HOME社会基盤センター報告書・書籍・ツール書籍SEC BOOKS:組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[ユーザビリティ編]

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC BOOKS:組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[ユーザビリティ編]

 組込みソフトウェア開発向けコーディング作法ガイド
書籍名 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[ユーザビリティ編]
編集 独立行政法人情報処理推進機構
ソフトウェア・エンジニアリング・センター
発行 翔泳社
発行日 2006年5月31日
サイズ A5判
ページ数 52ページ
ISBN 4-7981-1190-2
定価 本体571円(税抜)

書籍概要

  組込み系エンジニア(特にソフトウェア開発系)の方に、ユーザビリティ確立を目指したエンジニアリング的な手法や知識を紹介していています。
   組込みシステム製品の利用品質の向上を目的として、ソフトウェアの利用品質向上のための方法論や考え方を説明しています。


構成

Part 1 はじめに
Part 2 ユーザビリティの重要性
Part 3 ユーザビリティ向上を実現するための開発プロセスの変革
Part 4 ユーザビリティの基本技術(設計編)
Part 5 ユーザビリティの基本技術(評価編)
Part 6 おわりに
資料編 ユーザビリティの歴史と発展、規格・標準・規制、用語集

購入方法

  「組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[ユーザビリティ編]」は、出版社直販サイト等の書籍販売サイトでご購入いただけます。詳しくは各販売元にお問い合わせ下さい。