受けとられてしまう場合があり、一度投稿した内容は完全に消すことができないのでそのことに気をつけながらSNSを利用しようと思いこの作品を作りました。

鈴木 越朗
日本大学三島高等学校 1年

優秀賞 <特定非営利活動法人東海インターネット協議会>
標語
受賞者の声

先生が「パソコンとかで、てんぷファイルがついていたりするけど、もし、知らないアドレスからのてんぷファイルを開けたりすると、パソコンがのっとられたり、こじんじょうほうがもれたりすることもあるんだよ。」と言っていたので、この話を聞いてひょう語にしてみようと思いました。わたしのひょう語を見て、知らないアドレスについているてんぷファイルはきけんだということがみんなに伝わるとうれしいです。

深井 さちは
岡崎市立愛宕小学校 4年

優秀賞 <三重県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

スマホや、インターネットを使っていると自ぜんと家族や自分のこじんじょうほうを知らない人に送っていることがあるかもしれないのでセキュリティは必ずしないといけないと思いました。これからは、みんなにこじんじょうほうなどをもらさないよう、注意をよびかけたいです。

楠 亜花
いなべ市立石榑小学校 4年

優秀賞 <滋賀県警察本部警務部>
標語
受賞者の声

うれしいと思いました。自分で考えたことなので、がんばろうと思います。またこのような応募があれば積極的に参加したいなあと考えています。ありがとうございました。

東 愛海
滋賀県立河瀬高等学校 2年

優秀賞 <滋賀県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

受賞できて、とても驚いています。今のネット社会において発信する側のモラルが大事だと思います。面白ければ良いのではなく、みんなが情報モラルをちゃんと理解して利用できればいいなと思い標語を書きました。

東 香織
大津市立北大路中学校 3年

優秀賞 <京都府教育委員会>
標語
受賞者の声

私はスマホのLINEで友達とけんかをしてしまったとき、LINEでしかあやまることができず、直接会ってあやまればよかったと、今でも少し後悔しています。だから、私のような人が他に出てこないように、私も同じことをくり返さないようにと思って、この標語をつくりました。このコンクールにおうぼしてよかったです。

真下 美咲
舞鶴市立青葉中学校 3年

優秀賞 <京都府警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

まさか受賞できるとは思いませんでした。こういうことは初めてなのでうれしいです。最近、私のスマホにも本当か分からない広告が出てくるのでそれを参考にして書きました。これで詐欺が少しでも減ってくれればうれしいです。

岸田 妃代
京都市立大宮小学校 6年

優秀賞 <京都市教育委員会>
標語

福田 瞭
京都市立向島中学校 3年

優秀賞 <京都市教育委員会>
標語
受賞者の声

私は自分のスマートフォンをもっているのですがそのスマホのあるサイトでさぎにかかりました。別に変なサイトではなかったので私もさぎにかかった時はすごくおどろきました。インターネットは、正直な人達のサイトだけではありません。悪い人達もたくさんいます。私はそれをみんなに伝えるためにこの標語をつくりました。それを教育委員会の方々にみとめていただいてすごくうれしいです。

仲田 早穂
京都市立大宮小学校 6年

優秀賞 <京都市教育委員会>
標語

田中 詩乃
京都市立向島中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人京都府情報産業協会>
標語
受賞者の声

私は情報の授業でこの標語を考えました。私には一緒に住んでいる祖母がいて普段から決めたセリフで確認するようにしています。単純な言葉の方が頭に残ると思い標語を作りました。

芳井 千珠
京都府立北嵯峨高等学校 1年

優秀賞 <公益社団法人京都府防犯協会連合会>
標語

梅澤 天我
京田辺市立培良中学校 3年

優秀賞 <京都府私立中学高等学校情報科研究会>
標語
受賞者の声

今回このような標語にした理由は、ネットでの事件が多くなってきているからです。見知らぬ所から事件に巻き込まれる可能性があるので、少しでも事件が少なくなれば良いと思い考えました。

沖潮 百代
ノートルダム女学院高等学校 1年

優秀賞 <京都コンピュータ学院>
標語
受賞者の声

この言葉は、親に言われてすごく印象に残った言葉です。文字を見ただけでは、相手の気持ちまでは伝わらないこともあります。インターネットなどの記事も見る人によっては、受け取り方や考え方は違うから自分の言葉で気持ちを伝えたいなと思いました。賞に選ばれたことは、本当にうれしく思っています。

