受賞作品

  • 標語
  • ポスター
  • 4コマ漫画

第7回 IPA 情報セキュリティ標語・ポスターコンクール 受賞作品

標語部門 受賞作品

大賞

セキュリティ ぼくと世界の かけ橋だ

新潟県
新潟市立万代長嶺小学校5年
坂井 敏法 さん


【講評】
・テーマの捉え方と表現に独自性があって好ましい。

【受賞者のコメント】
セキュリティは、コンピューターのおくにひそむ悪から、ぼく達を守ってくれます。今、インターネットなどで、ぼく達は世界とつながることができます。だからセキュリティは、ぼくと世界をつなぐ大切なかけ橋だと思います。

金賞

ぼくだけの ひみつのかぎさ パスワード

北海道
札幌市立東川下小学校5年
松岡  稔 さん


【講評】
・パスワード関連の標語が多かった中で、本作品の「ぼくだけのひみつのかぎ」という表現が自分の大切なもの(データ)を大事に保管するという意味で、いかにも小学生らしく、記憶に残る標語であったので選定させていただきました。

安全を 未来に届ける セキュリティ

新潟県
新潟市立宮浦中学校2年
坂井 泰法 さん


【講評】
・セキュリティ対策を推進する者として、セキュリティの明るい未来と安全性を盛り込んだ表現に、これからのセキュリティのあるべき姿を示唆した標語であるとおもいましたので、推薦させていただきました。

【受賞者のコメント】
今、インターネットは進化を続けています。インターネットに不可欠なセキュリティは安全安心を未来へ届けるという、とても重要な役割を果たしていると思います。

ネットでの あなたの相手は 何億人 学ぼう守ろう情報モラル

富山県
富山県立福岡高等学校1年
藤井 友里 さん


【講評】
・ネットを利用したいじめ等が社会問題化する中、情報モラルの徹底を図るに適している。

【受賞者のコメント】
今回たいへん素晴らしい賞をいただき本当にありがとうございます。高校に入って新たに情報の授業が加わり、今まで何気なく使用していたインターネットや携帯電話の危険や怖さについて学びました。そしてこの学びをたくさんの人にも伝えたいと思い、今回の標語をつくりました。これからはさらに情報について知識を深め、自分自身、十分に注意してインターネットや携帯電話を使用していきたいと思っています。こんな良いきっかけをいただき、本当に感謝しています。

銀賞

一度ネットにのせたこと、「冗談でした。」で終わらない。

北海道
江別市立野幌小学校5年
光野 太陽 さん


【講評】
・ネットに安易に情報を書き込むことの怖さを啓発

【受賞者のコメント】
この標語がたくさんの人に読まれて、ネットの悪口などが減ってくれたらうれしいです。銀賞をとれて、一生けんめい考えて良かったと思いました。

ネットではあなたの心表れます やさしい言葉 やさしい心

東京都
墨田区立両国中学校3年
山内 愛子 さん


【講評】
・ネットの世界では何気ない言葉がエスカレートして大きな事件に発展するケースもあります。この作品は常にやさしさを心がけることがネチケットの1つであることをうまく表現しています。

【受賞者のコメント】
受賞したと聞いた時、とても驚きました。まさか受賞するとは思っていませんでした。このようにコンクールで表彰される事が初めてなのでとても嬉しいです。私はよくインターネットを利用します。特に、ブログなどを見ている時コメントの欄にひどい言葉がたくさん書かれていて、すごく嫌な気持ちになることがよくあります。
皆、「顔が見えないから」や「どうせ相手が分からないから」などという理由で暴言を吐いていると思います。でも逆に顔が見えないからこそ、相手の気持ちを考えてマナーよく丁寧な言葉を使うべきだと思います。ネット上でお互いに気持ち良くやりとりができるようになってほしと思い、この標語を作りました。

