HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報定量データ活用等によるITプロジェクトの見える化

本文を印刷する

社会基盤センター

定量データ活用等によるITプロジェクトの見える化

開催概要

  状況把握が難しいソフトウェア開発プロジェクトを可視化して、進捗管理や品質、生産性の向上に役立てようとするIPA/SECのITプロジェクトの「見える化」手法をご紹介します。

  IPA/SECでは、ITプロジェクトの「見える化」として、ITプロジェクトの「定量的アプローチ」、「定性的アプローチ」の可視化手法を体系化し、「見える化」としてまとめています。
  特に、「定量的アプローチ」に関しては、約2500件のプロジェクトデータを収集しており、その分析結果を「ソフトウェア開発データ白書」として発行、また、定量データ活用のノウハウとしては、「定量的品質予測のススメ」、「定量データ活用ポイント」を発行・公開しています。

  本セミナーでは、ITプロジェクトの「見える化」をテーマに、IPA/SECでの取組みの概要をご紹介します。

  • 「見える化」の定量的、定性的、統合的アプローチ手法
  • 定量データの実践的活用方法と事例
    (工数・工期・規模や品質に関する予測とコントロール)
  • 実践的活用をサポートするツール(モニタリングツール、定量データ活用ツール)

UP 講演資料を公開しました。プログラム概要欄よりダウンロードいただけます。
主催: 独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2012年7月11日(水)13:30~17:00
開催場所: IPA 13階会議室
定員: 80名
参加費: 2,000円(税込)
・参加費は、会場受付時に現金でお支払いをお願い致します。
・受付にて、領収証を発行致します。
・お釣りのないようにご用意をお願い致します。
募集対象: ・ソフトウェア開発プロジェクトの可視化を、プロジェクト管理にこれから役立てようと考えている方
・プロジェクト管理者、PMO関係者、ソフトウェアの品質保証関係者で初級レベルの方
配布物: SEC成果物CD-ROM
『続 定量的品質予測のススメ』
『ITプロジェクトの「見える化」』(上流・中流・下流のうち1冊)
『ソフトウェア開発データ白書2010-2011』

※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

プログラム

時刻 概要
13:00
受付開始
13:30~
13:45
定量的開発管理とSECの取組み

定量的管理の一般的な概要とそれに関するIPA/SECの取組み状況、及びセミナー体系などをご説明します。

IPA/SEC研究員
三毛 功子 
講演資料ダウンロードPDF[1.60 MB]
13:45~
14:30
定量的品質予測のススメ

ITプロジェクトのソフトウェア開発において企業で実践されているソフトウェアの品質管理の方法、ノウハウについて以下の内容をご紹介します。
(1) 定量的品質管理の必要性
(2) 定量的品質管理の考え方
(3) 定量的品質管理の事例

IPA/SEC研究員
三毛 功子 
講演資料ダウンロードPDF[1.93 MB]
14:30~
15:15
データ白書の見方と定量データの活用ポイント

IPA/SECでは、2004年度よりプロジェクトデータを収集しており、その分析結果を「ソフトウェア開発データ白書」として発行し、そのデータを利用してIPA/SECのWebサイト上で稼動する「プロジェクト診断支援ツール」を公開しています。本セミナーではそれらを含め、定量データを実践的に活用するための方法やノウハウ、事例についてご紹介します。

IPA/SEC専門委員
小椋 隆
講演資料ダウンロードPDF[1.54 MB]  
15:15~
15:30
休憩
15:30~
16:15
定量的プロジェクト管理ツールの紹介

IPA/SECでは、ソフトウェア開発プロジェクトの定量的管理を行うプロジェクト・マネージャーの支援を目的として、開発プロジェクトの進行過程で測定できる基本的な定量データ(規模、工数、工期)を自動収集・集計し、分析・管理する機能と、分析データをグラフ表示により視覚的に示す機能を備えた「定量的プロジェクト管理ツール」の提供を開始しました。その概要と最新情報をご説明します。

IPA/SEC研究員
大和田 裕
講演資料ダウンロードPDF[7.46 MB]  
16:15~
16:50
ITプロジェクトの見える化

IPA/SECの提唱するソフトウェア開発の「見える化」手法は、述べ30人以上の専門家が5年以上の歳月をかけて4冊の書籍と関連ツールに凝縮したものです。そこには多くの先人の知恵が再利用可能な形で盛り込まれています。昨年度まで進めてきたこの手法の紹介内容を全面刷新し、新しい定量的プロジェクト管理ツールを活用した「定量的アプローチ」を契機に、ノウハウ満載の失敗事例集やチェックシートなどを活用した「定性的アプローチ」、そしてこれらを組み合わせた「統合アプローチ」について、一歩踏み込んだ紹介をします。

IPA/SEC専門委員
神谷 芳樹
講演資料ダウンロードPDF[2.62 MB]
16:50~
17:00
質疑応答