HOME情報セキュリティセキュリティエコノミクス営業秘密官民フォーラムメールマガジン★営業秘密のツボ★ 2020.07.15_第49号

本文を印刷する

情報セキュリティ

★営業秘密のツボ★ 2020.07.15_第49号

営業秘密の管理や保護に関する様々な情報をお届けして参ります。
INDEX
巻頭メッセージ
     一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
                         理事 真鍋 敬士

このたびの豪雨災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。また、多くの
方々が新型コロナウイルス感染症への対応で生活の様々な場面で変化を
求められていることかと思います。そのような変化の代名詞とも言える
のがテレワークですが、情報管理に携わる立場からすると、綱渡りの連続
ではありませんか。情報セキュリティに関しても、新しい生活様式に合わ
せて、これまでのポリシーやルールを適宜見直していく必要があるの
でしょう。

今回、巻頭メッセージのご依頼をいただいたので、前回担当させていただ
いた第17号(2017年11月15日)を読み直したところ、「もし、WannaCryが
静かに情報の窃取や損壊を行っていたら、どうなっていたでしょう。」と
書いていました。WannaCryが猛威を振るってから3年が経ち、身代金を
要求する種類のサイバー攻撃はますます悪質化しています。2019年には
攻撃グループが標的として定めた組織のネットワークに侵入して情報を
人質にする「標的型ランサムウェア」による被害が海外の企業や政府機関
で多数報告されています。
最近では、身代金の支払いに応じなければ情報を公表したり競売にかけ
たりするという攻撃グループが台頭してきています。さらに、新型コロナ
ウイルス感染症対応への配慮として医療機関に攻撃しないことを宣言し
たり、身代金の支払いに応じた組織へのアフターケアを「売り」にしたり
する攻撃グループまであります。攻撃グループとしては、節度ある
まっとうなビジネスであることを標榜しているのでしょうが、情報管理に
携わる立場からすれば悪夢のような話です。

このような状況ですので、JPCERT/CCとしても新しい生活様式のもと、
ウェブ会議等を活用しつつ対外的な情報共有活動を徐々に再開しています。
しかしながら、頼みの綱であった「対面でのコミュニケーション」という
手段が糸のように細くなってしまったいま、日々模索を続けています。
先月の営業秘密官民フォーラムの開催も、知的財産政策室や講演された
皆様を始め多くの方々の試行錯誤によって実現されたことと思います。
この場を借りて感謝申し上げます。
【1】 訴訟・判決コラム:弁護士知財ネット
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 営業秘密漏洩の早期発見
               弁護士知財ネット 弁護士 松本 幸太
―――――――――――――――――――――――――――――――――
企業が営業秘密の管理措置を適切に講じたとしても、その漏洩を完全に防
ぐことができるとは限りません。
不幸にも営業秘密が漏洩してしまった場合、企業としては、事実調査を実
施し、事案に応じて法的手続等の措置をとることとなりますが、被害拡大
を防止するためには、漏洩の事実を一日でも早く察知することが重要です。

今回のコラムでは、典型的な漏洩事例をご紹介しながら、漏洩発覚の端緒
を考えてみたいと思います。

詳細は、こちらをご覧ください。

【2】 サイバーセキュリティ対策
―――――――――――――――――――――――――――――――――
1. サイバーレスキュー隊「J-CRAT」活動状況(2019年度下半期):
                独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
J-CRATは、標的型サイバー攻撃特別相談窓口にて提供された情報を分析し、
助言を実施しています。2019年度は、相談件数392件、レスキュー支援件数
139件、オンサイト支援20件ありました。活動実績をレポートしています。

詳細はこちらをご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「TLS暗号設定ガイドライン」 第3.0版公開:
                独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
暗号技術としてTLSを用いるサーバの構築者や運営者が適切な設定を行う
ためのガイドライン:「TLS暗号設定ガイドライン」の改訂版を公開して
います。今回、最近のSSL/TLS通信の規格化動向を反映し、一段高い安全
性を各設定基準に要求するものとなっています。

詳細はこちらをご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 米国におけるテレワークの現状(ニューヨークレポート):
                独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
米国におけるテレワークの最新動向のレポートです。テレワークを行う際
の情報管理は各国共通の課題でもありますが、テレワークにおけるセキュ
リティ意識や課題に関するISACAの調査結果についても言及されています。

詳細はこちらをご覧ください。

【3】 セミナー・イベント等のお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 営業秘密・知財戦略セミナー資料のお知らせ:
           独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
INPITが運営する「知的財産相談・支援ポータルサイト」にて、過年度の
セミナーで知財戦略アドバイザーが使用した資料を掲載しています。

