HOME情報セキュリティセキュリティエコノミクス営業秘密官民フォーラムメールマガジン★営業秘密のツボ★ 2018.01.17_第19号

本文を印刷する

情報セキュリティ

★営業秘密のツボ★ 2018.01.17_第19号

本メールは、ご利用登録いただいた宛先にお送りしております。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
         ★営業秘密のツボ★ 2018.01.17_第19号
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
営業秘密の管理や保護に関する様々な情報をお届けして参ります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
INDEX
【1】訴訟・判決コラム
【2】サイバーセキュリティ対策
【3】セミナー・イベント等のお知らせ
【4】営業秘密関連情報のご紹介
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■巻頭メッセージ
                  経済産業省 知的財産政策室長 諸永裕一

松の内もあけて季節外れではございますが、新年のご挨拶を申しあげます。旧年中も、
大変お世話になりました。

この営業秘密官民フォーラムメルマガ『営業秘密のツボ』は、本号で20回目(号外も
含めて)の発行を迎えることができました。ひとえに皆様方のご協力の賜であり、あ
らためまして、巻頭メッセージ、判例分析や関係情報の提供など、皆様のご理解・ご
協力に感謝を申しあげます。私自身は、色々な方々から「メルマガ見たよ」と、お声
がけをいただくことが多くなり、この官民フォーラムの輪が、広がっていることを実
感し、うれしく思っております。

経済産業省では、人や情報がつながることで、新たな価値を創出する「Connected
Industries(コネクテッド・インダストリーズ)」の実現に向けて、データ利活用を
促進するための環境整備として、新たな知財制度の検討に取り組んで参りました。私
は、この取組を通じて、多くの方々と意見交換をさせていただきながら、人と人との
つながりを広げ、深めさせていただくことができました。皆様と共に、このつながり
を新たな価値の創出へとつなげて参りたいと思っております。

また、営業秘密に関しましては、昨年は、全国各地で説明・意見交換の機会を数多く
いただきました。その中では、警察庁や全国の都道府県警察の皆様と共にセミナーに
登壇させていただいたり、全国で開催された素形材分野の企業の方々向けの横断的な
説明会の場で説明の時間をいただいたりと、周知活動の幅を広げていくことができま
した。本年もこのような機会をいただきつつ、営業秘密の保護・活用を促進して参り
たいと思いますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

企業の情報の価値が高まれば高まるほど、それを盗み取る手口も、より巧妙に、より
悪質になって参りますので、営業秘密官民フォーラムにご参加の皆様との連携・協力
を一層深めさせていただき、社会全体で「情報泥棒を絶対に許さない」と機運を高め
て参りたいと思います。

結びになりますが、皆様のご健勝とご発展を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせ
ていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 訴訟・判決コラム:弁護士知財ネット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
証拠収集から見る営業秘密 -必要性と正当な理由を中心に-
                 弁護士知財ネット 農水法務支援チーム事務局
                              弁護士 外村玲子
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本年もどうぞよろしくお願いいたします。本メールマガジン第18号では、平成29年に
出された営業秘密に関する裁判例が網羅的に紹介されました。訴訟になった場合、文
書等の客観的証拠による立証活動が重要であることは言うまでもありません。しかし、
営業秘密漏洩の事例では、問題となる情報が社内文書に記載されている等、客観的証
拠が一方の当事者に偏在する場合が多いと言えます。そのため、不正競争防止法7条
として文書提出命令に関する規定が用意されています。本第19号では、実際の裁判例
を題材に、文書提出命令がどのような場合に認められるか、証拠収集の側面から営業
秘密について検討したいと存じます。

 https://www.iplaw-net.com/category/tradesecret-mailmagazine-column

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 サイバーセキュリティ対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「情報セキュリティ対策支援サイト」を公開:
          独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
IPAの情報セキュリティ対策支援サイトを公開しました(旧iSupportサイトを更新)。
中小企業の情報セキュリティ対策の自社状況診断ツールや、1テーマ5分でポイント学
習できるツール、情報セキュリティ啓発活動支援ツール、その他新しい関連資料等を
まとめたポータルサイトです。

 https://security-shien.ipa.go.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 【緊急】脆弱性対策について(2018年01月):
          独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(1) 1月10日にMicrosoft製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。
本脆弱性を悪用された場合、プログラムの異常終了や、攻撃者によるパソコンの乗っ
取り等、様々な被害が発生する可能性があります。Microsoft社は「悪用の事実を確認
済み」と公表しています。

(2) 多くの商用ウェブサイトや企業アプリケーションで使用されているOracle
WebLogic Serverに、既存の脆弱性を悪用して悪意のあるコインマイナー(仮想通貨を
マイニングするプログラム)を仕込まれる攻撃事例が報告されています。