小﨑 聖也
舞鶴市立城北中学校 1年

優秀賞 <京都情報大学院大学>
標語
受賞者の声

ネットでのトラブルは、私も友達とトラブルになってしまうことも少なくないので、ネット上での架空の友達ではなく、本当の友達ををつくることが大切だと改めて感じました。また、無責任に個人情報を書いてしまっていたり、気づかないうちに自分と分かる写真を上げてしまっていると、知らない人に家とか探されたりする危険性が高くなるので、SNSに何か上げる時は「再確認」することが大切だと思いました。これからもSNSのトラブルにまき込まれないように気をつけていきたいです。

竹野 羽菜
舞鶴市立青葉中学校 3年

優秀賞 <大阪府警察本部サイバー犯罪対策課>
標語

松尾 華音
大阪府立泉北高等学校 1年

優秀賞 <大阪私学教育情報化研究会>
標語
受賞者の声

先日学校でネットにひそむ危険について学びました。そして映像を見たり、先生の話を聞いたりして、いろいろなことを知りました。その中で一番大切だと思ったことは、書きこむことで、場所が特定されたり、個人情報がわかってしまったりすることでした。ネットに何かを書きこむときには危険があるということを言いたかったから、私はこの標語を考えました。

彦坂 日向子
泉佐野市立佐野中学校 2年

優秀賞 <兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

選んでいただいて、ありがとうございます。学校で、インターネットの書きこみや、世界中につながっていることなどを教わり、また、クリックを1回押すだけで被害を受けた人がたくさんいて、予想外なことがおきていることを知りました。でも、クリックを1回押すと「幸せだな」と思う人がたくさんいることも知りました。世界中の人々が被害を受けず1回クリックを押すと「幸せ」が広がる世界になればいいなと思います。

田村 紗愛
雲雀丘学園小学校 6年

優秀賞 <奈良県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

まさか自分の作品が受賞できるとは思っていませんでした。なので、受賞の知らせを聞き、驚きと喜びを感じました。少しでも私の標語によってメールやラインでのトラブルが減ったらうれしいです。

増谷 百香
斑鳩町立斑鳩中学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人奈良地域の学び推進機構>
標語
受賞者の声

私がこの標語を考えるきっかけとなったのは、SNSを使用していた時です。知らない人同士が過激な言葉で言い争っている文章を見ました。名前を隠しているからか、現実ではありえないような言い争いになっていました。今回、受賞出来てとても嬉しいですが、このような標語を考えなくても良いくらいに、世界中の人達にSNS上でのマナーをつけてほしいと私は思います。

広瀬 美律
斑鳩町立斑鳩中学校 3年

優秀賞 <和歌山県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

受賞したときいたときは驚きましたが、うれしかったです。SNSの広がりによって、いろいろな人とつながりを持てるようになりましたが、画面に出ている人が本当に信用できる人なのかどうかを自分で判断する力を身につけたいと思います。

青木 真結
和歌山市立東和中学校 3年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活安全部>
標語
受賞者の声

私は最近ニュースで悪ふざけで撮った写真や動画をSNSに投稿し、炎上して大きな問題になっているということをよく耳にします。例え軽はずみや冗談のつもりでも一旦SNS上にアップされてしまった情報は完全に削除することが難しく、問題が起きて後悔してからでは遅いです。だから今回の標語にはそんなSNSを使う時に気をつけたいことをSNSの頭文字とかけて作りました。

秋山 英里奈
鳥取県立鳥取西高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

語尾を「ない」にすることでテンポよく覚えてもらえると思い作品を考えました。個人情報はとても大事なもので、一度流出してしまうともう消すことはできません。私も個人情報の扱い方には気をつけたいと思います。

谷村 康輔
鳥取県立鳥取湖陵高等学校 1年

優秀賞 <鳥取県警察本部少年課>
標語
受賞者の声

すばらしい賞をいただき、ありがとうございます。この標語をみて、正しいじょうほうのうけとり方について、考えてもらえたらうれしいです。

多内 涼
鳥取市立宮ノ下小学校 4年

優秀賞 <島根県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

この作品にこめた思いは、近年の情報社会に欠かせないスマートフォンやPCのパスワードを誕生日にするという人が多いと感じたことから、です。特定されやすい番号や、わかりやすい番号で設定せず個人の情報が流出しにくい、安心な世の中になってほしいです。

