HOME情報セキュリティMicrosoft Windows 製品の Microsoft MSHTML の脆弱性対策について(CVE-2021-40444)

本文を印刷する

情報セキュリティ

Microsoft Windows 製品の Microsoft MSHTML の脆弱性対策について(CVE-2021-40444)

最終更新日:2021年9月15日

※追記すべき情報がある場合には、その都度このページを更新する予定です。

概要

2021 年 9 月 8 日(日本時間)に Microsoft Windows 製品における Microsoft MSHTML の脆弱性(CVE-2021-40444)に関する情報が公表されています。
本脆弱性を悪用された場合、攻撃者によって任意のコードを実行される等して、様々な被害が発生するおそれがあります。

本脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、Microsoft 社から提供されている回避策または緩和策の適用を検討して下さい。

---2021 年 9 月 15 日 更新---
本脆弱性について、修正プログラムが Microsoft 社の 2021 年 9 月のセキュリティ更新プログラムにおいてリリースされています。至急、修正プログラムを適用してください。

影響を受ける製品

以下の Windows 製品が影響を受ける可能性があります。

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows RT 8.1
  • Windows 7
  • Windows Server
  • Windows Server 2022
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008

    詳細については Microsoft 社のページ別ウィンドウで開くを参照してください。

対策

---2021 年 9 月 15 日 更新---

1.脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。
Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。

---ここまで---

Microsoft 社から以下の回避策および緩和策が案内されています。
詳細については Microsoft 社のページ別ウィンドウで開くを参照してください。

2.回避策

Microsoft 社から以下の回避策が案内されています。
  • Internet Explorer において全てのActiveXコントロールのインストールを無効にする

3.緩和策

Microsoft 社から以下の緩和策が案内されています。
  • Microsoft Office のファイルを ProtectedView または ApplicationGuard for Office で開く

参考情報

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター

E-mail:
※個別の環境に関するご質問を頂いても回答ができない場合があります。
 詳しくは製品ベンダなどにお問合せください。

更新履歴

2021年09月15日 概要:更新
対策:更新
参考情報:更新
2021年09月08日 掲載