これまでの活動内容報告書・成果物実績高信頼な情報システム構築に必要な"要求項目"に関するドキュメント群(非機能要求グレード)を英訳~日本のシステム構築手法の国際標準化をめざして~

本文を印刷する

高信頼な情報システム構築に必要な"要求項目"に関するドキュメント群(非機能要求グレード)を英訳~日本のシステム構築手法の国際標準化をめざして~

2013年6月1日更新
2010年12月22日
独立行政法人 情報処理推進機構
ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

 IPA/SECは、システム基盤に対する非機能要求の決定手法である「非機能要求グレード」を英訳し、公開しました。海外では同様の取組みがなく、高信頼なシステムを追求する日本発のシステム構築手法を世界に普及させたいと考えています。将来的には、ISO/IEC等の国際標準への反映も目指します。
 本英訳は、高信頼なシステム開発に課題を抱える日本企業の 海外拠点やオフショア先での利用も想定しており、そこでの システム開発の品質向上に寄与することを期待しています。

※「非機能要求グレード」の概要については、こちらを参照してください。


使用条件

次の使用条件の下でご利用ください。 (PDF形式ファイル用とスプレッドシート形式ファイル用の2種類あります)

1)PDF形式のドキュメント類
1. The copyright to this document is held by the Information-Technology Promotion Agency, Japan.
2. This document is protected by the Copyright Act of Japan and other international copyright protection conventions and treaties. Except for the exceptions listed in item 3, modification, public transmission, sale, publishing, translation, and adaptation of this document, in whole or in part, without the explicitly written permission of the Information-Technology Promotion Agency, Japan, is strictly prohibited, regardless of whether or not said actions are performed for purposes of profit.
3. The Information-Technology Promotion Agency, Japan grants users of this document to perform the two, and only two, actions mentioned below ((1) and (2)), provided that the following copyright notice is clearly indicated.
Copyright notice: Copyright © 2010 IPA
(1) Duplication of this document, in whole or in part.
(2) Free redistribution of duplications of this document on the condition that the parties to which the duplication is redistributed are put under the same obligations as described on this page.
4. The Information-Technology Promotion Agency, Japan makes no guarantees of this document containing no infringements of the copyrights, patent rights, or other intellectual property rights, such as utility model rights, of third parties, nor does it assume any responsibility for possible errors contained herein. The Information-Technology Promotion Agency, Japan makes no guarantees that the content of this document will conform to the legal requirements of export, technology transfer, and other national laws and regulations of each country or region.
5. Other than the exceptions specified on this page, the Information-Technology Promotion Agency, Japan does not grant any rights nor any license relating to copyrights, patent rights, or other intellectual property rights, such as utility model rights, of the Information-Technology Promotion Agency, Japan or of third parties.
6. The Information-Technology Promotion Agency, Japan shall, in any case, not be held liable for damages which may result from, but not limited to, using this document in system development, the use of the resulting developed systems, or the inability to use said systems.
7. Please contact the Information-Technology Promotion Agency, Japan's Software Engineering Center with inquiries regarding this document.

2)スプレッドシート形式のドキュメント類
1. The copyright to this document is held by the Information-Technology Promotion Agency, Japan.
2. The Information-Technology Promotion Agency, Japan grants users of this document to perform copy, modification, public transmission, translation (excluding translation into Japanese) and adaption of this document, in whole or in part, and to distribute it again to the third party with or without charge. When the users copy and/or distribute it, they should attach "Usage conditions", this document, to it and let recipients of copies observe the conditions described in this document. It should be stressed repeatedly that the translation into Japanese is prohibited.
3. The Information-Technology Promotion Agency, Japan makes no guarantees of this document containing no infringements of the copyrights, patent rights, or other intellectual property rights, such as utility model rights, of third parties, nor does it assume any responsibility for possible errors contained herein. The Information-Technology Promotion Agency, Japan does makes no guarantees that the content of this document conform to the regal requirements for export, technology transfer, and other national laws and regulations of any country or region.
4. Other than the exceptions specified on this page, the Information-Technology Promotion Agency, Japan does not grant any rights nor any license relating to copyrights, patent rights, or other intellectual property rights, such as utility model rights, of the Information-Technology Promotion Agency, Japan or of third parties.
5. The Information-Technology Promotion Agency, Japan shall, in any case, not be held liable for damages which may result from, but not limited to, using this document in system development, the use of the developed systems, or the inability to use said systems.