川﨑 元気
益田市立鎌手中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人島根県情報産業協会>
標語

竹内 紫奈乃
美郷町立邑智中学校 1年

優秀賞 <岡山県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

受賞できてとてもうれしいです。この標語には、身近なものだといって気をゆるめていると自分が困ってしまう、という意味を込めました。

笹野 裕矢
岡山大学教育学部附属中学校 2年

優秀賞 <一般社団法人システムエンジニアリング岡山>
標語
受賞者の声

まさか自分の書いた標語に賞がいただけるとは思っていなかったので、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。

山本 海璃
岡山市立石井中学校 3年

優秀賞 <岡山県情報セキュリティ協議会>
標語
受賞者の声

現在の社会において、情報は切っても切りはなせない関係にあります。自分の個人情報を他人に閲覧されることがないよう厳重なパスワードの設定をしてほしいという思いをこの作品にこめました。「自分の身は自分で守る」とよく言われますが、情報のことに関しても同じことが言えます。皆さんも、今一度、自分のパスワードを見直してみてください。

弘中 謙伍
岡山県立岡山操山中学校 3年

優秀賞 <広島県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語

中本 紗綾
広島市立広島商業高等学校 3年

優秀賞 <一般社団法人広島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

今までこのようなすばらしい賞をもらったのは初めてで「優秀賞」に選ばれたと聞いたときとてもおどろきました。私の家族にそれを話すと、とても喜んでいました。何かなやんでいるときやこまっているときはいつでも大人に相談をするとすこしでもなやみが少なくなるとおもい、この標語をかきました。

渡邊 ほのか
呉市立昭和中央小学校 6年

優秀賞 <広島県インターネット・セキュリティ対策推進協議会>
標語
受賞者の声

インターネットを使っている時は、自分がトラブルや犯罪に巻き込まれるなんて考えません。けれど、SNSやネット上のサイトには、見えない危険があることを忘れずに使いたいと思って、この標語をつくりました。賞をもらえてうれしかったです。

片岡 あい
熊野町立熊野中学校 1年

優秀賞 <山口県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

この度は、このような賞をいただき誠にありがとうございます。私は今まで学校で行われる情報モラル教室などで、インターネット上に一度載せた文章や写真などが問題で人生を台無しにしてしまうという話を何度も聞きました。だから、インターネットの怖さについてもう一度真剣に考えてもらいたく、この標語をつくりました。

上田 凜花
山口県立長府高等学校 1年

優秀賞 <徳島県警察本部サイバー犯罪対策室>
標語
受賞者の声

「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」で受賞できたことは、とてもうれしく思います。この標語は、夏休み前の携帯安全教室を受講した後に、創ったものです。携帯安全教室の中のビデオの中で、中・高生がトラブルに巻き込まれていく姿を観て、自分が体験したことを思い出し創りました。この標語を見て、皆さんにも注意してもらい、一人でも「誤った情報」に引っかかる人が減ってほしいなと思っています。

福井 蒼哉
阿波市立阿波中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人徳島県情報産業協会>
標語
受賞者の声

まさか、こんな賞をくれるとは思っていませんでした。うれしかったです。また来年もがんばりたいです。ゆうしゅう賞はとったことがなかったからびっくりしました。

林 創太
徳島市津田小学校 5年

優秀賞 <公益財団法人e-とくしま推進財団>
標語
受賞者の声

僕はまだスマホをもっていませんが、パスワードが大切なものを守ってくれていて、大切にしないといけないと思いました。僕もいつかスマホをもつと思いますが、よくかんがえてパスワードをつけたいです。

新田 拓実
小松島南中学校 1年

優秀賞 <香川県教育委員会>
標語
受賞者の声

優秀賞に選んでくださりありがとうございます。とてもうれしいです。選んでいただけると思っていなかったのでとてもビックリしています。応募してよかったなと思いました。

花崎 百香
東かがわ市立白鳥中学校 3年

優秀賞 <情報通信交流館>
標語
受賞者の声

受賞でき、嬉しいです。この標語を通して、インターネット上で簡単に自分の個人情報を教えないということを考えてほしいです。

岡本 香乃
東かがわ市立白鳥中学校 2年

優秀賞 <かがわ情報化推進協議会>
標語
受賞者の声

最初に入賞と言われた時は全然実感がなかったけどとてもうれしかったです。

岡部 大
東かがわ市立白鳥中学校 2年

優秀賞 <愛媛県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

この標語は、最近増えている危険なサイトによる事件などを少しでも減らすために考えた作品です。僕は、この標語で工夫した点は、リズムが良い方が相手の印象に残りやすく、伝わりやすいと思ったので、五・七・五という俳句のようにしました。まさか本当に賞に入るとは、自分自身思っていなかったので、驚きましたが、とても嬉しかったです。

