HOME社会基盤センター報告書・書籍・ツール書籍SEC BOOKS:組込みシステムの安全性向上の勧め(機能安全編)

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC BOOKS:組込みシステムの安全性向上の勧め(機能安全編)

 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド
書籍名 組込みシステムの安全性向上の勧め(機能安全編)
編集 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部 ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)
発行 株式会社オーム社
発行日 2008年11月10日
サイズ A5判
ページ数 72ページ
ISBN 4-274-50113-2
定価 本体571円(税抜)

書籍概要

  経済産業省と連携のもとで組織した“機能安全準備部会”のメンバーが中心になって、組込みシステムの安全性や信頼性を確保・向上していくための、基本的な考え方や所作を説明しています。


構成

第1章 組込みシステムの安全性
第2章 ソフトウェアの事故事例
第3章 安全のための開発プロセス
第4章 ハザードリスク分析
第5章 安全のためのシステム設計
第6章 機能安全を実現する実装技術
第7章 高度な機能安全の実現に向けた技術
付録 機能安全と国際規格IEC61508

購入方法

  「組込みシステムの安全性向上の勧め(機能安全編)」は、出版社直販サイト等の書籍販売サイトでご購入いただけます。詳しくは各販売元にお問い合わせ下さい。