HOME社会基盤センターセミナー・イベントセミナー情報SEC流品質作りこみ ESQR 品質作り込みガイト徹底解説

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC流品質作りこみ ESQR 品質作り込みガイト徹底解説

アブストラクト

 SEC組込み領域では、ESxRシリーズとして3つのガイドを策定し、ものづくりを行うために何を行ったらよいかという、手順や仕組みの提案を行ってきました。今回、その第4弾として、ソフトウェアへ品質作り込みを行うためには何をどのくらい行ったらよいのか、作業の十分性やものの出来を把握するためには何を測ったらよいのか、どのくらいを目標にしたらよいのかといった疑問点に答えるため、定量的品質コントロールについての手法を示した、『品質作り込みガイド「ESQR」』を発刊いたしました。

 本セミナーでは定量的品質コントロールの概念、品質目標とは何か、品質目標を定めるためにまず行うべき活動、品質目標などについて詳細な解説を行います。本セミナーはソフトウェア開発管理者、品質管理者、またリーダークラスの方々にも広く役立つ内容となっています。

開催概要

主催: (独)情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター
開催日時: 2008念12月15日 15:00~17:00
開催場所: IPA13階会議室
定員: 70名(受講無料)
対象: 組込みソフトウェアを開発する組織において、
・組織や部門の開発プロセスの標準や品質に関する基本的な考え方を整備し、その運用を支援するメンバ、リーダ、マネージャ
・組込みソフトウェアを開発する組織において、品質保証など、ソフトウェア開発を間接的に支える支援グループのメンバ
配布資料: 組込みソフトウェア開発向け 品質作り込みガイド

* 参加できない場合は、必ずキャンセル処理を行ってください。
* お席に限りがございますので、一部署より多くの方がご参加の場合には調整をおねがいさせていただく場合があります。

プログラム

時刻 タイトル
15:00
~17:00
組込み領域ガイド:ESQR徹底解説
 IPA/SEC研究員 平山 雅之・山崎 太郎・吉澤 智美
・ESQRの狙い・概要
・ESQRの提案する手法解説
・品質指標詳細説明
・ESQRによる品質コントロールの進め方
・まとめ・質疑応答