濵口 康介
久万高原町立久万中学校 1年

優秀賞 <愛媛県情報サービス産業協議会>
標語
受賞者の声

今回、情報モラルの標語で賞をいただくことができ、嬉しく思います。私の学校では、SNSの使用が禁止されていたり、情報の授業の中で、インターネットの便利さや怖さも教えてもらっており、その成果が出たと思います。ありがとうございました。

武田 洋則
聖カタリナ学園高等学校 1年

優秀賞 <高知県教育委員会>
標語
受賞者の声

ネット依存になる人はネットをずっと見つづけているからなると思うので、生活の中で一定時間見ないように習慣づけることを呼びかけるためにこの標語を作りました。言葉の響や内容に気をつけただけだったのに賞に選ばれて驚いています。

椎葉 春仁
香南市立赤岡中学校 3年

優秀賞 <高知県警察本部生活安全部>
標語
受賞者の声

標語をみて、みんなが気をつけようと思ってくれるように考えました。だから、賞に入ったと聞いて、とてもうれしかったです。私の学校ではタイピング大会で今まで入賞した標語を打っています。だから、みんな標語作品に親しんでいます。このように、たくさんの人に、標語をみてもらって情報モラルについて考えてもらえたらうれしいです。

安岡 桃香
南国市立久礼田小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人高知県情報産業協会>
標語
受賞者の声

頭に浮かんだ言葉をそのまま表現した標語がまさか選ばれるとは、思っていなかったので、聞いたときは本当に嬉しかったです。私もふくめて、周りのほとんどの人がスマホを持っていて、ネットを利用しています。便利な反面、危険があるということも充分理解しているつもりです。でも、ゲームが楽しくて、何時間もつづけてやっていたり、依存してしまうということもあります。なのでこれから、どのようにネットと付き合っていくべきか、みんなで考えていきたいと思います。

大庭 葵
香南市立赤岡中学校 3年

優秀賞 <福岡県教育委員会>
標語
受賞者の声

受賞することができてうれしかったです。70249点の応募の中から選ばれたことを先生からきいて、とてもおどろきました。受賞したことを家族と祖父母に報告をしたらびっくりしていました。「とてもいいクリスマスプレゼントになったね」と言ってほめてくれました。

宮﨑 万莉
福岡市立横手中学校 2年

優秀賞 <福岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私はよくインターネットを使用しますが、その危険性を完全に理解している訳ではないので、いつ何が起こるかわかりません。自分ではなるべく個人情報を出さないようにしていますが、誰に知られているか、いつ知られているかわからないという怖さから、この標語を考えました。まさか選ばれるとは思いませんでしたが、今の私達が最もネットの世界に近いからこそ、その危険性を理解できるのも私達だと思ったので、真摯に受け止め考えさせて頂きました。作品を選んで頂きありがとうございました。

北井 桜咲
福岡県立小倉南高等学校 2年

優秀賞 <佐賀県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

私は、標語の作品で優秀賞を頂けてうれしいです。私はパスワードが大切だという事を標語にあらわしました。

角田 葵
小城市立牛津小学校 6年

優秀賞 <佐賀県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

ネットはとても便利ですが中には悪質なサイトもあるのでそれにひっかからないためにも正しい知識をもってネットを使っていきたいと思います。

古賀 建成
佐賀県立盲学校 3年

優秀賞 <佐賀県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

一生けん命考えてよかったです。これを見た人が少しでも気をつけてくれたらいいです。

児玉 采希
小城市立牛津小学校 6年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
標語
受賞者の声

自分はまだけいたいを持っていないけどしょう来けいたいを持つと思うから、気をつけたいと思います。入賞の知らせを聞いた時はうれしかったです。

久原 悠人
小城市立牛津小学校 5年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITサポートさが>
標語
受賞者の声

