HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報ITプロジェクトの見える化(応用編)

本文を印刷する

社会基盤センター

ITプロジェクトの見える化(応用編)

開催概要

  状況把握が難しいソフトウェア開発プロジェクトを可視化して、進捗管理や品質、生産性の向上に役立てようとするIPA/SECのITプロジェクトの「見える化」手法について解説します。

   IPA/SECではITプロジェクトの「見える化」として、ITプロジェクトの「定量的アプローチ」、「定性的アプローチ」の可視化手法を体系化して「見える化」としてまとめております。 特に「定量的アプローチ」関しては、2,500件のプロジェクトデータを収集しており、その分析結果を踏まえて「定量的プロジェクト管理ツール」を作成し、公開しています。
   本セミナーでは、ITプロジェクトの「見える化」をテーマに、手法と公開しているツールについて解説とデモを行います。

(※本セミナーは2012年7月20日開催したセミナーと同一内容です。)

UP 講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。

主催: 独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
共催: 一般社団法人 情報サービス産業協会(JISA)
開催日時: 2012年9月5日(水)13:30~17:00
開催場所: IPA 13階会議室
定員: 80名
参加費: 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願い致します。
・受付にて、領収証を発行致します。
・お釣りのないようにご用意をお願い致します。
募集対象: ・ソフトウェア開発プロジェクトの可視化をプロジェクト管理にこれから役立てようと考えている方
・見える化の手法や、定量的プロジェクト管理ツールを開発プロジェクトに導入しようとしている方
配布物: 『ITプロジェクトの「見える化」』(中流編・下流編のうち1冊)

※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

ITコーディネータの方へ

ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承ください。
本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、知識ポイント獲得の機会となります。ITコーディネータの方も奮ってご参加ください。
出席証明書はセミナー受付時にお渡ししますのでお申し出ください。  
セミナー終了後、事務局確認印を押印いたします。
氏名、ITC資格No.をご記入の上、受付にお越しください。
(事務局確認印が無い場合、ポイントは無効です)

プログラム

時刻 概要
13:00
受付開始
13:30~
15:00
定量的プロジェクト管理ツールの解説

IPA/SEC ではソフトウェア開発プロジェクトの定量的管理を行うプロジェクト・マネージャーの支援を目的として、開発プロジェクトの進行過程で測定できる基本的な定量データ(規模、工数、工期)を自動収集・集計し、分析・管理する機能と、分析データをグラフ表示により視覚的に示す機能を備えた「定量的プロジェクト管理ツール」の提供を開始しました。その解説とデモンストレーションを行います。

IPA/SEC研究員
大和田 裕 

講演資料ダウンロードPDF[5.29MB]
15:00~
15:10
休憩
15:10~
17:00
ITプロジェクトの見える化

IPA/SECの提唱するソフトウェア開発の「見える化」手法は、述べ30人以上の専門家により5年以上の歳月をかけて、4冊の書籍と関連ツールに凝縮したものです。そこには多くの先人の知恵が再利用可能な形で盛り込まれています。昨年度まで進めてきたこの手法の紹介内容を全面刷新し、新しい定量的プロジェクト管理ツールを活用した「定量的アプローチ」を契機に、ノウハウ満載の失敗事例集やチェックシートなどを活用した「定性的アプローチ」、そしてこれらを組み合わせた「統合アプローチ」について、一歩踏み込んだ紹介をします。

IPA/SEC専門委員
神谷 芳樹 

講演資料ダウンロードPDF[4.17MB]