HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報〔SEC特別セミナー〕 超上流工程 システムズエンジニアリングとビジネスアナリシスの視点から

本文を印刷する

社会基盤センター

〔SEC特別セミナー〕 超上流工程 システムズエンジニアリングとビジネスアナリシスの視点から

開催概要

 ビジネス戦略の遂行に重要な役割を果たすようなITシステムの構築において、ビジネスの目的や目標が曖昧なままであったり、社会や顧客からの多様な要求に適切に対応しなかったりすれば、真に役立つITシステムとはなりません。このような問題意識に対し、近年、『超上流工程』と呼ばれるプロセスの重要性が一層増大しています。特に、ビジネスアナリシスやシステムズエンジニアリングは、超上流工程の活動において重要な手法と言われています。
 本セミナーでは、システム開発の超上流工程をエンジニアリング及びビジネスの両側面から捉え、システムズエンジニアリングやビジネスアナリシスに関する活動の概要や動向等を紹介します。超上流工程の重要性の再認識と取組み強化への一助となることを期待しています。

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2011年7月12日(火)13:30~18:00
開催場所: IPA 13階会議室 
定員: 90名
参加費: 無料
募集対象: システム/ソフトウェア開発の超上流工程に興味を持ち、これから取組みを強化しようと考えている方々で、これまでシステムズエンジニアリングやビジネスアナリシスにあまり馴染みのない方々を主な対象とします。
講演資料: 当日の講演資料の配布はありません。
下記プログラム欄内のPDFをダウンロードして、お持ちください。

※参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
※お席に限りがありますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をお願いさせていただく場合があります。

プログラム

時刻 概要
13:00
受付開始・開場
13:30~
13:50

「講演」
超上流工程のプロセス概要

SECでは、設立当初から、「超上流工程」をテーマに掲げ、「経営者が参画する要求品質の確保」や「共通フレーム2007」を通じて、その重要性を唱えてきました。ビジネスを下支えするのは、勿論ソフトウェアやシステムですが、ビジネスの目的や目標が曖昧なままでは本当に必要なIT環境は構築できません。超上流工程の必要性やプロセスなど概要について述べます。


SEC研究員 : 森下 哲成
講演資料ダウンロード(487KB)  講演録ダウンロード(126KB)

13:50~
14:00
休憩
14:00~
14:30

「講演」
システムズエンジニアリング概説
戦略的システムズエンジニアリングの現状と未来

システムズエンジニアリングは大規模・複雑システムの設計と管理を目的としてアポロ計画の頃から発展してきましたが、近年は、社会や顧客から多面的な要求を受ける大規模・複雑プロジェクトを成功裏に成し遂げるための「戦略的システムズエンジニアリング」の重要性が増しています。本講演では、戦略的システムズエンジニアリングの重要性、特徴、世界的な動向、我々の取組みについて述べます。

慶應義塾大学 大学院
システムデザイン・マネジメント研究科 教授
狼 嘉彰 氏
講演資料ダウンロード(2.71MB) 講演録ダウンロード(188KB)

14:30~
15:00

「講演」
システムズエンジニアリング概説
システムズエンジニアリングの超々上流を目指して
~システムデザイン・マネジメント学の射程~

システムズエンジニアリングの射程を、想定外の事態への対応や、ボトムアップ型の社会システム、オープンイノベーション等へと拡張する試みが様々な場で活発化しています。システムズエンジニアリングにおけるシステムオブシステムズの考え方、ソフトシステムズ方法論、システム哲学などです。本講演では、慶應大学院システムデザイン・マネジメント研究科の試みを中心に、あらゆる問題が関連し合い解決が困難な現代におけるシステムとしての要求定義と問題解決のあり方について述べます。

慶應義塾大学 大学院
システムデザイン・マネジメント研究科 委員長・教授
前野 隆司 氏
講演資料ダウンロード(773KB)  講演録ダウンロード(190KB)

15:00~
15:10
休憩

15:10~
16:00

「講演」
SysMLによる機能要求の分析と評価検証のためのモデリング

モデルベースシステムズエンジニアリングの一つの表記法として有効なSysML(Systems Modeling Language)を用いて、開発対象であるシステムの機能要求を分析する方法を示します。また、それを評価検証するためのテストケースの導出や、分散・協調設計を促進するためのトレードオフ分析、仕様の詳細化のプロセスについて解説し、最新の研究成果を中心に事例紹介します。

慶應義塾大学 大学院
システムデザイン・マネジメント研究科 教授
西村 秀和 氏
講演資料ダウンロード(1.83MB)  講演録ダウンロード(212KB)

16:00~
16:10
休憩

16:10~
16:50

「講演」
システムズエンジニアリングにおける超上流での取組み
~INCOSEにおける超上流に関する活動の紹介~

ソフトウェアエンジニアリングと同様に、システムズエンジニアリングにおいても超上流において要求を明確化する活動の重要性が認識され、いろいろな研究・実践が行われてきました。本講演では、システムズエンジニアリングの中心的な活動団体であるINCOSEにおける活動内容から、超上流工程に関するものを紹介します。

慶應義塾大学 大学院
システムデザイン・マネジメント研究科 准教授
白坂 成功 氏
講演資料ダウンロード(1.2MB) 講演録ダウンロード(214KB)

16:50~
17:00
休憩

17:00~
17:30

「講演」
BABOKの概要と最新動向
BAが日本をかえる

ビジネスアナリシスの必要性と、それを推進するIIBA、IIBA日本支部の紹介を行うとともに、日本のBA動向を紹介します。

IIBA日本支部代表理事
NECソフト株式会社 ITトレーニングセンター センター長
福嶋 義弘 氏
講演資料ダウンロード(806KB)  講演録ダウンロード(160KB)

17:30~
18:00

「講演」
BABOKの概要と最新動向
ビジネスアナリシス最前線
~北米のビジネスアナリシスを取り巻く最新技術動向解説~

ビジネスアナリシスの実践が進む北米の現場では、どのような取り組みがなされているのでしょうか? それはシステムズエンジニアリングと連携して、どのような効果をあげているのでしょうか? 本講演では、北米のビジネスアナリシスを取り巻く最新技術動向を解説します。

IIBA日本支部研究担当理事
株式会社サイクス 代表取締役
宗 雅彦 氏
講演資料ダウンロード(491KB)  講演録ダウンロード(191KB)