HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報組込みスキル標準(ETSS)の導入

本文を印刷する

社会基盤センター

組込みスキル標準(ETSS)の導入

開催概要

 組込みスキル標準(以下、ETSS:Embedded Technology Skill Standards)は組込みソフトウェアの開発力強化(ソフトウェア品質や開発効率向上)のための「人材の育成」や「人材の有効活用」の指針となるように策定されました。
 ETSSはスキル基準、キャリア基準、教育研修基準の3つの基準から構成され、その中でもスキル基準は組込み技術者のスキルを可視化するツールとして、ETSSのベースとなっています。
 本セミナーでは、スキル基準の作り方や可視化したスキルの活用方法について、企業での活用事例や演習を交え説明します。


主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2010年3月26日(金) 13:30~17:00
開催場所: IPA 13階会議室
定員: 60名(受講無料)
募集対象: ・ETSSの導入担当者
・ETSSの導入を検討されている企業の担当者
・人材育成に課題をお持ちの経営者および管理者、技術者   など

* 同じ部署からのご登録は出来るだけご遠慮下さい。
* 参加できなくなった場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがい
  させていただく場合があります。

プログラム

時刻 タイトル
13:00 受付開始・開場
13:30
~17:00
「組込みスキル標準(ETSS)の導入」

IPA研究員 室 修治 / IPA研究員 小林 直子
講演資料PDF