HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報ソフトウェア開発データ白書2009の効果的な活用法

本文を印刷する

社会基盤センター

ソフトウェア開発データ白書2009の効果的な活用法

開催概要

 定量データの利用により、ソフトウェア開発プロジェクトにおけるユーザと ベンダ間での目標設定や、的確な進捗管理、生産性などの把握や評価、さらにその特徴、特性の確認ができ、プロジェクト能力分析や改善の礎とすることができます。

 本セミナーでは、SECが2004年度よりプロジェクトデータを収集・分析し毎年発行しております「ソフトウェア開発データ白書」の説明を中心に、インターネットを介したインタラクティブ(対話的)な分析を支援する「定量データに基づくプロジェクト診断支援ツール」を利用した、実践的な定量データの活用方法について解説します。

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2010年2月10日(水)13:30~17:00
開催場所: IPA 13階会議室
定員: 80名(受講無料)
対象: データの収集・分析から現場へのフィードバック・啓蒙まで、定量データの活用サイクルを推進する管理部門(PMOや品質保証部門など)の方々や、実際に定量的プロジェクトマネジメントを実施する現場担当の方々

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさ
  せていただく場合があります。

プログラム

時刻 概要
13:00
受付開始・開場
13:30
~17:00
IPA/SEC 小椋隆・森下哲成

 SECでは開発企業からプロジェクトの実績データを収集・分析し、「ソフトウェア開発データ白書2009」として発行しております。また、QCDの見える化を支援するため、白書のデータを利用し、SECのWebサイト上で稼動する「プロジェクト診断支援ツール」を公開しています。
 本セミナーでは、この白書の見方やツールの利用方法だけでなく、見積りやプロジェクト計画策定時の実践的なデータ活用の仕方やポイントを、利用者の視点に立った適用場面や具体的アクションの事例を交え、紹介・解説します。