HOME情報セキュリティセミナー・イベント重要インフラ情報セキュリティフォーラム2009

本文を印刷する

情報セキュリティ

重要インフラ情報セキュリティフォーラム2009

独立行政法人 情報処理推進機構
有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター

趣旨

 近年インターネットは、さまざまな社会経済活動の中で広く利用されるようになりその依存性が高まる一方で、インターネットを通じたコンピュータ・システムへの不正なアクセス、コンピュータウイルス、ボットなどによる情報の漏えい、コンピュータ・システムの障害による事業活動の停止といった情報セキュリティインシデントは、ますます増大する傾向にあります。
 これらのインシデントは社会的なリスクであり、インシデントを引き起こす脅威を低減させるため、セキュリティ対策の主要素であるコンピュータ・システムの脆弱性対策、ネットワークセキュリティ対策等について、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA*1)及び有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC*2)では、国内外関係組織と連携してさまざまな取り組みを行なっています。
 このたび、これらの取り組みの一環として、重要インフラ事業者(情報通信、金融、電力、航空、鉄道、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流等の事業に係わる者)、重要インフラ事業者にシステムを提供するベンダー等に対して、情報セキュリティの管理的対策や技術的対策等について普及啓発を実施するため、「重要インフラ情報セキュリティフォーラム2009」を開催いたします。


*1 IPA : Information-technology Promotion Agency, Japan
*2 JPCERT/CC :Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center

開催概要

開催日時: 2009年2月20日(金) 10:00~(受付開始 9:30)
会場: ベルサール八重洲 ( http://www.bellesalle.co.jp/bs_yaesu/images/shikihai.html )
(東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル)
 午前の部 -全体トラック 2 階 (ルームA+B+C)
 午後の部A-専門技術トラック 3 階 (ルーム 2+3)
 午後の部B-ヒューマンマネジメントトラック 3 階 (ルーム 4+5)
※受付は、午前の部は2 階会場前、
  午後の部は3 階の各会場前となります。
主催: 独立行政法人 情報処理推進機構
有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター *3
対象: 主に国内の重要インフラ事業者等のコンピュータ・システムを担う者
(注): 「重要インフラ事業者」:情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス (地方公共団体を含む。)、医療、水道、物流等の事業に係わる者
費用: 無料
申込先: 「重要インフラ情報セキュリティフォーラム2009」 事務局
申込方法:
  1. 参加申込の方は、上記アドレスまで、下記フォームを記述してご送付ください。
  2. 件名は、「重要インフラ情報セキュリティフォーラム2009参加希望」と明記してください。
  3. 受付された方には、折り返し参加証をメール返信しますので当日ご持参ください。参加証の送信をもって、受付完了といたします。
  4. お申込の際ご入力いただきました個人情報は、本フォーラムの運営及び来年度の開催案内のみに利用し、他の目的で利用することはございません。
定員: 午前の部 300名
A.午後の部-技術トラック 150名
B.午後の部-マネジメントトラック 150名
※各部ともに先着順となります。

 *3 経済産業省よりの委託事業

プログラム

<<午前の部-全体トラック>>

10:00~10:40  「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第2次行動計画」PDFファイル
内閣官房情報セキュリティセンター 内閣参事官 上原 仁
10:45~12:15 「重要インフラにおけるヒューマンエラーと情報セキュリティ」
モデレータ:
 長岡技術科学大学大学院技術経営研究科 准教授 渡辺 研司
パネラー:
 明治大学経営学部 教授 中西 晶PDFファイル
 帝塚山大学 心理福祉学部 心理学科 社会心理学
  教授 中谷内 一也PDFファイル
 財団法人 電力中央研究所 システム技術研究所 情報数理領域
  領域リーダー 上席研究員 松井 正一PDFファイル
12:15~13:30 ------昼休み------

<<午後の部A-専門技術トラック>>

13:30~14:20 「標的型ボットの実態とその対策」~大規模インシデントの裏で進行していること~PDFファイル
株式会社ラック サイバーリスク総合研究所
 取締役 執行役員 所長 西本 逸郎
14:25~15:15 「重要インフラがかかえる潜在型攻撃によるリスク」PDFファイル
IPA セキュリティセンター 情報セキュリティ技術ラボラトリー
 研究員 鵜飼 裕司
15:15~15:30 ------Break ------
15:30~16:20 「暗号の世代交代」PDFファイル
IPA セキュリティセンター 暗号グループリーダー 山岸 篤弘
16:25~17:55 「制御システムセキュリティ 課題と対策」
モデレータ :
  JPCERT コーディネーションセンター 理事 宮地 利雄
パネラー:
 財団法人 電力中央研究所 システム技術研究所
   通信システム領域 リーダー 芹澤 善積PDFファイル
 横河電機株式会社ソリューション事業部 (石油OB) 政田 巌PDFファイル
 IPA セキュリティセンター 情報セキュリティ技術ラボラトリー長
   小林 偉昭PDFファイル
 JPCERT コーディネーションセンター 業務統括 伊藤 友里恵PDFファイル

<<午後の部B-ヒューマンマネジメントトラック>>

13:30~14:20 「新型インフルエンザ対策に関する政府の対応について」PDFファイル
内閣官房副長官補室 主査 倉吉 紘子
14:25~15:15 「金融機関等における「安全対策基準」と改訂の動向について」
財団法人金融情報システムセンター 監査安全部
 主任研究員 大野 裕明
15:15~15:30 ------Break ------
15:30~16:20 「人的見地からのプラント・セキュリティ」
名古屋工業大学大学院工学研究科ながれ領域
 社会工学専攻 都市社会工学科 教授 越島 一郎
16:25~17:15 「標的型メール攻撃対策 ~IT 予防接種による組織の防御力強化~」PDFファイル
JPCERT コーディネーションセンター 早期警戒グループ
 情報セキュリティアナリスト 小宮山 功一朗