HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報ESxR体験セミナー:組込みシステム開発技術リファレンスESxRシリーズ2012年度(新刊)全ガイドの解説~「設計事例集」「テスト事例集」「バグ管理ガイド」~

本文を印刷する

社会基盤センター

ESxR体験セミナー:組込みシステム開発技術リファレンスESxRシリーズ2012年度(新刊)全ガイドの解説~「設計事例集」「テスト事例集」「バグ管理ガイド」~

開催情報

  IPA/SECでは組込み系ソフトウェア・エンジニアリング領域における産業界の知見をまとめ、整理した解説書『組込みシステム開発技術リファレンスESxRシリーズ』を発行しています。本セミナーでは、組込みソフトウェア産業界に広く利活用されている既刊ESxRシリーズの概要と今年度新たに発行した3ガイド「設計事例集」、「テスト事例集」、「バグ管理ガイド(3月発行予定)」について、目的や位置付け、活用方法などを解説します。

資料を公開しました 講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。
主催 一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA) 東北支部(公式サイト
共催 独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時 2013年3月11日(月)13:30~17:00
2013年3月12日(火)13:30~17:00
開催場所 仙台市青葉区本町3丁目3番1号 仙台合同庁舎6階
東北経済産業局 第一・第二会議室 (アクセスマップ
定員 50名
参加費 無料
申込方法 公式サイトよりお申込みください。
申込締切日 2013年3月4日(月)
配布物 ・組込みソフトウェア向け設計ガイドESDR[事例編]
・組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[テスト編~事例集~]
・組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編] (3月発行予定)

プログラム

■第1日目:3月11日(月)
時刻 概要
13:00
開場・受付開始
13:30~
13:40
開会・挨拶
13:40~
16:50
『組込みシステム開発技術リファレンスESxRシリーズ概要説明』 

「組込みシステム開発技術リファレンスESxRシリーズ」のうち、既に組込みソフトウェア開発の現場で広く利活用されている、「コーディング作法ガイドESCR」、「品質作り込みガイドESQR」、「開発プロセスガイドESPR」、「プロジェクト計画書作成ガイドESMR/ESMG」を中心にその概要を説明します。

講演資料ダウンロードPDF文書[7.61MB]

IPA/SEC 専門委員
村松 昭男 

IPA/SEC バグ管理手法部会 副主査
十山 圭介 
『組込みソフトウェア開発における設計事例の解説 ~ 〔新刊〕 組込みソフトウェア向け設計ガイドESDR[事例編] ~ 』 

組込みソフトウェア向け設計ガイドESDR[事例編]では、現場から得られた事例にもとづく設計ノウハウを整理し、実際に利用しやすい形で提供します。その概要と事例の解説をします。

講演資料ダウンロードPDF文書

IPA/SEC 研究員
濱田 直樹

IPA/SEC 安全ソフトウェア構築技術部会
三菱電機メカトロニクスソフトウエア株式会社
岩橋 正実 氏

IPA/SEC 安全ソフトウェア構築技術部会
横河医療ソリューションズ株式会社
楢木野 公彦 氏
16:50~
17:00
質疑応答

■第2日目:3月12日(火)
時刻 概要
13:00
開場・受付開始
13:30~
16:40
『組込みソフトウェア開発におけるテスト事例の解説 ~ 〔新刊〕 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[テスト編~事例集~]  ~ 』

組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[テスト編~事例集~]では、組込みソフトウェアの開発現場から得られたテストに関するノウハウ、勘所を事例にもとづいて説明しています。本セミナーでは、本書の概要のほか、本書に記載したいくつかのノウハウを事例を用いて解説します。

講演資料ダウンロードPDF文書[2.43MB]

IPA/SEC 研究員
石井 正悟

IPA/SEC 研究員
石田 茂
『組込みソフトウェア開発におけるバグ管理手法の解説 ~ 〔新刊〕 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編] ~ 』

組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編] では、組込みソフトウェアの品質向上を目指して標準的なバグ管理の方法を示しています。本セミナーでは、本書の概要のほか、バグ管理プロセスやバグ分析の手順・方法などを解説します。

講演資料ダウンロードPDF文書[11.5MB]

IPA/SEC 組込み系プロジェクト・リーダー
三原 幸博

IPA/SEC バグ管理手法部会 副主査
十山 圭介
16:40~
17:00
まとめ、質疑応答