HOME社会基盤センター報告書・書籍・ツールツール・教材ESPRトレーナーズトレーニング教材の一般公開

本文を印刷する

社会基盤センター

ESPRトレーナーズトレーニング教材の一般公開

2013年3月28日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

概要

IPA/SECでは、我が国の組込みソフトウェア産業を強化するため、 組込みソフトウェア開発の作法・手法・ノウハウを体系的に整理すると共に、その成果である組込みソフトウェア開発リファレンスガイド「ESxRシリーズ」の普及活動に取り組んでいます。しかし、これまでの普及活動にはいくつかの課題があり、利用者の期待に十分応えられていませんでした。そこで、より一層広く普及させるため、普及活動の民間への移管を推進し、「ESxRトレーナーズトレーニン グ」整備を推進しています。この度、開発プロセスガイドESPRのトレーナーズトレーニング教材を整備し、トレーナー養成セミナーを修了されていない方々にも教材をご利用いただけるよう、教材一式を一般公開いたします。

利用実績報告のお願い

  本教材をダウンロードされた方には、本教材の利用実績・改訂実績を報告していただくため、IPAからご連絡させていただくことがあります。ご報告いただく内容は次の2点です。

  • IPAによる今後のESxRシリーズ普及活動の方針・計画策定に役立てるため、本教材を利用してセミナーを実施された実績の報告をお願いします。
  • また、IPAによる今後の教材改訂に役立てるため、本教材を自組織向けにカスタマイズするなど、本教材を改訂された場合、そのカスタマイズ内容について支障の無い範囲での報告をお願いします。

  いずれの報告も、教材に同梱の「04 セミナー実施/教材改版報告書」をお使いください。

※下記メールアドレス宛にご報告をお願いいたします。

mailaddress

※上記報告に個人情報が含まれる場合、IPAは下記URLの「個人情報保護について」の個人情報保護方針に基づき取り扱います。
http://www.ipa.go.jp/about/personal/index.html

ダウンロード

教材一式は、ZIPファイル圧縮形式での提供となっております。

利用許諾書

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)は 、IPA/SECの研究開発成果物の普及啓発活動の推進を希求し、その趣旨に賛同してESPR教材を用いたセミナーの開催を希望する利用者に対して、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下にESPRトレーナーズトレーニング教材の利用を許諾します。

cc
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/

本教材 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.1 日本 ライセンスの下で提供されています。


上記の条件を承諾してダウンロードする。

参考ツール

SMA(組込みスキルマネージメント協会)より、開発プロセスガイドESPR、プロジェクトマネジメントガイドESMR/ESMGに対応したスキル診断ツールが無償提供されています。
ESPR、ESMGより抽出したスキル項目をETSS診断項目にマッピング(ESPRベースの開発技術67項目、ESMGベースの管理技術33項目)したスキル測定・集計ツールになっており、ESPR、ESMR/ESMG解説セミナーの受講前/受講後アセスメントツールとしても利用可能です。
 http://www.skill.or.jp/ETSS-tool.php