HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報「プロセス改善ベストプラクティス」ワークショップ

本文を印刷する

社会基盤センター

「プロセス改善ベストプラクティス」ワークショップ

開催概要

 保守フェーズ(派生開発)で効果があると云われてる「XDDP:eXtreme Derivative Development Process」を使い、QCD向上活動を実施している事例を紹介します。引き続き、事例の適用について、講師と参加者あるいは参加者間で予め提出してあるポジションペーパーをベースに(それに限定はしませんが)意見交換をします。 今回は、参加者を開発・保守部門に在籍してる方と支援部門に在籍している方を半々募集いたします。 

 なお、議論いただく内容については、個人および組織を特定できない形で、後日SECホームページ等を経由して、事例内容と共に公開する予定です。

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2010年2月5日(金)18:00~20:00
開催場所: IPA 13階会議室 
定員: 各15名(受講無料)(最小人数10名)
対象: プロセス改善活動を実施している/実施を予定しており、適用事例について意見交換したい開発・保守部門に在籍の方15名、支援部門に在籍の方15名。(ポジションペーパーを提出し、開催前後にMLで意見交換できる方)

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

開催報告

 今回は、XDDP(eXtreme Derivative Development Process)という派生開発プロセスのワークショップを、(株)デンソー技研センターの古畑慶次氏を講師にお招きして開催しました。
 XDDPはコンサルタントの清水吉男氏が考案された派生開発専用のプロセスで、変更要求仕様書、トレーサビリティ・マトリックスと変更設計書という3点セットの成果物を作成することにより、手戻りの少ない派生開発が可能となります。

プログラム

2月5日(金)

時刻 タイトル
18:00
~18:50

XDDPを使ったプロセス改善
(株)デンソー技研センター 技術研修本部 古畑 慶次氏

発表資料一括ダウンロード(zip書庫)

19:00
~20:00

ワークショップ 

 前半では古畑氏の講演が行われ、(株)デンソーでのXDDPの導入の歴史から始まり、XDDPとこれまでの派生開発方法の違いや、XDDPの導入効果が説明されました。 また古畑氏は(株)デンソーやその関連会社の設計部門と支援部門に対してXDDPの導入支援を行われていることもあり、その導入支援における様々な工夫も紹介されました。
 後半では古畑氏を中心とした議論のセッションです。 トータルで2時間枠という短時間のワークショップということもあり、ワークショップ以前から、事前のメーリングストを開設しました。ワークショップ開催までに100通近くのメールが飛び交い、それに古畑氏自身も回答されました。そのため、ワークショップ当日の議論セッションにおいては、最初からまるで皆さんが顔見知りであるかのように、ごく自然に深い議論を行うことが出来ました。
 また、ワークショップには何とXDDPの生みの親である清水吉男氏も飛び入りでお見えになり、ワークショップ終了後の懇親会でもXDDPやプロセス改善についての議論を深めることとなりました。
 2010年6月には、XDDPのカンファレンスが企画されていると聞いており、ますます普及が進むものと思われます。


参加申し込み

各部の詳細情報・申し込みページからお申し込みください。

開発・保守部門に在籍の方・お申し込み
支援部門に在籍の方・お申し込み