被害を防止するため、未対応の場合は至急、修正プログラムを適用して下さい。

(1) https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20180110-ms.html
(2) https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20180115_WebLogicServer.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3. ニューヨークだより「米国における企業のサイバー攻撃対策の現状」:
          独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
米国企業のサイバー攻撃対策全般の現状レポートです。サイバー模擬戦を活用した被
害防止策、ベンチャー企業による新製品・サービスや、サイバーリスクマネジメント
の一環としての米国での内部不正対策状況等も報告しています。

 https://www.ipa.go.jp/files/000063229.pdf

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4. ビジネスメール詐欺に注意!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ビジネスメール詐欺とは、偽の電子メールを用いて金銭や情報を窃取する詐欺のこと
で、BEC(Business Email Compromise)とも呼ばれます。日本国内においても同手口に
よる大きな被害が確認されており、営業秘密保護の観点からも注意が肝要です。
その手口と対策を警察庁ウェブページにてご紹介しております。

 http://www.npa.go.jp/cyber/bec/index.html

実際のメールの例など具体的な事例については、IPAの下記ページもご参考ください。

【注意喚起】偽口座への送金を促す"ビジネスメール詐欺"の手口
 https://www.ipa.go.jp/security/announce/20170403-bec.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 セミナー・イベント等のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 「営業秘密・知財戦略セミナー」開催のお知らせ:
         独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今月のセミナーを以下のスケジュールで開催します。

日時:1月24日(水)14時~17時45分(受付13時30分~)
場所:香川 サンポートホール高松 62会議室

※受講料無料、要事前登録。

当セミナーの情報・受講登録等は以下のサイトからお知らせしています。

 https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】 営業秘密関連情報のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1. 不正競争防止小委員会第9回を開催します:経済産業省知的財産政策室
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
産業構造審議会知的財産分科会不正競争防止小委員会第9回を1月19日(金)10時30分~
12時に開催します。
第9回小委員会の配付資料は、1月18日(木)午後以降、以下のサイトからご覧頂けます。

 http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/chitekizaisan/fuseikyousou/009_haifu.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2. 「営業秘密・知財戦略相談窓口」をご活用ください:
        独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
知的財産戦略アドバイザーが企業に出張訪問して、秘密情報の管理体制(例えば、書
類・記録媒体の管理方法、電子データの管理等)の整備を支援させていただくケース
が増えてきています。個別企業訪問セミナーも好評で多数実施しています。
「営業秘密・知財戦略セミナー」を企業のニーズに応じてカスタマイズし、社内でセ
ミナーを開催することができますので、是非ご活用ください。

お問い合わせはこちらへ
電話:03-3581-1101(内線3844)

 https://faq.inpit.go.jp/tradesecret/service/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事務局のつぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今月の知財室★

皆様、明けましておめでとうございます。
経済産業省知的財産政策室の青木でございます。
寒さも一段と厳しく、インフルエンザも流行するこの季節ですが、いかがお過ごしで
しょうか。私は年末にかけ体調を崩すことが続き、よく言われるように、普段健康を
意識することが無かったのは幸いだったと気づきました。

さて、(と、話に無理があるかもしれませんが)営業秘密にも似たような面があるの
かもしれません。例えば特許のように表舞台に出ることはありませんが、日々黒子の
ように事業を支え続ける。
何と大切で愛すべきものたちか、営業秘密は持たずとも、しみじみと思えます。

知的財産政策室においては、不正競争防止法の改正に向けた検討も佳境に差し掛かろ
うとしております。たとえ日頃から顔を合わせる関係でなくとも、皆様を陰でしっか
りとお支えしていきたい所存ですので、本年も「営業秘密のツボ」を始め、知財室と
IPAの皆様とで務めておりますつぼマガ事務局をよろしくお願いいたします。

「つぼマガ」第19号をお読みいただき、ありがとうございました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■「営業秘密のツボ」は、メルマガ受信登録いただいた方にお届けしております。
 送付先変更/配信解除は、各団体様の連絡担当者にご相談願います。
■原則、毎月第3水曜日に発行。(号外あり)
 バックナンバーを、IPAサイトにて公開しています。
 https://www.ipa.go.jp/security/economics/mailmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行/編集:営業秘密官民フォーラム
(事務局)
  経済産業省 経済産業政策局 知的財産政策室
   TEL: 03-3501-3752 FAX: 03-3501-3580
  独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部セキュリティセンター
   TEL : 03-5978-7530 FAX : 03-5978-7514
 ◎皆様のご意見、ご要望などをお待ちしております。
  ご意見およびご要望は、下記アドレスにメール願います。
   MAIL: tradesec-info@ipa.go.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━