HOME情報セキュリティ「SKYSEA Client View」において任意のコードが実行可能な脆弱性について(JVN#84995847)

本文を印刷する

情報セキュリティ

「SKYSEA Client View」において任意のコードが実行可能な脆弱性について(JVN#84995847)

最終更新日:2016年12月22日

※最新情報は、JVN iPedia(JVN#84995847)をご覧ください。

概要

Sky株式会社が提供する「SKYSEA Client View」は、IT 資産管理用ツールです。「SKYSEA Client View」のエージェントプログラムには、管理機プログラムとの TCP 通信における認証処理に起因する任意のコードが実行可能な脆弱性が存在します。遠隔の第三者によって、「SKYSEA Client View」のエージェントプログラムが任意の操作を実行させられる可能性があります。結果として、任意のコードを実行される可能性があります。

開発者によれば本脆弱性を悪用した攻撃を確認しているとのことです。至急、製品開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

本脆弱性の深刻度

本脆弱性の深刻度 □ I(注意) □ II(警告) ■ III(危険)
本脆弱性のCVSS v2基本値     10.0

対象

次の製品が対象です。

  • SKYSEA Client View Ver.11.221.03 およびそれ以前

対策

開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。
開発者は、本脆弱性の対策版として「SKYSEA Client View」Ver.11.300.08h をリリースしています。

開発者が提供する情報をもとに、本脆弱性の対策パッチを適用してください。
パッチは開発者が提供する保守サイトからダウンロード可能です。

対策版を適用するまでの間、以下の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。
「SKYSEA Client View」に対する外部からの通信を制限する。

参考情報

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター

E-mail:

更新履歴

2016年12月22日 掲載