6. Please contact the Information-Technology Promotion Agency, Japan's Software Engineering Center with inquiries regarding this document.

ダウンロード

注:
上記の使用条件に合意願います。
当ページのコンテンツは、5つのPDF形式ファイルと1つのExcel形式ファイルを、zip形式のファイルにまとめたものです。

ダウンロード[4.58MB]zip形式

1)PDF形式のドキュメント類
 ・非機能要求グレード利用ガイド[解説編]
 ・非機能要求グレード利用ガイド[利用編]
 ・システム基盤の非機能要求に関するグレード表
 ・システム基盤の非機能要求に関する項目一覧
 ・システム基盤の非機能要求に関する樹系図

2)Excel形式のドキュメント類
 ・非機能要求グレード活用シート


更新履歴

2013年4月22日 ・ダウンロードファイルを差し替えました。

1)グレード表
・C.5.3.1 ライフサイクル期間の社会的影響が殆ど無いシステムの
選択時の条件の[+]の説明
【修正前】社内規定などにより、システムのライフサイクル期間が5年以上と・・・
【修正後】社内規定などにより、システムのライフサイクル期間が7年程度と・・・
・C.5.3.1 ライフサイクル期間の社会的影響が限定されるシステムの
選択時の条件の[+]の説明
【修正前】内部統制等により、システムで実行する業務を10年間継続・・
【修正後】内部統制等により、システムで実行する業務を10年以上継続・・
2)項目一覧
・C.6.6.1 変更管理実施有無のレベル2の値を以下に修正
【修正前】新規に構成管理プロセスを規定する
【修正後】新規に変更管理プロセスを規定する
3)活用シート
・C.5.3.1 ライフサイクル期間の社会的影響が殆ど無いシステムの
選択時の条件の[+]の説明
【修正前】社内規定などにより、システムのライフサイクル期間が5年以上と・・・
【修正後】社内規定などにより、システムのライフサイクル期間が7年程度と・・・
・C.5.3.1 ライフサイクル期間の社会的影響が限定されるシステムの
選択時の条件の[+]の説明
【修正前】内部統制等により、システムで実行する業務を10年間継続・・
【修正後】内部統制等により、システムで実行する業務を10年以上継続・・
・C.6.6.1 変更管理実施有無のレベル2の値を以下に修正
【修正前】新規に構成管理プロセスを規定する
【修正後】新規に変更管理プロセスを規定する
2013年6月1日 ・ダウンロードファイルを差し替えました。

1)グレード表
・C.5.3.1社会的影響が殆ど無いシステムの「選択時の条件」内の[-]文表記を削除
・C.5.3.1社会的影響が限定されるシステムの「選択時の条件」の説明
【修正前】・・・ライフサイクルを5年と決定したと想定。
【修正後】・・・ライフサイクルを7年と決定したと想定。
・C.5.3.1社会的影響が極めて大きいシステム「選択時の条件」内の[+]文表記を削除
2)活用シート
・C.5.3.1社会的影響が殆ど無いシステムの「選択時の条件」内の[-]文表記を削除
・C.5.3.1社会的影響が限定されるシステムの「選択時の条件」の説明
【修正前】・・・ライフサイクルを5年と決定したと想定。
【修正後】・・・ライフサイクルを7年と決定したと想定。
・C.5.3.1社会的影響が極めて大きいシステム「選択時の条件」内の[+]文表記を削除

報告書・成果物実績