HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報【SEC主催特別セミナー】Making Mathematical Methods Practical for Software Development

本文を印刷する

社会基盤センター

【SEC主催特別セミナー】Making Mathematical Methods Practical for Software Development

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2009-04-10>
15:00~17:30
開催場所: 三菱総合研究所 セミナー室A (アクセス
定員: 100名(受講無料)
対象: 信頼性向上、及び実践的な開発方法論に興味がある業界関係者、研究者

講演資料ダウンロードPDF

アブストラクト

近影 ソフトウェアエンジニアリングの分野で世界的に著名なパーナス博士(カナダ、マクマスター大学名誉教授、詳細はプロファイル参照)をお招きし、「Making Mathematical Methods Practical for Software Development」というテーマでセミナーを開催する。
本セッションの概要は以下の通りである。

Z, VDM, Bのようなフォーマルメソッドは、研究者によって広く研究され、かつ推奨されているが、実際に成功裏に実践されている事例は比較的少ない。しばしば、1, 2回試行されるが、継続されない。代替的なUMLのようなモデリングアプローチは広く利用されているが、正確な定義の欠如の故に有効性には限界がある。当セッションで紹介する方法論は、ZやVDMほど学会では知られていないが、産業界では繰り返し成功裏に実践されている。モデリングアプローチとは異なり、この方法論は数学的な正確性を維持しつつ、ドキュメントの意味も完全に定義する。この方法論が成功するのは、以下の3つの理由による。

 ・別段新しい数学を使用してはいない。このアプローチは非常に良く知られている伝統的な数学、例えば、集合、関係、述語論理、に基づいている。
 ・新しい表記法として表形式を使用する。この方法を利用すると、記号を用いたストリングにて数式表現するものより、読みやすさや利用容易性が向上する。
 ・各ドキュメントの意味や内容を慎重に定義することで、重複や不整合を無くするとともに、「関心事の分離」を達成する。

このアプローチは、航空ソフトウェア、電話ソフトウェア、安全を最重要視するソフトウェア、等の実践的プロジェクトにおいて30年以上継続的に適用され、学会での研究を通して洗練されてきている。この方法論を使用することにより、正確な要求の文書化、自動化されたテストケース生成、自動化されたテストシナリオの作成、そして、非常に効果的なインスぺクションのような実践的なゴールを達成できてきている。


講師紹介

近影

David Lorge Parnas(マクマスター大学名誉教授)

パーナス博士は、1969年から産業界でのソフトウェア開発を研究し、世界的に広く引用される論文を発表している。彼の発表している論文の多くは長期に渡って価値あるものとされている。例えば、24年前に書かれた航空用ソフトウェアをベースとした論文は、つい最近SIGSOFT IMPACT論文賞を受賞している。昨年には、コンピュータのパイオニアであるケンブリッジ大学のMaurice Wilkes教授とともにIEEEコンピュータソサイアティの60周年記念賞を受賞している。2つの賞はともに彼の今までの様々な功績が評価されたものである。全部で20以上の賞を授与されていることが、彼がこの業界に多大な貢献をしていることを示している。

パーナス博士は、カーネギーメロン大学で電気工学-システム&コミュニケーションサイエンスの学士、修士、博士を取得し、スイスのチューリッヒ工科大学、ベルギーのルーヴァン・カトリック大学、スイス・イタリア語圏大学(ルガーノ大学)では名誉博士号を授与されている。パーナス博士は、以下の肩書きをも持っている。
・ the Royal Society of Canadaフェロー
・ ACMフェロー
・ カナダ工学アカデミーフェロー
・ the Royal Irish Academyのメンバ
・ ドイツのthe Gesellschaft fur Informatikフェロー
・ IEEEフェロー
彼はカナダのオンタリオ州専門技術者として認定されている。
パーナス博士は、260以上の論文や報告書を書いている。彼の論文の多くは繰り返し再版され、古典として位置付けられている。彼の論文は以下に収録されている。
Hoffman, D.M., Weiss, D.M. (eds.), “Software Fundamentals: Collected Papers
by David L. Parnas”, Addison-Wesley, 2001, 664 pgs., ISBN 0-201-70369-6,.

パーナス博士は、カナダ ハミルトンのマクマスター大学の名誉教授、カナダ オタワのカールトン大学、アイルランドのリムリック大学の客員教授、中国 吉林大学の名誉教授である。