HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報第3回要求シンポジウム

本文を印刷する

社会基盤センター

第3回要求シンポジウム

アブストラクト

 情報システムが社会経済活動に欠かせないものになるにつれて、システムに対する要求はますます高度化してきています。また、オープン化、グローバル化の進展によりシステムがより複雑化すると共に、開発期間の短縮化やコスト制約の厳格化が一層求められる傾向にあります。

  こうした中、システムの品質を向上させ、手戻りコストを低減するため、システム開発の上流工程において、発注者と受注者の間で可能な限りシステム要求を確定しておく必要性が高まっています。システム要求の確定を効率的に実現する要求工学の重要性がますます強く認識されているといえます。

  第3回要求シンポジウムでは、昨年に引き続き、情報システムの発注者であるユーザ、受注者であるベンダ、中立的な立場の3つの視点から、要求工学の課題に迫ります。具体的には、機能要求と非機能要求に関する発注者と受注者の間のコミュニケーションを活性化し、両者の認識のズレをなくす手段・方法や明確に要求仕様を定義する方法について実践的な指針となる研究成果の紹介や議論を行います。

  要求工学に興味を持っている方は、是非、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
(株)NTTデータ
開催日時: 2009-01-23
13:00~18:00
開催場所: 霞ヶ関プラザホール
〒100-6001 東京都千代田区霞ヶ関3-2-5 霞ヶ関ビルディング1F
アクセス
定員: 135名(受講無料)
対象: ・要求工学に興味を持つ業界関係者、研究者

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

プログラム

講演資料一括ダウンロード(zip書庫)
また、予稿集巻末の項目一覧は以下のサイトからダウンロード可能です。
http://www.nttdata.co.jp/nfr-grade/
時刻 タイトル
12:30 開場
13:00
~13:05
開会の挨拶

(株)NTTデータ フェロー
 技術開発本部システム科学研究所 所長 山本修一郎

13:05
~13:50
基調講演

経済産業省 商務情報政策局情報政策ユニット情報処理振興課
 総括補佐 奥家敏和氏
 「情報サービス産業の未来を拓く信頼性」

13:50
~14:00
休憩

14:00
~14:45

特別講演I:

(社)日本情報システム・ユーザー協会
 専務理事 細川泰秀氏
 「システムの信頼性向上のためのユーザとベンダの共同施策」

14:45
~15:30
特別講演II:

全日本空輸株式会社
 上席執行役員 IT推進室長 佐藤透氏
 「ANAにおける業務要求定義の取り組みについて」

15:30
~15:40
休憩
15:40
~16:25
講演I:

ソフトウェア・エンジニアリング・センター 
 機能要件の合意形成手法ワーキンググループ リーダー
(株)NTTデータ 技術開発本部 シニアエキスパート
 田中久志
 「機能要件に関する受発注者間の合意形成を目指して
  ~発注者ビューガイドライン洗練に向けた挑戦~」

16:25
~17:10
講演II:

システム基盤の発注者要求を見える化する非機能要求グレード検討会
沖電気工業(株) システムプラットフォームセンタ
 技術第1部 部長 
 木内信宏氏
 「上流工程での非機能要求合意を目指して
 ~非機能要求グレード検討会の活動のご紹介~」

17:10
~17:30
休憩
17:30
~17:50
質疑応答
17:50
~18:00
閉会の挨拶

(独)情報処理推進機構
  ソフトウェア・エンジニアリング・センター 副所長
 立石 譲二