HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報SEC主催セミナー(福岡)第四部 定量的品質予測のススメ

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC主催セミナー(福岡)第四部 定量的品質予測のススメ

アブストラクト

 経済産業省・エンタプライズ系ソフトウェア開発力強化推進タスクフォースの「定量データ分析部会」では、ソフトウェア開発における品質確保、品質向上に焦点を当てた定量データに基づく工学的・科学的な取組みを推進し、平成19年度の活動で“定量的品質予測のススメ”というドキュメントを纏めました。
 本セミナーでは、“定量的品質予測のススメ”をベースに、ITプロジェクトのシステム開発において企業で実践されているソフトウェアの品質予測の具体的な方法、ノウハウを紹介し、パネルセッションでは現場で抱えている問題を議論することにより、定量的品質予測の重要性、やり方を紹介します。実践に向けての参考になれば幸いです。

このセミナーは2日間にわたって開催される四部構成のセミナー第四部です。
ほかのセミナーは以下の通りです。

第一部 「ETSS導入の実際とSECの取り組み」(14日午前)
第二部 「プロジェクト『見える化』」(14日午後)
第三部 「ソフトウェア見積もり」(15日午前)

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2009-01-15
13:30~16:30
開催場所: 富士通(株) 九州R&Dセンター 1Fプレゼンルーム
〒814-8588福岡県福岡市早良区百道浜2-2-1 (アクセス
定員: 100名(受講無料)
対象: ・定量的な品質管理や品質予測に興味のある方)
配布資料: 定量的品質予測のススメ

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

プログラム

講演資料ダウンロードPDF
時刻 タイトル
13:30
~14:45

"定量的品質予測のススメ"
 服部克己(定量的品質管理WG)

“定量的品質予測のススメ”をベースに、ITプロジェクトのシステム開発において企業で実践されているソフトウェアの品質予測の具体的な方法、ノウハウについて以下の内容を紹介する。
(1) 定量的品質予測が必要性
(2) 定量的品質予測の考え方
(3) 定量的品質予測の事例
   要求分析・設計、テスト、プロジェクトの定量的品質予測の事例

15:00
~16:30

定量的品質予測に関するパネルディスカッション
モデラー: 
  合田治彦:富士通(株)
パネリスト:
  小田雅一:ITホールディングス(株)
  服部克己:日本ユニシス(株)
  藤原良一:三菱電機インフォメーションシステムズ(株)

定量的な品質管理や品質予測について悩んでいることや知りたい事について、経験豊富なパネリスト(小田、服部、藤原)とモデラー(合田)とディスカッションすることで、定量的な品質管理や予測を行うための基礎知識の向上や実践的な解決方法の取得を目的とする。定量的な品質管理や品質予測の実践のきっかけとなれば幸いである。