これまでの活動内容報告書・成果物実績2008年度 産業連携ソフトウェア工学実践拠点 「プロセス改善手法の検証に関する調査」 実施報告書

本文を印刷する

2008年度 産業連携ソフトウェア工学実践拠点 「プロセス改善手法の検証に関する調査」 実施報告書

 

概要

 ソフトウェアの信頼性・安全性(品質)が、経済社会システムの信頼性・安全性を左右するようになり、納期やコストに直結するソフトウェア開発の生産性を高め、開発プロセスの透明性を確保するために、ソフトウェア開発プロセスの改善が重要となり、ソフトウェア開発プロセスの評価改善手法に対する実践的な調査・研究が緊急の課題になっています。

IPA/SECでは、プロセス改善研究部会の成果(プロセス改善ナビゲーションガイド「なぜなに編」、「プロセス診断活用編」)ならびにアセスメントモデル(SPEAK-IPA版)がソフトウェア開発現場において、有効に活用できるものであるかを評価するため、プロセス改善の実証実験を実施しましたので、その報告書を公開します。

ダウンロード

報告書・成果物実績