メニュー

HOME 情報セキュリティAdobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB22-46)(CVE-2022-38450等)

本文を印刷する

情報セキュリティ

Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB22-46)(CVE-2022-38450等)

注釈:追記すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

MyJVNバージョンチェッカで最新バージョンのソフトウェアをチェックする

概要

アドビ社から Adobe Acrobat および Reader に関する脆弱性(APSB22-46)が公表されています。

アドビ社からは、過去に攻撃者の標的になったことのない脆弱性としてアナウンスがされておりますが、悪用された場合、不正なコードが実行される恐れのある緊急度がクリティカルの脆弱性も含まれているため、修正プログラムを適用することを推奨します。

対象

  • Acrobat DC(Continuous)
     2022.002.20212 およびそれ以前のバージョン (Windows)
  •  2022.002.20212 およびそれ以前のバージョン (macOS)
  • Acrobat Reader DC(Continuous)
     2022.002.20212 およびそれ以前のバージョン (Windows)
  •  2022.002.20212 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat 2020(Classic 2020)
     2020.005.30381 およびそれ以前のバージョン (Windows)
  •  2020.005.30381 およびそれ以前のバージョン (macOS)
  • Acrobat Reader 2020(Classic 2020)
     2020.005.30381 およびそれ以前のバージョン (Windows)
  •  2020.005.30381 およびそれ以前のバージョン (macOS)

対策

脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

アドビ社から提供されている最新版に更新してください。

参考情報

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター

E-mail:vuln-inqアットマークipa.go.jp

注釈:個別の環境に関するご質問を頂いても回答ができない場合があります。
 詳しくは製品ベンダなどにお問合せください。

更新履歴

2022年10月12日 掲載