HOME社会基盤センター報告書・書籍・ツール書籍SEC BOOKS:エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC BOOKS:エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め

エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め(Web版)<br /> ~ITシステム開発における品質予測の実践的アプローチ~
書籍名 エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め
編集 独立行政法人情報処理推進機構
ソフトウェア・エンジニアリング・センター
出版社 株式会社翔泳社
発行日 2007年10月11日
サイズ A5判
ページ数 38ページ
ISBN 978-4-7981-1406-4
定価 本体800円(税抜)

書籍概要

  Empirical(エンピリカル)とは、“Experiment”と“Experience”が融合した言葉で、実験や観察を通して実際に得られた知識・知見や現場での実績・経験に基づいた技術・手法を利用することを意味します。
   本書では、プロジェクトの状況をリアルタイムに、定量的に把握し、状況の変化をいち早く捉え、対応できるようにするために「EPMツール」を紹介しています。

構成

1 はじめに
2 エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの導入
3 まずは実態を明らかに
4 負担をかけずにエンピリカルデータを収集し分析
5 データ収集のポイン
6 EPMツールのしくみ
7 データの分析例
8 プロジェクトマネジメントを支援
9 プロセス改善に向けて
10 EASE プロジェクト
11 IPA の取組み

購入方法

  「エンピリカルソフトウェアエンジニアリングの勧め」は、出版社直販サイト等の書籍販売サイトでご購入いただけます。詳しくは各販売元にお問い合わせ下さい。