HOME情報セキュリティセミナー・イベントCC評価のための開発証拠資料作成とレビュー手法に関する説明会

本文を印刷する

情報セキュリティ

CC評価のための開発証拠資料作成とレビュー手法に関する説明会

2010年3月11日 掲載

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

募集人数が定員に達したため、応募受付を終了させて頂きました。
ご応募ありがとうございました。
次回開催時のご応募をお待ち致しております。

CC評価のための開発証拠資料作成とレビュー手法に関する説明会を開催するにあたり、以下の通り参加者を募集します。

説明会概要

1. 日時:
2010年 4月 15日(木) 13:00 ~ 17:00
2. 場所:
独立行政法人 情報処理推進機構 13 階 会議室B、C
3. 目的:
ITセキュリティ評価及び認証制度(JISEC)紹介の一環として、CC評価認証において必要となる、セキュリティ機能の要件設定(ST)、アーキテクチャ設計、機能設計、テスト、ガイダンス執筆、環境構築等に係る開発資料や手続き文書の作成と、そのレビューのポイントを紹介する説明会を開催致します。
尚、本説明会はCC評価認証の経験をもとに、これらの開発資料や手続き文書に関して効果的かつ効率的な作成とそのレビュー手法を紹介するものであり、CCやCEMの規格を補足したり解説したりするものでは無い事にご注意下さい。
4. プログラム:
  1. セキュリティ機能の要件設計(ST)とレビューのポイント
  2. アーキテクチャ設計に係る開発資料の作成とレビューのポイント
  3. 機能設計に係る開発資料の作成とレビューのポイント
  4. サブシステム設計に係る開発資料の作成とレビューのポイント
  5. テストに係る開発資料の作成とレビューのポイント
  6. ガイダンス執筆に係る開発資料の作成とレビューのポイント
  7. 開発と配付・保守環境の管理に係る手続き文書の作成とレビューのポイント
5. 講師:
独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
リサーチフェロー 田渕治樹
6. 募集人数:
50 名 (先着順、募集人数が集まり次第、受付を終了させていただきます。)
7. 対象者:
CC評価に関わる開発者および管理者(レビュアー、インテグレータ、コンサルタント等)。
CC評価者。
(CC/CEM規格の内容は理解されていることを前提とし、CC用語の説明等は行いません。)
8. 参加費用:
無料
9. 申し込み方法等:
2010年4月1日(木) 17時までに 
E-mail:JISECセミナー担当メールアドレス
に以下の応募記載事項を記入したメールを送付下さい。
(応募記載事項)
  1. 件名に「4月15日 開発証拠資料の作成とレビュー手法説明会 参加申込み」と記載
  2. 氏名と読み仮名
  3. 所属法人名、所属部署名
  4. 連絡電子メールアドレス、連絡先電話番号、連絡先FAX番号
なお、参加者は応募があった方の先着 50 名で締め切らせて頂きます。
当講座に参加可能か否かは、当講座に応募されました方全員に2010年4月2日以降に速やかにメールにてご連絡いたします。
10. 個人情報のお取扱いについて
お客様の個人情報は、当講座に関する連絡・確認の目的で利用させていただきます。
個人情報保護方針(プライバシーポリシー)について
11. その他
<メールニュース配信のご案内>
情報処理推進機構( IPA )では、機構の事業に関わる各種情報(公募情報、入札情報、セキュリティ対策情報、イベント・セミナー情報、情報処理技術者試験情報等)を電子メールで配信しています。ご希望の方はIPAホームページ右下の【メールニュース配信】の申し込みから電子メールアドレスのご登録をお願いします。

以上