受賞できてとてもうれしいです。私はまだスマホとかは持っていないけれど、持ったときにはみんなを笑顔にしたいです。

山田 睦美
小城市立牛津小学校 5年

優秀賞 <長崎県警察本部>
標語
受賞者の声

まず、私の作品を選んでいただきありがとうございました。私自身、自分の携帯を持っていないので、実際に被害を受けたわけではありませんが、学校で行われる講話やニュースなどで、その、被害の悲しさを知ることができました。なので、写真を投稿する前などに、正しい判断ができているかの確認をするきっかけになる標語になればいいなと思い作りました。この標語で少しでも被害が減るといいなと思います。

平松 菜奈
諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人長崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

SNSについての講義を聞いて、自分が思ったことを、誰が見ても意味が伝わるように、シンプルな標語にしました。今後も、SNSなどを使う機会があったら、注意して使いたいです。

大村 武弘
松浦市立志佐中学校 2年

優秀賞 <長崎県ネットワーク・セキュリティ連絡協議会>
標語
受賞者の声

私がこの標語で工夫したのは「その後の未来も」という所です。その写真や書き込みは、今の自身だけでなく、これからの生き方に良くも悪くも影響することを表しました。また、その影響力は絶大で、未来を明暗、左右に分けてしまう力を持っている事を伝えました。これからは、軽い気持ちで投稿して、自分の人生をダメにしてしまう人が減ると良いなと思いました。

江島 彩
諫早市立諫早中学校 3年

優秀賞 <熊本県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

この標語は、1学期に学校で警察の方から、インターネットの使い方についての話を聞いたことを思い出して書きました。SNSに写真を載せると位置情報がわかってしまうのが怖いと思いました。インターネットに流出した情報は二度と回収できないので、私も個人情報や顔写真の流出には気をつけようと思いました。受賞すると思わなかったのでとても驚きました。このような賞をいただくことができて良かったです。

田上 佐和
水俣市立袋中学校 3年

優秀賞 <大分県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

受賞してとてもびっくりした。自分の作った作品が評価されてとてもうれしい。情報モラルが広がればいいと思った。

衛藤 昇王
日本文理大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大分県警察本部生活環境課>
標語
受賞者の声

私もよくある事なのですが、スマホに夢中になって夜寝るのが遅くなるということは多々あると思うので標語にしました。これからは、正しい生活が出来るよう使い方に気を付けたいです。

入江 想
日本文理大学附属高等学校 1年

優秀賞 <大分県警察本部生活環境課>
標語

三浦 大典
豊後大野市立清川中学校 3年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

優秀賞に選ばれて、とても嬉しいです。ありがとうございました。最近、ニュースで炎上の話題があるのを見て、炎上はしたくないし、関わりたくないと思ったので、この作品をつくりました。

靈鷲 流
大分市立原川中学校 1年

優秀賞 <大分県情報サービス産業協会>
標語
受賞者の声

誰もが一度は経験したことがあるのではないかと思いこの標語を作りました。たくさんの人に見てもらい、絵文字の使い方やインターネット上での発言をするときに少しでもモラルについて考えてくれる人が増えたら嬉しいです。

川野 なずな
日本文理大学附属高等学校 2年

優秀賞 <宮崎県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

私が応募した標語が、宮崎県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課の優秀賞に選ばれました。応募時には、受賞するという事を全く考えていなかったので、とても嬉しかったです。パソコンやスマホ等のパスワードは、誕生日のような簡単で分かりやすいものではいけないと聞いたことがあります。個人情報を守る大切なパスワードなので、分かりづらくても心強いパスワードを使いたいと思います。

新田 陽光
宮崎市立赤江中学校 3年

優秀賞 <一般社団法人宮崎県情報産業協会>
標語
受賞者の声

ネットで言っていい言葉」をみんなに対して書きました。理由は、最近ネットの書きこみ等で、悪口などをかく人がたくさんいるからです。悪口を見ることによって、引きこもりになったり、自殺をしてしまう人が出てきていると、よく聞きます。だから、そういうことをなくしてほしいと思って、この標語を書きました。

梯 倫空
宮崎市立赤江中学校 1年

優秀賞 <鹿児島県警察本部生活安全部生活環境課>
標語
受賞者の声

給食のじゅんびをしているときに、先生によびだされ何かと思ったら、「ひろげよう情ほうモラル」がゆうしゅうしょうに入っていたと聞いてとてもびっくりしました。わたしは、今までたくさんのこうひつてんや美じゅつてんに出していたけれど、しょうに入ったことがなく、とてもがっかりしていました。けれど、初めてしょうに入れとてもうれしく思います。家に帰ったら、妹や家族に話したいです。

