サイバー情報共有イニシアティブ( J-CSIP ( ジェイシップ ) )J-CSIP「標的型攻撃/新しいタイプの攻撃の実態と対策」の一部訂正とお詫びについて

本文を印刷する

J-CSIP「標的型攻撃/新しいタイプの攻撃の実態と対策」の一部訂正とお詫びについて

掲載日 2012年9月7日
独立行政法人情報処理推進機構

 2011年11月に開催の「業界団体等向け情報セキュリティ対策説明会」で使用しました「標的型攻撃/新しいタイプの攻撃の実態と対策」について、一部記載の誤りがありました。
 ここに訂正した資料の正誤表を掲載するとともに、ご迷惑をおかけした関係者の皆様にお詫び申し上げます。

正誤表

場所
スライド7 RSAセキュリティ EMC Corporationのセキュリティ事業部門であるRSA
スライド7 そして・・・・・・
(9) ロッキードへの不正侵入のための認証突破に使われた
また、ロイター通信の報道によるとロッキード・マーチンへの攻撃に使われたと報道されている
http://jp.reuters.com/article/topNews/
idJPJAPAN-21564820110607
スライド7 Secure ID RSA SecurID

最新版

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター
Tel: 03-5978-7527  Fax: 03-5978-7518  E-mail:電話番号:03-5978-7508までお問い合わせください。

更新履歴

2012年 9月7日 正誤表を掲載