HOME情報セキュリティセミナー・イベント日経 xTECH EXPO 2018での情報セキュリティに関するセミナーのご案内

本文を印刷する

情報セキュリティ

日経 xTECH EXPO 2018での情報セキュリティに関するセミナーのご案内

最終更新日:2018年10月30日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター

当日の講演資料や関連ページの情報を公開しました。(2018.10.30)

 IPAは、2018年10月17日(水)~10月19日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「日経 xTECH EXPO 2018」の展示会場内のオープンシアターにて各日3回(3日間で計9回)の情報セキュリティに関するセミナーをおこないます。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

名称 日経 xTECH EXPO 2018 (主催:日経BP社)
※入場方法などは上記リンクの主催者の案内ページをご覧ください。
会期 2018年10月17日(水)~10月19日(金)10:00~17:30
会場 東京ビッグサイト 東1-3 ホール

IPAが登壇するセミナー

セミナー名称 日経 xTECH EXPO 2018 オープンシアター (主催者サイト)
会場 展示会場内オープンシアター
座席 全席自由
10月17日(水)
11:00-11:20
(20分)
「情報セキュリティ10大脅威2018」組織編
IPA セキュリティセンター 亀山 友彦
IPAでは、前年に起きた事故や事件からセキュリティ上の脅威を洗い出し、その脅威の概要や被害事例、対策方法等をまとめた資料「情報セキュリティ10大脅威」を毎年公開しています。本講演では、今年3月に公開した「情報セキュリティ10大脅威2018」の内容から脅威を抜粋して紹介します。
(IPA以外の講演)
14:20-14:40
(20分)
ビジネスメール詐欺の事例と手口
~あらゆる国内企業・組織が攻撃対象となる状況に~
IPA セキュリティセンター 伊藤 博康
IPAでは、2018年7月に、日本語のメールによるビジネスメール詐欺の事例を確認しました。 これにより、あらゆる国内企業・組織が攻撃対象となりうる状況になったと考えられます。 本発表では、企業・組織がこの脅威に対抗していくため、日本語の事例を含めたビジネスメール詐欺の手口と対策について説明します。
(IPA以外の講演)
16:20-16:40
(20分)
制御システムのセキュリティ
~サイバー攻撃の現状とリスク分析のすすめ~
IPA セキュリティセンター 福原 聡
サイバー攻撃によって大規模停電や工場の操業停止が発生する等、制御システムのセキュリティ対策の必要性が高まっています。本講演では、制御システムに対するサイバー攻撃の現状と、実効的なリスク低減や効果的な対策投資を実現してセキュリティの長期的な維持・向上につながるリスク分析手法について紹介します。
10月18日(木)
11:00-11:20
(20分)
ウェブサイトに求められるセキュリティ対策
~今サイト運営者が見直すべき事とは~
IPA セキュリティセンター 熊谷 悠平
ウェブサイトを狙った攻撃により、連日様々なウェブサイトの被害が報告されています。攻撃手段は変化を続けていますが、基本的な対策方法は変わりません。本講演では、最新のウェブサイトの被害事例と、皆様のウェブサイトにおいて確認すべき項目について紹介いたします。
(IPA以外の講演)
14:20-14:40
(20分)
標的型攻撃の実際と初動調査の紹介
~WindowsOS標準コマンドで調べる攻撃痕跡~
IPA セキュリティセンター 釜谷 誠
IPAのサイバーレスキュー活動の現場を通じて見てきた「標的型攻撃の実際」と、発見しにくい標的型攻撃の痕跡をWindowsOS標準コマンドを使って調べる「初動調査」(サイバーレスキュー隊(J-CRAT)技術レポート2017概要)をご紹介します。
(IPA以外の講演)
16:20-16:40
(20分)
多様化するIoTのセキュリティ脅威とその対策
~セキュリティ・バイ・デザインと脆弱性対策の重要性~
IPA セキュリティセンター 辻 宏郷
IoT機器の利用者に直接被害を与える攻撃や特定のIoT機器の脆弱性を狙う攻撃等、IoTに対するセキュリティ脅威が多様化しており、設計・開発段階からのセキュリティの考慮や製品出荷前後の脆弱性対策が重要化しています。本講演では、これらの取組みを支援するIPAの活動や普及啓発資料について紹介します。
講演資料PDF
関連ページ:IoTのセキュリティ
10月19日(金)
11:00-11:20
(20分)
いま求められるセキュリティ人材確保のために
~情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度のご紹介~
IPA IT人材育成センター 延藤 里奈
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)とは、2016年10月に創設された、サイバーセキュリティ対策を推進する人材の国家資格です。2018年10月1日には、登録人数が17,000人を超える見込みとなりました。 本講演では、登録セキスペ制度のねらいや仕組み、登録状況や講習内容などをご紹介いたします。
講演資料PDF
関連ページ:国家資格「情報処理安全確保支援士」
(IPA以外の講演)
14:20-14:40
(20分)
「情報セキュリティ10大脅威2018」組織編
IPA セキュリティセンター 吉本 賢樹
IPAでは、前年に起きた事故や事件からセキュリティ上の脅威を洗い出し、その脅威の概要や被害事例、対策方法等をまとめた資料「情報セキュリティ10大脅威」を毎年公開しています。本講演では、今年3月に公開した「情報セキュリティ10大脅威2018」の内容から脅威を抜粋して紹介します。
(IPA以外の講演)
16:20-16:40
(20分)
脆弱性体験学習ツール AppGoatの紹介
~突いてみますか?脆弱性!~
IPA セキュリティセンター 渡邉 祥樹
IPAでは、脆弱性の概要や対策方法等の脆弱性に関する基礎的な知識を実習形式で体系的に学べるツール「AppGoat」を公開しています。本講演では、AppGoatの概要を紹介するとともに、本ツールを動かしながら脆弱性体験学習(演習)の一連の流れを紹介します。

更新履歴

2018年10月30日 講演資料や関連ページを掲載
2018年10月3日 掲載