アナログの 心受け継ぎ デジタルへ

兵庫県
神戸市立葺合高等学校1年
田中 智之 さん


【講評】
・デジタル技術によって構築される情報社会も最後の拠りどころはアナログ的な人の心であるという思想が簡潔に表されている。

【受賞者のコメント】
まさか、自分が入選できるとは思っていなかったので驚きました。

銅賞

ネットのこと 家族で話して 楽しくやろう

栃木県
栃木市立部屋小学校6年
大塚 祐弥 さん


【講評】
・小学生のネット利用はやはり家族できちんと話し合いながら安全に使える環境に導く必要性があり、この標語はまさに家族と話会いながら楽しくネットを使いましょうという趣旨が良く表現されていると思いましたので選定させていただきました。

【受賞者のコメント】
受賞の知らせを聞いてとてもうれしです。これから情報モラルを大切にして、インターネットを使っていきたいです。

パスワード いくら君でも 教えない

静岡県
湖西市立白須賀中学校2年
藤田 実加菜 さん


【講評】
・中学生らしい、かわいらしい作風を純粋に評価しました。

【受賞者のコメント】
情報セキュリティ標語が選ばれてとてもびっくりしました。これからも、パスワードに気をつけて携帯電話やパソコンを使っていきたいと思います。

スマートフォン 利用するのも スマートに

兵庫県
賢明女子学院高等学校1年
村留 由梨 さん


【講評】
・似たようなフレーズの標語は他にもありましたが、現在セキュリティの懸念が増加しているスマートフォンを題材としている点や、どこかの金融会社のコピーのように、スッと頭に入るところを評価しました。

【受賞者のコメント】
選んでいただいてありがとうございました。受賞候補に残ったときはびっくりしました。まさか授賞式に呼んでいただけるなんて思いもしませんでした。うれしかったです。情報社会なので、セキュリティなど気をつけていきたいなぁと改めて思いました。

韓国インターネット振興院(KISA)賞

約束を 守って安心 e(いい)くらし

愛知県
愛知教育大学附属岡崎小学校4年
畔蛛@皓一 さん


【講評】
・セキュリティのルール(約束)を守ってこそ、良い/安心したネット社会がある事をシンプルに詠った作品。ネット等を意味する "e" と "いい"(良い)をかけているところにも面白さがあり、高く評価させていただきました。一般社会でもネット社会でも約束(ルール)を守る事が重要である旨を意識している秀作と感じています。

【受賞者のコメント】
韓国インターネット振興院(KISA賞)に入選して、韓国について調べてみたら、日本のとなりの国ということを知りました。海を越えた外国にぼくも勇気を出して、頑張って交流していきたいと思っています。韓国と日本の交流がこれからますます活発になるようにできることから少しずつ貢献していきたいと思っています。

書き込みは 話すときより 慎重に

東京都
芝浦工業大学中学校3年
関 翔吾 さん


【講評】
・安易なネットへの書き込みに対する注意喚起を、シンプルに分かり易く示しており好ましい。

広げようセキュリティの輪 広げようわたしたちの和

岩手県
岩手県立水沢商業高等学校3年
千田 柊子 さん


【講評】
・セキュリティ確保は自分だけの問題ではないことを表現していることに加え、絆を広げることに結びつける考えに共感しました。

【受賞者のコメント】
高校に入ってから、情報システム科ということもあり、毎年この情報セキュリティ標語には応募させていただいていました。今回は今までより中身や語呂をしっかり考えて応募したのですが、まさか入選するとは思っていなかったので驚きです。卒業後、私は事務職の道に進みます。本格的に世の中の情報の扱い方やセキュリティなどを考えなくてはならない立場になってくるので、私自身が考えた標語や、他の入選者の方々の標語などを胸に努力していきたいと思いました。

本サイト掲載の標語・ポスター・4コマ漫画の再頒布を禁じます。

  • 1

情報セキュリティ対策の啓発資料としてご利用になる際は以下の点にご留意ください。
・出典を明記すること(当機構名、コンクール名、賞名、可能であれば作者名)
・作品は改変せず、そのまま掲載すること