HOME情報セキュリティセミナー・イベントコラボレーション・プラットフォームについて(第2回開催のご案内)

本文を印刷する

情報セキュリティ

コラボレーション・プラットフォームについて(第2回開催のご案内)

最終更新日:2018年7月18日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター

 経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構は、企業や関係機関等がサイバーセキュリティ対策に関する情報交換、交流の場として活用できる「コラボレーション・プラットフォーム」を共催しています。
 コラボレーション・プラットフォームでは、参加する皆様に国内外のサイバーセキュリティ政策をめぐる最新の動向について情報を提供するとともに、皆様からのご質問やご意見をお伺いし、政策を検討する経済産業省の研究会等に伝え、政策や具体的な対策への反映を図ることを目的としております。
 また、参加する皆様が、コラボレーション・プラットフォームにおける議論を通じて、自ら、サイバーセキュリティ対策のニーズを明確化・具体化するとともに、サイバーセキュリティ対策のシーズ等に関する情報提供・情報収集を直接行うなど、参加者同士の情報交流の場としてご活用いただくことを目指しております。
 ユーザ企業やITベンダをはじめ、コンサルタント企業、研究開発機関等、幅広いご参加をお待ちしております(要事前登録)。

(ご参考)経済産業省 プレスリリース
「サイバー・フィジカル・セキュリティに関する情報交流のためのコラボレーション・プラットフォームを設置します」
URL: http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180530003/20180530003.html

第2回コラボレーション・プラットフォーム 開催概要

おかげさまで定員に達し、お申込み受付を終了しました。


第2回コラボレーション・プラットフォームを以下のとおり開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。(要事前申込み)

1. 日時
 2018年7月23日(月)14:00~17:00(受付開始13:00)

2. 場所
 東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス
 独立行政法人情報処理推進機構 13階 会議室
 (アクセスマップ

3. プログラム

14:00 第1回にお寄せいただいたご意見・ご感想のご紹介
14:10 ◆第1部◆
【講演】Connected world changes the rule to survive.
~コネクテッドワールドで生き残る5つの法則~

 世界最高品位の脆弱性検査技術を有するセキュリティプロフェッショナルサービス企業Synack社CTO Mark Kuhr氏(元米国国家安全保障局テクニカルディレクター)にご出演いただき、サイバーセキュリティ最新技術動向、IoTや自動運転等新技術の発展に潜むリスクと対策等についてインタビュー形式で語っていただきます。同社サービスパートナーの(株)デジタルハーツ 岡田 卓也氏にインタビューと解説を行っていただきます。
Mark Kuhr氏プロフィールはこちら
15:20 ◆第2部◆
【グループディスカッション】
 3つのテーマに分かれて、グループディスカッションを行います。
 グループディスカッションでは、各テーマをとりまく課題やソリューション・取組事例等を共有することで、自社の課題解決のためのヒントとなるような情報をお持ち帰りいただきたいと考えております。また、もちろん、政策に対するご意見・ご要望もお待ちしております。
 
 グループディスカッションでは、次のような観点から参加者の皆様から積極的なご発言をいただくことを期待しております。
 (1) 課題を共有し、それに対するソリューション情報を得たり、政策への提言をしたい。
 (2) 課題に対するソリューションを持っているので提供したい。
 (3) ソリューション提供者同士でどのような連携ができるかについて話をしたい。

※お申込みの際に、次のうちからご関心のあるテーマにエントリーをお願いします。
 
<テーマ1>サプライチェーンセキュリティ
 経済産業省では、「産業サイバーセキュリティ強化へ向けたアクションプラン」として4つの柱を提唱しており、その中の1つに「サプライチェーンサイバーセキュリティ強化パッケージ」を掲げています。
 Society5.0、Connected Industriesの進展により複雑化していくサプライチェーンのサイバーリスクに対応していくために、サプライチェーン全体でどのようにセキュリティを担保していくか、例えば、契約時にどのように責任分界点を整理すべきか、あるいはグローバルなリスク管理等について、意見交換を行います。
 関係会社のセキュリティ管理や、契約時の課題等、サプライチェーンセキュリティを取り巻く課題やそれに対応するソリューション・取組事例、政策への提言等について、ご遠慮なくご意見をお寄せください。
 
<テーマ2>サイバーセキュリティ人材
 「産業サイバーセキュリティ強化へ向けたアクションプラン」の4つの柱の1つに、「サイバーセキュリティ人材育成・活躍促進パッケージ」を掲げています。
 サイバーセキュリティ人材の育成・活躍促進において、セキュリティ人材の定義や評価指標が不明瞭、「セキュリティの理解を持って高度な経営判断を補佐する人材」の育成が不十分、などの課題があると言われております。
 例えば、限られたリソース(人材、予算等)の活用における課題、人材育成等参加者の皆様がお持ちの課題や、それらに対するソリューション・取組事例、政策への提言等について、ご遠慮なくご意見をお寄せください。
 
<テーマ3>つながる世界の脅威と対策
 第1部の講演内容を踏まえ、IoTや自動運転等、新技術の発展に潜む脅威とその対策について、意見交換を実施します。
 例えば、IoT機器・システムの脆弱性診断方法等について、参加者の皆様がお持ちの課題や、それらに対するソリューション・取組事例等、ご遠慮なくご意見をお寄せください。
 
 
17:30 情報交換会(別会場)

 4. 主催
 経済産業省 / 独立行政法人情報処理推進機構

5. 参加対象
 (1) サイバーセキュリティ分野の事業を行っているITベンダ、コンサルタント等の企業の方
 (2) (1)のサービスを利用するユーザ企業の方
 (3) 研究開発機関
 (4) 政府関係機関
    等
※個人の方のお申込みはご遠慮いただいております。

6. お申込み
 ご参加ご希望の方は、事前登録が必要です。

 お申込み受付を終了いたしました。

※お申込み済の方がお申込み内容を確認する場合はこちらから。
 ※お申込みに関するよくある質問と回答はこちらから。

7. 情報交換会について
 日時:2018年7月23日(月)17:30~
 場所:文京グリーンコートイーストウィング2階 キャフェテリア
 会費:軽食の実費として3,000円を申し受けます。(領収書を発行いたします。)

過去の開催レポート

過去の開催レポートはこちらからご覧いただけます。

◆第1回コラボレーション・プラットフォーム開催レポート

お問い合わせ先

本件についてのお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお願いいたします。

IPA セキュリティセンター / 経済産業省 サイバーセキュリティ課
コラボレーション・プラットフォーム事務局
E-Mail:

更新履歴

2018年7月11日 第2回の参加者募集を開始しました。
2018年7月18日 第2回のお申込み受付を終了しました。