HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報かがわ情報化推進協議会設立20周年記念事業 IPAセミナーin高松~セキュリティとソフトウェアエンジニアリング~

本文を印刷する

社会基盤センター

かがわ情報化推進協議会設立20周年記念事業 IPAセミナーin高松~セキュリティとソフトウェアエンジニアリング~

開催情報

  私たちが安心してITを利用するためは、セキュリティを確保するとともに、 ソフトウェアの信頼性の向上が重要です。IPAでは、さまざまなセキュリティ対策や、 信頼性の高いソフトウェアの開発に向けた情報やノウハウ・手法の提供などを通じ、 誰もが安心して暮らせるIT社会の実現を目指しています。 本セミナーでは、そのトピックスを紹介します。

主催: かがわ情報化推進協議会(公式サイト
共催: 情報通信交流館e-とぴあ・かがわ
独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)
開催日時: 2012年12月7日(金)13:00~17:30
開催場所: 〒760-0019
香川県高松市サンポート2番1号 高松シンボルタワー タワー棟5階
e-とぴあ・かがわBBスクエア (アクセスマップ
定員: 80名
参加費: 無料
申し込み方法 開催案内PDFをご確認いただきお申込みください。

プログラム

時刻 概要
13:00 開会
13:10~
13:20
IPAの概要
講演資料ダウンロードPDF[1.46MB]
第一部セキュリティ
13:20~
14:20
講演1-1
「標的型サイバー攻撃の実態と対策 ~攻撃者ツールのデモで見る脅威の身近さ~」


特定の企業や組織を狙った、標的型と呼ばれるサイバー攻撃による被害が続出しています。官公庁や大手企業が対象と思われている標的型攻撃は、今や中小企業にまで及んでおり、いつ攻撃を受けても不思議ではない状況です。標的型サイバー攻撃によるこれまでの事例や今後の予測、標的型と言われる攻撃はどのような仕組みで攻撃が行われ被害にあうのか、そしてどのように立ち向かって行くべきなのか。標的型攻撃のデモにより現実の脅威を披露し、標的型攻撃について理解を深め、その対策方法について解説します。

IPA技術本部 セキュリティセンター
情報セキュリティ技術ラボラトリー 研究員
渡辺 貴仁
講演資料ダウンロードPDF[3.16MB]
14:20~
15:20
講演1-2
「脆弱性を回避するプログラム開発に向けて」


アプリケーションの脆弱性を突いた攻撃が後を絶たず、脆弱性が見つかったアプリケーション開発企業はその修正に予定外のコストを強いられかねません。本講演ではウェブアプリケーションの開発を行う方やC言語で開発を行う方を対象に、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用された攻撃を体験・学習できるツール「AppGoat」やC言語のソースコードセキュリティ検査ツールの「iCodeChecker」をご紹介し、ソフトウェア開発における脆弱性の回避方法を解説します。

IPA技術本部 セキュリティセンター
情報セキュリティ技術ラボラトリー
谷口 隼祐 
講演資料ダウンロードPDF[1.88MB]
15:20~
15:30
休憩
第二部ソフトウェアエンジニアリング
15:30~
16:30
講演2-1
「定量データ活用等によるITプロジェクトの見える化」


状況把握が難しいソフトウェア開発プロジェクトを可視化して、進捗管理や品質、生産性の向上に役立てることを目指してIPA/SECが取り組んでいる、『ITプロジェクトの見える化』手法を紹介します。IPA/SECでは、ITプロジェクトの「定量的アプローチ」、「定性的アプローチ」の可視化手法を体系化し「見える化」としてまとめています。特に「定量的アプローチ」に関しては、3000件以上のプロジェクトデータを収集しており、その分析結果を踏まえて活用ノウハウやツールへの反映を行っています。本講演では、こ れらの手法やツールの内容を中心に解説します。

IPA技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
エンタプライズ系プロジェクト 研究員
大和田 裕 
講演資料ダウンロードPDF[9.67MB]
16:30~
17:30
講演2-2
「アジャイル開発適用のヒント~IPA/SECにおける非ウォーターフォール型開発に関する調査検討結果から~」


IPA/SECが取り組んでいる、非ウォーターフォール型開発の代表であるアジャイル開発手法について、 これまでに実施した次の調査検討結果を中心に、それらの概要を紹介します。
  • ビジネス環境の変化への俊敏な対応、変化する要求への対応に求められるアジャイル開発
  • 日本におけるアジャイル開発にふさわしい契約モデル・契約書案
  • 大規模プロジェクトへのアジャイル開発手法の適用事例
アジャイル開発にあまり馴染んでいない方々を主な対象に、ソフトウェア開発において重要とされる、開 発対象と組織の特徴に応じた適切な開発形態選択のためのヒントとなることを期待しています。

IPA技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
エンタプライズ系プロジェクト プロジェクトリーダー
山下 博之 
講演資料ダウンロードPDF[2.97MB]
17:30 閉会

参加申し込み

公式サイトはこちら