田代 梨乃
鹿児島市立伊敷小学校 4年

優秀賞 <鹿児島県教育委員会>
標語
受賞者の声

今回、この賞を受賞できてうれしく思っています。今回の受賞をきっかけに自分自身もSNSの利用について気を付けようと思いました。

髙嶺 透矢
薩摩川内市立入来中学校 3年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会学習情報センター>
標語
受賞者の声

今は世の中で、SNSが流行しています。流行語でもインスタ映えがノミネートされました。でも僕はいいねの数ではその人の事は分からないと思ったのでこの標語を考えました。人の価値は人に決められないと思います。

宝満 耀太
鹿児島市立東谷山中学校 3年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会学習情報センター>
標語
受賞者の声

お父さんと一緒に考えた標語が賞をとれてうれしいです。スマホが近くにあることがあたり前のようになっている現代ですが、家族との時間や会話はしっかりお互い向き合うことの大切さを表しました。

東條 史青
鹿児島市立広木小学校 3年

優秀賞 <鹿児島市教育委員会学習情報センター>
標語
受賞者の声

ぼくは、写真を投こうする時には、他人そして自分の未来のことを考えることが大切だと考えました。なんでもすぐに写真を載せるのではなく、みなさんも「本当にいいのかな?」と自分に一度問いかけてみてください。受賞したと聞き、とてもうれしかったです。これからも、情報機器には、便利な面だけではなく、怖い面もあるということを覚えておき、上手に付き合っていきたいです。

岩元 敦史
鹿児島市立東谷山小学校 6年

優秀賞 <一般社団法人鹿児島県情報サービス産業協会>
標語

箱丸 晴士
鹿児島市立宇宿小学校 3年

優秀賞 <特定非営利活動法人ITかごしま支援隊>
標語

新藏 花幸
鹿児島市立石谷小学校 4年

優秀賞 <特定非営利活動法人鹿児島インファーメーション>
標語
受賞者の声

今回、このような賞を獲れたことに、大変驚いています。この標語は、SNSなどで自分の送った何気ない言葉が、相手を傷つけているかもしれないということを忘れないでほしいと思い、作りました。相手がどんな表情をしているかを知ることができないので、自分は軽い気持ちで打った言葉が、相手を傷つける釘になることがあります。情報モラルについて考えることで見えてくるこのような危険性を心に留めていてほしいと思います。

廣田 有紀
鹿児島玉龍高等学校 1年

優秀賞 <沖縄県>
標語
受賞者の声

このような賞を、いただけて、とてもうれしく思っています。今の社会ではいろいろな情報がある中、すべてが正しい情報ではないということを知ってほしいと思い、この標語を書きました。私は、まちがった情報がながれるのを1つでも減らせきれたら良いと思います。今回は、本当にありがとうございました。

稲嶺 希来璃
沖縄市立美里中学校 3年

優秀賞 <沖縄県警察本部サイバー犯罪対策課>
標語
受賞者の声

受賞できたこと、とてもうれしく思います。私の作品で、情報モラル・セキュリティについてみなさんにひろげる手伝いが少しでもできればうれしいです。

柳原 琉音
昭和薬科大学附属中学校 2年

優秀賞 <沖縄県情報通信関連産業団体連合会>
標語
受賞者の声

インターネットを使えば、自分と趣味が合う人達と簡単につながれます。しかし、その相手の正しい年齢、性別等は全くわかりません。家庭事情や学校、職場の事情もです。自分が送ろうとしているメッセージが、どういう捉え方をされるかをしっかり考えてみて下さい。

楠 拓也
昭和薬科大学附属中学校 2年

優秀賞 <特定非営利活動法人フロム沖縄推進機構>
標語
受賞者の声

初めて、このようなコンクールで賞をとることができたのでとてもうれしいです。母の一言で賞をとれたのが、少しおもしろいです。今後、スマホばかり見てないで、もっとまわりを見ながら生活していきたいと思いました。

知念 早希
沖縄県立那覇商業高等学校 3年

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

    情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
  • 出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名)
  • 作品は改変せず、そのまま掲載すること