HOME情報セキュリティセミナー・イベント情報セキュリティ月間における 官民連携による「情報セキュリティ啓発活動」の実施について

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティ月間における 官民連携による「情報セキュリティ啓発活動」の実施について

2013年 2月1日
セキュリティ普及促進委員会


 セキュリティ大手3社と情報処理推進機構(IPA)、経済産業省が共同で設立・運営している「セキュリティ普及促進委員会」は、2013年2月の「情報セキュリティ月間」にあわせ、情報セキュリティ対策の周知を目的にポスターを作成いたしました。  
 今回配布する情報セキュリティ啓発ポスターは、「あなたにもっと安心を」をメインメッセージとし、パソコンやスマートフォンを安心してインターネットに接続して利用するために気をつけたいポイントを3つのチェック項目にまとめたものです。
 セキュリティ普及促進委員会発足後、4回目の配布となる今年は配布先を広げ、2月上旬より5万枚を、全国の小中学校を始めとした教育機関や家電量販店を対象として関係団体を通じて配布いたします。
 


■配布ポスター イメージ■

セキュリティ普及促進委員会について

 セキュリティ普及促進委員会は、企業や個人の皆様が安全にインターネットを利用できる環境を実現するため、2010年2月に株式会社シマンテック、トレンドマイクロ株式会社、マカフィー株式会社、独立行政法人情報処理推進機構と経済産業省が、官民の壁、企業間の壁を超えて連携し設立しました。セミナーやポスターの配布等を通じ、多くのITユーザに情報セキュリティの必要性を啓発しています。

ダウンロード

お問い合わせ先

セキュリティ普及促進委員会 問合せ先
E-mail: