HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報プロジェクトを成功に導く超上流プロセスでのユーザとベンダの合意形成

本文を印刷する

社会基盤センター

プロジェクトを成功に導く超上流プロセスでのユーザとベンダの合意形成

開催概要

 システム開発プロジェクトの成否は、プロジェクトの入り口である要件定義の出来具合に左右されます。本セミナーは要件を出し、確認するのはだれか、どのような所に留意していけば良いかを、企画・要件定義の超上流プロセスと、発注者、受注者とも守るべき基本的な考え方を表わした原理原則17ヶ条により判りやすく解説し、ユーザ・ベンダ間での要件合意のためのコツや手法を紹介します。

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2011年1月21日(金)13:15~17:00
開催場所: 文京グリーンコートセンターオフィス 17階A会議室 
東京都文京区本駒込2-28-8
定員: 90名
参加費: 1,000円(税込)
・会場受付で現金でお支払いをお願い致します。
・必要な方には、領収証を発行致します。
・お釣銭のないようにご用意をお願い致します。
提供資料: 実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条
募集対象:

システム開発に携わるプロジェクトマネージャ、開発リーダ、ITアーキテクト、インフラ設計担当者、発注側の企画・要件定義担当者

 先の事業仕分け結果を受け、事業見直しや受益者負担など、今期内から実施することになりました。2011年1月開催分よりSECセミナーは原則有料とさせて頂きます。
 ご理解とご協力をお願いします。

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

◇本セミナーは、ITコーディネータ協会(ITCA)に後援をいただいていますので、知識ポイント獲得のチャンスとなります。ITCの方も奮ってご参加ください。

<ご注意>
ポイント認定につきましては、遅刻・早退を認めておりませんので、あらかじめご了承下さい。

プログラム

時刻 タイトル
13:00
受付開始・開場
13:15~
14:30

【講演】
「 共通フレーム2007(超上流プロセス)と実務に活かすIT化 の
 原理原則17ヶ条」
SEC研究員 室谷 隆

講演資料ダウンロードPDF (1.15MB)

システム開発PJにおけるプロセスという考え方についてSECBOOK「共通フレーム2007」を引用して鳥瞰し、PJを成功に導くために超上流プロセスで何を実施すべきかを解説する。また、要件定義段階において、発注者、受注者は何に留意しなければならないかを、実務に活かすIT化の原理原則17ヶ条を用いて勘所を紹介する。

14:30~
14:45

休憩

14:45~
15:45

【講演】
「機能要件に関する発注者と開発者の合意形成を目指して」
SEC研究員   柏木 雅之

講演資料ダウンロードPDF (15.7MB)

システム開発をとりまく課題を概観し、発注者と受注者間で合意のとれた設計書作成のためのコツ(仕様記述方法、合意方法)について、SEC発刊の「発注者ビューガイドライン」の活用方法と合わせて紹介する。

15:45~
16:45

【講演】
「システム基盤における上流工程での非機能要求合意を目指して」
SEC研究員   柏木 雅之

講演資料ダウンロードPDF (5.48MB)

システム開発における受発注者双方の認識共有が難しく、また、手段が確立されていないといわれている非機能要求について、選択肢を提示しメニュー化した「非機能要求グレード」を紹介し、その活用方法を解説する。

16:45~
17:00
質疑応答、アンケート記入