1. ホーム >
  2. 受賞作品 >
  3. 活動事例

活動事例

文部科学大臣賞

兵庫県 兵庫県立千種高等学校

事例
生徒会執行部が中心となり、全校生徒を対象とした「情報モラルチェックアンケート」の実施から活動をスタートしました。集計結果に基づきルール案を作成し、全校生徒の承認を経て、校内「情報モラル改善ルール」を定めています。また、町内の園児、小・中学生に対する情報モラル啓発劇の上演や、高校生による地域住民・校内の先生がたを対象としたスマホ教室を開催し、「教える立場」に立つことで、知識と意識の向上を図りました。
さらに、小・中・高校生とその保護者を巻き込んだインターネットサミットを主導するなど、自分たちだけではなく、情報モラル・セキュリティを町全体に広める活動を続けています。
  • 地元住民を対象とした「高校生によるスマートフォン教室」案内

  • 高校生による教員向けスマホ教室

  • インターネットサミット in CHIKUSA

  • インターネットサミット in CHIKUSAアンケート集計結果

優秀活動事例賞

兵庫県 神戸学院大学附属高等学校

事例
IPAのコンクールをはじめとする、多数のコンテスト・コンクールに応募しています。これは、単なる「コンクールのための作品制作」が目的ではなく、応募の機会を「実践で学ぶ」場として活用するためです。生徒自身が、ウェブや電子メールを介して応募先の社会人と接するため、送信前の内容確認や失礼がないかなどのマナーを意識し、情報発信のしかたに注意を向けるようになりました。

宮崎県 宮崎県立都城農業高等学校

事例
生徒会による生徒目線の注意喚起を目指し、まず、携帯電話の使い方に関する問題点の洗い出しを行いました。まとめた問題点を「SNSあるある」と名づけ、終業式に全校生徒に向けて、SNSのメリット・デメリットとともに発表しています。また、夏休み中の課題として「チャレンジ“脱ケイタイ”」に取り組むよう生徒会が発信し、大多数の生徒が挑戦しました。

埼玉県 埼玉県立入間わかくさ高等特別支援学校

事例
生徒の”自立と社会参加”の実現を目指し、自分に関する情報をコントロールすることの重要性を学習するとともに、「UPは一瞬、後悔一生」という点を繰り返し指導しています。デジタルタトゥー、リベンジポルノ等、危険な行為について考え、さらには「SNSやスマホはいらない?」と題した教員との討論会も実施しました。「ルールやマナーを守って使えば、便利な道具」という結論に導いています。

埼玉県 立教新座高等学校

事例
著作権や肖像権、個人情報の取り扱い、インターネットトラブルからの自衛策などを学習し、その知識を、校外研修旅行時のリーフレットおよび旅行記の作成という実践につなげています。旅行記の制作において、写真を使用したり、相手にどのように伝えるかを考えたりする必要があることから、情報モラルの意識を定着させる機会となっています。

大阪府 大阪府立寝屋川高等学校 全日制課程

事例
生徒の主体的な対話を中心とした学習方法「ジグソー法」を用いて、「情報の性質をふまえた情報発信」をテーマに授業を実施しました。授業の振り返りとして実施したアンケートでは、96.8%の生徒が、情報発信時の留意点について「考えが深まったと思う」「ややそう思う」と答えており、学習の効果が表れています。

千葉県 千葉県立八千代東高等学校

事例
生徒が個々に、ネットやスマートデバイスの良い点、困っている点とその対応策を洗い出した上で、グループ討議を行いました。これをもとに、グループごとの行動宣言を考え、発表することで他のグループと意見を共有しています。行動宣言の中には「SNSに個人情報を載せない」「SNSの間違った情報を信じないように確認する」などがあり、意識の向上が見られました。

大阪府 アサンプション国際高等学校

事例
情報モラルをテーマにした標語の制作を通して、生徒自身が普段の行動を見直す機会としています。さらに、制作した生徒のみが意識するのではなく、下級生にも情報モラルを理解してもらうために、ポスターの制作も行い、全校生徒への情報モラル普及につなげています。

神奈川県 川崎市立川崎高等学校附属中学校

事例
あいまいな表現の文章や絵を提示し、受け手ごとにとらえ方が違う、ということを理解する授業を行い、コミュニケーションの難しさを実感する機会としました。また、SNS等に書き込まれたワードについてネット検索をしていくと、個人情報に迫ることができる、ということも体験しています。

三重県 玉城町立玉城中学校

事例
情報モラルの講演を定期的に開催しています。生徒は、その内容を受けて、インターネット利用時の注意点について話し合い、情報モラルを身に付けてきました。「パスワードに名前や生年月日を使うことは危ないと知った」「悪口を書き込むのはやめようと思う」などの声が上がり始めています。

東京都 世田谷区立東玉川小学校

事例
総合的な学習の時間等で、情報モラルを問われるような場面を設定し、話し合う授業を行いました。その後、児童の発達段階に応じ、コンクールの「書写」や「標語」づくりに取り組んでいます。SNS東京ノートを活用した学習では、児童なりに「守るべきもの」の意識が見られるようになってきています。