HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報SEC・JASA共催セミナー大阪 第5部

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC・JASA共催セミナー大阪 第5部

アブストラクト

このセミナーは2日間にわたって開催される5部構成のセミナー第5部です。
セミナー各部は以下の通りです。

第1部 「エンタプライズ系セミナーⅠ」(17日午前)
第2部 「エンタプライズ系セミナーⅡ」(17日午後)
第3部 「組込み系セミナーⅠ」(18日午前)
第4部 「組込み系セミナーⅡ 」(18日午後Ⅰ)
第5部 「組込み系セミナーⅢ 」(18日午後Ⅱ)

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2010年6月18日(金) 15:30~17:00
開催場所: インテックス大阪 5号館1F 展示会場
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102 (アクセス
定員: 150名(受講無料)
配布書籍: ・ESCR:組込みソフトウェア向けコーディング作法ガイド[C言語編]
・SECジャーナル ESxR特集号

* 参加できなくなった場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがい
  させていただく場合があります。
* 今回の会場はET-WEST2010展示会場内特設カンファレンス会場となります。
  会場に入場の際は、来場者バッジが必要となりますので、当日カンファレンス受付にて
  受講票及び、お名刺2枚をご提示の上バッジをお受け取りください。

プログラム

時刻 タイトル
15:30
~17:00

「組込みソフトの品質向上に向けて「ESCR:組込みソフトウェア向けコーディング作法ガイド[C言語編]」解説」
IPA/SEC 組込み系プロジェクト エンジニアリング領域
研究員  吉澤 智美
専門委員  村松 昭男


 組込みソフトウェアの実装面の品質を向上させるためには、ソースコードを記述する際のコーディングルールなどを定め利用することが近道です。
 本セミナーでは、IPA/SECが策定した組込みソフトウェア向けコーディング作法ガイドの解説を中心に、品質の高いソフトウェアを実装するための工夫などを紹介します。