営業秘密保護・活用のポイント、権利化/秘匿化などの基本事項やおさえて
いただきたい事柄について説明しています。

「秘密情報を守り活かすために ~営業秘密管理の導入に向けて~」

以下サイトの「過去のセミナー情報」よりご確認ください。

https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/seminar/

【4】 営業秘密関連情報のご紹介
―――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 営業秘密・秘密情報管理、知財戦略のFAQ
           独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
INPITが運営する「知的財産相談・支援ポータルサイト」にて、営業秘密
管理のコツをありがちな課題に絞り、一問一答形式のFAQとしてとりまとめ
ています。

・営業秘密管理に関するご質問
・秘密情報管理と漏えい防止に関するご質問
・知財戦略に関するご質問

詳しくはこちらをご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 不正競争防止法のテキストを改訂しております: 
                    経済産業省 知的財産政策室
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「不正競争防止法平成30年改正の概要」を織り込み、不正競争防止法のテ
キストを改訂しております。

以下のサイトからご覧いただけます。

https://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/201909_unfaircompetitiontext.pdf

また、不正競争防止法について説明会をしてほしい!などのご要望が
ございましたら、知的財産政策室までご連絡をお願いします。
知財室員がご説明に伺います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 「秘密情報の保護ハンドブック」及び「情報管理も企業力
  ~秘密情報保護ハンドブックのてびき~」を配布しています:
                    経済産業省 知的財産政策室
―――――――――――――――――――――――――――――――――
知的財産権制度説明会(主催:特許庁)における不正競争防止法の講義等
において、不正競争防止法の概要をはじめ、秘密情報の保護ハンドブック
や同ハンドブックのてびきの紹介・説明をさせていただいております。

これらの資料は、経済産業省ホームページからダウンロード可能です。
また、ご希望の方には、冊子をお届けすることも可能でございます。

こちらをご確認いただき、社内研修等での活用をご検討いただけますと
幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
4. 「営業秘密・知財戦略相談窓口」をご活用ください:
           独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
知的財産戦略アドバイザーが企業に出張訪問して、秘密情報の管理体制
(例えば、書類・記録媒体の管理方法、電子データの管理等)
の整備を支援させていただくケースが増えてきています。
個別企業訪問セミナーも実施しており、ご好評いただいております。
「営業秘密・知財戦略セミナー」を企業のニーズに応じてカスタマイズし、
社内でセミナーを開催することができますので、是非ご活用ください。

お問い合わせは、こちらをご参照ください。
電話03-3581-1101(内線3844)

※COVID-19対応で休止していた地域間での移動を伴う出張面談につきまし
ても、6/19(金)から再開しております。

事務局のつぶやき
★今月の知財室★

いつも「つぼマガ」をご愛読いただきありがとうございます。

この度の豪雨災害により、被災された皆様にはお見舞い申し上げます。
今なお不順な天気が続いておりますが、早期の復旧をお祈り申し上げます。

さて、いよいよ2020年がやってきた!と思ったのがついこの間のことの
ように思われますが、気づけばもう7月。今年も半分が終わってしまい
ました。
昨年の今頃は想像もしていなかった状況に、少しずつですが慣れてきたよ
うにも感じますが、皆さまはいかがでしょうか。

そんな中、嬉しいニュースがありました。
5月から運用を開始した当室の公式インスタグラムのフォロワーが、先日
100名を超えました!少しずつではありますが、見てくださる方が増えて
いくというのは非常に嬉しいものですね。
引き続き、分かりやすく、役立つ情報を投稿していきますので、ぜひご覧
いただければ幸いです。

『meti_chizai_official』

また、最近当室へ資料請求をいただく件数が増えております。働き方の見
直しがなされる中、企業における情報管理の見直しについても検討されて
いる方が増えているのかもしれません。

テレワークが当たり前になる、という新しい日常に変わる中、情報が適切
に管理されていることの大切さを私も日々実感しているところです。
皆さまの情報管理の見直しの際に、
「秘密情報の保護ハンドブック」
「秘密情報の保護ハンドブックのてびき」
「テレワーク時における秘密情報管理のポイント」
等をご参照いただければ幸いです。

新型コロナウィルスや自然災害への憂いから、落ち着かない日々が続き
ますが、引き続き体調には十分気を付けてお過ごしください。

「つぼマガ」第49号をお読みいただき、ありがとうございました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■「営業秘密のツボ」は、メルマガ受信登録いただいた方に
 お届けしております。送付先変更/配信解除は、各団体様の
 連絡担当者にご相談願います。
■原則、毎月第3水曜日に発行。(号外あり)
 バックナンバーを、IPAサイトにて公開しています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行/編集:営業秘密官民フォーラム
(事務局)
  経済産業省 経済産業政策局 知的財産政策室
   TEL: 03-3501-3752 FAX: 03-3501-3580
  独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンター
   TEL : 03-5978-7530 FAX : 03-5978-7513
 ◎皆様のご意見、ご要望などをお待ちしております。
  ご意見およびご要望は、下記アドレスにメール願います。
   MAIL: 営業秘密官民フォーラム事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━