HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報「プロセス改善ベストプラクティス」ワークショップ フィールドワークを用いたプロセス改善の紹介

本文を印刷する

社会基盤センター

「プロセス改善ベストプラクティス」ワークショップ フィールドワークを用いたプロセス改善の紹介

アブストラクト

フィールドワークを使って現場がSPIを取り組み易くした事例を紹介します。引き続き、事例の適用について、講師と参加者の間で予め提出してあるポジションペーパーをベースに(それに限定はしませんが)意見交換をします。 
なお、議論いただく内容については、個人および組織を特定できない形で、後日SECホームページ等を経由して、事例内容と共に公開する予定です。

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2009-09-14
18:00~20:00
開催場所: IPA13階会議室
定員: 30名(受講無料)
対象: プロセス改善活動を実施している/実施予定しており、適用事例について意見交換したい人。(ポジションペーパー提出で意見交換できる方)

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

プログラム

時刻 タイトル
18:00
~18:50
フィールドワークを使ったSPIの紹介
 富士通株式会社
    フィールドイノベーション本部 ソーシャルサイエンスセンター
        平田 貞代氏


発表資料PDF

プロセス改善には、CMMI、PMBOK、JQAなど多くの方法がありますが、それらを実行する現場の悩みとして頻出するのは”やらされ感”と”停滞”です。

そこで、人の行動や認識の実態分析に適したフィールドワークを応用し、プロセス改善を継続する方法として構築した、チェンジ・フィールドワークに ついて紹介します。チェンジ・フィールドワークの特徴は、(1)個人から組織へ視点を転じることによるやらされ感の払拭、(2)変化を楽しむことによる停滞の防 止、(3)効果測定と目標設定によるワークスタイル変革を継続する力の醸成、にあります。この3つの特徴から、組織に良い結果をもたらすワークスタイル変革を 主体的に継続することをねらいとします。

チェンジ・フィールドワークを実際に適用した事例を示しながら、実行手順や効果について説明します。

19:00
~20:00

ワークショップ

説明および9月4日17時までに提出されたポジションペーパーに基づき(内容的には必ずしも限定されないが)意見交換を実施する。

 

【セミナー概要】
 今回はセミナー開催前にフィールドワークの資料を配布し、事前に≪メーリングリスト活用による≫Q&A方式を取り入れることにより、当日の議論をより効果的に進めることができました。
 当日は30名弱の方に参加いただき、和やかな雰囲気の中に鋭いQ&Aが行われ、あっという間に2時間が過ぎました。最初、平田講師による「ワールドカフェ方式」で2時間を楽しく過ごしましょう、と言葉でアイスブレイクを兼ねた5分間程度のワイガヤで質問しやすい(発言しやすい)雰囲気になりました。

 今回のテーマは、富士通(株)が、フィールドワークという文化人類学的手法の中から IT業界のプロセス改善に有効な手法を「チェンジフィールドワーク」として体系的にまとめたものです。「参与観察・シャドウイング・民族誌・偶発的観察法・面接・ヒアリング・インフォーマルインタビュー」などの手法を活用し、ステップに従って「やらされ感」を減らしながらプロセス改善活動を推進する具体的な方法の取っ掛かりが説明されました。

 今からプロセス改善に取り組もうとしている組織、すでにプロセス改善を取り組んでいるが停滞している組織、プロセス改善の効果がある程度出ている組織にも、ここで述べられているフィールドワークの考え方を取り入れる事により、新たな改善のポイントが発見されることが期待できます。


※ ワールドカフェ形式とは
・・ なるべくがやがやしてもらいたい。清聴してほしくない。
・・ がやがや隣の人と話し合いながら聞いて欲しい。自由に、うるさく、話し合   いながら。
⇒本題に入る前に、アイスブレイクもかねて5分くらい隣同士の人とフレンドリーに会話(雑談?)をしてもらいました。 結構ざわざわして、会場の雰囲気がやわらかくなり、お勧めです。